2011年07月02日

今年もさくらんぼ食べまくり!

いやね、我輩の計算高い脳みそでは一応解ってはいるんですよ。
片道40kmある名川まで行って一人1000円払ってさくらんぼ狩りに行くよりは、
それと同じぐらいの量のさくらんぼを買って食った方が安上がりである事はね。
デモね、じかにさくらんぼの木からちぎって食うさくらんぼには
店で売られているさくらんぼとはまた違う味わいがあるわけですよ。多分。
あれだ、合理性では計れないロマンと言う奴だよ。

人間はたまに合理的でない選択をしてしまうから“人間”なんですよ。

それに、子供達にさくらんぼがどういう木に
どうやって生っているのかを見て理解してもらい、
そしてその中でどのさくらんぼが美味しいのか、
自分自身の眼と舌で見極める能力を養ってもらいたいから
わざわざさくらんぼ狩りに出かけるわけですよ。
決して皆様方に羨ましがられたいから行くわけじゃないですよw



で、とりあえずさくらんぼ狩りをする前に実家と同志ミハイル殿のところに
適当に安いさくらんぼを送る為にチェリーセンターに行きます。
同志諸君も6月ぐらいに我が家に何か送ってくれたらお返しに
安物のさくらんぼが送ってくるかもよと言ってみる事にします。
但し自衛隊みたいに綺麗に整列しているさくらんぼは結構高いので、
スターリングラード攻防戦時の赤軍兵士みたいにどっさりと
適当に箱に押し込まれた奴しか送れませんよw

しかし送るとなると九州までの送料が1050円かかるという罠。
そして一箱800円ぐらいの安いさくらんぼは発送出来ないと言うおまけ。
確かに安いさくらんぼは微妙に腐っているのが入っているから送れないねぇ。
まあとりあえず砂糖錦の安いのを適当に見繕って発送しました。
月曜日に届くらしいけど、腐ってなければいいけどなぁ。



今回向かったのは川守田農園と言うさくらんぼ園。
結構広くてさくらんぼが沢山生い茂っている農園でした。
所々に行き先を示す看板が立てられていたのですんなり到着。
で、いざさくらんぼ狩りをする為に銭を払おうとすると
今回は震災復興なんたらとか言う名目でお一人様900円でした。



写真のさくらんぼは佐藤錦らしいですが、色は薄いです。
でもあの赤い色は太陽に当たるから赤くなると言うだけで、
色が赤いからって美味しいとは限らないのがさくらんぼの難しいところです。
本当に甘くて美味しいさくらんぼの木は自分の目と舌で探す必要あり。
大量に生い茂る木を掻き分けながら美味しいさくらんぼを探し、
美味しい木に当たったらその気に集中してさくらんぼを食いまくる!



しまいには手でちぎるのが面倒臭くなったのでそのままじか食い!
500円玉ぐらいの大きさのさくらんぼだけで1パック分は食いましたね。
体重が増えていたらそれはさくらんぼ太りと言う事です。



更に美味しいさくらんぼを探してさくらんぼのジャングルを掻き分けると
おばちゃん達が黄色いさくらんぼを勧めてきたので食ってみると
これが甘さに品があり、酸味も程ほどでかなりの美味!!
月山錦(がっさんにしき)という高級で珍しい品種らしいです。
しまった、こいつだけ大量に食えばよかった。
もうね、赤いさくらんぼの大塚愛なんかどうでもいい感じ。
さくらんぼは「若い娘がウッフン(はぁと)」だよな!!



45分もさくらんぼを食べ続けたので口臭までさくらんぼ?
デザートを食べた後は昼飯にチェリリン村というふざけた名前の施設内にある
“けやぐ”というこれまた意味不明な名称の蕎麦屋にて
蕎麦の香り漂う本格的そばを食いました。
でもここの蕎麦、蕎麦自体は美味しいけれど出汁は普通なんですよねぇ。
嫁は偉そうな事を言う割に味音痴だから旨そうに平らげていましたがね。

まあ、果物なんて普通に生きている分には食わなくてもいい食べ物なんですがね、
どんな食材でも一年中なんでも手に入るありがたいけれど
季節の移り変わりがわかりにくい現代社会に置いて、
マンゴーやさくらんぼと言うような高級品だけれど
その旬の季節でか出回らない果物と言うものは
季節の移り変わりを感じ取る一つの手段であり、
日本の四季にありがたみを感じられる行為だと思うのですよ。

