2019年08月03日

最近、父上と爺ちゃんと婆ちゃんの夢をよく見る

色々出したいネタはあるのに、それを記事として纏めるに至れない砥部良軍曹です。
職場復帰前のあの元気は一体どこに逝ったんでしょうかね?

なお、最近金曜の夜や土曜はエアガンいじりを実施しておりますが故、
ブログの更新もままならないのが現状です。

さて、唐突に話は変わりますが、昨晩我輩の頭に来る事態が起こりました。

嫁が社宅の友人たちと高鍋町に飲みに行くというので、
「最近パートでストレス溜まっているんだろうから、
ちったぁ愚痴を吐き出したり、くだらん話で笑う機会を与えてやらんとな」と思い、
我輩は快く嫁と友人たちを高鍋の飲み屋に送り、
嫁が電話してくるまで睡眠薬も飲まずに待機しておりました。

嫁たちも話が盛り上がって楽しくなっているだろうから、
深夜0時超えはまあ大目に見てやろうと考えてはいました。
んで、電話が来たのが1時過ぎ。
まあウチらも吉六会の夜会では2時超えは当たり前なんで
(しかもアルコール無しで夜中まで盛り上がるw)まあ多少はね。

我輩がリビドー号の加速装置を使って嫁たちが飲んでいた居酒屋の前に向かうと、
アルコールで超ご機嫌になっている嫁たち御一行プラス見たことのない若者1名。
何やら社宅の嫁の友人の後輩だとのことで、同じ店に居たのだとか。

当初は家が近いからついでに送ってあげてほしいとの事だったんですが、
帰りの車内で突然「飲み足りないからウチで飲もう!」と言い出しました。
進路はすでに社宅に向かっているというのに、
急遽ターンしてマックスバリュに向かい、つまみと酒を仕入れて帰宅。
しかもどこの馬の骨かも判らんわけもんも一緒に。

その後我が家では5時ぐらいまで宴で盛り上がっていたようですが、
我輩は酔っ払いの中に加わって正常で居られるほど度胸もねぇ人間だし、
嫁たち御一行とは確実に話題も会話も弾まねぇだろうし、
9時半に独身寮に居る新入社員を川南に連れて行くミッションが控えていたので、
3時ぐらいまでは己の部屋で起きていましたが、とりあえず寝ました。

まあ何時に終わるか知らんけど、眠たくなりゃあそこで寝るだろうし、
帰りたければタクシー呼べばいいだけだろって感じでね。

そしたらちょうど寝付いたあたりで嫁に蹴飛ばされ、
灰皿がどこに置いているのか聞かれました。
ああ、無理やり連行してきた若い野郎が煙草吸うから必要なんだよなとは思いつつも、
我輩この辺で少々、腑に落ちないものを感じてしまいました。

そして次に起こされたのは朝5時過ぎ。
強制連行してきたわけもんが帰るというので連れて行けと言うことで。
まあ仕方ねぇなと思いつつも2時間しか寝てねぇから、
少しボーッとした状態でコイツを独身寮まで送り届けました。
気まずい空気にならないように気を使い、適当に他愛のない世間話をしながら、ね。

そしてその後、再び寝ようとしたんですが、案の定寝られません。
我輩は睡眠薬がないと寝られない体質になってしまったようです。
7時半ぐらいまでパソコンを弄ったり、マンガを読んだりしていましたが、
眠くなれずに何かムラムラしてきたんで嫁に接近することにしました。

いや我輩この時はね、ムラムラしたっていうよりはね、
夜中に迎えにもいってあげたしね、騒がしいのを我慢して家で飲ませもしたし、
多少腑に落ちないものを嫌とも言わずに我慢してあげたんだからね
少しぐらいは身体を触らせるぐらいのサービスはしてくれるだろうって思ったんですよ。

ところがぎっちょん!ウチの嫁ときたら眠いから止めろとか、
いいかげんにしろ的な態度で我輩の接近を完全に拒否りやがるんですわ。
ああ、確かに眠いのは判るけどさ、それは後先考えずにその時の楽しさだけ追求して、
その後こういう事態になるって40も半ばだというのに考えないあんたが悪いんじゃないのかい?

最近は結構疲れているだろうということで極力過度なボディタッチは控えていたけど、
唐突に家飲みというアンスケに対応してあげたんだからね、
お触りに関しては少々わがままを聞くとしてもね、
「夜中だというのに騒がしくってごめんね」の一言ぐらいくれるのが礼儀でしょ?

もうね、我輩頭にきたというよりはね、いたたまれない気持ちになったんですが、
再度冷静になって楽しい宴の後の散らかりまくったテーブルを片付けようとしたんですが、
やっぱりモヤモヤすると言うか、腑に落ちん気分になってしまい、
手に持った皿を床に叩きつけたい衝動に駆られたんですがね、
そこで再度冷静になった時「ああ、嫁はもう我輩のことを完全に愛していないんだ」
「我輩のことなんか給料持ってくるけど五月蝿いやつとしか思っていないから、
これだけ理不尽なことしてもなんとも思わないんだ」と(確信)。

ただ、我輩あの首吊った日以来、少し吹っ切れたというか、
怒鳴ったり叫んだりしても世の中は変わらねぇし、
そうやって気持ちを高ぶらせるから余計辛くなるだけだと理解したんで、
その後は平静を装いながら部屋に戻って煙草を吸い、
少し涙を滲ませながらもしれっと新入社員のもとに向かいました。

本当はソコでいい気分になった我輩がニヤニヤしながらテーブルを片付け、
「あ、洗い物は後輩を川南に送った後にオレがやるから寝とけ」という
シナリオを形成していたんですがアレだけひどい扱いを受けたら
「夜中散々騒いで散らかしたんだからてめぇで始末しろ!」って気分。

普段嫁から我輩が夜にエアガン弄っていると「近所迷惑だ」的な事言われるんですが、
夜中に酒飲みまくって談笑するのはソッチのほうが近所迷惑じゃないのかい?

