2022年03月19日

ロシア軍レーションを食らう

2月末ぐらいから始まったロシアのウクライナ侵攻。
ロシアにはロシアの言い分があるんでしょうが、
ウクライナはソ連時代からロシアにいいようにされてきた歴史があるから、
まあこの戦いには負けられないと言うか、太平洋戦争の時の日本みたいな心意気なんでしょう。

でもね、芸能人や著名人?や売国奴政治家の一部には
「変な意地張ってねぇでとっとと降伏すれば、被害も最小限に留められる」
とのんきな戯言をのたまう輩もいるみたいですが
過去に力に屈服した国家がどのような荊の道を歩んできたか歴史知ってんのか?

それと「ロシアが子供がいると書かれた建物を空爆した、非人道的だ」と
メディアが騒いでいますが無防備なところを襲うのは終戦前に
日ソ不可侵条約破って満州に殴り込みかけてきたソ連赤軍からのお家芸
なんだから、
そういうことになる前にロシアにどうにかしなかった他の大国の責任じゃそりゃ。

そもそも、国連はこういう事態を悪化させないために発足した団体のはずなのに、
常任理事国のいいような流れでしか機能していない時点で無能の塊じゃねぇか?

まあこのロシアとウクライナの戦いも早く終わってどこかでケリを付けてほしいところですが、
コロナ騒ぎもボチボチインフルエンザと同じ扱いにしてケリをつけてほしいもんですね。


ところで今回のロシアとウクライナの騒ぎで不謹慎でミリオタな我輩的に気になったのは、
ウクライナ軍がどのようなライフル、銃器を使用して戦っているのかということと、
(コレに関しては大半が固定樹脂ストックのAK74の模様だが、AKMとかも使われているみたい)
賞味期限切れのロシア軍レーションが放置されていたという事案。
なんでも、ウクライナに攻めに行ったロシアの部隊に、
2015年賞味期限だったレーション(軍隊の保存食)が支給されていて、
流石にそれは食えんじゃろという事で捨てられた模様。

賞味期限切れの飯なんか渡された日にゃあロシア兵もやる気激減ですわな。
しかも、戦地には20歳前後の食べ盛りの若い衆が駆り出されているみたいなので、
食事も満足に与えてもらえないならさぞかし辛い思いをしている事でしょう。
(因みに、ロシア軍は未だに徴兵制である)



コレがそのロシア軍レーションです。
我輩が買ったブツは多分賞味期限は2019年ぐらいだったはずなんで、
ロシア軍で支給されたやつよりも新しいというwww

このクソデカボックスには1日分の食料が詰められており、
メニューは7種類ぐらいある
(自衛隊のパック飯は20種類ぐらいある)みたいですが、
米軍のMREレーションは24種類のメニューが有るのにそれ少なスギィ!

余談ですがこの時仕入れたメニューは6番と7番。
メインが違う以外は中身は殆ど一緒。
ホント、ロシア人って気が利かない人種なのね。
でも自衛隊の缶飯も3〜4種類ぐらいしかないから、似たよーなもんか?



現時点では何処も品薄状態(そりゃそうだw)みたいですが、
平時であればAmazonで5000~8000円ぐらいで販売しています。
ただし、ロシアからの発送なんで届くのに時間かかるんですがね。

日本でもまれにヤフオクで見かけることがありますし、
ロシア軍装備取扱店(MOMCOMとか)では時々販売しているようですが、
入手難易度はABCのBぐらいでしょう。



戦場でも壊れにくそうな分厚い箱を開けると、
中には雑多に食い物らしき物体が詰め込まれております。
日本なら主食、副食をきれいに並べて梱包するんでしょうが
よし、ブチ込んでやるぜ!ってノリの思考のこの外国感よ。



我輩は几帳面な日本人なんでね、キレイに中身を並べてみましょうか。
食品は缶詰ではなく、薄いアルミの容器のパウチになっております。
その他には紅茶、コーヒー、砂糖、塩、手拭き、粉ジュースが入っています。

コレで3食分?何か少なっ!って思っちゃわなくもないんですが、
1食分食べてみるとコレが案外お腹いっぱいになるんですねコレが(色んな意味で)。



ロシア軍レーションを一人で食うのに全部開けてしまうのは暴挙なので、
サバゲー仲間とともに食らう(犠牲者を増やすとも言うw)ことにしました。
こうしてみると普通に缶詰の食い物ですね、多分。

ネタバレ的に味の感想を先に言っちゃいますが
我輩的には「MREレーションよりは食える」。
味わいがMREみたいな微妙な不自然さ(薬っぽい味?)がある味じゃなくて
日本でも出回っている保存食、缶詰やレトルトと似た感じなんですね。



主菜は右から順に豆と野菜の煮込み、ミートボール、
そして一番ロシア料理らしいそばの実と肉の粥(所謂カーシャと言われるもの)。


豆の煮込みは欧州や中東とかでは毎日のように食すものですが、
日本人には馴染みが薄いんで好きじゃないって人も多い模様。
息子曰く「あのボソボソした食感が拒絶反応を起こす」らしいんですが、
豆といえばアンコと枝豆ぐらいしか馴染みのない日本人的にはそれが普通の感情なのかも?

