2012年03月19日

原点に戻ってみた

どーも、最近ガソリンや灯油の値段が高くて
マジで呆れている砥部良伍長です。

そーいえば自民党政権末期時代、民主党議員連中が徒党を組んで作った
“ガソリン値下げ隊(でしたっけ?)は一体どこに消えたのでしょうか?”
灯油リッター82円とかレギュラーでリッター152円とか正直高すぎです。
人生に失望してガソリンや灯油をかぶって焼身自殺するにも
肝心の燃料の値段がこうも高くてはたまりませんなぁ。


民主党政権になったらガソリンや軽油や灯油が安くなる、
消費税も上がらないし子ども手当も入ってウハウハと信じて票を入れた方、
あなたは納豆やヨーグルトやトマトが健康やダイエットに効果的と言われると、
疑いもせずに信じてスーパーに駆け込む性癖をお持ちじゃないでしょうか?
自分に都合のいい話しか聞こえない物凄いご都合主義のお莫迦さん。

いや、そういう人間達のお蔭でで我輩の生活マジで厳しいんですけど。
こうなると民主党政権がどうとか、どじょうのおっさんが無能とかよりも、
民主党の無能な奴らに票を入れた無知な市民に腹立たしさを感じます。

原点に戻ってみた

まーそーいうわけでガソリン代が高すぎて何処にも行けない毎日を過ごす今日この頃、
本日は休みだったので久しぶりにというか、大々的にエアガン弄りをやりました。
そこで我輩の手元に何本AK47のマガジンがあるのか出してみたところ、
ノーマルマガジンだけで6本、600連マガジンも6本あった事実が判明し、
(しかも600連マガジンは3本未開封でエアガンの箱の中に入ったまんま)
自分自身の若さゆえの過ちと業の深さに唖然としていたところです。

しかしねぇ、我輩の手元にこの7.62mmマガジンをぶっ挿せる銃はAKMSと
上記写真上にあるルーマニアンAKのAIMSしかなかとですよ。
台湾製なんちゃってRPKはバラバラにしてヤフオクに出して売りましたしね。
驚くことに本体15000円で出しても誰も買わなかったのに、
バレルやフレーム、ストックと分解して出したら合計20000円超えちゃった。

さてノンケには理解出来ないでしょうが、AKという銃は大まかに2種類あります。
1つは7.62mm×39の鉄マガジン、もう一つは5.45mm×39のプラスチックマガジン。
嫁はその事を全く知りませんが、娘は何故か知っています。
娘曰く5.45mmのプラスチックのマガジンが挿さるAKは先っちょが違うらしいです。
そしてその7.62mmのマガジンがアフォゥみたいに大量に手元にあるこの現実。

でもマガジンが12本もあるのにそれが使える銃が2丁しかないというのは、
チ◎ポは1本しかないのに彼女が3人ぐらいいる奴みたいで嫌ですね。
そういえば過去にそういう後輩がいて、その頃毒男だった我輩何故か頭に来て
「てめぇ種無しにするぞ!」と叫びながらチ◎ポに針金巻いた事もありましたね。
余談ですが我輩、戦闘能力もないのに我輩よりいい武器や装備を持っている奴や
無能や無職のくせに彼女がいるとか言う奴が心の底から腹立たしいです。


まあそういう昔話や個人的思念はさて置き、
最近5.45mmのAK74系列ばかり購入していたのでAK47が欲しくなりました。
木製ストック金属フレームとかいう上等な奴じゃなくてマルイのAK47。
でも今更新規でAK47買うほど我輩も銭がありません。中古すら買う銭がありません。

しゃーないので我が家に転がっているジャンクパーツを集めたり、
こないだミハイル殿から頂いたAKの部品を使ったり、
ヤフオクで細かいパーツ類を購入して普通のAK47を作ってみました。
普通のAK47なのでフレームもストックもプラスチックです。
メカボックスも我が家に転がっていたジャンクパーツの寄せ集めです。

フレームやストック等プラスチックのパーツは全て耐水ペーパーで荒く磨き、
ストックはウエスに黒の塗料を染み込ませて磨いて仕上げました。
遠くで見ると木みたいですが、100%プラスチックです。かなり汚ねぇです。
マガジンも汚い奴を1本取り出してさらに汚くしてみました。

