2016年09月25日

三沢でも運動会やってきたというのに・・・

何で運動会って、地域によってやる月が違うんでしょうかねぇ?
青森では5月後半~6月前半なのに、宮崎では9月にやるんですよ。
というわけでウチのクソガキ共は我輩が8月に転勤してしまったがために、
青森で済ませてきたはずの運動会を宮崎でもやる羽目になってしまったのです。




青森の運動会では同じ赤組だったクソガキ共ですが、
宮崎では娘が紅組、息子が白組と敵同士になってしまいました。
第二次世界大戦後、東西に分断されたドイツみたいですね。



ところでさぁ、以前もこのブログで言ったかもしれないけどさぁ、
紅組白組を“赤団白団”っていうのは宮崎だけだぜ。
ていうかさぁ、ダブル優勝ってどういう意味ね?と思っていたら、
ココの運動会では競技の優勝と応援の優勝、2つを競い合うらしいんです。

でもさぁ、そんなこと言っているけどさぁ、
実際は競技で負けた方が応援勝つように仕込まれているんじゃねぇの?
去年は紅組が競技で勝って、白組が応援で勝ってたみたいだし。



ところで、我が家は運動会が始まる30分前には、
会場に入って陣地設営していたんですが、
ウチラのテント以外はまだ全然観客来ていないのよコレが。

まあ、ココでは住んでいる地区ごとにテント設営する場所が決まっていて、
尚且つテントはその地区が持っているのを持ち込んで指定された場所に設営して、
そこで応援&休憩&飯食うというシステムなんで、
青森みたいに朝早くから眼球血走らせて場所取りしなくていいと言う事で
特に急ぐこともなく皆ボチボチ来るということなんでしょうか?

そして更にデカルチャーだった事。
解っちゃいたけどこの学校全校生徒少なっ!!
少子化とかいう問題じゃねぇよ!どんだけ過疎化地帯なんだよ!

更に更に「なんで校庭の中に芝生が生えているの?」
背中に毛がフサフサ生えている同期のゴリラ&鳥取原人と同じぐらい不思議だ。
全くもってデカルチャーなことばかりです。宮崎は。



青森はそろそろ涼しくて冬の接近を感じる季節なんでしょうが、
宮崎は風は少々涼しくなってきたものの日差しは相変わらず夏です。
我輩もこんがりと焼豚にはならなかったものの、
軽く炙りチャーシューな感じになってしまいました。

余談ですが某野球選手がヤクで捕まった時、
報道番組とかで「ヤクを炙って使用していた」というのを聞いて息子が
「ねえ父ちゃん、炙りって何?」て聞いてきやがったので我輩、
「炙りってぇのはな、通の味わい方だよ」
「ほら、はま寿司に炙りサンマとか炙りとろサーモンとかあるだろ、アレと一緒」
と答えたのですがなんか我輩、間違ったこと教えたでしょうか?



まあクスリの話は置いといて、本題に戻りましょう。
ウチのクソガキ共の一発目の競技は玉転がしだったんですが、
宮崎では玉転がしは巨大ラグビーボールがデフォなのか?
ていうかこの大玉、どこから持ってきたんだよ!!



まったく、久しぶりにこの画像を挿入する日が来てしまうとは。
多分我輩世代じゃないと理解出来ねぇだろうけど、
以前15年住んでいたはずの宮崎の文化、まだまだ理解出来ねぇことばかりです。



序盤時点では紅組、明らかに優勢。
まあ多分昼過ぎた辺りで同点ぐらいになって、
最後の選抜リレーはクイズダービーみたいに倍率ドン、更に倍になって、
逆転とかいう流れなんでしょ?知らんけど。



娘の一発目の競技は“竹取物語”とか言ってたんですが、
蓋を開けてみるとマジで竹の取り合いしているんで、ええ・・・(ドン引き)。

まあ最近では騎馬戦とか棒倒しみたいなバイオレンスな競技やっちゃうと、
死民団体とかから苦情が来るらしいんでコレが精一杯なんでしょうね。



でもやっぱ、運動会の王道を往く競技と言えば駆け足。
そしてウチの娘は我輩の血を如実に受け継いでいるのでこーいうの苦手。

ところでココの運動会では「喉乾いた・・・喉乾かない?」って言う奴が多いのか?
まあマジで暑くて水分補給しないと洒落にならねぇからでしょうが、
水分補給タイムがプログラムに組み込まれているのは驚きましたねぇ。
でも「アイスティーしかなかったけどいいかな?」はNGみたいです。
お茶or麦茶じゃないと駄目っぽい。



一方、息子はリレーで「いいよ!来いよ!胸にかけて胸に!」と言わんばかりに
バトンが来るのを待ち構えていたのに見事にスルーされて(困惑)。
この後、娘に「姉ちゃん、田舎ってところはもんげー恐ろしいところヅラ」といいましたとさ。



午前中の競技の〆は全校生徒で繰り広げられる季節外れの盆踊り。
一学年一クラスしか居ないので全校生徒が集まってもグラウンドのスペースには問題なし!

