2015年11月23日

アヒージョってさ、オリーブオイルとにんにくあれば出来るよね?

スーパーに買物に逝って調味料のコーナー見ているとね、
ホント、多種多様な“◯◯(料理の名称)の素”がありますよね?


エビチリとか麻婆豆腐とか回鍋肉みたいな中華料理の素は
我輩がオナ★ーを覚えるより以前からあったんですがね、
最近では「この料理作るのにコレ、本当に必要か?」みたいなのが多数散見されます。
その中で一番我輩が驚愕したのが“アヒージョの素”。
S☆Bとかダ☆ショーとかハ☆ス食品とかオー☆イから販売されています。

アヒージョというのはスペイン料理のタパス(酒のツマミ的なもの)で、
エビや魚貝類、肉等をニンニク&鷹の爪と共にオリーブオイルで煮込んだ食い物。

つまり必要なのはオリーブオイルとニンニクと鷹の爪だけ。
(一応、味付けに塩は必要)
わざわざレシピを記載するのもアフォらしいぐらい単純な料理です。
そんな料理にわざわざ市販の味付け調味料必要か?

でもね、外観見ただけでとりあえず批判するというのは、
自分さえ良ければ思考な還暦過ぎの老害よりもタチが悪いので、
どーいう原材料が入っているのかを見てみたところ、
主な材料は塩コショウ、ガーリックパウダー、そして数種類の香辛料。
そしてうま味(「うまあじ」とは読まないからね)調味料。
うーん、そんなに必要性を感じないんですが・・・

アヒージョ作るのはどちらかと言うと味付けより、
どれぐらい煮込めばいいのかの方が重要事項だろ?


もうね、知らんやつ相手ならどんなことでもして金にしてやろうという
魂胆が見え見えというか、調味料製造会社の黒い部分が見えてきますわ。


まあでも、現代の日本のように家庭にモノが一通り揃ってしまった今、
どうやって消費者の財布の紐を緩めるかどうかは
情弱をいかに騙してどーでもいいものをいかにして買わせるかになりますからねぇ。
未だに騙されている奴が多いという布団用掃除機がそのいい例。

しかしねぇ、中華料理なんかクックドゥ買わなくてもね、
オイスターソースと豆板醤とか創味シャンタンDXとか
スーパーで普通に売っているもの一通りあれば素がなくても作れますぜ。
麻婆豆腐なんか本場四川風みたいに山椒入れなくても美味しく出来ますしね。
作り方が判らんから〇〇の素に頼るという行為は人生ナメてます。

でもまあ、日本の主婦の大半は家事と子育てと
奥さん仲間との御茶会とかお食事会とか井戸端会議とか
自分を高めるためとか言いながらしてやっている習い事とか忙しくて、
料理のレシピを見つける時間なんかないんでしょうからねw


我輩みたいにブログアップしてそれでも暇なんで、
クックパッドで料理のレシピでも探してみるかーなんて余裕はないんですよ(多分)。

しかしこの上記の文章打ち込みながらふと思ったんですが、
4人兄弟を塾や習い事に通わせるために
午前中は福岡092-863-2222(当時の電話番号)でパート、
午後からは6人分の洗濯物を洗ったり部屋の掃除までやっていたのに、
料理のレシピ本やきょうの料理とかで作り方調べながら
色々美味しい食事を作っていた我輩の母上はスーパー主婦だよな!


余談ですが一時期我輩の母上、献立考えるの('A`)マンドクセとか言いながら、
夕食食材宅配サービスのヨシケイに頼っていたこともあったんですが、
2週間後ぐらいから「この料理作るのに、材料が足りない!」とか、
「この料理作るのに肉の量が少なすぎる!野菜も足りない!」とか、
「ここはこうヤるよりコレを使う方が美味しく出来る!」とか色々イチャモンつけた挙句、
「結局自分で考えて作った方がマシ!!」と言い切って止めた経歴があります。
我輩の軽いクレーマー体質は多分、母上の血でしょう。

仕方がない、我輩がアヒージョの作り方を教えてやろう(超上から目線)。
材料はオリーブオイル、ニンニク、鷹の爪(輪切りでも塊でもよし)。
そして油で煮込んでみたい食材適量と塩コショウ。


今まで色々オリーブオイルで煮込んだ挙句、
我輩がオススメしたいのはまず王道を行くエビ、
そしてベビーホタテやアサリ、ムール貝等の貝類。
コイツラはナマじゃなくても冷凍の剥き身でもおk。て言うか冷凍で充分旨い。

