2018年02月19日

吉六会 エリア13のサバゲーのお知らせ

3月4日(日曜日)、10:00からエリア13にて
吉六会主催のサバゲーを実施します。


参加料は一人2000円となります。
進行をスムーズに行う為に09:30までにお越し下さい。

レギュレーション
武器は法規制内のパワーなら電動ガン、エアガン、ガスガン全て使用可能。
弾は0.3gまでなら、バイオ/非バイオ問わず全て使用可能。
プロテクション:ゴーグルorフェイスマスク必須!
シューティンググラスでの参加は認めません。

注意事項
①フィールド内は足場が悪い所が多々有るので、
怪我等に関しては自己責任とします。
(ニー、エルボー、トレッキングシューズ等は必須装備!)

②フィールドに辿り着く迄に路面が悪い場所がある為、
車高の低い車両での来場は避けて下さい。
また、出来る限り乗り合いでの来場をお願いします。

③国道沿いのコンビニ迄往復30分ぐらい掛かるので、
食料、飲料水は余裕を持って購入しておくこと。
また、日焼け止め等の対策をして下さい。

④無線機を使用する場合は特小トランシーバー
(国内の基準に適合した物)を使う事。

⑤喫煙は所定の場所にて行うこと。
また、ゴミは各人でお持ち帰り下さい。

⑥場所が分からない、初めて来られる方はR221沿いの
セブンイレブン大明司店に当日08:30迄にお越しください。(時間厳守!)

☆重要事項☆ゲーム時の注意事項として、ヒットコールはハッキリと実施して下さい。
(手を大きく降るか、バツ印をするジェスチャーを付けると解りやすくなります)
コールの声が聴こえない場合はボコボコに撃ち込まれますので、お気をつけて下さい。


開催の条件として、参加者が15名以上で開催となります。

参加される方の大半はLINEのエリア13連絡版の方に書き込まれているようですが、
コチラでの書き込みもチェックしておりますのでどうぞご遠慮なく書き込み下さい。

我輩は今回、参加予定です。何も仕事がなければね。  

2018年02月18日

3月のヂゴンの巣のゲーム開催予定

ヂゴンの巣は基本、第1・第3・第5日曜日にゲーム開催となっております。
3月は18日(共に日曜日)にゲーム開催予定です。
児湯郡近辺にお住まいで時間の余裕があるプレイヤーは是非ともどうぞ。
(但し、勤務の都合次第で開催を差し止めることもあります。)

3月4日はえびのエリア13にてスカルガンナー氏主催のゲームが開催、
我輩はそちらに参加する予定なのでヂゴンの巣ではゲーム開催しません。



以下にヂゴンの巣での武器使用、行動に際するレギュレーションを記載します。
当フィールドでのゲームに参加される方は必ず記載事項を読み、
それを厳守する事を同意の上、参加をお願いいたします。

武器使用のレギュレーション

◎当然の事ながら法規制値のパワーの武器のみ使用可能
(電動ガン、ハンドガン、ショットガン、ボルトアクション問わず)

◎8mm弾を使用する武器もパワーが規制値内であれば使用可能

◎アサヒ・JAC等の外部ソースを使用するBV式エアガンに関しては、
法規制内のパワーしか出ない事を参加者全員が
確認出来る状態であれば一応使用可能とするが、
トラブルを避ける為に原則として使用は自粛いただきたい

◎原則としてエアソフトガン以外の武器は使用禁止
(具体的にはナイフ類、火薬類、BB弾以外の物体を発射する武器は使用不可)

◎グレネード、トレーニングナイフ、BBトラップ系の武器の使用は
周囲の賛同と使用者の道徳心の元に使用を許可する

◎武器は原則としていくつでもフィールドに持ち込み可能

1ゲームで使用可能な弾数は無制限とする。


装備品等の使用規定

◎原則としてサバイバルゲーム用のフェイスマスク装着を参加条件とする

◎ゴーグルやシューティンググラスの装着は自己責任とする
(至近距離で撃たれても怪我をしても文句は言わない事)