娘の横にピンク色の場違いな上着を着たBBAが居ますが、
久しぶりに新富音頭踊るというので浮かれているだけです。
安心して下さい、彼女は平壌、もとい、平常運行です。



この写真、後ろから撮れば“ランボー3 怒りのアフガン”だったよな。
最近大分上手く写真撮れるよ~になった気はしますが、
出来上がりを見て「あー、やっぱり失敗したなぁ」と思うこともしばしばです。



娘、タスキ締めて鉢巻締めて棒持って何すんのかなと思いきや、
唐突にビッグブリッヂの死闘みたいなのが始まり、
バイオレンスな光景が繰り広げられてデカルチャーな気分です。
やっぱ田舎はもんげー恐ろしいところづら。



写真としては実に素晴らしいものが撮れたのですが、
何でコレだけ綺麗に息子の疾走する姿を撮れたのかといいますと、
他の連中が息子より大分前を走っているんで、
息子の周りに邪魔するものが誰もいない状態なんですねwww




一方、娘はリレーで真っ先にバトンを渡して紅組の勝利にと言いたいところですが、
多分この時点で既に白組の勝利決まっていたんだろうなぁ。
そして応援は紅組勝利という絵に書いたよーなシナリオ。
目指せダブル優勝って言うけど実はダブル役満より難しいんじゃね?

余談ですが我輩と嫁は「見せてもらおうか!新富の運動会とやらを!」
ってな気分でホイホイPTA競技に参加しましたが、
我輩は下半身に米袋装着してぴょんぴょんするやつに出て膝を痛め、
(しかもタスキを落下させてしまうという失態のおまけ付き)
嫁はリム回しでグダグダっぷりを見せつけるという体たらくでした。


ううむ、やはり田舎の運動会は恐ろしいもんじゃのう。
でも最後は気持ちよかったです(小並感)。  

Posted by 砥部良軍曹 at 20:13Comments(5)出来事

2016年09月24日

中華チェストリグ3種盛り合わせ

こないだのめざましテレビで日本人2人が“股覗き効果”の研究で
イグノーベル賞を受賞したというのを見て凄く猥褻なものを期待したのですが、
何のこたーない内容だったんで凄くがっかりしてしまった砥部良軍曹、42歳です。
いや大体さ、股覗きって聞いたら普通、やらしいこと考えねぇか?

そんな我輩は最近、嫁の股覗きを実施する手間を惜しんで、
有効的なサバゲーの装備を研究というか、探求している毎日です。

そんな訳でこないだ、3つめの中華チェストリグを仕入れたので、
読者の需要とか完全無視してブログの紙面稼ぎのために紹介してみます。

いやでも、意外とこのブログ、サバゲーやっている人のほうが見ているかもしれない。



中華チェストリグの王道と言えば、56式小銃用弾帯。
正式名称は五六式抱脚弾帯と言うらしいですが、なんて読むのコレ?
AK47のコピー銃、56式小銃(56式自動歩槍)用の胸掛け弾帯。

我輩のチェストリグ愛好の歴史はコイツを購入したことから始まりました。
過去にベルトとサスペンダーでポーチを持ち運びながらサバゲーしていて
「何かブラブラして動きにくい」と感じていたところにコイツを発見し、
付けてみたらこの密着感が安定していて動きやすい!
その上、ベストみたいに背中の無駄な拘束感がない!
それ以来、我輩はずっとチェストリグを愛し続けています。

56式小銃用弾帯、昔は中田商店やファントムで980~1200円ぐらいで買えたのに、
今では少々品薄なのか2000~3000円ぐらいしやがります。

まあソレでもMOLLE用の洒落たマグポーチ買うよりは安いんですがね。
近代装備って安物でもそこそこの値段するもんなぁ。

元々はもっと緑色だったのですが、数年使い込んでいたらこのような色になりました。
手洗い洗濯を2~3回ぐらいしかしていないのにこの体たらく、
これぞ中華クオリティ、まさに中華クオリティと言った感じです。
でも結構頑丈な布で出来ているし各所ガッチリ縫い込んでいるんで、
余程使い込まない限りボロボロにならなさそうなんですがね。



中華チェストリグのお約束であるフラップに取り付けられた紐を
どんぐり状のスナップに引っ掛けてポーチの蓋を閉める方式は、
素早くマガジンを取り出したい時、物凄くウザったいです。