原点に戻ってみた

東京マルイのAK47は我輩が社会人になってすぐに販売され、
勿論社会人になって得た給料で迷いも無く購入した思い出の一品であり、
我輩がサバイバルゲームに嵌るきっかけを作ったエアガン。

AK47を買う以前にMP5も持っていましたが、
サバイバルゲームをする為に購入したエアガンはAK47なのです。
(MP5は初期のノンホップだったのでゲームに使えなかったの)

だから東京マルイのAK47は我輩にとってある意味原点。
構えてみると当時プラスチックの割には高いと言われた剛性感も
金属製フレームの武器に慣れた今では結構ふにゃっちくて、
でもその明らかに古臭い感じが意外としっくりきて故郷に戻った気分です。
でも全体的構成に関しては最近のエアガンより単純でよく考えられています。
次世代になってからのマルイ電動ガンのメカニズムは理解不能。

原点に戻ってみた

こんなアフォウな写真、嫁は撮ってくれませんので娘に頼みました。
これで今年の夏は自慢のナム戦装備で戦えます。
どーでもいいかもしれませんが常識的に考えてナム戦装備といえば
普通北ベトナム軍装備ですよね?或いは南ベトナム軍。
グーグルで画像検索してもアメリカ兵しか出てこないのはどういう事でしょうか?

原点に戻ってみた

さて、AK47があるならそれに見合った拳銃も欲しくなりますよね。
旧ソビエトの拳銃といえばトカレフが一般的によく知られていますが、
トカレフは第2次世界大戦前の武器なので基本的にAKのお供にはなりません。

というわけでマカロフ(お菓子の名前じゃねぇぞ、それはマカロンだ)が欲しいところなんですが、
マカロフという拳銃はエアガンより本物の方が手に入りやすいという代物。
仕方がないのでマルゼンのむか~し販売していた固定スライドのPPK/Sガスガンに
これまたむか~し購入したマカロフのレジンキットのグリップを合わせて作りました。


原点に戻ってみた

ワルサーPPK/Sのグリップパネルを外し、グリップ後部の錘を外し、
後ろの部分をマカロフのグリップに合わせてざっくり切り取り、
グリップパネルの裏側もヤスリで削り、ハンマーと連動しているトリガーバーも外し、
(固定式のワルサーPPK/Sのトリガーバーはハンマーを動かす機能と
セイフティを掛ける為の機能しか付いていないので無くても発射に問題なし)
しっぽの部分をノコギリでぶった切って短くして、
切り取ったグリップ後部にパテ盛り整形とグリップスクリューを追加。
セイフティレバーも削ってパテ盛りでそれっぽく加工して、
マガジンボトムもぶった切ってそれっぽく加工してみました。

原点に戻ってみた

トリガーバー部分がぱっくり開いていますが発射は出来るので無問題。
パワーはエアコキ並みですがホップで20mぐらい飛距離はあるから無問題。
セイフティが効きませんがダブルアクションなので暴発の心配はそこまで無し。
形が微妙ですが都合の悪い話は聞かないので無問題。
塗装や細かい造形が微妙なのは我輩昔から色塗りが下手なのでこれが限界。
前にも言いましたが我輩プラモ作るとか塗装するとか苦手なんですよ。
何しろ我輩は折り紙で鶴が折れない人ですからね。

だから久しぶりにパテ盛り&サンドペーパーがけをやったら疲れました。
しかも色塗ろうと思ってベランダに出ると外は雪降っているし寒いし、
そろそろ春の陽気が来るかと期待していますが、まだまだですなぁ。
最近は欲しいものは銭さえあれば大抵市場に出回っている感じなので、
こういうちまちました苦労をすることも少なくなりました。

原点に戻ってみた

昔は電動ガンや装備品の種類がそんなに豊富じゃなかったので、
どーしても欲しい電動ガンや装備は自分で作る必要がありました
例えばファルコントーイのガリルSARの前回りとマルイAK47の前回りを合体させて、
パテとアルミ棒で適当にそれらしく作り上げ、フレームはそのまま加工、
リアサイトやストックを無理やり切り取って取り付けて手作り電動ガンを作りましたね。
グリップもパテで盛ってサンドペーパーと格闘しながら
1年ぐらいかけて1丁の銃を試行錯誤しながら作っていたものです。

