2009年09月13日

たまには違う場所でサバイバルゲーム



本日は久しぶりに我輩の以前のホームフィールドである
川南のフィールドのゲームに出かけてきた。
佐土原でNo.10の同志ウナギゐヌとホリ・マカーイをピックアップした後、
我輩的安全運転で川南へ向かい、戦場を目指す。

戦場に到着したら挨拶もそこそこに身支度。
午前中はフィールド内のゴミ拾い及び草刈。
ゴミを拾いながらざくざく草を刈っていると気がついたら12時。



しかし、昼飯を食おうとしたら想像以上に食欲が無い。
そこで我輩への忠誠と愛情の確認を込めて同志ウナギゐヌに
我輩の弁当を食ってもらうことにする。



本日集結した戦友は我々を含めて8名。
因みに一番奥にてくつろいでいるのがフィールドマスターの61mk氏。
昨晩頑張り過ぎたのか、ぐったりしている。
本日も昼から夕方の4時まで皆で大量の水分を搾り出し、
激しく動き回ったといいたいところであるが、
実際はそんなにゲェムしていないような気がするのは
まだ気温が暑いから仕方ないね。



ゲームをあまりしていないので、交戦中の写真が撮れなかった。
それでは寂しいので休憩中に実施した
我輩とウナギゐヌの肉体バトル写真を掲載する。
お互いが近接戦闘訓練用のラバーナイフを手にして戦闘開始。



しかし、お互いの攻撃精神が煮えたぎり過ぎて
周囲がドン引きするぐらいまでヒートアップ!
この戦いを止める者は誰もいないのかという状況に差し掛かった瞬間、
写真左のように暑い抱擁を交わして戦闘終了。
決着は審判や第三者が決めるものではない、
己の心が決めるものであるという真実を見せ付けてやった。



そしてゲーム中盤、参加者の顔色に疲労感が見え出した頃
戦場に似つかわしくない出来事が起こる。
何と、フィールドにケーナの響きが広がったのであった。
その深みのある響きに誘われて我輩ホイホイと
ケーナを奏でる初老の男性に接近、色々と話を聞かせていただいた。
茨城から来たというその男性は我輩をいぶかる事無く
フランクに話をしてくれた。

参加者一同もそのケーナの響きに心を静めたのか、
その後は軽く2回ほど戦闘を実施し、その日のゲームを終えたのであった。
そして我々No.10は戦闘終了後の銭湯と称して、
木城温泉ゆららの湯船でゆっくりと身体を癒したのであった。


同じカテゴリー(サバイバルゲーム)の記事画像
今年もこのフィールドで思う存分楽しもう!
今年の初サバゲーはRED LEAVESで
磐田の野外フィールドにTE★GAが置いていた?
浜松で★本格的★インドアフィールドを満喫
4人いればサバゲーは出来る・・・よね?
やはり、我輩は“野戦”が好きだ(確信)
同じカテゴリー(サバイバルゲーム)の記事
 今年もこのフィールドで思う存分楽しもう! (2018-01-15 00:47)
 今年の初サバゲーはRED LEAVESで (2018-01-08 11:46)
 磐田の野外フィールドにTE★GAが置いていた? (2017-12-29 00:04)
 浜松で★本格的★インドアフィールドを満喫 (2017-12-23 01:58)
 4人いればサバゲーは出来る・・・よね? (2017-12-17 22:57)
 やはり、我輩は“野戦”が好きだ(確信) (2017-09-10 22:23)
この記事へのコメント
こんにちわ閣下殿
昨日はお世話になりましたm(_ _)m

久しぶりに顔を合わせる同志に感服しました。

都農フィールドの開拓プロジェクトを着々と進めます
Posted by 都城のエバーズマン軍曹 at 2009年09月14日 10:52
>>都城のエバーズマン軍曹様

こちらこそ久しぶりに共同戦線を張る事が出来、
楽しい一日を過ごさせていただきました。

フィールドの完成を楽しみにしています。
Posted by 伍長閣下伍長閣下 at 2009年09月14日 23:01
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
たまには違う場所でサバイバルゲーム
    コメント(2)