2010年01月13日

湯布院の夜をBARで過ごす 

我輩は現在休暇中。
6日から昨日まで福岡の町を満喫し、昨晩父上と母上の待つ湯布院に来ました。
(最も、両親が待っているのは我輩ではなく嫁と孫共なんですがねw)
福岡での話は自宅に帰還して書くことにしますので、
とりあえず本日は湯布院での出来事を連ねたいと思います。



今回我輩は嫁と一緒に湯布院のBARに逝きました。
子供が出来て以来、嫁と2人で飲みに行くのは久しぶりです。
今回は子供2人を親に預けて父上の自宅から歩いて2分ぐらいの場所にある
「BAR Stir(ステア:かき混ぜるの意味)」に逝きました。
場所は湯布院駅からまっすぐ歩いて5分ぐらいの場所の
幽霊屋敷、もとい骨董品屋さんの隣の共栄ビルという建物の2階です。
はっきり言って、看板が小さいのですごく・・・探しにくいです。

ビルの2階に上がり、10センチ四方の看板以外は何の飾りもない
無機質な木のドアを開けるとそこに薄暗いBARがありました。
1人の初老のバーテンダーが恭しく我々夫婦を迎えてくれます。
そしてバーテンダーの一人に誘われるままにカウンター中央に座ります。
座った席の目の前のボトル棚に以前我輩が飲んだことのある
「エドラダワー」という世界で一番小さいウィスキー蒸留所の酒があったので、迷わず注文します。
嫁はこういう場所で酒を飲むのに慣れていないので、スプモーニを注文。



ウィスキーだけでは物足りないので、つまみにチョコレートを注文しました。
広い皿に恭しく盛られているのでどうやって食えばいいか躊躇しましたが、
バーテンダーは「チョコレートは手づかみで食べるのが一番美味しいんです」と、
笑顔で教えてくれましたが、まずは酒を飲むことにします。
久しぶりにすするエドラダワーが我輩の肝臓と心を癒します。



チョコレートを注文しようとしたら無言でレバーペーストを勧められました。
売られた戦いは迷わず買う、ではなく何事にも挑戦するのが我輩、勿論注文。
滑らかな舌触りとコクのある味わい、すっきりした後味は「美味」の一言。
お陰で普段1時間かけて飲むウィスキーが30分で空になりました。



次に何を飲むか40秒考えた挙げ句、嫁が興味があるというので
我輩が大好きなアイラモルト、ラガヴーリンをロックで注文しました。
独特のイソジンうがい薬の様な強く強烈な、
万人向けとはいえない香りが我輩の神経を刺激します。
勿論嫁は1口飲んで拒否。嫁はヘネシーを注文しました。
因みに我輩はブランデーは苦手。



嫁はブランデーがよほど気に入ったのか、速攻で飲み干しました。
我輩は1杯目を速攻で飲んだ為か、脳みその思考力が下がっています。
さて、次は何を飲もうか・・・
〆はやっぱりショートのカクテル、ギムレットかマティーニか、
それとも久しぶりにチェリーブロッサムを飲もうかな?
そうこう考えている間に嫁がまたブランデーを注文したいというので、
コニャックの次はアルマニャックだなと我輩がのたまうと
間髪入れずにバーテンダーが進めてきたのでそれを嫁に飲ませると・・・
コニャックと違い男らしい味わいのアルマニャックは嫁の口に合わなかった模様。



しかし何ですな、バックボトルを眺めていると
不思議な幸せ感に包まれるのは我輩だけでしょうか?
嫁が〆にアプリコットクーラーを注文したので、
我輩もシンガポールスリングを注文して〆に入ることにしましたが、
この時点で我輩の脳みそはアルコールまみれ、結構きつい。



2時間ほど滞在し、至福の時間を過ごしてBARから撤収すると
夜の湯布院の町並みはもの凄い雪に包まれていました。
まあ、ぶっちゃけ我輩は来年の今頃はここよりも
雪の凄いところに居る予定ですが、やっぱり寒いのは厳しいなぁ・・・


同じカテゴリー(お店)の記事画像
一足早い誕生日祝い
佐土原高校の裏?にあったイタリアン
元祖チキン南蛮を食らう
久しぶりに嫁とランチデェト
一枚目の写真に最もふさわしいセリフを書き込め(迫真)
霧島温泉の奥地にあった魔境
同じカテゴリー(お店)の記事
 一足早い誕生日祝い (2018-06-18 23:55)
 佐土原高校の裏?にあったイタリアン (2018-06-16 12:00)
 元祖チキン南蛮を食らう (2018-05-20 23:38)
 久しぶりに嫁とランチデェト (2018-03-13 23:53)
 一枚目の写真に最もふさわしいセリフを書き込め(迫真) (2018-02-04 22:17)
 霧島温泉の奥地にあった魔境 (2018-01-10 21:03)
Posted by 砥部良軍曹 at 11:56│Comments(5)お店
この記事へのコメント
イイ感じの店ですね
自分は写真のような落ち着いた感じの店が好きです

自分はまずオーダーするのはジントニックです。
あとはウイスキーかブランデーのロック
ドランブイがあればラスティネイルですね

閣下、来月辺り飲みに行きましょう
Posted by 熊頃氏 at 2010年01月13日 13:29
自分の地元、都農町にもおしゃれなCAFE・BARがあります。料理もは全て最高で特に店オリジナルのチーズケーキは特に美味しく大人気です

都農町にお越しの際は是非お立ち寄り下さいm(_ _)m
都農駅の目の前のSAZANというお店です。
Posted by エバーズマン at 2010年01月13日 17:19
去年の夏、大阪に帰った時、BARで呑みたいと思い、探したのですが一軒も見当たりませんでした やはり梅田は小僧の街、北新地にでも行かなければ無いようです、
Posted by ウナギゐヌ at 2010年01月13日 21:45
素敵なバーですねー。由布院はたまに行くので機会があれば行ってみます☆雰囲気だけで酔えるので安上がりです。
レバーペースト、美味しそう…。
よくバーにご飯食べにいってました…。(カウンターで(笑))
ルール違反ですかね。
バーの食事、美味しいですよね。
Posted by おじゃる at 2010年01月13日 22:20
>>熊頃氏殿
ラスティネイル、なかなか渋いものをお好みですな。
いやマジで、一緒に飲みに行きたいッス。
もうすぐ三沢に転勤なので、近いうちに逝きませう。
次回吉六会会議は何処かのショットバーで実施しますかね。

>>エバーズマン殿
相変わらず地元観光活動に熱心ですな。
都農町もなかなか侮れませんですな。
出来れば一緒に逝って今後の国防について熱く語り合いたいものです。

>>ウナギゐヌ氏
ショットバーはねぇ、賑やかすぎる町にはなかなか無いものだよ。
大人の趣味だからね。

>>おじゃる様
気の利いた飯を出してくれるバーにはずれはありませんよね。
我輩もそういう店が大好きです。
そう言う店って、マスターと会話しても楽しいんですよね。
Posted by 伍長閣下伍長閣下 at 2010年01月14日 00:04
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
湯布院の夜をBARで過ごす 
    コメント(5)