それを考えるとこの自作なんちゃってマカロフのガスガンを作るという作業も
「無い物は作れ」という我輩のサバイバルゲーム活動の原点なんですよねぇ。
サバイバルゲームという趣味を初めてはや20年、
そろそろ我輩も初心を見直す時期が来ているのかもしれません。


同じカテゴリー(エアソフトガン)の記事画像
SVU!SVU!
自衛隊装備用サイドアームの決定版!
鉄製AKの普及はココから始まった
紳士の国のライフルは真摯じゃないと扱えない?
一応、我輩も長モノガスブロ持っているよ
我輩の電動ガン散財話、まだ続くよ
同じカテゴリー(エアソフトガン)の記事
 SVU!SVU! (2019-07-10 18:25)
 自衛隊装備用サイドアームの決定版! (2019-06-08 01:03)
 鉄製AKの普及はココから始まった (2019-05-26 22:20)
 紳士の国のライフルは真摯じゃないと扱えない? (2019-05-14 22:53)
 一応、我輩も長モノガスブロ持っているよ (2019-04-21 16:32)
 我輩の電動ガン散財話、まだ続くよ (2019-04-18 18:37)
この記事へのコメント
ハンネを入力変換しようとすると、「ミハイル」より先に「ミサイル」が表示されて笑えないミハイルです。分かりにくい…。
私の原点はXM177E2ですが、G&Pぐらいしかラインナップがないですね…。原点…。コードのハンダ付けさえまともに出来なかった厨房の頃が懐かしいです。メカボを弄るなんてトンでもない。神様の領域でした。
それが今やシム0.1mm、初速1m/s、50m先の命中精度を求める中毒症状。箱だしの銃は1丁も無い、中華に嵌まる泥沼地獄。
どうしたもんでしょorz
漢の修行?
Posted by ミハイル at 2012年03月20日 11:09
>ミハイル殿
じゃあハンネを“ピーマン職人”に改変する必要がありますなw

まあ、趣味の世界の泥沼に嵌りだすと
モノを手に入れるだけじゃ済まなくなるって事ですね。

極限を見つけ出すまで弄り回すとか、
自分のスタイルに合わせてカスタムするとか、
それも漢(おとこ)の生きる道なんですかね。
Posted by 伍長閣下伍長閣下 at 2012年03月20日 21:37
自分の原点はPSG-1です。

ちょうど10年前に買ったと思います。
強度の低さに唖然とし、結構な額注ぎ込んで強化し
スコープ交換したりラージバッテリーにしたりしてました。

今はバレットにお熱ですが(;´д`)

ちなみに最初に買ったハンドガンはデザートイーグルでした
Posted by 熊頃氏 at 2012年03月20日 22:55
>熊頃氏殿
PSG1とはまたどうしようもな・・・もとい、マニアックなシロモノをお選びでw

しかし初めての武器がそういう代物だったからこそ
今の同志があると思うと最初の武器って本当に
その人のキャラクターを決定付けるものなんですなぁ。
Posted by 伍長閣下 at 2012年03月22日 19:33
NAM戦といえばARVNでしょう!(勿論ウソです…w)
マカロフPMいいですね。
自分は素のPPK/sのグリップだけ茶色に塗った「想定PM拳銃」でサバゲってます。

トイスター・トカレフ、やはりチェック済みでしたか。流石は同志!
自分は今日、手元に届きました。
外観の再現度も高く、なかなか満足度の高い製品ですよ。
多分ハドソンのパクリなんだろうなw
(コッキングが妙に重いので、割とパワーもありそうな予感)

今度のサバゲーで早速実戦投入の予定。久々にミリブロのネタにできそうです。
Posted by らんたろー at 2012年03月24日 10:40
>らんたろー殿
流石宮崎の共産趣味の第一人者であり革命同志!
既にトイスタートカレフを入手済みでしたか。
我輩も手元に来るのが楽しみであります!

しっかし久しぶりにミリブロ覗いてみましたが、
いつの間にかあそこはショップの宣伝ブログの巣窟(すくつ)と
化していましてもう\(^o^)/オワタ感漂っていましたなぁ。
我輩がミリブロやっていた頃はもっと面白いところだったんですがねぇ・・・
Posted by 伍長閣下 at 2012年03月25日 11:09
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
原点に戻ってみた
    コメント(6)