ミートボールは日本人的にも見慣れたものだし、味も普通にトマト味みたいなので、
かなり好評で速攻で売り切れてしまって我輩は食っていないというw
無難に食えるものではあるんでしょうが、我輩的には物足りないな。

そして主菜の真打ち、そばの実と肉の粥。
ロシアにはそばの実を炊いた「カーシャ」というそば粥的な料理があり、
それに牛肉を混ぜたゴージャス(断言)で食べごたえのある一品がコレです。

そばの実のプチプチ感と肉の風味、食感が見事にマッチした、
戦場で食うと心がホッとしそうな味わいです。
ロシア人的にはたぶんね。
定期的に新富産のそばの実でそば粥やそばの実の吸い物を作る我輩的にもコレは結構好きな味です。

でもこの日のサバゲー(ホークウッドのフリマ)に来ていた方々には総じて不評www
だってさ、そばの実を単品で食う日本人ってキヌアとかチアシードとか好んで食う、
美容や健康に気を使っっていますな意識高い系の人ぐらいなもんでしょ(偏見)?
普段食わねぇものが目の前にどーんと出てきたら日本人的には引きますわ。
そして肉の味付け、これが日本人には少しキっツイのかも?



副菜(日本的に言うと小鉢的なもの)は右から順に野菜のキャビア、
チーズスプレッド、そしてりんごの煮込んだやつ。

野菜のキャビアとはナスやニンジン、ズッキーニやビーツやトマトを細かく刻み、
グッツグツ煮込んだ食い物のことです。

え?野菜の煮物が何でキャビアなの?
それはね、キャビアもまともに食えなかったソ連時代(今でもそうみたいだがw)にね、
「コレをキャビアと思って食いなさいよ」とソ連共産党が勧めたのが発端なんだよ(断言)。
(ココで「諸説あり」とか言う逃げ道を作らず断言してしまうところが我輩の漢(おとこ)らしさよ!)

チーズスプレッドはMREのものと比べると臭みが少なく、
チーズが然程好きではない我輩でもそこそこ食べられる一品。

りんごの煮たやつは・・・普通にジャムだなこりゃ。



副菜(日本的にはもう一品のおかず的なノリ)は右からドクトルソーセージ、
レバーパテ、そしてコレまたロシアらしい料理の「サーロ」!

ドクトルソーセージとはドクトルスカヤ(医者の)とも呼ばれる
ソ連時代のロシアで(今でも?)大変愛された
決めの細かいタイプのソーセージ(柔らかいハムみたいなの)で、
豚の脂身に浸かった状態で入っているんですが
昭和の昔食べた安いハムを思い出す舌触りと味わいがノスタルジィ。

レバーパテはレバー風味が感じられるけど、比較的穏やかな味。
おかずとしてより酒のつまみに食うんじゃねぇかなな一品。

そしてサーロ!豚の脂身の塩漬け!
正直コレはこの味に慣れ親しんだロシア人なら嬉しい一品なんでしょうが、
我輩的にもどうやって食えばいいのか(クラッカーに乗せて食うw)理解できかねる一品。
二郎系ラーメン食う時に乗せればいいんじゃないっすか~(適当)



クラッカーは2種類4パック。朝昼夕に1パック夜食に1パック?
緑がノーマルで青が全粒粉。
なお、全粒粉の方は変な匂いがしてクソマズイです。






ロシア人はコーヒーよりも紅茶を好んで飲みます。
イギリス人の次ぐらいに紅茶が好きな人種なので、
紅茶は2パック入っています。
大事なことなのでもう一度言います。ロシア人は紅茶が好き。
そして紅茶に入れるであろう砂糖もデカイのが3パック。

ジャムもあるんですがコレは紅茶に入れてもいいんかな?
(余談だが日本ではロシアンティー=ジャム入れた紅茶みたいな認識ですが、
リアルロシア人は紅茶飲む時ジャム食いますが、紅茶にジャム入れないそうです)


でもコーヒーはどうでもいいらしく1パックしか入っていません。
(余談であるがロシア人はコーヒー豆に直接お湯を注いで、
暫く置いたものの上澄み汁を飲むというワイルドっぷり)

作った時の写真がなくて申し訳ないんですが粉ジュースは甘いだけで砂糖味。
不自然でも香りがついている米軍レーションのアレのほうがマシでした。

あと、1個しか入っていないチョコレートバーは
適度に苦味があって美味しかったです。
ガムはガム好きの息子も吐き出すぐらいまずかったですがw



3食5000円、そう考えるとかなりお高めの気がしますし、
まともな精神ならその金で外に食いに行ったほうが旨いもんが食えるんですが、
日本でも珍しい缶詰(ウナギとかアワビとか)は生の食材以上のお値段がしますし、
ちょっと風変わりな保存食って結構高いもんだからまあ仕方ないね。
(防災コーナーに置いている得体の知れん保存食、どれも高くて不味い
吉野家の牛丼の缶詰なんか店で食う牛丼の倍のお値段するし)

異文化を味わうという点ではロシア軍レーション、実に面白いんですが、
異文化とは時として受け入れられないものであるということを知ることも出来るのです。
まあ我輩的には米軍レーションよりも旨かったけどね。

なお、レーションは大抵消費期限切れのものをコレクション目的で販売しているものなので、
災害時の保存食として購入するのはお勧めしないと言うか止めとけ。

そして我輩みたいに消費期限過ぎたレーションを食うのもお勧めしない。
でもこのロシア軍レーションは購入時は消費期限半年ぐらい残っていたんだよなw
全く、業者は何処からどうやって持ってきたんだろうかねぇ?  