◎原則として戦闘服や作業服等、それに該当する服装を装着する事

◎全身タイツやメイド服等戦闘に不向きな服装で参加する場合は自己責任とする

◎たとえゲームに使用しないとしても飾りの銃剣や模造刀、
その他の武器類の持込に関しては参加者全員の賛同を得る事

◎レーザーサイトの使用は威力の弱いものであれば一応可能であるが、
網膜等に当てない事を最低限の使用条件とする
そして使用する際は参加者全員の賛同を得る事

◎使用可能なBB弾の種類は分解性のものであればよいが、
(バイオ弾である必要は無い)重量は0.25gまでとする。


ゲームのプレイ内容に対するレギュレーション

◎ヒットの判定は直接弾が当たったものを全てヒットとする

◎当然ながら兆弾もヒットとするが、
敵が明らかに跳弾を狙って発射した弾については
周囲や個人の見解によって無効としても良い

◎暴発、自決等自身の射撃による被弾もヒットとする

◎上から降ってきた弾はヒットとしない

◎エアソフトガンやグレネード以外の武器以外から発射された弾や、
手で投げつけられた弾はヒットの判定にならない

◎ヒットされたら戦闘の意志の無い体制で速やかに引き上げる
(具体的には武器を上に上げたり、デッドマーカーを掲げて引き上げる)

ヒットコール、或いは引き上げ時の意思表示が曖昧なプレイヤーは
攻撃されても文句を言ってはならない


◎ヒットされた者は仲間に情報や攻撃等の指示を与えてはならない

◎フリーズコールは原則として相手との距離が2m以下の場合に有効とする

◎フリーズの方法は後ろ或いは横から相手にタッチする、
相手に銃口或いはトレーニングナイフをそっと突きつけるものとする

◎フィールド外からの攻撃、指示、野次行為は違反行為とみなす

◎ヒット後の相手に対する賞賛等の叫びは推奨する
(自身を倒した相手に「ナイスシューティング!」と叫ぶ等)


最低限、最大限のマナー

◎喫煙、飲食しながらのゲームは原則禁止

◎いかなる場合であってもフィールド内ではゴーグルやマスクを外してはならない

◎泥酔しながらのゲームへの参加は言語道断

撃って来た相手に対する暴言はいかなる場合であっても禁止

例え至近距離からの攻撃であっても、接近を許した自分が愚かだったと考えるべし

◎撃たれても被弾申告しないゾンビ行為は当然禁止

☆ヂゴンの巣内で起こった事故に際してその責任を誰にも問わず、
たとえ何があっても誰にも賠償を請求する事をしてはならない


☆但し明らかに加害と被害の関係が確認出来る場合は
加害者は社会のルールに則って被害者に誠意ある対処をする事


ヂゴンの巣のゲームに参加するプレイヤーは以上の事項を
厳守する事を約束してプレイしていただきたい次第であります。  

2018年02月04日

一枚目の写真に最もふさわしいセリフを書き込め(迫真)



何を血迷ったのか昨日の土曜日は
夜のニシタチを家族で満喫?して来ました。

旨い屋台のラーメン屋があるわけでもないのに
「じゃけん夜行きましょうね~」という事になってしまったのは何故だか不明。



でもこないだ新年会で市内に繰り出した我輩とは違い、
嫁やクソガキ共は久しぶりにニシタチを彷徨くという事と、
まだ時間的に居酒屋が開店する時間帯ではなかったんで、
ウォーミングアップがてらにまずは山形屋をぶらつくことにします。

しかし、山形屋の駐車場にクルルァを停めるやいなや、
娘が「喉乾いた・・・喉乾かない?」と抜かすので、
まだ娘が「オナシャス!」なんて言葉を使っていなかった頃
山形屋に来ると必ず来ていた地下のジュース屋さんに向かい
娘は昔と同じくメロンジュース、嫁もメロンジュース、
そして息子は1杯1000円のいちごパフェを注文します。

我輩は「フレッシュジュースなんか要らんから、藤岡珈琲買ってくれ」
懇願したのですが嫁から「あんた別にコーヒー好きでもないでしょ?」と言われて瞬殺。
まあ確かに我輩、コーヒーが嫌いではないけど好きでもない。
でも山形屋って、宮崎じゃ全然見かけない藤岡珈琲ちゃんと売ってんのな。
(青森では八戸や青森の何件かの店で置いているの目撃した)



晩飯はいつものようにアレッタでも良かったんですが、
嫁が「折角だから居酒屋逝きたい、居酒屋」と五月蝿いので、
昔よく足を運んでいた“蒸気屋”に来てしまいました。
若い頃この店のカオスで狭っ苦しい雰囲気が好きでよく来ていたんだよな。
嫁と一緒に来たことはなかったけどw

嫁は生ビール、我輩はウーロン茶、息子はラムネ、
そして何故か娘は「ジュースとか要らん、水くれ」とハードボイルドな発言。
居酒屋で水って・・・お前前世はカエルか?