でも慣れてしまえばあまり気にはなりませんね。
それにね、蓋閉め無くても案外抜け落ちにくいんですよ。

見ての通りなんですが、1つのポーチにAK47のマガジンが1本入るので、
3本の予備マガジンを収めることが可能です。
多弾数マガジンなら600×3=1800発の弾を持てるんで必要にして充分ですね。
AK74(LCT、CYMA、次世代どれでも)のマガジンも収納可能です。

M4のSTANAGマガジンも収納出来ますが、
ポーチが深いので底をかさ上げする必要があります。
MP5のマガジンは無理すれば2本突っ込めないこともありません。
でもPPShのバナナマガジンは太いんで無理でした。

サイドのちっこいポーチは本来何に使うのか不明ですが、
手袋や煙草ぐらいの大きさのものは入れられます。
でも我輩的にはあんまり使いみちはありませんね。

左端の内側が防水仕様になっているちっこいのは
オイラー(銃整備用の油入れ)を入れる場所であると言われております。
エアガンのオイルは戦闘に持ち運ぶ必要は特にありませんし、
どーしてもオイル必要になったら顔面の油擦り付けときゃいいと言う事で。



56式用の胸掛けポーチを身体に固定する方法は「紐で縛る」
ポーチの横に取り付けられた紐を背中で縛るというシンプルさ。
余談ですが我輩の場合、一般的な人民解放軍兵士より腹が太いので、
腹を凹ませてから紐を縛らないといけません(←ココ笑うところ)。

肩紐の調整部分が少し複雑に紐が巻きついているので、
結構('A`)マンドクセなんですが全く緩むことがないので文句は言えないかな?
でも1回解いてしまうとどうやって結べばいいのか忘れてしまいそう。



参考までに、56式自動歩槍用であることを示す裏のスタンプ。

56式弾帯は一般的に多く流通はしていないものの、
探せばすぐに見つかり、使い勝手の割には安価で、
人民解放軍のみならず中東ゲリラやPMCも使っているので、
〇〇軍装備という括りに囚われない装備をしていれば何にでも合うのが利点です。




でも我輩的に使い勝手がいいのは81式小銃用弾帯ですね。
81式とは中国がオリジナルで作ったAKに準じたアサルトライフルで、
パット見AKなんですが、グリップやハイダーやらストック、
フレームもハンドガードもよく見たらそうじゃないやつです。

コイツはヤフオクで3000円で購入。
色々探してみましたが大体2500~3000円が相場のようですね。
ショップよりもヤフオクの方が流通が多い模様です。

素材、全体的な作りは56式小銃用弾帯と全く変わりありません。
サイズ的にも56式のと同じぐらいです。
違いは肩紐の調節部分がシンプルになったことぐらいですかね。
でもコレが案外ありがたい。



でも56式小銃用弾帯との大きな違いはマガジンポーチが3つから4つに増えたこと。
予備マガジンが1本余分にぶち込めるのは心に余裕が生まれますね。
だって多弾マガジン4本ということは600×4=2400発の弾が持てますから。
AK47、AK74のマガジンならどれでも収められて蓋を閉めることが出来ます。
M4のマガジン入れる時は底上げのスペーサー入れるべし。

その代わりに脇のちっこいポーチが2つに減ったのですが、
56式のちっこいポーチは使い道に乏しいので逆に嬉しい配慮。

ていうか、このポーチってナニ入れるのに使うんだ全く?
そうだいいこと思いついた、中華チェストリグだから月餅入れておこう。



身体への取り付け方法は56式と同じく、後ろで縛って緊縛。
装着感も56式と全く同じです。

余談ですが56式小銃用弾帯と81式小銃用弾帯、
本体の長さは56式の方が5cm長いんですよね。
だからどーしたと言われてもナニも無いんですが、
緊縛用の紐まで含めた長さはどちらも大差ありません。

どーでもいい話かもしれませんが、裏のスタンプがない・・・
ヒョットして、コレってモノホンじゃなくてコピー品?
でも中国の軍装品なんて色んな所で作っているんでしょうから、
そ~いうのも有るっちゃあるのかもしれませんということにしときます。

時代背景に拘りがなくて、泥臭いイメージのチェストリグ欲しいなら、
少し高いけど81式小銃用弾帯買うほうがいいでしょうね。

下手な安物よりも耐久性が高いでしょうし、何よりもコイツは本物の軍装品です。
独特の雰囲気はロシア軍装備にも合いそうな気がしなくもありません。



そして3品目、M4に使えそうな中華チェストリグとして購入した63式小銃用弾帯。
我輩はヤフオクで1800円程度で購入しましたが、
珍品扱いなのか標準的な価格帯は2000~4500円と幅広。