Posted by 砥部良軍曹 at 09:11Comments(0)物体めし

2022年02月08日

優雅な家遊び~ダッチオーブンを綺麗にする

我が家の周囲は元々森だったので、アホみたいに倒木が転がっております。
時々その倒木を集め、庭で燃やして炎を見つめながらニヤニヤするのが最近の楽しみ。
いやーしかし何なんでしょうかね、エロ動画でも2時間ぐらい見続けていると飽きるのに、
焚き火って結構長時間見ていても飽きないんですよね。

この焚火を燃やすだけで終わるのではなく、何か有効活用できんもんかと思ったところ、
「そういえばダッチオーブン、どんげかせんといかんな」

こないだの大晦日吉六会忘年会の際、10インチダッチオーブンでボルシチを煮たんですがね、
その後1日ほど庭に放置プレイしていたらね、案の定内側サビだらけ。
我が家のユニフレーム製ダッチオーブンは購入から既に20年経過しているんで
鍋の内部の黒皮がズル剥けてギンギラギンにさり気なくなっているんですわ。

ダッチオーブンって洗わずに油も塗らずに放置しているとスッゲェ錆びるんですよ。
正直ね、一時期この手の鍋を流行らせようとする勢力が居たみたいですがね、
ダッチオーブンの利点なんて密閉性の高さからくる無水調理的機能と、
蓄熱性の高さによって煮物料理が美味しく仕上がることと、揚げ物が少ない油で仕上がることと、
ワイルドな作りなので直火にブチ込んで使えるから野外でもオーブン料理ができることぐらいですよ。

まあ実はその全てがダッチオーブンの利点なんですが、
代わりになる鍋は圧力鍋とか何とか鍋とか他にもいくらでも有りますわ。
ぶっちゃけ、家庭で使うには持て余すのがダッチオーブン、
野外で料理をしない人種は買っちゃいけない調理器具である(断言)。



というわけで10インチの方は1月中旬ぐらいに綺麗にしたんですがね、
(実は10インチダッチオーブンは揚げ物用で頻繁に使用している)
他のやつは引越し後ずっとそのまま絶賛放置プレイでした。

我が家には他にもユニフレームの8インチダッチオーブン、10インチダッチパン(浅い鍋)、
ソロキャン用に仕入れたけどチーズフォンデュ以外出番殆どなしの6インチダッチオーブンがあるんですよ。



遠目に見れば然程悪そうでもないダッチオーブンですがね、
蓋の所々にサビが出ていますし、周辺も積年の汚れがこびり付いております。



サビに強いと定評のあるユニフレーム製ダッチオーブンですがね、
錆びないのは内側が黒いときだけ、ていうかその内側のコーティングは数年で剥がれます。
我輩なんか中にチリコンカン入れっぱなしにしていたら1週間後にはズタボロになってましたわ。
(1週間も鍋に食い物放置するなという意見は真摯に受け止めようw)

まあでも、この状態でも問題なく使えはするんですよ。
ただ、料理が焦げ付きやすくなってしまうのと油塗ってもサビ出ているのと、
料理が若干サビっぽい味がするようなしないような気がするだけ?



新品のようなコーティングを復活させるのは不可能ですが、
錆びにくくするようにする、或いは見栄えを良くすることは不可能ではありません。

事前に手を入れた10インチダッチオーブンも上記写真のようなだらしねぇ内側だったんですが、
火入れをして綺麗にしたらキレイになり、サビも出なくなりましたし、
何よりも焦げ付きにくくなって料理の味も良くなりました。



まずはダッチオーブンのサビを80~120番ぐらいの耐水ペーパーで
これでもかと言わんばかりに磨き落として洗剤で洗ってキレイにします。
正直、この作業が手は汚れるわ、指が痛くなるわで一番辛いっす。
その日の夜に気持ちいい行為で指を使う人、
皮膚が丈夫じゃない人は手袋装着で作業する事をオススメします。



そして燃え盛る焚き火の中に投入!
焚き火の炎はデカい方が効果的です。
炭火でじっくり炙ってもあんまり効果的ではありません。

30分ぐらい強火でダッチオーブンを加熱すると内側が青黒っぽく変色してきます。
変色していない部分を回しながら火に当てて1時間も炙れば全体的に良い焼色が付きます。



でもこれって我が家みたいに周辺500mぐらいに隣人が居ないよーな場所に
住んでいるならともかく住宅街に住んでいる人には出来ない行為ですよね?
大体、一般家庭では焚き火は勿論、バーベキューさえもするのを憚られる事でしょう。

なのでそういう普通の人はキャンプ場でコレ、焚き火台でやりましょう。
テントを建てたら嫁と子供は遊びに行かせ、お父さんは焚き火しながらダッチオーブン炙りw
そして夜はその仕上がったダッチオーブンで料理を披露するんですよ。



蓋も同じようにサンドペーパー等でサビを落とし、一緒に炙りましょう。
余談ですがコレ、火が別の所に飛び火して火事にならなければ、
2時間ぐらい放置して忘れ去っていても問題はありません。



んで、いい感じに焼きが入ったなと思ったら、
素手で触れるぐらいまでしばらく放置(季節によって時間差あり)して冷まし、
(暑いうちに作業に着手すると火傷します、或いは手袋が焦げます)
新聞紙で焚き火によって付着した煤を落とします。
新聞紙がない場合は薄い紙なら何でもいいですし、ウエスでもいいです。



長年使用したダッチオーブンはこの取っ手部分に油とか汚れが付着して
何かカオスな塊がこびり付くんですが、焚き火にブチ込むとそれも焼け落ちてしまいます。

焼きを入れることによってサビが浮き上がってくる場合もありますが、
そういうサビはワイヤーブラシや金属タワシで擦るとキレイに落ちます。

時間と薪に余裕があるのならもう一度焚き火にブチ込んで焼きを入れてもいいでしょう。



その後洗剤でダッチオーブンを洗い、コンロにかけて水分を飛ばし、
温かいうちにオリーブオイル(出来ればピュアオリーブオイル)を全体に塗れば出来上がりです。
神経質な方はこの時にセロリの葉やネギの青い部分等クズ野菜を用意して
それを炒めて鉄臭さを十分に飛ばして、その後仕上げに入ってももいいでしょう。



青っぽく変色したダッチオーブンは油でコーティングされて新しい輝きを増すだけでなく、
使い込んだ道具ならではの美しさを醸し出し、よりいっそう料理したい気分を上げることでしょう。
我輩もこの作業の後、ダッチオーブンで豚軟骨を煮込んでみました。
家族4人分の料理なら8インチダッチオーブンは適切なサイズですね。