まあ我輩が青森に逝っている間に色んな居酒屋出来たんでしょうがね、
色々ありすぎて何処にイケばいいのかオジサン本当に解かんないのよ。
何かおもろいメニューが有る居酒屋とかあったら誰か教えて。
まあ何処の居酒屋に逝っても地鶏もも焼きとタタキは出るんでしょうが、
地鶏ぐらいなら新富町でも旨いの食えるんだよな。



まあとりあえず子供はこういうの好きだろってノリで注文したチーズ揚げでしたが、
クソガキ二人の発言は「三沢のチーズロールの方が旨い(確信)!」。

でもクソガキ共の言葉、我輩はよく解るんですよ。
チーズというトロリとした食材、それを包むカリッとした春巻の皮。
その2つを同時に美味しく食べるなら途中で噛み切って
アツアツチーズがドロッと出て来るサイズより
口の中に収まりがいいチーズロールの方が美味しく食べられるんですよね。



居酒屋でコレが外れだったらもう二度と来たくないですよね、串盛り。
つくね、砂ずり、ソーセージ、アスパラベーコン、ししとうベーコン、
ネギとピーマン、タレ付きホルモン、イカ、豚バラ、鶏肉が盛られて1300円。

まあ外れじゃなかったけど、ししとうは辛いという意味ではアタリだった。
うーむ、宮崎の居酒屋では串盛りより地鶏もも焼き頼んだ方がいいのか?
串盛りの中に鶏皮が入っていないと損した気分になる砥部良軍曹です。



蒸気屋と言えばコレですよ、地鶏の刺身。
レバーと砂ずりとモモとムネの刺し身。
1皿1300円ぐらいするけど、どこでも大体相場はそれぐらいだよね。

特にこのレバー、牛レバ刺し禁止令が発令された現在では、
合法的に食えるレバーとして貴重であり、重要。
鶏肉のレバーってウニっぽい味と食感がして旨いんだよな。

鶏肉大国であるはずの宮崎県ですが、鳥刺しが食える店って案外少ないんだな。
地鶏はタタキで食えばいいだろって大半が思っているんでしょうかね?
それとも、刺し身って宮崎でもなかなか確保するのが難しいんでしょうか?



鶏肉の唐揚げは居酒屋では鉄板メニュウなんでしょうが、
それじゃあ面白くないのでカエルの唐揚げを注文してみました。
うーん、いい感じに足がピーンと伸びているねぇ。
勿論クソガキ共「ええ・・・(ドン引き)」です。

好奇心旺盛な息子はバクっと食って「うん、おいしい!」でしたが、
警戒心の塊の娘は案の定完全拒否しておりますが、
無理やり口の中にねじ込んでやったら「あ、食べ物の味がする」と謎発言。
いやマジで旨いよカエル、鶏肉よりも身が引き締まっていて味も雑味がないしね。



カキは生牡蠣ではなくて蒸したやつ、もみじおろしと好みでレモンを絞って。
でもやっぱカキは八食センターで食ったやつの方が旨かったなぁ。

ま~我輩的には十和田のヤマヨっていうスーパーで
7~8個ぐらい入って1盛り1000円で売っていたカキを
蒸し焼きにしたやつの旨さが未だに忘れられないのですがね。
あーまた青森に逝けるんなら、ヤマヨで買い物してぇ。
宮崎は旨いものに溢れていますが、やはり海の幸は青森には敵いません。

しっかし何ですなぁ、他にも数品食いまくりはしたんだけど、
全部で支払金額10000円って結構なもんだよなぁ?
嫁が飲みすぎて高く付いたかなって思ったんですが、
嫁はビール以外はハイボールしか飲んでいないんだよなぁ。
余談ですが我輩、ココで全然お腹いっぱいになっておりません。



仕方ない、フルーツ大野でパフェでも食って腹を満たすかと思ったら、
案の定既に行列出来てんのね、外はクソ寒いって言うのによ。

「そーいえばこないだニシタチに来た時、岩切さんのとこ逝ってなかったな」
という事でフルーツパフェは諦めて
フルーツカクテルを飲みに“OAK”に逝きました。
BARに子供を連れてくるのは本来ご法度なんですが、
この店は、ていうか岩切さんはそ~いう無粋なことは言わない人だからおk。

嫁は「テキーラのカクテルってどーいう感じ?」と言いながら“エル・ディアブロ”という
テキーラをジンジャーエールとクレームドカシスとレモンで割ったカクテルを頼み、
娘は何故かキウイのカクテルを注文知るという暴挙に出て、
息子は性懲りもなくまたイチゴのカクテルを頂いて人生初のBAR体験。

え?クソガキ共は何をしているのかって?
実はこの店ね、ガンプラの下にマンガ本が置いているんですよ。
“百姓貴族”とか“猫ピッチャー”とか意味不明なマンガが、ね。
それを読みながらしっとりとBARの雰囲気を味わっている・・・のか?