ま、我輩も最近が仕事が忙しいというか、
実は結構仕事の状況についていけずに少し辛いというのと、
仕事場で神経使っているのに家でさらに神経使いたくないということで、
家ではテキトーに過ごすというか、好き勝手感があるんで、
嫁もそんな我輩に愛想を尽かしているんだろうなって解るんですがね、
「だろうなー」が「やっぱり」に変わった瞬間のショックってデカいですね。
どれぐらいデカいかというと、淫夢語録が使えないぐらい。

でも嫁の愛情の深さを確かめる方法として、
ボディタッチに対する許容ってかなり重要事項だと思いますよ。
それは違うって言う女性の方、それは野郎の気持ちを理解していない証拠です。
まあ中には嫁にそういう関心が日に日に薄れてしまった旦那方も居るんでしょうがね。


前置きが長くなりましたが、本題に移りましょう。
最近の我輩の夢の中にはよく、父上が出てくるんです。
痩せ細って生きる気力が感じられない時じゃなくて、
定年前ぐらいの太くて逞しい頃の父上がね。

本日の2時間の睡眠の間の夢にも父上は出てきました。
そして一緒にクラシック音楽の話題に花を咲かせていました。
ヘンデルの曲について父上は熱く語っておりました。

1ヶ月ぐらい前、父上と谷村新司の話題で盛り上がった時の夢が鮮明すぎて、
その日(土曜日だった)は外にも出ずにユーチューブで谷村新司の曲を探していました。

何時だったか忘れましたが、婆ちゃんが夢に出てきました。
何でそう言ったのか解んないんですが婆ちゃんが「ありがとう」って
言ってくれたのはハッキリと覚えています。

5月の中旬、爺ちゃんの命日前?後?に爺ちゃんが夢に出てきました。
その時爺ちゃんがなんて言ったのか覚えていないんですが、
爺ちゃんの手を握っていたのは覚えています。

それ以外にもちょくちょく、父上と爺ちゃん、婆ちゃんは夢に出てきました。
出てきたのは覚えているんですが何を言ったのかは覚えていません。

どうやら、我輩は今の自分の境遇が辛いとは感じていないというか、
「何も考えないほうが気楽になれる」の信条の元、力を入れずに過ごしながら、
「辛いからと言って休むわけにはいかないんだ」と己に言い聞かせはしているんですが、
生きている人は騙せても、死人は騙せないんでしょうかね、
父上や爺ちゃん婆ちゃんには我輩の本音が解っているようです。

死のうという気はそれほど無いんですが、
多分心の奥底で父上や爺ちゃんや婆ちゃんに会いたいのかなって思う。

でもまだ我輩にはサバゲーっていう希望が残っているから生きていよう、
そう言い聞かせながら今日も今からメカボックスを弄ります。
Posted by 砥部良軍曹 at 22:16│Comments(3)
この記事へのコメント
ありますね…。
あ、これ以上コイツの話を正面から受け取るとこっちが持たない。
ヤクトパンターぐらいの斜め45度の避弾経始で、言ってる事の半分~三分の一受け止めればいいやと。口撃に耐えたこちらの方が大人だったなと、自分にいい聞かせてやり過ごしております。
どうせ女性にゃ口じゃ敵いませんしw

自分は同級生を亡くしてからは、綾小路きみまろの名言「人間の死亡率は100%です」が信条になってます。いつか逝くんだから、急ぐ必要は全く無いと。
最後までしぶといタイプの人間だと思いますんで、お付き合いの程、よろしくお願いしますw
Posted by P職人 at 2019年08月03日 23:34
一読 してみて・・・
皆様 それぞれ に
反省する点があるように感じました

冷静になれば
また お互いが 最高のパートナーに
戻れるはず

お父様は
常に 閣下の 傍に いらっしゃると思うので
心の中で いつでも 会話して下さいますよ

私も 亡き父に
よく 話しかけては
優しく返事をもらってる気がしています
Posted by れい at 2019年08月05日 23:35
おはようございます( ´_ゝ`)

きっと『やってあげてる』て思うから
相手に期待しすぎてしまい、
さらにがっかりしちゃうんじゃないですか?

奥さんをの見に行かせよう
と思う優しさ自体は
きっと奥さまには伝わっていると思いますよ
きっと、今のサバイバーさんの状況に安心なさったから、
そんな態度も取れるんです

女性(一応)目線からゆうと
別の余裕がある、体力ある日に
触れてほしいかな(* ̄∇ ̄)ノ

今日もぼちぼち、おきばりやす(^-^)v
Posted by ayaoriayaori at 2019年08月29日 07:01
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
最近、父上と爺ちゃんと婆ちゃんの夢をよく見る
    コメント(3)