実はユニフレームのダッチオーブンの利点は錆びにくいことじゃなくて、
鋳鉄ダッチオーブンみたいに油を染み込ませなくてもいいことなんですよね。
ロッジとかの鋳鉄ダッチオーブンは油を染み込ませてその層を作ることで
鍋が熟成され、錆びつきにくく、焦げ付きにくく、そして汚れも落ちやすくなり、
そして料理が上手く出来るようになり、ダッチオーブンも立派になるという理屈なんです。

でもユニフレームのダッチオーブンは初めから簡単に使えるようにと
プレス鉄板で作られているから油を染み込ませなくてもいいんです。
だから油を除去するような洗剤で洗うことができるし、
その後は錆止めとして油を塗ればその後も問題なく使用可能です。
その代わり、油が浸透させて熟成するという楽しみはありませんがね。

でもこのようにしてダッチオーブンを炙り、表面を青錆化させることで、
表面は油の被膜を保つような作りになるのであまり洗剤で洗わないほうがいいでしょう。
ざっくり言うと鉄板ダッチオーブンを炙ることで中華鍋みたいになるということですね。
なのでまあ多少はね、熟成させる楽しみも付加されます。





6インチダッチオーブンは外側のサビも酷かったので磨いて炙ってを2回ほど繰り返して、
見違えるほどにきれいに仕上げてやりましたらああ、使うのがもったいない・・・
でもコロナが収まったら吉六会の皆でソロキャンプする予定だから、その時に使おう。  

Posted by 砥部良軍曹 at 13:55Comments(0)物体サバゲー以外の趣味

2021年08月27日

100日では建たなかった家

実は我輩、6月末から社宅を出てマイハウスに住んでおります。
そう、とうとう家建てちゃったんですよ。
いや別に嫁から「汚いチ★ポばかりたててないで家でもたてようよ」
罵声を浴びさせられていたからというわけじゃないんです。

マイホーム、それは我輩の長年の夢でした。
自分の城を建てて、そこで好き勝手放題したい。
ガレージみたいなの建ててそこに工房を作って面白いもの作ったり、
エアガン改造して人目も気にせずバンバン撃ちまくりたい、
庭でバーベキューとか燻製作りしたい、常にそう思っていました。

でもここまでたどり着くのに結構時間がかかりましたねぇ。
元々嫁の親父さんから貰って家建てるはずだった土地は
畑の近所だから家が建てられないと役場に言われてハイ終了。

んじゃあ嫁の実家の近所に住むのはもう諦めて、
富田か新田でいい場所探してみるかと問うたところ、
クソガキ共が「今更学校が変わるのがダルい」とか言いやがるんですね。
まあでも、新田はともかく、富田は佐土原並みに地価が高いんですよねぇ。

なお、上新田はクソ田舎すぎて土地代云々以前に宅地がないwww
畑と山は沢山あるんですがね。

すると、嫁の親父さんの友達が築50年土地面積300坪の家を、
60パットン(300まんえん)で売るという美味しい話がやってきたのですが、
その家に付属するデカい掘っ立て小屋の車庫が登記されていないから売買出来ねぇと。
んじゃあ登記するわと言ったら「それは無理、1回ぶっ壊して」と言われたんで購入断念。
ぶっ壊すのに200万とか言われたらもうね、諦めるしかねぇわな。

その後空白の日々が続き、一時は諦めていたマイホーム計画でしたが、
最終的には3年ぐらい前の台風で荒れ地と化してしまった
ヂゴンの巣の隣の杉林を嫁の親父さんが新富町から買取り、
その一角を平らにして砥部良ハウスを建てることになったのでございます。


山の土地を家が建てられるように削るのにだいぶん手間と金が掛かったんですが、
そんな事より問題になったのがインフラ関係。
1番近い家は山の上の嫁の実家という環境なので、電気や水道を引くのに一苦労。

特に水道は嫁の実家が近所だからそこから引けばいいやと思いきや、
我輩の上に位置する嫁の実家からは高低差がありすぎて水道が引けないというw
結局、近所の鉄筋屋の跡地から水道を引くことで解決したのですが、
100m10万円かかると言われている水道の設置、そこで結構銭が吹っ飛びました。

あと、水回りで問題になったのはこの土地は下水の設備が来てないので
合併浄化槽とかいう自宅設置型の汚水処理施設を設置しなければいけなかったこと。
コレの講習を受けるために生まれて始めて高鍋の保健所に行きましたわ。

というわけで我輩から一言言わせてもらう。
「無難に家を建てるなら住宅地にしとけ」
多少高くても不動産屋が宅地として販売している土地を買うほうが
トータルで考えると意外と苦労&出費が少ないかもしれません。

家がない場所に家を建てるという行為はインフラ整備でかなり金を消費します。
家を建てるスペースを平らにする、そして地面を固める、基礎を作る、
電気を引く、水道を引く、下水設備を設置する、ネット環境を設置する、
どれもコレもゼロからするとなると手間がかかる=金もかかる。
或いは「いやココには作れませんわ」と言われてゲームオーバー。

だから「人気のない山奥にひっそりと暮らしたい」
「安い山の土地を買ってそこに家を建てよう」とか考えているそこのアナタ、
それは出来ん事ではないけれど修羅の道かもしれませんぜ。

だがしかし、周囲に家の無い人目に付きにくい住宅環境は、
上半身裸体で「ママァ〜〜ウ〜ウウウゥ〜♪」と歌おうが、
パンイチで庭をブラブラしていようが誰も咎める者は居ませんし、
庭で焚き火をしてもエアガンぶっ放しても苦情が来る心配はありませぬ。



