2019年05月09日

癖になる食感、フイ麺

我輩はポケモンGOのイベント(コミュニティデーってやつね)の時、
大抵は県立美術館の脇の公園をブラブラしているんですが、
そのついでに以前電マ野郎様から「いいから行ってみろ!」と
言われて教えてもらった中華料理屋に行きました。

癖になる食感、フイ麺

でもこの宮崎市丸山1-50にある中華料理屋さん、
主要道路に面しているのに看板が見えにくくてグーグルマップ使っても
辿り着くまでに近辺を3週ぐらい廻ってしまいましたよ。
もうね、我輩は生まれ変わっても宅配業者にはなっちゃいかんと思った次第。
まあ結局、場所は宮崎公立大学の斜め前だったんですがね。

その解り難い中華料理屋の名前は「和平飯店」。
以前電マ野郎様がココで買ってきたという辣子鶏(ラーズージー、鶏肉の唐辛子炒め)が
キン★マを蹴飛ばされるぐらいの旨さだったんで来てみたんですが、
入り口を見た限りでは辣子鶏じゃなくて他の料理が売りのお店の様子?

癖になる食感、フイ麺

この「和平飯店」という中華料理屋さんはグーグル先生による事前調査によると、
「フイ麺」という手で伸ばして作る麺をウリにしているのだとか。
そしてこのフイ麺、日本ではここでしか食べられないらしいのです。

「マジかよ?」と思ってフイ麺でググって他の情報を探ってみましたが、
この店しか引っかからないので間違いなくこの店だけの唯一無二のメニュウなのでしょう。

癖になる食感、フイ麺

テーブルのメニュウ表にはフイ麺とチャーハンとか、
餃子や小籠包みたいな点心類が載っていましたが、
ソレ以外にも色々なメニュウが壁に張り巡らされております。

癖になる食感、フイ麺

店内は4人がけのテーブル席が2つ、
2人がけのテーブル席が2つぐらいしかないので、かなり狭いです。
解りづらい駐車場は店から少し離れた場所にありましたが、
ココも2台ぐらいしか停められない、そんな小さな店です。

小さな店におっちゃん一人で調理から何もかもをしているみたいなので、
注文しても料理がなかなか来なくて不安な気持ちになります。

癖になる食感、フイ麺

そしてやっと目の前に姿を見せた河南フイ麺。
中華スープの中に麺と野菜が入った一品。
500円でこのボリュームは比較的良心的かと思われ。

癖になる食感、フイ麺

野菜をかき分けて麺を引きずり出してみると、
大分名物だんご汁のような、不均等な形状の幅広い面が出てきやがります。
そしてこの麺がモッチモッチクニクニしていて癖になる食感!

スープは基本的に王道を往く中華料理屋さんのスープの味ですが、
スパイスが色々ぶち込まれているようで独特の風味がたまりません。
フイ麺、コレは間違いなく病み付きになる物体です。

癖になる食感、フイ麺

中華料理屋さんで我輩的に外せないのがチャーハン。
自称食通が言う「チャーハンを食えばその店の質が解る」理論ではなく、
単純に「家庭では作れない食い物だから」。
そしてココのチャーハン、何の変哲もないけど、間違いない旨さ。
味がしっかりしていて、余計なものがなく、シンプルさが美味しい。

癖になる食感、フイ麺

スープ入りのフイ麺が想像以上に旨かったので、
素の状態のフイ麺、釜揚げフイ麺も追加注文したら、
だんご汁のような麺の上に刻みネギとタレだけというシンプル極みない物体が来ました。

そしてこの釜揚げフイ麺がまた、たまらなく旨い!
麺の食感のみを純粋に味わえるから、フイ麺の美点が際立ちます。
口の中でいつまでもモグモグしていたい心地よい食感。

癖になる食感、フイ麺

我輩は小籠包が食いたかったのに、強引且つ勝手に注文されていた餃子は、
高鍋の馬渡餃子or金沢の7番ぎょーざみたいな
焼いてんのか揚げてんのか解らないのが来ましたが、
コレはコレで皮がサクサクの中に熱い具のコンビネーションがたまらない。

癖になる食感、フイ麺

そして最後にやってきた我輩のお目当ての一品、辣子鶏。
大量の唐辛子と花椒にまみれた鶏のから揚げは
鶏肉だけ食うと一寸スパイシーな鶏唐揚ですが、
唐辛子や花椒と共に齧ると口の中に稲妻がほとばしり、
顔面を殴られたような感触に襲われます。


唐辛子があまりにも辛かったので、花椒だけ添えて食いましたが、
花椒の破壊力は唐辛子とは違う、痺れるパンチがあって危険です。

我輩と娘は辛いの結構大丈夫なんで唐揚げだけでは辛さ感じないんですが、
辛さ態勢に乏しい嫁と息子は唐揚げだけでも結構効いているとのこと。

料理が出てくるのが遅いのと、店が狭いのが難点ですが、
フイ麺の神秘的な食感を味わうためなら少々の待ち時間はやむ無し?
久しぶりに我輩のツボにハマる、空前絶後なお店に巡り会えました。


同じカテゴリー(めし)の記事画像
ピッツアは石窯焼きに限る!
我輩が西都で初めて飯を食った店
鬼平犯科帳の「五鉄」の軍鶏鍋
デカいマカロニを食ってみる
辛いものを食った後は、甘いものが食べたくなる
令和発の吉六会総会は黒木食堂にて開催
同じカテゴリー(めし)の記事
 ピッツアは石窯焼きに限る! (2019-11-04 02:33)
 我輩が西都で初めて飯を食った店 (2019-10-07 23:57)
 鬼平犯科帳の「五鉄」の軍鶏鍋 (2019-06-15 23:25)
 デカいマカロニを食ってみる (2019-06-13 22:28)
 辛いものを食った後は、甘いものが食べたくなる (2019-05-10 19:18)
 令和発の吉六会総会は黒木食堂にて開催 (2019-05-02 21:51)
Posted by 砥部良軍曹 at 19:54│Comments(2)めしお店
この記事へのコメント
お久しぶりです。
私も行きましたよ!
モチモチした食感の麺でした。
思わず通り過ぎてしまうような本当に狭いお店でした。
でもね、また行きたいと思う店でもありました。なぜか、行った事あると聞いて、嬉しくなりました。
Posted by はにわ熟 at 2019年05月19日 14:12
>はにわ熟様
我輩もこの店を知っている人が他にいると聞くと、嬉しいですね。

和平飯店、ふと思い出したら食べたくなる店です。
Posted by 砥部良軍曹砥部良軍曹 at 2019年05月26日 22:28
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
癖になる食感、フイ麺
    コメント(2)