2017年12月17日

4人いればサバゲーは出来る・・・よね?

今年もあっという間に終わりを迎えようとしています。
そして我輩のボーナスの小遣いもあっという間に底をついてしまいました。
でもね、それは仕方がないことなんですよ。
いつもは金がある時に限って欲しいものが何処にも売っていないのに、
今回は欲しいものがヤフオクでバンバン流れていたんだから(迫真)!




というわけでその仕入れたブツを試すために、
ヂゴンの巣でサバゲーしようと考えたのでありますが、
いやーやっぱり集まらないもんですねぇ、人。

ま、今回はサバゲーしたいというよりも、
「年が明けるまでに、人を撃ちたい」だけだったんで、
ゲームできる人数さえ集まればそれでよかった。

そして今まで放置プレイしていたヂゴンの巣を、
来年はどのようにして運営していくかを考察したかったというのもあります。



そんな邪な考えでゲームを開催したせいなのか、
それとも今までずっとゲーム開催していなかったから忘れられたのか、
ココよりも魅力的なフィールドが存在するからなのか、
もしかして我輩と関わり合いたくない人が増えてしまったのか、
結局集まったのは我輩含めて5人。

しかも1人は昼前ぐらいに重役出勤してくるし、
そのうち1人は昼には居なくなってしまったので、
結局全体を通して2対2の4人でのサバゲーという有様でございます。



青森よりは(気温的には)遥かに温かい宮崎ではありますが、
外気温というものは雪が降らなくても10℃を下回ると
ソレが8℃であろうが1℃であろうが寒いもんは寒いんですよ!
でも服の下にアンダーアーマーのコールドなんちゃらを
着ておかないと確実に凍死するという程ではありませんがね。

というわけで本日の我輩の服装は旧ソ連軍の謎防寒具。
暇があればこの分厚い冬季用戦闘服的なブツが何なのか調べているのですが、
コイツについて何処にも記載や説明がないので全く以って謎のままです。
ま、背中にソ連のマークが入っているからソ連軍装備じゃね?という適当さ。

ま、中古だけどやっと念願のソ連軍ヘルメットも仕入れたんで、
これでソ連軍装備がほぼ揃って嬉しい限りです。

そして武器はこないだ仕入れた三八式歩兵銃。
でもこうして堂々と構えているとパット見モシン・ナガンに見えなくもないっしょ?
ま、らんたろー氏以外でソコにツッコミを入れてくるよーな、
卓越した知識人は宮崎には居ないでしょうからココならこれでもありだなと。



いや一応ね、電動ガンも用意してきたんですよ。
スカルガンナー氏から「ドブの中から拾ってきたようなAK」と揶揄された
同志熊頃氏から譲り受けた次世代AK74MN(と思われるブツ)。

これがね、部品取りのドナーとして仕入れたジャンクだったのか、
変な色塗っているわ、パーツが所々無かったんで、
ヤフオクで色々仕入れてどうにか完全体に仕上げたんですけどね、
本日は2対2のゲームだし、三八式でもイケるかなって思ったんで、
1ゲーム試射程度にぶっ放したら後は飾りにしておりました。

まあ実際、S&T製三八式歩兵銃かなり命中精度高し。
そしてストロークが短いから結構速射も出来る。
15mで不二家ネクターの空き缶バシバシ当てられるし、
10cmぐらいの隙間のブラインドショットも出来ちゃう性能に「いいゾ~コレ」。
ただ、組んだ時は初速85m/sぐらいだったはずなのに、
ヂゴンの巣で初速測ったら58m/sぐらいしか出ていないんでやんの。



こういう感じでガンラックに飾っていると、なかなかサマになる風景です。
でも「汚い電動ガンだなぁ」な次世代AK以外は全てスカルガンナー氏所有の武器。

しかし満を持してやってきたアローダイナミック製AKM(一番右)は
メカトラブルで唐突に弾が出なくなって糸冬了、
毎回持参はしているけど同志が使っているのは初めて見た
LCT製VSSヴィントレス(右から2番め)は弾は出るけどあまり調子がよろしくない。

結局快調に作動していたのは真ん中のLCT製AK74カスタムと、
(お値段1.6パットン⇒1パットンは50000円ぐらい)
宮崎市内のJOKERで購入したというBOLT製SR47という体たらく。
もうね、そのVSSかAKM、我輩が使えるよ~にするから安く譲れって思ったね。