まあなんだかんだで建ててしまった我が家、見ての通り平屋です。
土地がそこそこ余裕があったので敢えて2階建てにする必要はないかなと。

さて、家を建てるとなると次の悩みは「何処に建ててもらうか」。
三沢か、一条か、積水か、丸商か、大成か、選択肢多スギィ!ですが、
我輩的には「地元の工務店こそが最強」という持論があったので、
嫁の実家と付き合いのある「図師工務店」に頼みました。
地元の工務店ならトラブルが発生しても直ぐに来てくれるし、
どーせなら我輩の稼ぎは地元の人間に還元してあげたい。

以前我輩は「家建てるならログハウスだな」と(確信)し、
ログハウスが欲しすぎて色んなログハウスを見て回ったんですが、
ある日家族で新富と高鍋の境目の近所にある
「菩提樹(リンデンバウム)」というログハウスの飯屋さんに行き、
そこで飯を食いながら店主が手作りしたログハウスをじっくり眺めて心が変わりました。

「そうか、ログハウスとは建ててもらうものではなく、自分で建てるものなんだ!」
そこであっさりと既製品ログハウスへの執着が無くなっちまったんですね。

家を建てるに当たり、嫁は何やら細かい注文をつけたようですが、
我輩的にはそういうの考えるの面倒くさかったんで、
レイアウト的には工務店のセンスに任せて色々作ってもらいましたが、
出来てみるとだいたい要望通りな感じで満足です。

お値段はランボルギーニ・ウラカンが買えるぐらいですが、それほど大きくはない?
まあ部屋の数とかは一般的な家と同じですからね。



でも仕方がないですね、デカくしてしまうと固定資産税がかかるから。
そーいえば青森に居た頃、八戸に家建ててた先輩が、
「コンセントの数が多くなると固定資産税高くなる」とか、
「カーポートやウッドデッキは調査後に建てたほうがいい」とか言ってた気がしますが、
こないだ役場の調査兵団が来たときに聞いてみたところ、
現在ではコンセントやカーポートよりも、家の柱や壁の材質で判断するそうです。



我が家の拘りポイントは「広いリビング」。
3家族ぐらいが集まっても騒げるサイズのリビング、コレが欲しかった(迫真)。
リビングが広いってアメリカンな感じでいいっすよね?
嫁の要望で壁が漆喰塗りなのが不満ですがね(我輩の要望は板張りの壁だった)。

だがしかし、広いリビングを作ったはいいものの、
現在は人を集めて大騒ぎするご時世ではないというのが不幸です。

でも死ぬまでに1回ぐらいはココにゴリラ家、アベノミクス家、たっちゃん家を集めて、
我が家のリビングで夜中まで馬鹿騒ぎしたいというのが希望願望熱望。

でもそれが何時になるか解らんからテーブルは4人用サイズ。



とはいえ、家族だけで寛ぐにしても広いリビングというものはいいものです。
広くて気持ちがいいのでココに居るのが一番心地が良い。
少し贅沢してそこそこデカいテレビを置いてみましたが、
こいつを活用するにはNetflixを導入すべきか?

とりあえず長年の夢だったソファを置いてみましたがコレがなかなかいい。
でも我輩がココに座るのは「名車再生クラシックカーディーラーズ」見るときだけなんですがね。
予算に余裕があればマッサージチェアを置きたいです。



今風に設置したキッチンからはテレビが見えないのが難点ですが、
料理をしながら客人と話せるのはいいですね。
キレイで広いキッチン、コレが欲しいがために家を建てたと言っても過言ではない!
なお、コンロの熱源はIHとか言うクソヌルいやつじゃなくて、ガスです。
だってさぁ、ガスじゃないと中華鍋使えねぇじゃん!
それに、我輩的にどうしてもコンロ以外にガスが必要なブツがあったんです。



リビングを中心に周囲に部屋を設置というのが我が家の作り。
子供部屋のサイズは4畳半、コレぐらいありゃ充分やろ?
狭い部屋を如何にして有効活用するかをこの部屋で学んで欲しい!
余談ですが息子の部屋は恐ろしいぐらいに汚部屋化しております。



「客人を招くために畳の部屋が必要」という嫁の要望のもと、
6畳の和室が申し訳程度にあり、布団も4人分設置済みなんですが、
現在ココはクソガキ共の勉強部屋件寝転がり部屋と化しております。
念願のコタツを置いたので冬になるのが楽しみ。

この和室はリビングと同軸線上で繋がっているので、
襖を外せばリビングが更にデカくなりますがまあそこまでする事もないでしょう。



ココが我輩と嫁のヤリ部屋、もとい、寝室です。
ベッドはダブル1つではなく、シングル2つ置いているから、
部屋が狭くて仕方がないけど寝るときは
嫁の寝相を気にせずにゆっくり寝られます。

そして意外にも、シングルのベッドでも充分暴れるスペースはあるんですね。
でも武器を置くスペースがないからベッドの下に隠しているけどな!
本当は奥のウォークインクローゼットに武器をブチ込みたかったんですが、
武器を晒してしまうと嫁に何丁持っているかバレるという難点があります。

ツイッタとかインスタで壁に誇らしげに銃を飾っている人居ますけどね、
アレを我輩がすると嫁が56式とAKMとAK74を指差して
「同じのは3丁も要らんやろうが!売れ!」って言われる。



実は我輩の部屋?は外にあるんですね。
ココを部屋と呼ぶべきであるかは議論が醸し出されるのでしょうが、
我輩的には作業が出来て、タバコが吸えて、道具が置けるという点に置いて、
ココが一番我が家でのお気に入りの場所でございます。

問題なのは暖房はストーブでどうにかなるでしょうが、冷房が扇風機のみ、
だから夏場の昼間はクッソ暑すぎてタバコを吸うのも命がけ。
そしてこの部屋?の下に合併浄化槽とかいう物があるので、
時々クッサい汚水臭が漂ってくることですが慣れると気にならないんだな。
なお、虫が侵入してくるのは無視の方向で。
でも床でハンミョウが交尾しているのを見るとイラッとしますねぇ。



硬い粘土と赤土で形成された我が家の土地にはマツダタイタン2台分の
砂利をドバーッとぶちまけて適度に踏み固めておりますが、
あと1台分ぐらい砂利ぶち込まないとダメみたいですね。
だから木も生えていない殺風景な庭。草生えるwww
でも立派な木を植えると手入れが大変だからこのままでいい。
別にいいんだよ、周りには大量に草木が生えているからな(断言)!