さて、我輩は宮崎らしさを堪能するべく日向夏のカクテルを頂きました。
日向夏ならではの甘みとふんわり漂う酸味、確かに美味しいんですがね、
実は我輩酸っぱい系より甘い系のほうが好きだった。

でもコイツはノンアルコールでも充分に満足できる旨さ。
クルマで友人を連れてニシタチに来るなら、OAK一択でしょ?
まあ本音は岩切さんが厳選したスコッチの原酒を頂きたいところなんですがね。



カクテルよりも“猫ピッチャー”に夢中な娘。
お前そのカクテル飲まないのなら我輩が頂くぞ。
正直、キウイのカクテルの方が美味しかったというか我輩好みだった。

ノンアルコールカクテルを飲みながら1時間ほどOAKでニシタチの夜を過ごし、
帰りに肉巻きおにぎりとミスタードーナッツを買って帰宅という王道を往く流れ。
我輩的にはシメにラーメン食いたかったんですが、
クソガキ共が「食えるかバカ」と拒否りやがったんで断念。

いやしかし、独身時代は「ニシタチは大人の街だぜ!」と思っていましたが、
こうやって家族で来るのも悪くないというか、面白い。
2ヶ月に1回ぐらいのペースで家族でニシタチに飲みに来るのも
クソガキ共の人生勉強になってよろしいんじゃねぇのかって微妙に思ったね。
もう少しニシタチの居酒屋をリサーチしとかんとイカンな。

そーいえば我が家以外にも家族連れが結構ブラブラしていたな。
あ、そうか、野球のキャンプが始まったからソレで来ている観光客とか居たんだ。  

Posted by 砥部良軍曹 at 22:17Comments(6)お出かけ

2018年01月28日

なして日曜日になると雨が降るんかねぇ?

こないだの日曜日の夜、我が家のお約束のルーティンで、
19時から鉄腕ダッシュを見ていたんですよ。
ていうか日曜日の19時ってあれ以外見る番組ねぇよな(確信)。

んでね、“グリル厄介”見ながら「沖縄ってそんなに外来種の動物多いんかい?」って
思ったんですがよーく考えてみたら沖縄って動物だけじゃなくて
人間も外来種が大量に入り込んで色々と破壊しているわwww

米軍基地周辺とかに群がっているのって大半は外来種でしょ?
まあ何が言いたいのかというと「鉄腕ダッシュはダッシュ島が一番面白い」

さて、本日も鉄腕ダッシュを見てから更新と思いながらも、
こないだから始まったNHKの“西郷どん”も少しだけ気になる。
「所詮、大河は歴史ファンタジー」と解っていながらも、
好きな歴史の人物を題材にした話は気になるのです。
でも我輩的にいつも思うのは「日曜日の昼間にテレビ見ている人は負け組」。

だってさ、日曜日は何処かにお出かけしながら過ごすか、
テレビなんか目もくれずに趣味の道具を弄ったり、
家庭菜園の手入れをしたり、燻製作ったりして過ごすもんでしょ?
日曜日にテレビ見ながら過ごすって我輩的にはありえねぇ。

だから雨が降ってしまって何処にも行くアテがなくなった日って、
物凄い敗北感に襲われてしまうんですよ我輩は。



というわけでもないんですが我輩は小雨が降っているよ~な気がする中、
性懲りもなく青鹿自然公園のBUGのサバゲーに逝ってきました。

雪は降らないもののココ1週間ぐらい寒くて仕方がない宮崎県、
防寒対策ということで戦闘服はソ連軍の防寒服?戦車兵服?
真意を問うために軍装博士のらんたろー氏に見せてみたところ、
「こーいう感じの戦闘服を着ているイラストがタミヤの戦車のプラモにある」との事。
という事は我輩のこの謎服は戦車兵の服の可能性が微レ存。

しかし最近寒波の影響で寒いとは言え、ココは雪のない国宮崎。
下はロシア軍しましまシャツだけでもそれなりに過ごせます。
コレが青森なら更にアンダーアーマーのコールドなんちゃらを着ておかないと死ぬ。