さて、肝心のサバゲーの方ですが、
午前中はスカルガンナー氏と我輩の吉六会チームVS
ペガサス様&タキモト様のゲストチームにて殲滅戦。

ペガサス様、既に絶滅したと言われているマルイ製M16A1を持って参戦。
A2の丸いハンドガードと違って意外と握りやすい(個人の感想です)
おにぎり型ハンドガードは今では全く見なくなりました。
我輩もそうだけど、やっぱ古いクルマが好きな人は古い鉄砲も好きな模様。



以前参加されて以来、久しぶりに来場のタキモト様は、
着るギリースーツみたいなお召し物を身に着けておりますがそれ、何処で買ったの?

握りしめているマルイ製MP7は機関部の改修によって
コンパクト電動ガンとは思えない初速90m/s以上のパワーを叩き出すので
なかなか手ごわいかと思われましたが・・・



地の利を得ていいる上に極悪非道なスカルガンナー氏によって
至近距離から弾を思いっきり浴びせられてあっけなく死亡。
プレイヤーが4人しか居ないのでゲームは毎回2分程度、
長くても5分ぐらいで終わってしまいます。

ところで最近流行りの有料フィールド、
射程距離が短いところはセミオートしか使えない場所が散見されますが
ヂゴンの巣は射程距離がクソ短いけどフルオートおkです。
だってセミオートで電動ガンぶっ放していたらスイッチに負荷がかかって壊れるし、
せっかくフルオート撃てる武器があるのに使わないのは勿体無いですからね。



午前中は5回ぐらいゲームをこなして昼飯タイムに突入です。
昼前にようやくやってきてくれた電マ野郎様、
我輩の分のお湯も沸かしてくれてお陰で手間が省けたわい。

やはり冬のサバゲーの昼飯はカップラーメンに限る!
身体も温まるし、いつも以上に旨く感じられる!
そして同志が一言「シングルバーナーはSOTOのレギュレーターストーブが最強だな」
確かに、カセットコンロのガスが使えてパワーもあるST310の利便性は見逃せません。



でもカップラーメンのお湯沸かすだけなら、
湯沸かしだけに特化したジェットボイルが最強みたいなんですよね。

父上も生前「ジェットボイルいいみたいだぞ」と言っておりました。

でも我輩は湯沸かしだけのために
ODガスを買う必然性を見いだせない貧乏性。



「ところでオレの◯◯◯◯を見てくれ、コイツをどう思う?」
凄く・・・大きいですという間も与えず2言目に
「ていうかコレ、いくらだったと思う?0.1パットン以下だったんだぜ!」
(しつこいようだが1パットン=50000円ぐらいですかね)

4500円でマルイのデザートイーグルが手に入ったなんて、なんて羨ましい!
しかし外気温10℃以下の状況下ではマガジンを温めたところで
ブローバックがまともに作動するはずもなく、あえなく撃沈。



昼からはチーム編成を変えて殲滅戦を2回実施し、
電マ野郎様の提案でバトルロイヤルを実施。
スカルガンナー氏「4年ぶりぐらいにAR系の銃を買ったぞ」と言いながら、
BOLT製SR47(AK47のマガジンを使用するM4)を出してきやがります。



デザートイーグルが使えなくて意気消沈したものの、
気を取り直してマグプルPDRを取り出してきた電マ野郎様は
スカルガンナー氏お得意の不意討ちにビビりやがったものの、
結局最後は悪が勝つんですね。電マ野郎様勝利。

結局、バトルロイヤルは思った以上に参加者全員に不評だったので、
2回やって終了し、また殲滅戦を開始。



ココまでずっと三八式で戦いながら最後まで
大和魂を見せつけようとした我輩でしたが、
「やっぱね、フルオートには敵わねぇ(断言)」

そしたらバトルロイヤル後に一緒のチームになったタキモト様が
「僕の武器で良ければ使って下さい」と言ってくれたので
「うれしいこと言ってくれるじゃないの、それじゃとことんぶっ放してやるからな」という事で、
10年ぐらい前に夜戦に愛用していて馴染みの深いP90を使わせていただきます。
しかもコイツ、普通のP90じゃねぇ、ハイサイクル。
実は我輩、マルイハイサイクル電動ガンをサバゲーで使うのは初めて。