肉類では豚バラ肉、砂ズリ(九州以外では砂肝っていうらしい)がオススメ。
特に砂ズリは食ったら目から鱗が落ちる事間違いなし。

必要な道具は焦げ付きにくい鍋。
別に輸入雑貨屋に置いているよーなオサレな陶器の鍋は必要ない。
我輩が持っているよーな小さいダッチオーブンとかも要らん!
ちっこいテフロンフライパンとか100円ショップの土鍋で充分。



今回はサンマの切り身とちっこいエビが半額で売っていたのでソレを使用。
レシピ通りだと薄切りにしたニンニクと適当な大きさに刻んだ鷹の爪を
オリーブオイルで弱火で煮てニンニクに軽く火が入ったところで
煮込みたい食材を投入して更に煮込むらしいです。

でも適当で破天荒な性格の我輩は材料ブチ込んで
オリーブオイル注いで終始中火でファイヤー。

そんな適当な作り方でも充分美味しく出来上がるので心配するな!

後々食材から水分が染み出してくるし、少し縮むので、
オリーブオイルは食材が浸かるぐらい注がなくても、少なめでおk。



グツグツ煮込んでいるとオリーブオイルが白濁し、
食材もいい感じに火が通るはずなので適度に軽くかき混ぜたり、
ひっくり返したりして10分ぐらい(食材のサイズにもよる)煮込んどけば完成!
魚とか豚バラ肉とかを煮ると鍋底に引っ付く事があるので注意。

流石に飯のおかずには合いませんが、酒のツマミには最適。
オリーブオイルだから油っこさは感じても負担感じるほどではないし、
何よりも柔らかく煮こまれた食材がたまらなく旨い!
「ただ煮ただけなのに?美味しい?」と唸ること間違いなしです。

手の込んだ料理を出す前に前菜として食わせるのにはうってつけ。
野菜分足りないナーと思った時はニンジンやタマネギブロッコリーを入れてもよし。
その際は初めから投入するのではなく、時間差攻撃で投入するべし。
マッシュルームは勿論、エリンギとかを入れると更に旨し。お試しあれ。

残ったオイルは次の日に野菜のオイルパスタ作るのに使うもよし、
瓶に詰めれば冷蔵庫で1週間ぐらいは保つのでまたアヒージョするもよし、
カリッと焼いた薄切りのバゲットに漬けて食するもよし。

ま、グダグダとアヒージョのレシピまで並べて最終的に何が言いたいのかといいますと、
「◯◯の素を買わなくても作れる料理は沢山ある!」ってこった。
でもベシャメルソースは自分で作るより確実に缶詰のほうが旨いwww


同じカテゴリー(めし)の記事画像
フライング嫁誕生日
一足早い誕生日祝い
そしてまた、我輩は肉を焼く
佐土原高校の裏?にあったイタリアン
第4日曜日のサバゲー飯は川南の軽トラ市で買おう
元祖チキン南蛮を食らう
同じカテゴリー(めし)の記事
 フライング嫁誕生日 (2018-08-20 21:25)
 一足早い誕生日祝い (2018-06-18 23:55)
 そしてまた、我輩は肉を焼く (2018-06-17 23:40)
 佐土原高校の裏?にあったイタリアン (2018-06-16 12:00)
 第4日曜日のサバゲー飯は川南の軽トラ市で買おう (2018-05-27 22:33)
 元祖チキン南蛮を食らう (2018-05-20 23:38)
Posted by 砥部良軍曹 at 22:06│Comments(2)めし
この記事へのコメント
近所に出来たイタリア料理店というかスペイン料理店というのかわかりませんが
エビや牡蠣などのアヒージョを食し、バゲットをつけて片づけますがどーでも良いような気がします。

母上様の手作りしたレシピ集はシステム手帳のボタンがとまらないほど厚くなっていますが
爺が偏食で好き嫌いが激しくてレシピ集にある料理を食いたいと言わないので活用できずに眠っています。

いつも話題は母「今夜何食べる?」爺「何でも良いよ」母「作っても食べんやろうが」爺「沈黙}ですよ。
Posted by 骨董屋の親父 at 2015年11月25日 00:50
>骨董屋の親父様
アヒージョは店で金出してよそよそしく食うもんではなく、
自分で気に入った食材見つけて作って食べるものです。

ウチの嫁は概ね非の打ち所のない嫁ですが、
料理のレパートリーが決定的に少ないのが残念なのです。

ブログに想いを込めて記載しましたが、やっぱうちの母上が最強です。
Posted by 砥部良軍曹砥部良軍曹 at 2015年11月25日 01:24
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
アヒージョってさ、オリーブオイルとにんにくあれば出来るよね?
    コメント(2)