「どーせ雨が降って適当なところでゲーム終了になるだろう」と思い、
武器は三八式とPPSh41しか持ってこなかったんですが、
PPShの弾道が時々ションベン弾になるという有様で、
本日は思ったように戦果をあげられませんでした。



本日は第4週目の日曜日、つまり川南の軽トラ市の日。
なので軽トラ市に寄って昼飯調達後、サバゲーに向かったのですが、
軽トラ市で何やら見たことのある御仁に会ってしまいました。
というわけで飯を買ったらとっとと引き上げるつもりだったのが、
結局同志と共にブラブラしながら軽トラ市を全部見てしまうという体たらく。

ていうかこの漢(おとこ)、何を買いにココまで来たのか気になる。
遭遇したのはピロシキ屋さんの前だったんですがね。



軽トラ市を物色後、青鹿キャンプ場に向かいゲームに参加。
そしたらまだゲームが始まっていなかったというwww
何やら、雨っぽい天気のために人数の集まりがよろしくなくて、
先程までゲームできる状態ではなかったとの事。

結局、我輩が弾速チェックを済ませたところで12時になってしまいお昼ごはんタイム。
今日の昼飯は我輩的軽トラ市最高にして至高のグルメ、
オモニのトッポギにAコープで購入したちゃんぽん麺を入れたブテチゲ。

ブテチゲならインスタントラーメンを入れるのが本格的なんでしょうが、
アレンジしてちゃんぽん麺を入れてみたところ、コレはよく合う!旨し!

余談ですが世間にはよく「チゲってのは“鍋”って意味の言葉だから、
『チゲ鍋』って言うと鍋鍋って言ってるのと同じだぞ」
とドヤ顔で申す方が居られるようですが
そういう人は「“サルサ”っていう言葉は『ソース』を意味する言葉だから、
『サルサソース』というとソースソースになっちまうぞ」
とも言っちゃうんでしょうかね?
そして、フラダンスの「フラ」って言葉が「ダンス」という意味だとか、
「クーポン」の意味は「券」であるとかちゃんと知っているんでしょうかね?

ま、我輩が何を言いたいのかといいますと、
「少ない例題だけで物事を知っているよーな口を利くのは止めろ」



さて、昼飯終了後も少々雨が降っていたのと
人数も7名ぐらいだったので「戦争すっど!」という雰囲気ではなかったんですが、
フィールドマスターココまでキメてしまったらゲームしない訳にはいきませんよね?
二次大戦装備に武器は台湾ICS製M1ガーランド。
ヤバイ、マジで掘れそうだ、じゃなくて惚れそうだ。

初戦、PPShがトリガートラブルを起こしたので、
我輩は急遽三八式歩兵銃に持ち替えて参戦。

そしたら初っ端にカチ合ったのがらんたろー氏。
1発撃つ度にコッキングしなければならない三八式に対し、
トリガーを引けば連続で撃てるM1ガーランドの勝負は
明らかに我輩不利、ていうか惨敗。


ああ、旧日本軍の兵士も同じよーな状況で同じよーな事思ったんだろうな。
「手動対自動のこの戦い、僕の方が圧倒的に不利です」
「お父さんお母さんさようなら、僕は二度と祖国の土を踏むことはないでしょう」とね。



その後PPShはどうにか息を吹き返すも、
我輩のもこもこ帽は戦場で大分目立つのかすぐに見つかり弾丸の嵐。
そして迷彩服姿のガーナ氏はなかなか見えないという体たらく。
ああ、やはりこの戦場では迷彩服必須だな(確信)。

ところでこの後ガーナ氏が「AK重いんで今年からMP5みたいな軽い武器に乗り換える」と、
裏切りとも思える発言をブチかまして我輩ショック。
ああ、また一人貴重なAK愛用者がフィールドから消えてしまうのか・・・



でもそんな軟弱な事言ってたらこの人の立場はどーなる!
アローダイナミックのBAR(ブローニング・オートマチック・ライフル)なんて
190発しか弾入らないのにクソ長くて重いの一言に尽きるシロモノだぞ!


しかもらんたろー氏はBAR専用マガジンポーチを埋め尽くす
予備マガジン12本持って戦場に赴いてんだぞ(狂気)!
謝れ!今直ぐらんたろー氏と大戦で志半ばに散ったBAR射手に謝れ!