そしてこのハンパな感じのカーポートは要らねぇなぁ。
バーベキューの時に屋根代わりにもなりゃしねぇ。
寧ろ家の屋根からドカーンとアウトリガー伸ばしてデカい屋根付けたほうが勝手が良いし、
屋根の下に作業場が出来るので更に家の良さを活かせます。



せっかくウッドデッキがあるからなんか活用してみようと、
試しにこないだ同志と庭バーベキューしてみたんですが、
糞暑い最中日光が差し込む南側にある庭での
バーベキューは自殺行為に等しいことが判明しました。

多分数カ月後にはこのウッドデッキ、布団干し場と化すことでしょう。
・・・やっぱりココ、デカい屋根付けた方がいいわw
ていうかウッドデッキに壁付けて部屋にしたい。

とはいえ、役場に頼んで強力なネット回線も引いてもらいましたし、町内放送も設置しましたし、
ガス洗濯乾燥機の乾太くん(コレが1番欲しかった)も
斉田商事(新富のガス屋ね)から貰ったんで洗濯物も1時間弱あればすぐ乾かせるし、
必要なものは大体揃っている感じで快適な生活をしております。

まあ今後、居間のどこかにパソコンデスクを設置するかという悩みの他、
(現在パソコンは夫婦の寝室に無理やり設置しているから超使いにくい)
バーベキューの設備、ピザ窯、ドラム缶風呂を設置するとか、
イナバ物置を買ってきて武器庫を作るとか、それとも武器庫は別に作るかとか、
それとも隣の空き地にログハウス建ててみるとか、キャンプ場を作るとか、
課題が超山積みではありますがそれをどう育てていくかも今後の楽しみ。

一般的な人々的にとって家は「安らぎの場」という位置付けなのでしょう。
でも我輩が求めていた家は「心躍らせるもの」。
つまり、我輩は遊べる家が欲しくて家を建て、
この砥部良ハウスをどうやって遊び倒そうか思案しているのでございます。




同志スカルガンナー氏が新築祝いに持ってきてくれた消臭力。
コレだけあれば大量に屁をしても全く問題なしですな。
嬉しくてツイッターに上げたらエステーさんから「いいね」を貰いました。
ある意味、ソレが我が家にとって1番の新築祝いです。  
Posted by 砥部良軍曹 at 22:03Comments(5)出来事物体買い物

2017年07月17日

新たなる宮崎の夏の風物詩、ライチを食らう

クソ暑いこの季節、宮崎の名物といえばやっぱりマンゴー。
宮崎の色んなスーパーではご贈答用の太陽のタマゴより色薄め、
サイズも小さめなのが1000円ぐらいで販売しております。
少し大きめになると1500円ぐらいしますがね。

果物っちゅうもんはある意味、
その土地の季節を象徴する食べ物。

そして季節の果物を味わうこと、それこそがその土地に対する愛(断言)。
青森に居る時はリンゴとさくらんぼはその季節になると必ず食い漁っていました。
そしてその土地の季節のステキを噛みしめる。

いやーしかし、宮崎でさくらんぼ買うとやっぱ高いねぇ。
ユニバースで398円で買っていたはずのさくらんぼ、コッチじゃ600円ぐらいだもんな。
名川のチェリーセンターに売っていたよーな2500円ぐらいの
箱に入ったやつなんかデパートで5000円ぐらいしやがるもんね。

そーいや青森では道の駅で6個入り300円ぐらいで買えた紅玉、
コッチじゃ4個入りで600円ぐらいすんのね。
もう我が家では気軽に焼きリンゴも出来なくなりました。

ところで宮崎のイメージといえばバカの一つ覚えのよ~にマンゴー一色ですが、
(一応、冬から春にかけて日向夏というエースも居るんだがな)
最近、我輩の住む新富町ではミキファームとかいうところが
ライチを推しているんですよねぇ。

我輩が青森に旅立つ前年の夏、新富の地場産品売り場に、
少量ではありましたがメイドイン新富町の生のライチが
6個600円ぐらいで販売していたので衝動買して食ったところ、
コレが輸入物の冷凍者とは別次元の旨さだったんですねぇ。



多分その7年前に我輩が食したライチは
ミキファームが試験的に作っていたやつだったんでしょうが、
ソレが現在、満を持して量産体制に入ったんでしょうね。
ライチ摘み取り&販売をしているというので早速逝ってみました。

新田原基地の前から高鍋に向かう道の途中、
“パント”という黄色い看板のパン屋さんのちょっと先に看板が出ており、
そこを曲がって少々進むとライチ摘み取り園がありました。
駐車場はそこそこ広いですが、農家感満載。
お客さんもそこそこ来場しております。

ライチ摘み取り園への入場料は無料ですが、
ライチ摘み取りのルールは以下の通り。

◯摘み取ったライチは当然ながら必ずお買上げ

◯お買上価格は100g500円、宮崎牛のステーキ肉より少し安い程度

◯摘み取ったライチはハウス内では食えません

◯ハウス内への袋的なモノの持ち込みは禁止!

