2010年07月10日

奥入瀬・八甲田1泊2日旅行 奥入瀬編

我輩の入れ知恵で割引切符が買えたとはいえ、ここまで飛行機代2人分
KTWのモシン・ナガン1丁分の銭を払って我が家に来てくれた両親に
「青森で何処か逝きたい所はあるか?」と聞いたところ、
「奥入瀬見れば他はどうでもいい」と随分ぶっきらぼうに抜かしやがります。

とりあえず我輩の個人的都合でさくらんぼ狩りを実施後、
青森を代表する観光地、奥入瀬渓流に連れて行くことにしました。

宮崎で言うなれば綾の照葉樹林や高千穂峡のような場所ですな。



途中で大雨に祟られ、一時はどうなる事かと思いましたが、
奥入瀬渓流に着く前には天気は完全に回復していい感じ。
いやあ、世間には「普段の行いが良いから~」と
くだらない事を抜かす小者が多く存在しますが、
我輩ぐらいの人物になれば普段の行いが悪くても人生問題ないな。

両親は晴天の、そして眩しい位の新緑の奥入瀬に感激し、
「うちらは2人で遊歩道を歩いて奥入瀬を満喫するから」と、
途中から獣道と化している遊歩道をてくてく歩いていってしまいました。
流石大物は考える事が違う。我輩ももっと精進せねば。



その後両親を拾い、各スポットにリビドー号を駐車して
色々見て回り、夏の奥入瀬を満喫したいところですが、
リビドー号はアメ車並みに車幅が広いので何処其処停め難いのが難点。

写真の場所は「阿修羅の流れ」といいます。
急激な水の流れが荒んだ心まで洗い流してくれそうですが、
流石にここに入水したら命の保障はなさそう。



奥入瀬渓流は手付かずの自然に満ち溢れているので、
木々も自然の姿そのままで豪快です。
我輩の腹回りよりも太い木々が我輩の真ん中の足よりも
雄雄しく立ち上がる姿もまた神秘的。



木漏れ日と新緑、そして清んだ水の爽やかなコントラストは
九州ではなかなかお目にかかれない光景。
涼しげな雰囲気が心を静かに癒します。
しかし実際は先程の雨の為か結構空気が温いという罠。



前回11月にも来た銚子大滝は新緑に包まれて
ダイナミックで神秘的な風景を見せてくれます。
季節が違うだけで風景が変わるのが東北の神秘。

いやあしかし、天下の奥入瀬もやはりシーズンオフの
平日に来ると観光客が少なくて行動しやすいね!



今回は十和田湖湖畔の“湖畔荘”というホテルに泊まりました。
和室、部屋食、十和田湖の近所、そしてリーズナブルな価格と
言う条件で宿を探すとここが合致したのでここを選択。

他の泊まりの客が2組ぐらいしか居なかったので殆ど貸し切り状態。
でも想像以上に部屋も施設も綺麗で得した気分。



旅の宿の晩飯にあまり期待はしない我輩ですが、
ここの飯は見た目も味もかなりいい感じのクオリティ。
量は可もなく不可もない丁度いい感じ。
しかし何で山の中で刺身が出てくるのか理解不能です。



でもいちご煮(ウニと貝類の澄まし汁)は美味しかった。
青森名物ホタテは今が旬らしいです。



旅館の晩飯のお約束、固形燃料で炙る奴の中身は
秋田名物きりたんぽ鍋と十和田牛の焼き物。
(余談だが十和田湖は青森と秋田の県境にある)

きりたんぽ鍋は初めて食ったので微妙に感激。
十和田牛は脂身が少なく、さっぱりした食感。
しかしやっぱり個人的には牛肉は宮崎牛が旨いなぁ。



普通こういう場所でのお子様ランチはやっつけ仕事が多いですが、
湖畔荘のお子様ランチはかなり気合が入っていました。
エビフライが我輩のよりも太く、必要以上に豪華です。
父上も「俺お子様ランチでも良かったな」と意味不明発言。
ケチャップライスが無駄に美味しかった。



夕食後は娘が入れてくれた茶をすすりながらくつろぎタイム。
今回のプチ旅行(両親にとってはプチじゃないけど)は
青森の素敵を充分再確認したしだいであります。
これでお一人13000円は下手な風俗に逝くより満足です。
こないだ嫁にぶちきれた自分があほらしくなる余裕の時間を過ごしました。
嫁も少しは気分転換になったようで、いい感じです。


同じカテゴリー(お出かけ)の記事画像
福岡科学館に逝ってきた
石川での思い出その壱
三沢での思ひで 青森屋で駆け足
久しぶりの鹿屋
一枚目の写真に最もふさわしいセリフを書き込め(迫真)
霧島温泉の奥地にあった魔境
同じカテゴリー(お出かけ)の記事
 福岡科学館に逝ってきた (2018-08-25 22:43)
 石川での思い出その壱 (2018-08-09 22:21)
 三沢での思ひで 青森屋で駆け足 (2018-06-04 23:13)
 久しぶりの鹿屋 (2018-03-03 23:11)
 一枚目の写真に最もふさわしいセリフを書き込め(迫真) (2018-02-04 22:17)
 霧島温泉の奥地にあった魔境 (2018-01-10 21:03)
Posted by 砥部良軍曹 at 18:28│Comments(4)お出かけ
この記事へのコメント
プチ旅行お疲れ様でした!
あと嫁さんとの仲直りおめでとうございます!(笑
これからもがんばって家族サービスしちゃってください!
Posted by マッチャん at 2010年07月10日 20:11
奥入瀬は有名な景勝地ですね〜
秋に訪れなおすのもまたよいですよ
Posted by つちのこ at 2010年07月11日 07:41
>>マッチャん様
そうですね。家族が楽しければ我輩も楽しい。
そういう感じでこれからも過ごしていきたいですね。

>>つちのこ
貴様に言われなくても秋の紅葉を拝みに行くつもりだ。
しかし、秋は観光客が多くて渋滞するらしいので
そこまでして行くべきか否か思案中。
でも其処までしてみる価値もあるんだろうなぁ。
Posted by 伍長閣下伍長閣下 at 2010年07月12日 23:19
はじめまして!!

いや~よい旅ですねぇ~~!!
秋田県にもぜひどうぞ!!!!!
Posted by あいしてあきた at 2010年07月21日 16:23
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
奥入瀬・八甲田1泊2日旅行 奥入瀬編
    コメント(4)