ビシっと決めた装備ながらも何処かに緩い雰囲気があって
バランスがいいベテランサバゲープレイヤー感を醸し出すBURN様、
そして明らかに泥沼趣味人の匂いを醸し出しているらんたろー氏。

本日のゲームの流れは全て殲滅戦。
大雨が降り出したら速攻で撤収するためにフラッグすらも置いてません。



我輩のチームは3名、そのうち2名が40過ぎのオッサンで、
しかもそのおっさん2人(我輩とアンディ先輩)が
速攻で敵陣アタックを繰り広げた挙句速攻で破壊される脆さなので、
トオル様、幾度となくフィールドにひとりぼっちの孤独な戦いを強いられます。



いや我輩もねぇ、自分の装備が浮いているというか、
目立っているよーな気がしたんでね警戒しながら藪漕ぎして前進していたんすよ。
でも迷彩服着ているガトチュ殿が「これもうわかんねぇな」状態だったんで、
眼の前に居るのに気が付かなくてそのまま蜂の巣になったのさ。

その後また、草の中に隠れたガトチュ殿の姿を見たものはいない・・・
ていうか藪の中に隠れてばかりだったんで彼を捉えた写真はコレ1枚のみ。

帰宅後、「やはり戦場で生き残るためには迷彩服を買わねば(必死)」と、
己の体格に合うフローラ迷彩をヤフオクで必死に探す我輩だったが、
悲しい事にデブでチビの我輩に合う迷彩服はなかなか無いのであった。
(我輩の体格に合うロシア迷彩服のサイズは52-2、って言っても解らんだろ?)



そして終盤戦、必死の銃撃戦の途中で、
突然ケツを掘られたノンケのような悲痛な叫び声がフィールドに響きます。
ガーナ殿、斜面でバランスを崩して腰にダメージ。
もう今日は嫁に求められても確実に無理だって状態に。

やっぱ雨が降って地面が柔らかい時って、
斜面が危険だってはっきりわかんだね。



「あれー?まだ敵残っている?全然見つからないんだけどー?」
その見つからない相手は藪と一体化したガトチュ殿です。
そしてこの後呆気なく撃たれてアンディ先輩戦死、本日のゲーム終了。
でもやっぱりね、オッサンってカメラ向けると笑うんだね。

本日は時々小雨に祟られるもどしゃ降りになることは無かったので
午後からの開始とはいえ無事にゲームを実施できました。
え?腰にダメージを食らったガーナ殿は無事なのかって?そこは聞かない方向で。

ただ一つ、我輩的な反省点は「電動ガンは2丁必要だ」
何が言いたいのかというとバックアップは常に必要だってこと。
アレほど今までずっと信頼性の高かったARES製PPSh、
今日に限って時々弾が飛ばない自体に陥ったからね。

その後は「濡れたくないからとっとと引き上げるぞ」と
速やかに装備を片付けて撤収するつもりだったのに、
「オッサンと撃ち合うのはもう飽きました、そろそろセロリ姐さんと戦いたい」
ぼやくガトチュ殿と腰の痛みを抑えて笑うガーナ殿と共に
1時間程度ゆんたくタイムとなってしまったのでしたが、
我輩、サバゲーに来ないと同じ話題で盛り上がれる相手が居ないから、
こういう時が何気に一番楽しい時間なんですよ。  

Posted by 砥部良軍曹 at 23:07Comments(5)サバイバルゲーム

2018年01月21日

吉六会チャリンコ部、西都原にて死す

吉六会の一部の同志たちの間で今一番話題の品、
それはマルイの新製品ではなく“3本ローラー”
ま、よーするにチャリの室内練習用の台ですな。

我輩が青森に居た頃にイラ魔王の毎度お約束的な無茶振りによって、
吉六会同志の一部がロードバイクにハマった(一部半ば強制させられた)らしく、
気がついたらサバゲープレイヤーの集まりであるはずの吉六会は
チャリンカー共の集まりと化していたのであります。

まあ確かに、チャリって運動が億劫だとしても、
ペダルの力でガンガン動くからそれほど苦にもならないし、
デブでもガリでも脚力さえあれば動かせるし、膝への負担も少ない。
今まで本格的な運動をしていなくても敷居が比較的低いのがチャリなのです。
(チャリを買うのに初期投資が大きいという難点は除いて、どうぞ)

敷居が低いスポーツとしては他にはマラソンがありますが、
マラソンよりチャリの方が移動距離も長いから運動した気分にも浸れるし、
思った以上に結構いい運動になるから健康的ではあります、多少はね。

でもマラソンもそうだし、ロードバイクもそうだけど、
こういうのって確固たる目的意識が
何かしら存在しないと続かないんですよね。


3度の飯よりもカラダを鍛えるのが好きという人種はともかく、
体重減らすとか筋力アップとか言ったよーな肉体的充実の目的では、
モチベーションが上がらないというのが本音ではないのでしょうか?
或いは、1人で出来るけど1人でやるのは億劫だとか。

だからこそマラソンやロードバイクやっている人たちって、
結構な銭を払って大会に出場して己の実力を試すとか、
その大会のためにどんなにキツくても練習を続けるとかするんじゃないっすか?