でもまあ、ヤフオクで探せばそこそこ流通はしている模様。
そしてあまり人気はない模様。



まーノンケは勿論、サバゲーやっている人でも、
63式自動歩槍知っている人は少数派でしょうからね。

63式小銃(自動歩槍)は中国がSKSをベースに連射機能を付加して魔改造した小銃。
多分「AK47ベースの56式じゃあ短くて着剣突撃しにくいじゃねぇか!」という
中国共産党の偉い人からの指示によって開発、
製造されたものじゃなかろうかと勝手に推測。



63式小銃のマガジンはAKβスペツナズ用のマガジンと似ているので、
スペツナズの短いマガジンを多用する人ならバッチリかもしれません。

しかしM4のマガジンも難なく収まってしまうので、更に使い勝手に優れます。
AUGのマガジンも難なく収まりましたし、抜き差しも不都合はありませんでした。

マガジンポーチは5つ付属しているので、予備マガジン揃えるのが大変ですw
両端のちっこいポーチは56式や81式のチェストリグの
ソレよりも薄っぺらいので小物入れとしては少々使いにくいですが、
写真を見ての通り、M4のショートマガジンが入るんですねコレが。

iPhoneもスポッと入ってしまいますよ。被弾しても知らんけど。



装着時に背中で紐を縛るのが('A`)マンドクセなので
適当なサイズのプラバックルを取り付けてワンタッチに改造しました。
時代背景を無視して使うなら、こういう改造はアリだと思います。

改造ついでにもう一つ、どんぐり状のスナップを外して、
裁縫屋さんで売っているボタンに付け替えてみるのもアリです。
布用の染液で斑にして迷彩っぽく加工するのは
かなりテクニックを要しますが雰囲気を変える一つの手段です。
昔我輩は56式の弾帯にそういう改造を施して使っておりました。



裏には63式自動歩槍のマガジンポーチであることを表すスタンプ。
こーいうスタンプがあると横流しされてきた感があってステキです。

中華チェストリグは一般的タクティコゥな装備と違って、
洗練された感がなくて素人はあまり手を出したがらないんでしょうが、
サバゲー何年も続けているとこーいう野暮ったいのが魅力的に感じるんです。
同志らんたろー氏の言葉を借りて言うなれば
「ガンダムよりも普通にザクが好き」という感情です。


価格的にもお安く、それなりに使えて、結構頑丈。
戦場の泥臭さを演出する中華チェストリグ、如何でしょうか?  

Posted by 砥部良軍曹 at 21:16Comments(5)サバゲー道具

2016年09月22日

天ヶ城は桜がなくてもポケストップがある!

嫁が「スミちゃんラーメン食いたい」と言うので、
とりあえず高岡のスミちゃんラーメンに逝くことにしました。
いや~高岡のスミちゃんラーメンは客多いけど、安定の旨さだね。
しかし嫁はラーメン屋に来たと言うのに、チキン南蛮丼セット頼んでやがんの。

そして食後、嫁にリビドー号を運転させながら我輩は助手席で、
いつものようにポケストップを探していたら何かポケストップの大群があるぞう!
何とソコは(まあ大体予想はついていたんだけどね)、
宮崎の桜の名所の一つ、天ヶ城公園でした。
天城越えでもなく、天ヶ森でもない、天ヶ城です。
注:天ヶ森とは六ケ所村の隣りにある米軍と自衛隊の射爆撃場。



天ヶ城は薩摩島津家十七代島津義弘が1600年、
日向伊東氏に備えるために築城した城らしいですが、
その後徳川幕府が一国一城令を出したために1615年に廃城になったそうな。

現在では城の跡地に城らしい建造物が建てられて敷地内は公園になっています。

春の桜の季節になると初音ミク、もとい、千本桜と言われる大量の桜が、
城周辺と辺り一面をピンク色に染めるという爽快な風景が見られる天ヶ城。
注:これまで何度も言ってる気がするが、我輩自身は千本桜という曲は中二病臭くて嫌いである。

余談ですが天ヶ城公園の桜の木は実際は1000本じゃなくて
1300本あるらしいですが細けぇこたぁ気にすんな!
長崎の九十九島も実際の島の数は208あるらしいからな!



