2018年04月10日

娘、中学生になる



本日は娘の中学校の入学式。
まあココで普通なら「こないだ入学式と思ったら、もう中学生」とか、
「本当に、子供の成長は早いもんです」とか書くところなんでしょうが、
ココはそんな小学生並みの感想文、略して「小並感」を羅列するブログじゃないていうか、
ROMっている皆さんは我輩にそういうの期待していないの、解ってる。

でもね、世の中どうしようもなく適切な文章が思いつかない時が3つあるんです。
一つは鼻クソほども興味が湧いてこないものを見せられた時、
そしてもう一つは感情の起伏に乏しい定規杓子なものを見せられた時、
最後の一つは「我輩自身の感情が死んでいる時」。

大体見てくださいよ、娘のこのふてくされたよーなツラ。
明らかに「あーこれからだりー毎日が続くんだろーなー」な思考しか読み取れません。
まあ、中学進学という状況に対して特別な感情の湧き上がりなんて無いんでしょう。
我輩も同じ頃、同じよーな感情だったんでま、多少はね。

多分ココで本物のM3グリースガン渡したら、
躊躇なく校舎内の動く標的めがけて射撃することでしょう。
でも感情は無いから「カ・イ・カ・ン」なんて言わねぇの。

卒業後、娘とパソコン弄りながら色々くだらん話しをする機会があったんですがね、
我輩と娘、目指している方向性は違えど思考はほぼ一緒。

人の印象には残りたいけどそのために自ら騒ぎ立てるのは嫌だとか、
人と話すのはイヤじゃないけど人間と付き合うのは嫌いだとか、
自分の興味にある話をする人としか話をしたくないとか、
本当に興味のあることに対してどのように挑めばいいのか試行錯誤しているとか、
そもそも、他人が信じられないから人前では感情を殺しているとか、
恐ろしすぎるぐらいに我輩と一致しているではありませんか。

結局コイツも我輩同様、趣味や興味の世界でしか生きられない人種なのかと思うと、
嬉しくもあり、悲しい気がせんでもありませんが突き詰めると人間そういうもんです。
大体、ウチラみたいな省エネタイプの人間は、
興味のないことに対して敢えて絡むほどのバイタリティはないんすよ。


まあ結局、淡々と繰り広げられる入学式の内容を傍観しながら、
娘に対して特に何の感情が湧き上がることもなく終始ボーッとしていた我輩。
精々「中学生になったらまた色々面倒なことがあるんだろうなぁ」と思う程度。

「昼飯何食おうかな?」という思考に至れないぐらい退屈な入学式、
わざわざ休みをとって出てくるほどのもんなのかなと思いつつも、
入学式とかじゃない限りなかなか休みが取れんのよね、ウチの職場。

さて、入学式やら教科書の受けとりや先生の紹介を終えて帰宅。
昼飯の時間になったんで本日の主役である娘に何を食いたいか問うたところ、
「特に何もねぇ、ソコの五月蝿いのが食いたいもんでいい」と言いやがります。
最近の我輩もそうだけど、世の中が面白くないと思うようになると、
何を食いたいとかいう感情すら失いそうになりますね。


横で五月蝿い息子は「何か・・・旨いもんが食べたいねぇ」
「米と~刺し身と~醤油と~いちごパフェが食べたいな~」とか抜かしやがるんで、
「回転寿司ってはっきり言えよ!」と言うことになり、
高鍋のスシローに逝ったところ本日は児湯郡全部の小中学校が入学式、
同じよーな流れで来たであろう家族連れの客がそこそこ居りました。

ところでさ、ファミレスって安いよーな気がするけど、
気がついたら家族4人で0.1パットン超える時ありますよね?
調子こいてデザート食ったら6000円台になることがあるもん。イヤマジで

でも回転寿司って高い皿取らなきゃ5000円弱で収まるんですねコレが。
調子にのって100円じゃない皿食いまくるとどうなるか解りませんが。
因みに我が家の回転寿司屋でのルールは「高い皿は1人1回まで」www

帰宅後、娘が格好への提出物の記入をしながら、
少し悩んでいるフリをしていたんでツッコんでみたところ、
「クラスの皆に一言」というところを悩んでいた模様。



「もうね、コレでいいやん」と言ってあげたんですが、
「そのネタ、何人か知っているやつが居るから使いたくない」と反論するんです。
そうか、こんな田舎の中学校にもあのクソ漫画見ている輩は居るのか。

でもね、お前の脳みそでなんか気の利いた捨て台詞思いつくのか?
我輩でさえもそういうのは淫夢語録からパクったりしてブログやってるんだぞ。
オリジナリティってぇもんは一朝一夕で醸し出せるもんじゃないのよ。

じゃあ仕方ないな、もう、誰も知らなさそうなネタ、アレで逝こう。
中学生で田所浩二知ってるやつなんかほぼほぼ居ないだろーから、
「いいよ!来いよ!」でいいだろ?と言ったところ、
「これもうわかんないし、別に誰かに来てほしいわけじゃない」とあっさり却下。

もういい、「オナシャス」か「ハイ、ヨロシクゥ!」のどっちかにしろと吐き捨てて、
我輩は部屋に戻り煙草を吸う事にしたのでした。

やはり、一般的な文化に疎い我輩や娘のような人種が、
ノンケの世界で順風満帆に生きていくのは難しいようです。


その後、パンイチでナチュラルアメリカンスピリットを吸う我輩のもとに、
娘が中学校で渡された防犯ブザー持ってきながら、
「これ、ダメみたいですね(諦観)」というんで開けてみたところ、
電池が液漏れしていて「だからこんなんじゃ商品になんねぇんだよ(棒読み)」だったんで、
液漏れして錆びている部分ガリガリしてどーにかしてやりました。

こんな不良品掴まされるとか、どうなってんだろうかねこの中学校。
我輩だったからサクッと修理して事なきを得たけど、
どうにも出来なかったら変態に襲われた時どうすりゃいいのかね全く。
4年に1度、変質者の目撃情報があるという新富町、
子供にまともに可動する防犯ブザーは必須なんですよ。
  

Posted by 砥部良軍曹 at 12:34Comments(4)出来事