学生の部活とかならともかく、社会人が趣味でやっている場合には、
そういう思考がそこにあるもんじゃないかと思いますよ。

でもまあ、サバイバルゲームという遊びにしても、
玩具の銃を所有している輩が所有している目的を持つために
鉄砲好き同士が集まってドンパチ始めたのがソレなんで、
多少の方向性の違いはあるものの、似たよ~なもんなんですよ。



というわけで吉六会チャリンコ部(正式名称不明)は
己等の趣味人としての意気込みを具現化すべく、
本日西都市の西都原古墳群にて開催された
西都原エンデューロ3時間耐久2018に参加。

西都原古墳群の周囲のコース(1週3.8km)を
3時間の間にどれだけ走れるかを競うレースです。

参加者はスカルガンナー氏、イラ魔王、クリ◯◯ス・コスッタ氏、コマじろう。
え?お前さんは参加しなかったのかって?
だって我輩のチャリはスピードが出ないクロスバイクだから(震え声)
ていうか我輩はマラソンとかみたいに金を払って苦行に晒されるってぇ思考が理解できん。



前日晩、吉六会の夜会が夜中の3時まで繰り広げられていたので、
我輩が目を覚ましたのは朝の9時。

だからレースのスタートには間に合いませんでしたが、
とりあえず吉六会総裁として同志たちの巡察と称して来といてやれば
ちったぁモチベーションが上がるだろうと勝手な考えで来てやりました。


到着したのが10時過ぎだったので同志一同既に1時間ぐらい走りまくって
そこそこ疲労が見られましたが大会という事もあってか明るい家族計画。



吉六会チャリンコ部の同志一同はイラ魔王の軽バンにチャリを載せ、
クリス・コスッタ氏のスターズバンにキャンプ道具等を載せて参加。
そして大会会場内に陣地構築してレースに挑みます。

何やらこの大会に参加するために朝の5時ぐらいにココに来ていた模様。
スカルガンナー氏は地獄のミサワのあれみたく「3時間しか寝てねーから(以下略)」

うーむ、ソレならいっそココに我輩の2ルームテントを張って、
キャンプしながら一晩明かして大会に挑めばよかったんじゃなかろうか?
しかし今の季節の宮崎、日中は日差しがあるから暖かいものの、
夜は温かい要素がないので結構寒いのですよコレがね。



クリス・コスッタ氏の後はイラ魔王がさっそうと走り出したものの、
1週コースを走ったところでチャリから転落事案が発生。
負傷者の救出のためにアンビュランス出動、レースは一時中断。

「さっき走り出したところなのに、調子狂うなぁ」
「ラブホに入って彼女から唐突に『整理始まった、無理』って
言われるぐらいダメじゃんこの状況!」
と悪態をつきます。



「実は転倒したんじゃなくて、魔王が転倒させたんじゃね?」とか、
「オレもココでズッコケて怪我したら保険が降りて新しいチャリ買えるかも」とか
くっだらねぇ話をしながら間をもたせようとしますが
時間の経過とともにイライラ感が募るイラ魔王。

あまりにも待たされたためにイラ魔王はモチベーションダダ下がり、
「もう走る気が失せた、誰か交代してくれ!」と吐き捨ててコマじろうと交代。



「次はオレの出番だな、栄養補充しとこう」
イヤイヤ同志、あんたは我輩同様栄養は充分に満ち足りてますから。
ていうかこの空気が乾燥している状況下で落雁の親戚みたいな
カロリーメイト的な食い物食うのが我輩的にはありえねぇ。



「あんた年寄りなんだから、足攣らないよう気をつけろよ!」
「馬鹿野郎お前俺は勝つぞお前(天下無双)」
「この辺がセクシー、エロいっ!」というやり取りの後、スカルガンナー氏、出陣。