イヤイヤ、今まで「ハイサイクルなんて弾が無駄に多く出るだけじゃねぇか!」
と誤解していたというか食わず嫌いだったんですがね、
1トリガーで弾が多く出るというのは非常に嬉しいもんだねぇ。

何が嬉しいかって、我輩はよくバリケードから瞬時に出て瞬時にぶっ放す、
そしてすぐ隠れるor逃げるというヒット&アウェイ戦法で戦うんです。
その時、ハイサイクルだといつもより発射される弾が多いから、
攻撃が成功する確率がかなりアップするんですね。
コレは我輩の戦い方にピッタリの武器じゃねぇか!

ああ、ハイサイクル、我輩も欲しいぞ。
しかし帰宅後、マルイのハイサイクルの商品ラインナップ調べてみたんですが、
我輩がマジで欲しい商品がないことに気がついて愕然。



さて、昼飯の時間帯にウチの娘が嫁の実家に遊びに来ていて、
そのついでに何故かヂゴンの巣に冷やかしに来ていたんですが
(ていうか、我輩が「やじゅうせんぱい」の名前で登録したけど、
全然プレイしていないスマホ版“どうぶつの森”をやりに来ただけ)
チャリのスタンドにサツマイモがぶっ刺さっていたんですね。

ファッ?これもうわかんねえなと思いつつ、
その周辺を物色してみたらまだありました、サツマイモ。



そして現在建設中のトイレの裏に「はえ^~すっごい大きい・・・」のが3個ぐらいありました。
コイツは「だからこんなんじゃ商品になんねぇんだよ(棒読み)」という事で
ヂゴンの巣に投げ捨てられたんでしょうかね?



そこで電マ野郎様が「まずうちさぁ・・・ロケットストーブ・・・あんだけど、
サツマイモ焼いてかない?」
と意味不明な発言をするので、
我輩とスカルガンナー氏は「なんで食う必要があるんですか」と思いはしたものの、
電マ野郎様が「食おうと思えば(王者の風格)」だったんでゲームそっちのけで焼き芋開始。

フィールド内から薪を拾い集めてロケットストーブに投入、
ガンガン燃やして熾火を作り、サツマイモをブチ込みます。



2ゲームぐらいして様子を見てみると、
いい感じに外側が炭化した焼き芋が出来上がり。
恐る恐る切ってみると、いい感じに中まで火が入っていい匂い。

食べてみるとコレが案外旨くてびっくり。
スカルガンナー氏「これはまるでクリみたいな味わいだぞ」と感動。
すると電マ野郎様「じゃあリスに食わせてやりたいな」と謎の返し。



しかしデカい方は流石に中まで火が通っておらず、
とてもじゃないですがダメみたいですね(諦観)
気がついたら既に16時だったんでゲームは終了。
もう1個残っていた少し小さめのやつを集中的に焼くことにします。



そして30分ぐらい熾火に投入して真っ黒に焦げた焼き芋。
適度に冷ましてみて「電マ先輩!オナシャス!」
外側が炭化して硬いけど、中は柔らかそうな感じ。
くぱぁっと実を割ってみると、旨そうな湯気と旨そうな匂い。
これは期待してもいいかもしれん!



「こいつ・・・食えるぞ!」
味は小さいやつほど旨くはないものの、
しっかりと焼き芋の味がしてホクホク感もある、旨いヤツ。



本日のヂゴンの巣のサバゲーでは、収穫が3つありました。

1つ、S&T製三八式歩兵銃はサバゲーで充分に使える!

2つ、マルイのハイサイクル、あれは・・・いいものだ!

そして3つめ、戦場で食う焼き芋は旨い!

相変わらずと言うか予想以上に人数は集まらなかったけど
タキモト様は案外濃い人物であることが判明しましたし、
ペガサス様とも楽しくゲームも出来ましたので
良い今年の締めくくりゲームになりました。

というわけで来年3月に予定している
吉六会野営訓練の際はイモ沢山用意しますんで、
電マ先輩、お世話になります!  

Posted by 砥部良軍曹 at 22:57Comments(5)サバイバルゲーム