2012年03月06日

やはり我輩は乳搾りよりBARが似合う

最近クソガキ共が我輩のパソコンをゲームや動画を見るのに使うので、
ブログの更新が10時以降になってしまう砥部良伍長です。

前回話したどうしようもなく残念だった乳搾りの後、
吉六会同志6人は反省会の意味を込めて我輩の行きつけの“BAR OAK”に行きました。

いや、本当は乳揉まずにこの店で飲みまくるつもりだったのですがねぇ、
10時半頃店に来たら客が一杯で入れなかったんです。
だから時間調整に乳揉みに逝ったらあの体たらくだったわけですよ。
どーしても乳揉みに逝きたかったわけじゃありませんからね。 嘘だけど。

しかしまあ、我輩の好きな店がお客さんで一杯というのは良い事です。
しっかりと企業努力している証拠ですからね。
景気が悪くても魅力のある店には客は来るんです。
「不景気だから客が来ない」とかぼやいている店は努力が足りなさすぎです。



いやしかし、家庭、そして子供がいると気軽にBARにも逝けませぬ。
でも我輩は普段全然飲まない人なので、こういう時ぐらい飲んでもバチは当たらんはずです。
というわけでBAR OAK名物季節の果物を使ったカクテルを注文しました。
イチゴを使った甘~くてどろ~っとしたカクテルです。
余談ですが我輩はおまかせでカクテルを作ってもらう時、
必ず「ロングドリンクで甘ったるくて濃いのを」と注文します。



乾杯の音頭は「ジーク、ヂゴン!」そして漢(おとこ)乾杯。
ゲス野郎同士の乾杯は暑苦しくなければいけません。
エアガンおやぢ様の例のネタは完全に吉六会に浸透しました。



そして皆で乳揉みの話や本年度吉六会活動目標について10分ほど語り合い、
その後は背後に女子会の集団が居るにもかかわらず「最近ケフィアの出が悪いのじゃよ」とか、
「テンガはいいぞ」とか「リポバッテリー最高!」とか下品な話題で盛り上がり、
吉六会独特の邪悪なオーラ(大半は左の御仁から発されている)を放ちながら
閉店の2時ぐらいまでガッツリ盛り上がっちゃいました。



吉六会の若きホープ、ブラックサンダーaki氏は
クルマで来ていたのでコーヒーを注文したのですが、
彼はコーヒーをすすった後角砂糖を口の中に放り込み、
その後生クリームを口に入れて飲むという不思議な性癖を披露。

まあかのアーネスト・ヘミングウェイもジンとベルモットを別々の水筒に入れて、
それを交互に飲むことで口の中でマティーニを作っていたと言いますから
あながち彼のコーヒーの飲み方は間違っていないと思います。
多分彼はカレーとご飯を混ぜて食べたくない人なのでしょう。



ま、我輩は変態と言われてはいますがそこまで不思議な性癖は持ち合わせていないので、
素直にトロピカルカクテルの女王、マイタイ(写真右)を注文したら
これ、見た目の割に結構ガツンときますね。霧島20馬力ぐらいの威力。
ま、ラムが半分入っているから当たり前なんですがね。
仕上げにレモンハートデメララ151プルーフを乗せなくて良かったです。
女性に飲ませて酔わせてホテルに連れ込むのにうってつけのカクテルですわ。

隣の青いカクテルはガルフストリームというウォッカベースのカクテル。
ピーチリキュールの甘味の中にパイナップルの酸味と
グレープフルーツの苦味が効いた見た目よりは漢(おとこ)の酒。
これも女性に飲ませて酔わせるのにいい酒ですね。



その後我々は飲んだ後の〆に桝元じゃない方の辛麺屋に行ったのですが、
その話はまた後日ということで。
山本さんは出張中で居ませんでした。

余談ですがこの日ホテルに戻ったのは4時頃。
ホテルに戻った時、丁度嫁が起きていて物凄く不機嫌そうに無言で
我輩を睨みつけてきたのが結構恐怖でしたね。
ま、これも認めたくない若さゆえの過ちということでご勘弁。


同じカテゴリー(お店)の記事画像
やっぱり、インドカレーが食べたい
西都の一寸隠れたところにあるラーメン屋
年に一度は喰いたい伊勢海老
帰省しているのに旅館に泊まるのって楽しい
市場のラーメン屋、旨し
川南のホークウッド(HAWK WOOD)はアツかった
同じカテゴリー(お店)の記事
 やっぱり、インドカレーが食べたい (2017-10-23 09:09)
 西都の一寸隠れたところにあるラーメン屋 (2017-10-19 00:36)
 年に一度は喰いたい伊勢海老 (2017-09-30 22:36)
 帰省しているのに旅館に泊まるのって楽しい (2017-09-09 03:11)
 市場のラーメン屋、旨し (2017-09-02 23:20)
 川南のホークウッド(HAWK WOOD)はアツかった (2017-08-27 22:10)
Posted by 砥部良軍曹 at 23:36│Comments(5)お店
この記事へのコメント
私の思いつきのネタをお使いいただき恐悦至極に存じます。

ブラックサンダーaki氏の飲み方は、ブラック⇒砂糖入り⇒砂糖・ミルク入りと、一口で3種の味を楽しむという実に理にかなった手法だと思います。
一人激しく感動!

カクテルで思い出しましたが、私の母は運転中コンビニで購入したマンゴー入りのカクテル飲料をジュースと間違い一気飲みし、停滞を余儀なくされるという経験の持ち主です。
Posted by エアガンおやぢ at 2012年03月07日 16:11
BARを「ビーエーアール」と読み、「ああ、乳搾りの金をBAR購入に廻せば良かった(涙)」という内容かと勘違いした私が来ましたよw
いや〜、盛り上がりましたね。BARの雰囲気と、マスターの正体不明な魅力がたまらんですな。
そりゃ時間も忘れて、赤玉駐車場に捕まりますよ(爆)
スカルガンナー様、本当にありがとうございましたm(__)m
Posted by ミハイル at 2012年03月07日 16:32
あそこまでBARで盛り上がれるのは吉六会くらいだろう。

後ろの女子会もきっと興奮したはずだ!!
Posted by 電マ野郎 at 2012年03月07日 22:43
閣下〉
ネタに使って頂き光栄シゴクでございます。

「口の中で混ぜてるんだろ?」と聞かれ笑っていましたが、実の所は苦いの、甘いの、白いのをそれぞれ個別で堪能しておりました。サーセン
Posted by aki at 2012年03月10日 00:56
>エアガンおやぢ様
いえいえ、素晴らしいアイデアは単なる思いつきから生まれるものですよ。
それよりどーして女子という生き物はフルーツ系カクテルのような
飲みやすい酒に騙されやすいのでしょうかね?うちの嫁も然り。

>ミハイル殿
中国製BARがいつ発売されるかと心待ちにしている我輩ですが、
酒を飲む方のBARもなかなか良いものです。
今度は同志も飲酒出来る状況で盛り上がりたいものですな。

>電マ野郎様
間違いなく奴らは帰宅後パンツを取り替えたでしょうな。多分。

>aki氏
今回の事案で判明した。
同志こそ我輩亡き後の吉六会変態部門を担う人物であると。
Posted by 伍長閣下伍長閣下 at 2012年03月11日 00:12
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
やはり我輩は乳搾りよりBARが似合う
    コメント(5)