しかしスカルガンナー氏がコースに出た数秒後、
大量のチャリンカーが土石流のごとく押し寄せてきて、
「ンアッー!イキスギィ!」と叫ぶ間もなく
スカルガンナー氏はソレに飲み込まれてケツを掘られたのでした。

そしてその一部始終を眺めていた我輩一同「これもうわかんねぇな」。



9時に始まったレース終了時刻は12時。
11時半にはピットインが封鎖されてしまうので
11時半過ぎたらコースを走る参加者は疲れて戻りたくても
12時まで走り続けなければならないという状況下、
スカルガンナー氏は11時29分30秒過ぎてもまだ戻らず。
やべぇよ・・・やべぇよ・・・

しかしギリギリのところで「出そうと思えば(王者の風格)」と思ったのか、
大和魂全開で走り抜きどーにか制限時間内にピットに無事戻った同志。



最終レーサーはクリス・コスッタ氏。
「もうさぁ、11時45分のピットアウトギリギリまで待ってていい?」と進言するも、
暴君イラ魔王に「いいからチャリ乗れよ、あくしろよ!」と言われて
仕方なくチャリにまたがり出撃、ラスト30分の最終決戦の始まりです。



そして12時、レース終了。
次々と戦いを終えた参加者がゴールインしてきます。
先頭を走る連中はガチの連中らしく、スピードもハンパねぇ。

ところでこの後、コースに残っている輩はどーなるの?完走するまで走るの?
それとも上から投網をぶら下げたUH-1が来て、
チャリンコ共々ザーッと引っ掛けて回収して古墳の上に捨てるの?



うわ、何か凄いのが来た!
何やらパラリンピック参加している選手のチャリらしい。
手で漕ぐ時点でチャリって呼ぶべきなのか不明だけど、
砂井さんが乗っているリカンベントバイクよりもドン引き・・・

足が不自由な人専用のチャリなんだろうけど、
コレを手で漕ぎ続けるのって相当な労力&筋力必要ですぜ。
レースの後腕パンパンなんだろうなぁ(小並感)。



あ、こういうのヤッターマンのラストで見たことがある。
でもコレは二人乗りなんですね。
果たしてコレで結果が出せるのか?それとも笑い取るためか?



ぬわあああああん疲れたもおおおおおん!
結局、吉六会チャリンコチームの順位は、
グループ参加者40数名中25位ぐらいとまあまあの結果。

ま、こういうので結果を出すのは部活でやっている連中とかプロの世界の人。
趣味でチャリに乗るアマチュア的には参加することに意義があるから、
完走できればソレでいいんでしょうし、充分自己満足もしたでしょうし、
何よりも「オレ達にはチャリンコがある!」という自負が湧き上がったことでしょう。
疲労感の中に達成感が輝く同志一同の姿に拍手!

でもねぇ、改めて思ったんですがねぇ、
やっぱチャリを趣味にするとなるとカネがかかるわ。
まともに使えそうなロードバイク買うとなると20万ぐらいは必要でしょうし、
そこから消耗品交換やメンテ費用とかを考えるとサバゲー以上の出費です。

レースに出るともなるとクルマもチャリを積載できる車種が欲しくなるし、
レースを円滑に実施するための色々な資材も必要となります。

ま、サバゲーみたいに有料フィールド2000円とか無くて、
道路だけ走るのならタダで出来るのがチャリの利点ですがね、
やっぱ我輩的にチャリはちょっとそこまで走るのに便利な道具、そんなもんですわ。
ガチでスピード出しながら走って楽しむもんじゃないと思ったね、マジで。
多分今のチャリが走らなくなったら我輩、チャリ通勤止めますもんね。



大会参加者にはお昼ご飯としてうどんとかしわ飯(鶏めしの事ね)が配布。
イラ魔王は「コレじゃ足りんよ!辛麺食いに行こうぜ!」と抜かしておりましたが、
クリス・コスッタ氏は「茶碗蒸しが食べたい」と謎発言。あんた病人か?
ま、ラストランで病的なまでに疲労したんでしょうね。



んで、我輩はと言いますとうどん引換券に付属していた
このはな館で使用可能な300円の商品券を4人から貰ったので
うなぎの入船が出している1285円のうなぎ弁当を購入して
同志一同の目の前でこれみよがしに食ってやったんですが、

4人全員相当疲れているのか何の反応もなし。

やっぱさ、疲れている時はうなぎでスタミナ付けなきゃ(適当)。
我輩は見学していただけだから全然疲れていないけど。  

Posted by 砥部良軍曹 at 21:55Comments(0)イベント