天ヶ城公園の桜は1300本らしいですが、
ポケストップの数は公園の入口、途中にある体育館、公園の駐車場、
そして公園の敷地内に何と7個ぐらいあるから合計10個か!
10のポケストップが点在する名所なんて宮崎では貴重です(断言)。

ポケモンGOでは30分以内に10の異なるポケストップを廻ると、
10箇所目では8つぐらいのアイテムを入手できる他、
タマゴの欄に空きがある時は10kmタマゴを入手できるらしいですが、
毎日のチャリ通勤と昨日の駆け足とで丁度タマゴの欄に結構な空きがあったので、
人生で2個めの10kmのタマゴ、ゲットしやがりました。



遊具があるところにあるコイツもポケストップ。
しかし片方だけというのは面白くありません。
どーせなら両方ポケストップにしてほしかったよ。

ところでこの公園の敷地内、特に凄いポケモンは見当たりません。
出てくるのはいつもの地鶏とネズミ、芋虫ばかりです。
たまーにイーブイが出てくるぐらいですな。
ま、モンスターボールをしこたま集めて狩りに備える場所と割り切りましょう。



ポケストップを巡りながら風景を眺めるのも一興。
高台から見下ろす風景は実に気持ちがよろしい。
しかし「転落注意」と書かれているのを見ると、
「こーいうゲームにドハマリしている我輩、ある意味転落人生だなw」と自虐。

でもね、鉄は熱いうちに打て、ゲームは熱いうちにヤるのが鉄則。
そしてガチ廃人手前ぐらいまではしっかりとやりこむというのが持論。



公園の広場を抜け、城の手前に来るとポケストップが5箇所ぐらい点在しています。
自動販売機もあるんでジュース片手にアイテム集めじゃぁぁ!
余談ですがモンスターボールはいくらでも投げてよろしいようですが、
ゴルフボールを飛ばすのは止めろって立て看板がありました。

城に入る手前の東屋付近にジムもあるんですが、
レベル24になったと言うのに戦力になるポケモンが
CP1700程度のナッシーぐらいしか居ないのでジムバトルつまんねぇ。
どうやったらCP2000超えの凶悪モンスター作れるのかねぇ全く。



以前は城に入るのが有料だったよ~な気がしたんですが、
今回来てみたら無料になっていたので入城させて頂きましょう。

因みに城の手前にあるポケストップは入城しなくても城壁付近でも回せますが、
城の敷地内(庭)に入ればアクセスが容易で回しやすいです。



城の中には大分昔の農村の生活を伝える農機具や模型、
天ヶ城の歴史や高岡町の歴史を伝えるブツが置かれています。
ソコまで広くもないですが、見ごたえは下手な資料館よりはある上に無料!

そして城の中でも3箇所のポケストップは回せる!
つーことは酷暑の時はココに避難すれば快適にアイテム集めが出来る!

でもさぁ、この“ラテカセ”とか言うラジカセとテレビが一緒になったアイテム、
見たことがないんだけど本当にベスト電器とかに売っていたのか?




4階の天守閣に逝くと殿様気分が味わえます。
よーするに高いところから下界の風景を見下ろしながら
「愚民どもが」とか呟いて悦に入ることが出来るんですね。

コレが桜の花咲く季節なら眼下にピンク色が広がって、
さぞかし絶景なんでしょうがソレはまた来年のお楽しみということで。



確か芝生の奥の方にはクソ長い滑り台があったはずだよなぁと
ポケストップ無視で向かってみたところ何ということでしょう、
デッカイ木がぶっ倒れて通せんぼしちゃっていました。
多分、こないだの台風で無残に破壊してしまったんでしょうなぁ・・・



天ヶ城公園は結構な山の上にあってしかもかなり坂が急なので、
クルマがないとアクセスするのはかなり過酷な場所ではありますが、
公園まで上がってしまえば平坦な場所なのでウォーキングするにも適した場所で、
風景も味わえるし子供たちも遊べるし資料館もあるしで至れり尽くせり。
その上、ポケストップも多いと言うんだから最高のロケーションですね。

こういう場所が近くにある高岡町民、裏山鹿。
ココで歩き回って疲れた後は、高岡温泉もあるしね。  
タグ :宮崎市内

Posted by 砥部良軍曹 at 20:51Comments(2)お出かけ

2016年09月21日

欲しいから買ったのではない、必要だから買ったのだ

久しぶりにサバゲー装備を仕入れたので、
嬉しくて仕方が無い!アップしちゃうぞ(迫真)。

以前からずっと自衛隊装備に合わせるチェストハーネスが欲しいと思っていましたが、
なかなか決定版に出会うことがなくて先延ばしにしておりました。
以前仕入れたFLYYEのチェストリグはまあ悪くなかったんですが、
バックルがデカすぎて我輩の小さい手では付け外しが難儀だったんですよ。

いやね、本当はウィリーピートでBLACKHAWK!の
自衛隊迷彩のチェストハーネス買うつもりだったのよ。
エンハンスドコマンドリーコンハーネスとかいうやつね。
にまんえんぐらいする高級品ですが、良いものに金を惜しんではいけませんからね。

