2011年07月16日

あたご・まきなみ・せとぎり



今回の3連休八戸に海上自衛隊の護衛艦が3隻も来たと言うので、
まだ微妙に津波の痕跡が残るものの復興しつつある八戸港に見に行きました。
昼飯に嫁の一味足りない麻婆豆腐を食って八戸に向かいます。
因みに護衛艦って英語で何て言うか知ってますか?“
勿論!デストロイヤーに決まっているだろ!!
破壊するんだよ!我輩が愛する日本国を侵略する糞共をな!!



まずは一番手前の“まきなみ”に乗船です。
艦上の兵器類には目もくれず急な階段を上ってブリッジに突入、
艦長の椅子を占領、息子ご満悦です。
我輩も座りたいところですが、いい年こいた大人なので止めときます。



まきなみは比較的新しい船なので何処もかしこも随分綺麗です。
これは多分巡検前にピカールで磨かれたであろう鐘。
ご飯の時間にでも鳴らすのでしょうか?使い道不明なので情報求む!



ここはエンジンとか機関部の制御室。いやあ、まるで兵器みたいだ。
説明されてもまったく理解出来ませんのでその場の空気だけ味わいます。
余談ですが我輩の爺ちゃんは戦艦金剛の機関部の整備員だったらしいです。
ま、最期の出航前に降ろされたんで命拾いしたそうなんですが。



ここは船内の食堂。残念ながら海軍カレーは食えませんでした。
広さは栄養軒よりも少し狭いです。大島通線のさといもぐらいかな。
尚、食堂の手前の部屋には酒保がありました。海軍さんでは未だに旧軍用語が現役なのね。
(酒保:しゅほと読む、煙草とかお菓子を売っている売店のようなもの)



SH-60哨戒ヘリの前で「よかったらお父さんもどうぞ」と言われたので
パイロットが羽織るジャケットを装着して久しぶりの家族全員撮影。
その後我輩の子供の名前が“はるな”と“ひえい”である事を告げると海軍さん大喜び。
どうやら海軍さんでもそこまで悪乗りした名前をつける人はいないのでしょうかね?
写真を見て気がつきましたが、我輩の“休め”は少し気合が入り過ぎ?職業がばれるな?



船と船に跨ってかけられたタラップを渡り、次は“あたご”の船内に突入です。
あたごといえばあの衝突事件が有名ですが、それに関しては割愛します。
実は我輩、イージス艦に乗るの初めてなので微妙に興奮。



イージス艦と言うものは重武装だと思っていましたが、意外と外観はシンプルです。
でも大型モグラたたきの蓋の数は8×8とかなり多くてびっくりです。
(写真下の蓋の中には火を噴いて飛び出して爆発するモグラが潜んでいますw)



しかし初めてのイージス艦は何処から船内に入るのか解らず、
そのまま外に出てしまって3隻目の“せとぎり”に乗ってしまいました。
するとステッカーやらシールやらクリアファイルやら定規やら
パンフレット以外のお土産を色々貰ってしまってさあ大変。



娘をSH-60哨戒ヘリに乗せてみました。この帽子格好いいな。
どーやら大湊のヘリの部隊の帽子みたいです。
でも最近は館内のグッズ販売がないから買えないのが残念。



“まきなみ”のブリッジ。うちのクソガキは例のアレに触りたくて仕方がないみたいです。
いい年こいた大の大人が子供になってしまいそうな空間では子供はよりいっそう危険です。



後部甲板上にも制服試着コーナーがありました。
いつも思うのですが、どうしてこれって子供用しか置いていないんでしょうかね?
大人用も用意して可愛いねーちゃんとかに着せればいいのに。
あれか、こういうのを見るとニヤニヤしてしまう痛い人が
神聖なる軍人さんの制服を着るのを防止するためでしょうか?
きっとそうですね。



そしていよいよ“あたご”のブリッジに突入です。
船内のめちゃくちゃ急な大人の階段を上りながらシンデレラ、じゃなくて
未知のエリアッー!に逝くのですが、これが随分階段の多いこと。
まるで自分たちがロードランナーになった気分です。



そしてこれがイージス艦のブリッジ!!・・・他の戦艦と同じだ。
でもどの戦艦でもそうですが、この一角は不思議な緊張感とwktkを感じますね。



艦の兵装(ミサイルとか魚雷とかチャフとか大砲とか)の発射を示す表示板。
こういうのを見るとこいつがマジで兵器である事を実感します。



ごついアーマーとケブラーヘルメットをかぶり物好きで定評のある娘に着せてみました。
いや、お前の方がだらしねぇ息子よりもいけてるぞ!
でも出来れば娘には自衛官にはなって欲しくないですね。我輩的に。