本日のおまけ↓



川守田農園に置いていたバイク。タンクに“KAWASAKI”って書いていた。

タグ :衝動食い

同じカテゴリー(お出かけ)の記事画像
三沢での思ひで 青森屋で駆け足
久しぶりの鹿屋
一枚目の写真に最もふさわしいセリフを書き込め(迫真)
霧島温泉の奥地にあった魔境
帰省しているのに旅館に泊まるのって楽しい
落ち着きのない我が家の夏休み
同じカテゴリー(お出かけ)の記事
 三沢での思ひで 青森屋で駆け足 (2018-06-04 23:13)
 久しぶりの鹿屋 (2018-03-03 23:11)
 一枚目の写真に最もふさわしいセリフを書き込め(迫真) (2018-02-04 22:17)
 霧島温泉の奥地にあった魔境 (2018-01-10 21:03)
 帰省しているのに旅館に泊まるのって楽しい (2017-09-09 03:11)
 落ち着きのない我が家の夏休み (2017-08-16 20:36)
Posted by 砥部良軍曹 at 21:30│Comments(7)お出かけ
この記事へのコメント
けやぐ→友人・親友

っう意味らしいです。

そばは美味いですが(少しぬるい)
容器がプラスチックなのはがっかりしました。
Posted by OHAMARO at 2011年07月03日 08:29
我が家の庭で佐藤錦を楽しみたくて苗木を買ってきてかなり大きな鉢植えにしていたけど残念なことに初代が枯れました。
懲りずに2代目を買ってきて植えていたけど半年で枯れてしまいました。

やはり九州で佐藤錦の鉢植えは育たないのかな?

近くの料亭の庭などには粒の小さいさくらんぼが鈴生りになっているのに!
ま、産地から送っていただけるからそれで充分なんだけどネ!
Posted by 骨董屋の親父 at 2011年07月03日 10:06
>>OHAMARO様
友人・親友ですか・・・
温かみのある素朴な響きにそういう意味があるとは
青森の言葉はなかなか深いですね。

>容器がプラスチックなのはがっかりしました。
それは我輩も同様の思いを抱きました。
やはり旨い食い物は食器も味わいの一部ですからねぇ。

>>骨董屋の親父様
果たして九州ではさくらんぼはまともに育つのでしょうかね?
今回行ったさくらんぼ園でも本当に美味しい木は
数本しかなかった事実からして、さくらんぼの木が育つ事は勿論、
実を付けさせるのはなかなか困難を極めるでしょう。

とりあえずさくらんぼが到着したら状態を教えてくださいな。
Posted by 伍長閣下伍長閣下 at 2011年07月03日 21:19
先程到着し、早速頂きました。ありがとうございましたm(__)m
成る程、上品な甘味と程よい酸味があり、何個でもいけてしまいますね。
確かに赤いさくらんぼと白みがかったさくらんぼ、どちらも糖度に大差はありませんね。
只今、次男坊がえらいスピードで食いまくっております…。
Posted by ミハイル at 2011年07月04日 20:31
美味しいさくらんぼを送ってくれてありがとう。
もう半分ぐらい二人で食いました。
このままではばあさんに持って行く分がなくなりそう。
二人でにらみ合ってけん制しあってています。
もうそろそろ桃のシーズンですからお礼に今度はこちらから桃でも送りましょう。
我が家の庭の枇杷は沢山生ったけど時期が遅れて送れそうにないから。
果物なんてどこにでもあると思うけど、なかなか自分で買ってまで食べないから。
Posted by 骨董屋の親父 at 2011年07月04日 21:53
>>ミハイル殿、骨董屋の親父様
さくらんぼ腐っていませんでしたか、それはよかった。
去年嫁の実家に送った時下の段が腐っていたらしいので
それだけが心配でした。

味はともかく適度に喜んでもらえて何よりです。
でも本当に美味しいのかなぁ、一箱1800円のさくらんぼ。
うちは1000円以下のしか買わないから解りませんねぇ。
Posted by 伍長閣下伍長閣下 at 2011年07月04日 23:19
サクランボ狩りに行ったときに食ったやつより味が良かったゾ。
実の大きさも湯布院辺りのスーパーに売ってるやつよりデカいし、甘みもあってどれを食ってもはずれがないのが良い。
木にぶら下がってるやつは色は赤くても酸っぱいやつがあったからネ。
ごちそう様でした。
1キロ1800円なら安いと思うよ。
Posted by 骨董屋の親父 at 2011年07月05日 00:19
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
今年もさくらんぼ食べまくり!
    コメント(7)