でもね、銭が貯まるのを待っていたらいつの間にか品切れになってたの。
「品切れならいつまでもHPに掲載すんな!」って殺意が芽生えたんですが、
じゃあ仕方が無い、ODのやつで我慢しようと思ったらODも品切れなのですよ。
他の店探しても絶版になったんでしょうかね、見つかりませんでした。

まあそれ以前に最近はマルチカモとか茶色系装備の輩がい多いから、
我輩のような緑色迷彩愛用プレイヤー泣かせですね全く。
「あ、これ結構良さげじゃね?」と思う品があってもタンカラーしか無くて涙目。

仕方がないので胸周りのあるチェストハーネスを買うのは諦めて、
腹回りを覆うチェストリグを探してみることにしました。
そしたら”CONDOR チェストリグ MCR6 ラピッドアサルト”とか言うのが
形状、価格的に良さげだったのでそいつを仕入れてみることにしました。
購入価格はAmazonで6200円ぐらい。安いぜ。



CONDOR(コンドルって言うのか?)というメーカーのブツは
価格的にお手頃だったんで前々から気にはなっていたのですが、
安物買いの銭失いになるんじゃねぇのかって思って買うの躊躇していたのです。

届いたブツをニヤニヤしながら品定めしていみると、
素材が結構ペナペナで軽かったので一抹の不安は感じたものの、
MOLLEのパルステープは結構ガッチリ縫い付けられていましたし、
安物にありがちなコマのバラバラ感もなく、一安心。



ベルトの背中部分はクロスになっておりますが、
肩にかかるベルトに柔軟性があるので適度なフィット感があります。
腰のベルトは細めですが、これぐらいの太さで必要にして充分です。

ただ、欲を言えばバックルが端っこについているのは着脱時に案外不便。
バックルはセンターにある方が使いやすいんで改造すべきかな。

ところでこの手の装備類によくある腹に当たる部分のメッシュのポケット、
ココって何を突っ込めばいいんでしょうかねぇ?ホッカイロとか保冷剤入れるんか?
板チョコ入れたら確実に溶けるよな。



サイドの取付基部はクルクル回る樹脂のパーツになっており、
コレが何がどうしてどのように良い効果を生み出しているのか不明ですが、
これのお陰でフィット感が良くなっているよーな気はしなくもありません。
余談ですが丸い部分を押さえると分離できます。
何の為かは知らんけど多分、緊急時に装備を早急に外すための手段でしょう。



このチェストリグの特徴は”M4用のマガジン入れる場所がある事”。
6つのマガジンをぶち込むことが可能です。
マガジンはゴム紐で押さえられているので脱落の心配も少なそうです。

いざという時マガジンを抜きにくそうな気がしなくもありませんが、
ツマミ部分をガバッと横にずらせば抜きやすいことが判明しました。
この手のゴムでマガジンを保持する方式は案外、
フラップ&ベルクロ式より取り出しやすいみたいですね。

因みにAK47のマガジンはカーブがキツイので入りません。
AK74のマガジンなら収まらなくはないのですが、ゴムが引っかかりません。
どーしてもAK74のマガジン入れたい場合はゴムを長いものに交換しましょう。
マガジン止めのゴム紐はパルステープのコマに結びつけているだけなので、
解いてしまえば取り付け方や交換は自分でも容易に可能です。

FAMASのマガジンを入れるほぼ埋まってしまうので、抜きにくいです。
シュタイアAUGのマガジンはボトムが太めなので入りにくかったです。
G36のマガジンは更に太いので確実に入らないでしょう。
G3?M14?64式?308NATO弾はぜってぇ無理だろ!MP5?寝言は寝て言え!
ま、M4系列のライフル使う人限定と考えた方が無難です。

しっかしいっつもチェストリグ探しながら思うんですがねぇ、
どーしてこの手のAK用のチェストリグってあんまり無いんでしょうかねぇ?
何か腹が立つのは我輩だけでしょうか?
ま、ロシア軍の装備でこーいうのは見当たらないんで別にいいんですが。



そしてもう一つ、チェストリグを買う度に思う事があるんですよ。
何でこんなにベルトが馬鹿みたいに長いのかね?
いや解りますよ、本来はボディアーマーの上から装着するためですよね?
ソレに基本の購入対象である欧米人体型に合わせてデカいんですよね?