イージス艦のブリッジに興奮した後は更なる未知のエリアッー!へ突入。
何と言うことでしょう、これが船内で勤務する隊員たちの部屋なんです。
野郎臭い雰囲気がひしひしと伝わる海の漢(おとこ)達の世界。
最低限の空間に繰り広げられる狭いベッド、小さなロッカー、
そして薄いカーテン越しに迫る隣人の熱い吐息、
これではおちおち千摺もかけませんねwでもどーにかしてシコるんでしょうがw



そしてこれが船内のお風呂。一応毎日は入れるそうです。
脱衣所が物凄く狭いので部屋で全裸になってフルチンでここまで来て、
バスタオルを脱衣所に置いて入浴するそうです。イヤー大変だ。
因みに写真にはありませんが周囲は配管だらけです。
開いた空間に無理やり浴槽を置いた感じ。



ハッテン場?いやいやこれが船内のトイレです。
ここも配管だらけの空間に無理やり便器を置いた感じですね。
ていうか、奥の方無理やりトイレットペーパー置いているし。
トイレを見て思わず「アッー!」と叫びそうになる事なんてなかなかありませんぜ。
やはり海で戦う漢(おとこ)達の空間はだらしねぇノンケには理解不能な世界なのでした。

いやぁ、最近自衛隊イベントは自衛官の皆様が災害派遣で出張しているから
軒並み中止が多くてにわか自衛隊マニアの我輩としてはいささか悲しいですが、
そろそろこういうイベントでもっと自衛隊の元気を見せ付けて欲しいものです。

ああ、勿論売国政治家とか憲法9条しか愛せないおかしな奴は無視する方向でね。
マジあいつらって原発以上に日本にいらないわ。


同じカテゴリー(イベント)の記事画像
旧車の祭典 カーフェスタ宮崎in都農2017
新田原基地航空祭2017 追記
新田原基地エアフェスタ2017
祭りはトロントロン夜市まつりぐらいの規模が丁度いい
輸送艦“くにさき”を観るために細島港へGO!
えびの駐屯地祭2017
同じカテゴリー(イベント)の記事
 旧車の祭典 カーフェスタ宮崎in都農2017 (2017-12-10 23:13)
 新田原基地航空祭2017 追記 (2017-12-04 06:57)
 新田原基地エアフェスタ2017 (2017-12-04 00:38)
 祭りはトロントロン夜市まつりぐらいの規模が丁度いい (2017-07-29 23:55)
 輸送艦“くにさき”を観るために細島港へGO! (2017-07-02 22:01)
 えびの駐屯地祭2017 (2017-05-14 21:04)
Posted by 砥部良軍曹 at 21:55│Comments(3)イベント
この記事へのコメント
トイレも風呂も余った空間に付け足したような感じですね。
特にトイレは個室というより片隅やし。

しかし、風呂場の写真ですが、娘さんの仕草が「漢臭っ‼」といってるように見えるのは気のせいですか?
Posted by wakanax at 2011年07月17日 01:21
イージス艦ですか…イイナァ 細島に「こんごう」を見に行ったことやら、映画館で「亡国のイージス」を12回観たことを思い出しますが(あれは「みょうこう」でしたが)w
佐土原の某社がアスロックの部品(筒)製造をしてますから、町民として身近といえば身近です。

…あれっトイレはウォシュレットですか(´・ω・`)?お尻に優しくなったもんだ。
Posted by 鈴吾 at 2011年07月17日 14:54
>>wakanax様
ええ、間違いなく娘は「漢臭っ‼」と言ってますね。
しかしただの臭さではありませんぜ。戦う漢(おとこ)の臭いですよ。
でも兵器マニアとしてはそういう殺伐とした雰囲気がたまらねぇと思いません?

>>鈴吾様
アスロックとアルソックの区別が付かない我輩です。
或いはアスロックと聞いて“アス(ケツの穴)”ロック(締める)としか想像できない。
しかしそれは佐土原の某社?パナソニックですか??

まあそれはおいといて、正直場所はともかくとしてこのトイレ、
我輩の住む社宅のトイレよりも綺麗で立派ですよ。
Posted by 伍長閣下伍長閣下 at 2011年07月17日 22:41
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
あたご・まきなみ・せとぎり
    コメント(3)