2010年05月23日

いざ!キリストの墓へ!



本日はこっちに出張で来ているウラルの南国白熊と共にドライブ。
そこで白熊に青森県の魅力を思う存分伝える為に
八食に行くか、青森市内に行くか、どこに連れて行くか少し悩んだ挙句
そろそろ雪も無くなったであろう八甲田山へ連れて行くことにしました。
息子はまだ調子がよろしくないので娘を連れて3人でドライブです。
因みに本日、少し肌寒いです。本当に地球って温暖化しているのか?



でも八甲田山に向かう前に小川原湖に立ち寄ります。
小川原湖とは三沢市にあるアサリのようなシジミが取れる湖です。
近所に公園があったので娘を遊ばせておいて
我々むさ苦しい野郎共は象の檻を眺めながら国防について熱く語ります。
しかし少々童心に返って悪乗りして遊んでみました。



その後“道の駅 おがわら湖”で山菜をお買い物。
え?山菜は買うものじゃなくて山で採る物じゃないのかって?
いや、30代半ばを過ぎると山に入るのが億劫になるのじゃよ。
で、買い物をしていると娘が「オヤヂ腹減った、ソフトクリーム食いたい」
と抜かすので「じゃあシジミソフトだったら食わせてやる」
と言いましたが、かなり嫌そうだったので結局蜂蜜ソフトを購入。



我々も小腹が空いたので南部せんべいにご飯が入った変な代物を購入。
しなっとなったせんべいと甘めの赤飯が不思議なハーモニーを奏で、
我々に摩訶不思議アドベンチャーな食感を与えます。
不味くはないけれど、何で?というような食べ物。
しかし手が赤飯でべたべたにならないのは高得点。



さて、腹が適度に満たされた後お目当ての八甲田山を目指して
リビドー号を陽気に走らせていたのですが、
青森県は何処彼処に「審判の日は近い」とか
「罪を悔い改めよ」などと聖書の文句が書かれた看板があり、
それにウラルの南国白熊が異常にビンビン反応するので、
我輩が「青森と主イエス・キリストは深い関係があるのだよ。」
「キリスト様は処刑を逃れて青森にやって来たのだよ」
と話をするとかなりいい感じに食いついてきたので、
「そうだ、十和田湖から30kmぐらい先にキリストの墓があるらしいぞ」
と白熊に言うと「じゃあ其処に逝くしかないじゃないですか!」と言うので
突然針路変更、キリストの墓を目指してリビドー号出撃!!



で、針路変更した瞬間サークルKの駐車場で凄いのを発見!!
結構昔のいすゞ製ボンネットトラック!!
外側は錆や変形が見られ、かなり年期が入った感じですが、
足回りは結構綺麗だったのでかなり丁寧に乗られているのでしょう。
スカルガンナー氏に見てもらいたい逸品。



その後また道の駅で休憩&昼飯。
面白いものを物色していたらダチョウの卵の殻を発見!
残念ながら中身はありませんでした。
他にもダチョウの刺身を1パック1000円で販売しておりました。
ここで問題です。ダチョウの卵で目玉焼きは何人分出来るでしょうか?
(答えは数日後コメント欄に記載します)

で、ここで十和田名物バラ焼き(一番上の写真の奴)を食い、
道の駅にある公園で娘を遊ばせてご機嫌を取り、
再びキリストの墓を目指してリビドー号を発進させたのでした。
(明日へ続く)

注:バラ焼きとはウナギゐヌやwakanax様の様な逞しい
“ウホッ、いい男”が白い歯を見せながら笑顔で
上半身裸体で肉を焼いたもの、ではなく
たれに漬けた牛や豚のバラ肉と玉葱を一緒に鉄板で焼いた
十和田市を代表するB級グルメらしいのですが、
元祖は三沢市内の“赤のれん”と言う店が戦後米軍の放出した
牛バラ肉と玉葱を鉄板で焼いて提供したのが始まりなのに、
十和田で牛肉を生産している関係でいつの間にか
十和田の名産になってしまった焼肉の事“らしい”です。


同じカテゴリー(お出かけ)の記事画像
霧島温泉の奥地にあった魔境
帰省しているのに旅館に泊まるのって楽しい
落ち着きのない我が家の夏休み
新たなる宮崎の夏の風物詩、ライチを食らう
隠れていて欲しい宮崎の名所
ゴォルデンウィィクの〆はバァベキュウ
同じカテゴリー(お出かけ)の記事
 霧島温泉の奥地にあった魔境 (2018-01-10 21:03)
 帰省しているのに旅館に泊まるのって楽しい (2017-09-09 03:11)
 落ち着きのない我が家の夏休み (2017-08-16 20:36)
 新たなる宮崎の夏の風物詩、ライチを食らう (2017-07-17 21:09)
 隠れていて欲しい宮崎の名所 (2017-05-27 23:51)
 ゴォルデンウィィクの〆はバァベキュウ (2017-05-06 23:56)
Posted by 砥部良軍曹 at 21:49│Comments(5)お出かけ
この記事へのコメント
ボンネットトラックは宮崎ではもう見かける事はありませんが、人吉にボンネットバスがいた筈です。

因みに、海外向けに生産はされているようです。(排ガス規制で国内では販売されていません)

やっぱりダチョウの卵でも、でかくても一人前じゃないのかな?

1枚目の写真は「ゴルゴタ定食」(笑)になるのでしょうか・・・
Posted by スカルガンナー at 2010年05月23日 22:53
目玉は一つなので、一人前。漢は黄身まるごとなければ、目玉焼きとは認めない。

オムレツなら10人前。
Posted by 肥後芋茎 at 2010年05月24日 00:03
ロッキーなら一気飲みできますか?

確か、百人前でしたっけ?学研の科学に載ってたきが・・・
Posted by ウナギゐヌ at 2010年05月24日 01:57
目玉焼きは白身の中に黄身1個なので、やっぱり1人前ですねー!

それより、ダチョウの刺身が気になります(笑)
Posted by at 2010年05月24日 04:49
ダチョウの卵から出来る目玉焼きは勿論1人前!
だって目玉焼きは一人分卵1個でしょ?
因みに量的には鶏の卵20個分ぐらいらしいです。

>>スカルガンナー氏
海外向けに生産しているということは、
今でも部品の供給が可能ということですね。
だから未だに現役で使えるのですな。恐るべし。

>>肥後芋茎様
でもダチョウの卵の目玉焼きをリアルで見たら
一人では食えないでしょうね。

>>ウナギゐヌ
我輩は生卵が嫌いなのでロッキーの
生卵一気飲みシーンはある意味グロ画像。

>>光様
お久しぶりですね。
ダチョウの刺身は一見馬刺しのような感じでしたが、
結構旨いらしく、買わなかった事を後悔しています。
Posted by 伍長閣下伍長閣下 at 2010年05月25日 18:34
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
いざ!キリストの墓へ!
    コメント(5)