でもね、サバゲーでは防弾用のアーマーなんて付けないんですよ。
そして我輩は身長160cmに満たないチビ野郎なんですよ。
だからいつもこのベルトが長くて難儀なんですよ全く。

腹回り90cmオーバーの我輩でもベルトコレだけ余るっていうのなら、
ヅラちゃんとかクリタコスタが付けるとベルトの半分以上切り捨てることになるぜ全く。



幸い、デフォルトで端末を纏めるベルクロが取り付けられていたので、
余ったベルトはぐるぐる巻きにしてベルクロで端末処理しときました。
肩のベルトも結構長めだったんで同じように処理。

思い切ってぶった切っても良かったんですが、
気に入らなくなってヤフオクに流す日が来た場合、
オリジナルパーツがないとイカンだろうからね。



ところで、先程色々マガジンが入るとか入らないとか御託を並べておりましたが、
SIG P226は少しきつめではありますが入らないことはありません。
コレでマガジンポーチのみならず、ホルスターを買う必要もなくなりました。
ガバメントならもっとすっぽりぶち込めるはずです。ハイキャパとベレッタM92は知らん。



マガジンポーチを取り付けなくて済む分、
他の装備を取り付けることが出来てコンパクトに収められるのが良いですね。
とりあえずカメラをぶち込むポーチ、そしてデッドマーカーをぶち込むポーチ、
そして吉六会のパッチを取り付けるためだけに存在するアドミンポーチを取り付けました。

余談ですが小物入れとアドミンポーチはFLYYEの製品です。
ここの製品は作りが大味というか、ざっくりしすぎている感があるけど、
素材が結構頑丈なのと作りがしっかりしているのがよろしい。

今まではAKとM4のマガジンがとりあえず入るポーチを付けた
1つのチェストリグを使いまわしながらサバゲーしていたので、
使い勝手的に案外不便だったのですが専用の装具を手に入れた事で
予備マガジンの管理が楽になったよ~な気がします。
やはり、武器や服装別に装備も別にするというのは意義がある行為ですよね?

コレでどうにか、夏用自衛隊迷彩服に合う装備を整えることが出来ました。
ブラとパンツの色が揃ったみたいでとても気分がよろしいです。

まだまだ身体を動かすと熱い宮崎ではコレぐらい軽装な方がよろしいかな?
緊縛感がやる気にさせるとかいうよーな性癖のプレイヤーでもない限り、
暑い環境下でプレキャリなんて身に着けたくねぇですからね。

よし、次はハンドガン戦用の装備を考察してみようか(迫真)。  

Posted by 砥部良軍曹 at 23:08Comments(2)サバゲー道具

2016年09月18日

耳が餃子みたいになっている人、たまに居るよね?

柔道やレスリングを経験されていた人で
たまに耳が餃子みたいになっている人いますよね?

アレってどれだけ過酷な経験をしてあのようになってしまったのか、
凄く・・・気になるんですが怖くて聞けないとても弱気な砥部良軍曹です。

昔我輩の職場に居た同志、長介も柔道経験者で耳が餃子みたいになっていて、
彼と一緒にサバゲーに逝くと毎回どーしても餃子を食いたい衝動に駆られるのでした。
だから彼と川南でサバゲーした後は必ず”たかなべギョーザ”で晩御飯www

ところが8月に宮崎に帰還して以来、たかなべギョーザ食いたくて仕方がないんですが、
毎回満席の札が入り口に掲げられていて店内に入る事すら叶わないんですよね。




ところで世間では餃子の消費量日本一は栃木県宇都宮市か、
静岡県浜松市で争っているというのが一般的な常識とされておりますが、
アレって消費量じゃなくて、消費額らしいんですよね。

そしてその消費額の調査の対象は県庁所在地と政令指定都市のみ。
だから宮崎の市町村で対象になるのは宮崎市のみ。
だから高鍋町民が我輩の分まで大量にたかなべギョーザ食っていたとしても、
ソレは決してデータのうちに入らないという不条理。

しかも2人以上の世帯だけしか計算に入れていないというこれまた不条理。
独身野郎が一人で寂しく、或いは野郎同士でワイワイ食する餃子はノーカウント。

更なる不条理は餃子の消費量にカウントされる餃子の種類。
コレはスーパーの惣菜コーナーで売っている
焼いた餃子or生餃子に限られているという!