まーよーするに、ココで好きなライチを選んで摘み取り、
ソレを買いやがれというシステムなんですね。



ライチの木はハウスの中で栽培されており、
一部のハウス(3棟ぐらい)がライチ摘み取り用に開放されていております。
当然ながらこのハウスの中、激アツで我輩焼豚になりそう。



ハウスの中のライチの実はたわわに実っており、
冷凍者の茶色とは明らかに違う、鮮やかな赤色に染まっております。
生のライチなんてぇ日本ではなかなかお目にかかれませんですぜ。
もうね、ナマって響きだけでち★ちんたちそう。



大半のライチの実はゴルフボールより少々小さい程度ですが、
時々大きめのライチが実っており、魅惑のオーラを放っております。
ソレを渡されたハサミでちょん切り、採取するのです。



大量に取りまくると財布の銭がいくらあっても足りませんので、
ゴルフボールよりもデカいサイズのライチに的を絞ってサーチします。
しかしコレがなかなか見つからないのね。
実の大きさを一つ一つじっくり吟味して探して、1人2個をノルマに採取します。



冒頭の写真のライチと比べると、デカさが解りますかな?
直径は大体4~5cm位ありますかね?
山形屋でコイツぐらいのシロモノが10個ぐらい入って5000円で売っていました。



長時間ハウス中にいると蒸し暑すぎて死にそうなので
時々脱出を繰り返しながらライチを探し回りました。
こんなサウナのよーなハウスの中で毎日作業しているピーマン職人、よく死なねぇな。
30分ほどかけて1人2個、合計8個のデカライチを摘み取って試合終了。



ところで、ハウス侵入してすぐに気になっていたのですが、
ライチの実の近所に紐が括り付けているのは
たわわに実ったライチの枝が垂れて落下するのを防ぐためなんでしょうかね?
高級な果物を育てるには細やかな手間が必要なんですね。



デカ目のライチ8個のお値段、合計1750円。
100g500円だから1個辺り218円75銭。
1個あたりの重量は平均43gぐらいになりますな。

つまり、大きめライチ2個で500円弱。
中ぐらいの3個で500円ぐらいと考えればよろしいかと。



一般的常識をご存じの方に言う必要はないのでしょうが、
ライチは皮を剥いて食うものです。念のため。
でもさ、やっぱこのライチデカいよね。



皮に包まれた実からはそれほど香りを感じませんでしたが、
硬い皮をズル剥け状態にすると芳醇な香りが漂います。
そして瑞々しい果汁が少しずつ垂れてきて心躍らせます。
ああ・・・この白く眩しい果肉が我輩に食えと呟く・・・(確信)

口に含むと冷凍とは明らかに違う柔らかい、それでいてハリのある食感。
そして口の中に広がるツルンとした果肉の感触と溢れ出る果汁。
冷凍物にある果肉の一部の不快な食感は皆無で、
種の付近のちょっとした部分以外は全て飲み込みたくなる旨さ!

一般的なライチと比べると少々デカいとはいえ、
1個200円と考えると少しお高い気がせんでもないですが、
コレは銭を払って食う価値がある、まさに食べる宝石!

名川のさくらんぼ狩りの1人1時間1000円で食べ放題に比べると
お得感とかライブ感で物足りなさを感じはしますが、
ミキファームのライチ摘み取りで1000円分ならライチ5~6個分と考え、
その上このライチの芳醇で清々しい旨さを考慮すると
案外コレはお値段なりの価値があるのではなかろうかと思いました。

ライチ摘み取りのシーズンは毎年、6月中旬から7月下旬ぐらいまでとのこと。
短い夏の風物詩ですが、宮崎の新しい名物としての可能性はアリですな。
ていうかこーいうステキな果物、我輩が栽培したいわ。  

Posted by 砥部良軍曹 at 21:09Comments(2)物体お店お出かけ

2017年06月11日

百姓うどんで一番高いメニュウはかき氷だった

南宮崎の方に住んでいる嫁のねーちゃんに要件があったので、
そのついでに宮崎県宮崎市大塚町乱橋4502−1にある
百姓うどんに逝きました。

この店はうどん屋らしいのですが、かき氷で有名な店。
いや本当に普通にうどん屋なんでしょうが、
“百姓うどん”をグーグル画像検索すると大半はかき氷の写真しか出ねぇし。
以前“秘密のケンミンショー”でかき氷を放送されたあの店です。

大塚町という我輩の行動範囲外の場所にあるので、ココに来たのは初めてです。
ていうか我輩、宮崎のうどん屋って小丸新茶屋と山椒茶屋しか知らねぇし。
あ、一応きっちょううどんも知っていますよ。逝ったこと無いけど。



かき氷で有名な店らしいのですが、本命はうどん屋。
とりあえず昼の腹を満たすためのうどんを注文します。

我輩は迷うことなく“磯辺揚げうどん”を注文。
かつて“ちくわ部”に入部していた我輩、やはりちくわの揚げ物は好きなんです。
小麦の衣を纏った伝説の勇者は確かすぎる満足感を我輩に与えます。

麺は茹でたものを温める一般的なうどん屋のソレで、
奥歯で麺と格闘するレベルのシロモノではございませんが、
柔らかいうどん文化圏の我輩には可もなく不可もなし。
ダシはしっかりとした味ですが、スッキリしていて典型的な九州のうどんのスープ。
しかしコレで350円はかなり満足感高いなぁ。

嫁は九州のお約束、ごぼう天うどんを注文。
ゴボウは薄切りのやつがかき揚げになっていました。
嫁に少し食わせてもらいましたが、コレはこれで旨い。

クソガキ共はいつも通りのえび天うどんを注文。
但し、後でかき氷を食うので2人で1杯。



うどん屋って言うけどそばも一応存在することに後から気がついた我輩ですが、
ソレよりもこの店、結構旨そうなメニュウ多いな。
そして磯辺よりゴボウの方がお値段高かったのね。

でもワンコイン500円でえび天うどんが食えるってなかなかリーズナブル。
一番高価な“特製肉うどん”とか“特製百姓うどん”でも520円。
一番安いかけうどんは“なみうどん”という名称ですが250円。安いぜ。
ところで“たまかうどん”って何?卵&カス?てんかうどんはもうコレわかんねぇな。
何のカスなんだよ?◯ンカス?

