2010年12月26日

総勢26名の戦闘野郎がヂゴンの巣に集結!



ブルーシートを巻いたタープの中で2度寝をしていると
聞き覚えのあるでかい間抜けな声が聞こえてきたので起床。
そこには福岡から駆けつけてきた我輩の彼氏、同志エロ小僧がいました。
「よく来たな!とりあえずケツ貸せ!」



この日のゲームには総勢26名が参加、駐車場は満杯。
ヂゴンの巣は10数名程度でのゲームしか想定していないので大変。
でも最近の宮崎のゲームで20名以上が集まる事は稀有らしいので、
大変な状況ながらもかなりの快挙であると自画自賛。
都城からバウアー様ご一行が参戦、そしてBRAVO中隊が久しぶりの参戦と
我輩の宮崎帰還に大きな花を添えてくれたのが最高の悦びだった。



吉六会の作戦参謀、同志電マ野郎様も参戦。
久しぶりの再会に2人で漢(おとこ)抱き。
吉六会流煙草の火付けでお互いの歪みねぇ友情と愛情を深め合う。
でも昨日ケツが切れたのでケツの穴は貸さないよ。



宮崎の4大自衛隊野郎の2人、RODAN氏とらんたろー氏もヂゴンの巣に来訪。
何故からんたろー氏はWW2米軍装備。しかしよく揃えましたねぇ。
この御仁と久しぶりに濃い話題で盛り上がる事が出来て嬉しい次第。
余談ですが宮崎の自衛隊野郎の残り2人はミハイル氏とSR-89様。



午前は混成チームにて上下での殲滅戦を実施。
しかしヂゴンの巣は狭いフィールド、
その狭い空間に多数の銃弾が飛び交うので緒戦で大半が散り、
戦闘力と生命力に長けた者だけが長期の戦闘をする事態に陥る。
その上人数が多いからどっちが全滅したかわからないという有様。



そして参加者一同の血の気の濃さも相当。
誰もが「俺の獲物だ!」と言わんばかりに貪欲に相手を迎え撃つ。
我輩も数回参戦したが、BRAVO様やバウアー様、ホークアイ様と
他チームの猛者達の攻撃を喰らい瞬殺。
どうやら数ヶ月のブランクにより我輩の戦闘力が激減した様子?
それとも、このお方々が強すぎるだけか?



午前の戦闘が終了後、せっかくなので吉六会同志の集合写真を撮影。
これが美しき野獣達、吉六会だ!



そして昼飯。スカルガンナー氏持参のコオロギローストチキンを食する。
大の大人がローストチキンを押さえ込んでニヤニヤしながら解体。
肉に飢えた同志一同、ハイエナの方が大人しい位の有様。



「そういえばクリスマスケーキもあったよな?」
スプーンが無いのでそのままかぶりつき。漢(おとこ)らしいね。
因みにケーキは新富の“ミルフィーユ”で購入。
ここのケーキは味が濃いのにしつこくないのがいいですね。



昼からはハンドガン、単発銃限定戦を実施。
弾をばら撒けないので己の技量が戦況を大きく左右する。
射程距離を縮める為、参加者一同相手の懐めがけて突進!



ボルトアクション三銃士集結!
ウラルの南国白熊のモシン・ナガンM1891/30、らんたろー氏の三八式歩兵銃、
そしてミハイル氏のVSR-10とモーゼルKar98kの合体銃、VSR-98。
金額的にも豪華(3丁合計30万円相当)だが、顔ぶれも豪華。
これ以上の名銃の勢ぞろいはなかなかお目にかかれませぬ。



口蹄疫でヂゴンの巣が立ち入り禁止になっていたので、
同志一同が手を入れることも適わず経年変化で
フィールドの施設やバリケイドがぼろぼろに朽ち果てていたが
宮崎の畜産や酪農同様、 「ラピュタは滅びぬ!何度でも蘇るさ!!」
そして我輩がいなくても吉六会は滅びぬ!



午後からはゲスト参加プレイヤーVS吉六会の戦いを実施。
緒戦ではフィールドに長けた吉六会超有利であったが、
戦いを重ねる度にBRAVO様が鬼と化したり、バウアー様の血の気が更に増したり、
我輩が宮崎を発つ前はヘタレだったスナイパーが真のスナイパーに化していたりと
戦いがヒートアップしていく素敵な有様だった。



そして戦場での夢のような時間はあっという間に過ぎ去り、
我輩はサバイバルゲームの素晴らしさを再確認したと共に、
吉六会が育んだ友情と愛情と業の深さを再認識し、
青森に戻ったら新たなる戦場へ向かう決意をしたのであった。


同じカテゴリー(サバイバルゲーム)の記事画像
やはり、我輩は“野戦”が好きだ(確信)
ホークウッドでコマさん送別?サバゲー
川南のホークウッド(HAWK WOOD)はアツかった
地獄の業火と天国の泉
ヂゴンの夏、宮崎の夏、夏はやっぱり夜戦
ヂゴンの巣、久しぶりの夜戦
同じカテゴリー(サバイバルゲーム)の記事
 やはり、我輩は“野戦”が好きだ(確信) (2017-09-10 22:23)
 ホークウッドでコマさん送別?サバゲー (2017-08-28 21:45)
 川南のホークウッド(HAWK WOOD)はアツかった (2017-08-27 22:10)
 地獄の業火と天国の泉 (2017-07-30 23:59)
 ヂゴンの夏、宮崎の夏、夏はやっぱり夜戦 (2017-07-16 11:34)
 ヂゴンの巣、久しぶりの夜戦 (2017-07-02 02:41)
この記事へのコメント
3日に茶畑(ダンジョン)フィールドにてサバゲ初めを行いました。26日のゲイムにも劣らぬ約20人の血に餓えた漢祭りでした。
(内8人は吉六会メンバーがいるので、何時もと変わり無い運びと為りました。)
久々にゲーム中にシャイニングフィンガーを発動させてしまいました。

八甲田山で修行して戦闘力を鍛えておいて下さい。
Posted by スカルガンナー at 2011年01月04日 00:16
先日のゲームお世話になりました。
閣下様も相変わらずお元気なようで久しぶりの再会、嬉しく思いました。
口蹄疫問題があったにもかかわらず、フィールドの手入れのよさにはただ、感動、頭の下がる思いです。
次にお会いできる日を楽しみにしております。
Posted by バウアー at 2011年01月04日 13:36
>>スカルガンナー氏
年明け恒例の茶畑初撃ち、毎年仕事とか用件があって
参戦出来なくて悔しい思いをしている我輩です。
今後とも同志の宮崎のサバイバルゲームの活性化の活動に期待します。
我輩も身体を鍛えて再度宮崎の戦場で伝説を作るべく精進いたしまする。

>>バウアー様
こちらこそ遠くからはせ参じていただき感謝の限りです。
今後とも吉六会の好敵手として、
そして同じ趣味を愛する者同志として奮戦しましょう。
Posted by 伍長閣下伍長閣下 at 2011年01月04日 21:10
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
総勢26名の戦闘野郎がヂゴンの巣に集結!
    コメント(3)