よーするにニチレイとか味の素とかの冷凍ギョーザはノーカウント!
(餃子ではなく、冷凍食品の消費量に含まれるそうな)

そしてたかなべギョーザや餃子の丸岡の店内で食う餃子も
外食の消費量に含まれるということでこれまたノーカウント。


となるとウチみたいに嫁が餃子の皮とひき肉や野菜を買ってきて、
チマチマ作るハンドメイド餃子もノーカウントということですよね?
勿論、お取り寄せで買った餃子もノーカウント。

そういう話を聞くと何だかこのランキングがだんだん怪しい気がしてなりません。
そして宇都宮市民と浜松市民が餃子好きだというのも信憑性ゼロ。
でも一応、どっちの街も餃子専門店の数はかなり多いらしいんですがね。
ていうか、結局この餃子消費量って総務省が偉い人に見せるデータとして、
叩き出した数字の一つにすぎないという時点で信用に値しないんですよ全く。



閑話休題。
しかし!高鍋町の餃子屋はたかなべギョーザだけではない!
馬渡餃子というもう一つの名店がある!
でもね、馬渡餃子も昔から知られている名店ということでね、
店内に侵入することは出来たもののやっぱ人多いんですよ。

ていうかこの店って、店の前の駐車場は持ち帰りのお客さん用のエリアで、
店内で食う人用の駐車場は別っての知らなかったよ全く。



さて、無事にテーブルに付いたら次に考えるのは何を食うべきかという事。
馬渡餃子は比較的純粋な餃子屋さんなので、
餃子以外のメニュウは餃子にメシが付いた定食ぐらいしかありません。

となると餃子だけで腹を満たすのがジャスティスと言っても過言ではないのです。



馬渡の餃子の調理方法は焼き、揚げ、水の3種類。
まあ厳密に言うとソレ以外に手羽餃子もあるんですが敢えて無視しときます。

中国では餃子は茹でる、つまり水餃子が主流らしいのですが、
ジャパニーズ餃子イーティングスタンダードはベイクド、つまり”焼き”でしょう。
しかしココの餃子は焼き餃子を頼んだはずなのに、
ジャパニーズコモンセンスからかけ離れた見た目の物体が出てくるんですよね。

何故かといいますと、馬渡餃子は皮が厚めの中国的餃子に近いから。
だから焼き餃子になると皮がパリッ&モチッとしてて旨いんですよ。
盛り付けが雑なのは気にしてはいけません。食えば旨いんです。

好みはあるかもしれませんが、我輩はココの餃子好きです。
だってこういう餃子食わせる店って少数派ですからね。



揚げ餃子は塩で頂くというなんか意識高い系な食い方。
でもね、酢醤油とラー油で食ってもイケますよ。

実は我輩、馬渡の揚げ餃子結構好きなんです。
我輩のチソチソみたいに皮にボリュームがあるからバリバリ感が際立つ!
そして中にはジューシーな具!口の中が熱い!もうたまらん最高!

でも嫁とクソガキ共はあまり好みではなかった模様。
お陰で半分以上我輩が頂くことが出来ましたwww



本来はお湯にプカプカ浮いて出てくるんですが、
食欲優先で速攻で皿に引き上げた水餃子。

水餃子が日本で流行らないのは、素早く食わないと伸びてしまうから?
我輩は好きなんですがねぇ、水餃子。
でも一般的な薄い皮の餃子で作ると皮がベロベロになってだらしねぇ。
まあコン★ームと餃子が薄いのは日本の伝統というか、職人芸なんでしょうかね?

馬渡ぐらいに皮が頑丈なら茹でたぐらいでは
餃子崩壊の憂き目に遭うことも少ないんですが、
熱いうちに救助して食った方が旨いのは言うまでもないでしょう。
但し、熱いうちに口に放り込むと口の中の皮が剥げるので注意されたし。



餃子は皮が炭水化物、具はひき肉のタンパク質と野菜が入っているんで、
餃子だけで腹を満たしても栄養バランスは全く問題ないんですがね、
やっぱ日本人、米(よね)食わないと満足しないっしょ?

というわけで雑炊頼んでみたんですがね、
コレは餃子でビール、その後焼酎、そーいう時の最後に食うべきですね。
酒が入らない時は餃子だけで腹を満たすのがよろしいようで。
因みに雑炊の中には微レ存な感じに餃子が1個だけ入っております。

いやーしかし、高鍋の餃子屋さんは平日だと言うのに何処も満席。
高鍋町民の餃子を欲する神経って一体どーなっているのやら?
金額だけで見ると浜松or宇都宮が餃子消費量日本一なのかもしれませんが、
パーセンテージで見たら高鍋町民の餃子食う量ってかなり多いかもしれませんよ。
(実際、宮崎市の餃子消費量は一応全国4~5位ぐらいらしい)

ほら、日本で一番盗難が多いクルマってプリウスかハイエースって言われているけどね、
ソレはあくまでも売上台数の分母が大きいから盗まれる台数が多いと言うだけでね、
数は少なくても実は売上の12%が盗難の憂き目にあっているという
ランドクルーザーが割合的には一番であるという事実と一緒よ。
  

Posted by 砥部良軍曹 at 22:56Comments(2)めしお店