2015年03月20日

もう生ハム原木は買わない?

3月といえば春の訪れを待ちわびる季節であると同時に、
卒業やら転勤やらで別れの季節でもありますね。


しかしそうなると大変なのが送別会。
自分の職場の送別会、自分がお世話になった先輩の送別会などが続いて、
忙しいやら金が減るやらでもうたまったもんじゃありません。
挙句の果てに退職する上司のお別れ会もあるんで金銭的にキッツいですわ。

でも最近送別会を迎える度にボチボチ思うのは、
我輩があの送別会の壇上に上がる、主役になる日が来るのは何時のことやら・・・


さて、去年末に結婚10週年を機会に仕入れた生ハムの原木のおかげで、
2月ぐらいまでは生ハムを喰らい続ける蜜月の日々を送っていたのですが・・・




皮と脂身の付いていない部分は元々固かったのですが
日に日にガチガチになりやがってビーフジャーキー以上に歯が立たなくなるわ、
硬い部分が出来たせいで他の部分が綺麗に切れなくなって、
クソガキ共はおろか嫁もつまみ食いのために生ハムを切らなくなり、
結局美味しく頂ける部分まで無駄にしてしまうハメになる有り様でした。

先っちょのピンク色部分は意地と根性ともったいない精神で
我輩がどーにか上手くそぎ落として食いました。



しかし赤茶色に化した部分はとりあえず骨からは切り落としたものの、
包丁で削ぐこともままならない既に手遅れ状態。

コイツを茹でてどーにか出来ないものかと思案もしましたが、
何よりも2月末から週末は宴会続きで暇がなかったんで、
そーいう実験的な行為に手を染める余裕もなく捨ててしまいました。

ただ、骨の部分を鋸で適当な大きさにカットして、
スープをとるとイイ出汁が出るという話も聞きますので、
解体後一旦冷凍して暇が出来てから着手すればよかったかなと少し後悔。


次回生ハム原木を購入するとしたらサイドの皮のない
マンテカ油塗っている部分を先に切り進めてそぎ落として食してしまい、
その後足の甲の部分を喰らい尽くし、もう片方のサイド部分に着手、
最終的にふくらはぎ部分を食えば綺麗に食いつくすことが出来るのかなと思いました。



さて、生ハムを購入後「どーせ大量にあるんだからチャレンジィィィ!」ってノリで、
色々な食い方を試してみたのですが結論からいうと「ナマで食うのが一番!!」
バゲットを用意し、出来ればサニーレタスみたいに軽く苦味があるレタスとか、
セロリやオリーブの実と一緒に挟んだ後、粒のコショウをふりかけて仕上げにオリーブオイル。
コレが我輩的には一番旨い食い方でしたねぇ。

サラダに入れて食うのも悪くはありませんでしたが、
やはり肉は炭水化物と組み合わせるのが旨いくい方です。
でも白ご飯と生ハムは絶望的に合わなかったですね。

ペペロンチーノを作って生ハムを混ぜ込むのも旨かったですが、
パスタを更に盛り付け後、上に乗せて軽く混ぜるのがベスト。
生ハムを一緒に加熱してしまうとあまり美味しくありませんでした。



硬くなった部分を細く切り刻み、溶いた卵に1時間ほど漬け込んで、
それをオーブンで焼いてフリッタータにして食べたのは悪くなかったですが、
コレも加熱時間は程々に、卵が柔らかくないと美味しくなかったです。

初期の時点で上手に削ぎ落とすことが出来ず、
普通のハムみたいに分厚く切れてしまった時に焼いてハムステーキにしましたが、
コレは焼いている時点で獣臭がガンガン発生して意外と旨くなかったです。

やはり“生ハム”というぐらいですからナマで食わなきゃ旨くないんでしょうか?
少なくとも我輩的にはそのままに近い状態で食うのが旨かったですね。

嫁にピザ生地を捏ねてもらい、トマトソールを塗ったピザ生地の上に大量に生ハムを乗せ、
真ん中に卵を落としてピッツァ・ビスマルクを作ったんですが、
生ハムは過熱する前に乗せるよりも焼けた後に乗せたほうが旨かったです。

薄く切った生ハムに香り高いエクストラヴァージンのオリーブオイルと
軽く粒コショウをふりかけて食べる、これだけで充分幸せでしたし、
その食い方で毎日、いや3日に1ぺんぐらい食っても飽きない旨さでした。

ただ、生ハム食べている時は幸せなんですが、
普段台所の一角に放置されている時に獣臭が漂うのは残念でしたね。
癖のある匂いが苦手な人は生ハム生活は厳しいと思います。

結局、我輩敵最終結論としましては
生ハム原木を購入したことは良かったと思います

社宅の仲の良い家族を呼んだ時につまみに提供して大いに喜ばれましたし、
おすそ分けのお返しに何を渡すか考えることもなく
ただ生ハム切って渡せば全てが円満に解決しましたし、
我輩と嫁は勿論、クソガキ共も最高に喜んでくれました。

ただ、また生ハム原木を買うかと言われると金銭的にどーかなと思うところもありますし、
常に台所に獣臭が漂うのは匂いに敏感な我輩としましてはどーもキツイものがあります。
そして何より、我が家は台所が狭いので生ハム原木みたいなデカブツ置けるスペースに乏しい!
しかし今回の一部生ハム無駄にした失敗を踏まえた上で
次回リベンジしたいという気持ち的にはもう一度生ハム生活、やりたいですねぇ。


同じカテゴリー(物体)の記事画像
新たなる宮崎の夏の風物詩、ライチを食らう
百姓うどんで一番高いメニュウはかき氷だった
いまさら、マニュアルに乗る
コレこそまさに、我輩の求めるもの!
サバゲーのお守り作ってみた
6年間青森で頑張った?自分にご褒美
同じカテゴリー(物体)の記事
 新たなる宮崎の夏の風物詩、ライチを食らう (2017-07-17 21:09)
 百姓うどんで一番高いメニュウはかき氷だった (2017-06-11 22:31)
 いまさら、マニュアルに乗る (2017-04-16 22:48)
 牛パソコン、復活 (2016-12-23 23:54)
 コレこそまさに、我輩の求めるもの! (2016-12-12 00:19)
 サバゲーのお守り作ってみた (2016-10-29 23:22)
Posted by 砥部良軍曹 at 01:12│Comments(2)物体買い物めし
この記事へのコメント
お久しぶりです!

生ハム原木があるんですね〜
本物をみたことなかったので
勉強になりました!
ありがとうございました(^-^)
Posted by 綾織 at 2015年03月20日 02:40
>綾織様
この生ハム原木は“生ハムドットコム”というところで買いました。
お値段は35000円ぐらいでしたよ。

他にもネットで“生ハム原木”探せば色々出てきますので、
興味があるなら是非とも探してみてください。
Posted by 砥部良軍曹砥部良軍曹 at 2015年03月22日 00:22
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
もう生ハム原木は買わない?
    コメント(2)