次回の来店時には特製百姓うどん注文しようと思うのですが、
我輩的には磯辺とゴボウの組み合わせのほうが旨そうだよなぁ。



うどんを平らげたら、デザートにかき氷を注文。
今日も結構暑いんでさぞかしかき氷が旨いことだろうな。
ただ、こんなにデカくなければという条件付きですが!
娘、淫夢見たわけでもないのに「ええ・・・(ドン引き)」。
完全に顔で「コレ、誰が食うんだよ馬鹿か」と言っております。

いや確かにね、デカイのって目引きますしね、ソソりますよ。
おっぱいデカいの見ると思わず「ウホッ!」って言っちゃいますもん。
でもココまでデカくしなくても良かったんじゃねってツッコミたくなるよね普通。

そしてね、このかき氷、背が高いだけじゃなくて値段も高いのよ。
色々具が乗っているうどんでさえも520円なのに、
このかき氷、練乳がかかっていると言うだけで690円するんだなコレが!
練乳抜きなら580円ですが、それでもうどんより高いし!
水凍らせて汁かけたものがうどんより高額だとは・・・(驚愕)



正しい食い方はかき氷の頂上からお椀で挟んで取って食う。
もうね、物理的にも精神的にもどっから突っ込めばいいのか、
何処にツッコミを入れればいいのか理解不能なんですねコレが。

我輩は練乳が大大大嫌いなので上からジャンククラッシュはせずに、
練乳無いところをチョボチョボとスプーンで食っていたんですが、
うーむ、うどんで温まったボディを冷やすにはコレはありかなって・・・イヤ思わねぇよ。
ただ、コレがあるなら夏場でも暑いうどん食って構わないかなって?

結局1/3ぐらいは残留してしまったので、お持ち帰りすることになったんですが、
クソガキ共は二人共「もう暫くかき氷は見たくない」とのたまう始末。
かき氷は車内でいつの間にかジュースになっておりました。

我輩も以後この店でかき氷注文する必要はねぇなと思いつつも、
次回来店時が真夏だったならかき氷注文しちゃうんだろなって。
だってココに来てこのクソデカいかき氷注文しないのって、
コスプレ専門店でノーマルプレイ注文するよ~なもんなんでしょ?
ま、うどんは安くてそこそこ旨いんでまた来たいなって思いました(小並感)。

あ、一応レギュラーサイズのかき氷も250円であるみたいですが、
ソレを注文するのってやっぱ負けた気がするんだよなぁ。



かき氷でチャプチャプした腹を擦りながらウチに戻ると、
息子がわざわざ三沢から持ち帰ってきたトマトの鉢植えに
鳩がどっからか草持ってきて巣作ろうとした挙句、既に卵まで産んでやがりました。
この卵、目玉焼きにしてやろうかと目下検討中ですが、鳩の卵って旨いのか?  

Posted by 砥部良軍曹 at 22:31Comments(3)物体めしお店

2017年04月16日

いまさら、マニュアルに乗る

青森に居た頃は三沢市というそこそこ便利な街に住んでいたので
クルマは1台でも充分に生活することが出来たのですが、
(それ以前に社宅の駐車場が1台しか停められないという現実もあったが)
現在住んでいる新富町の上新田という場所は
クルマがないと日々の買い物も難儀。


買い物は距離的にはチャリがあればイケないほどでもないのですが、
坂道が長いので買い物袋抱えて引き上げるのが大変なのよ。
その他色々な要件をこなすにも田舎ではクルマは必需品。

というわけで現代人らしくまともに宮崎で生きていく上で
我が家も早急にもう1台、嫁専用マシーンを仕入れる必要があると考え、
西都インター付近のツネマツ自動車の前を通る度に嫁に
「オイ!シルバーのMR-Sが98万円で売っているぞ!あれ買おう!」
提案していたのですがなかなか嫁は首を横に振らないのね。


我輩的にはミッドシップのオープンカーに乗るババァ、イイと思うんだけどなぁ。
でも田舎だから色々と噂のネタにされそうという難点もアリ。

そしたらある日、嫁から「こないだリビドー号をインドックした修理工場から、
日産ノートを120万で買うかって言われてるんだけど」と話を持ちかけられたので、
我輩はすかさず「馬鹿野郎、我輩が必死に稼いだ銭をノートなどという
燃費以外に特に取り柄もねぇ運転していてもアクビが出そうになる
ただ前と後ろに走るだけのクルマにつぎ込もうってぇのか!」

「そういう勿体無い金の使い方は言語道断!断じて許さん!」と反論。

そしたら修理工場のおっちゃん自ら我輩の住む社宅にR32GT-Rに乗ってきて、
「じゃあどういうクルマがお望みでしょうか」と言われたんで、
本当はそのおっちゃんが乗っているR32が欲しかったんですが、
「マニュアルでターボ付きの軽自動車ありますか?」と言ったところ・・・



スズキのアルトワークスが来ました。
展示車1年落ち走行距離2000kmを150万円で購入。勿論ローンで。
中古車ですが程度も良いし、この走行距離なら新車と同じ。
致命的欠陥がない限り女もクルマも中古で何ら問題はナシ!
どーせ新車のアドヴァンテェジなんて新車ならではの匂いぐらいしか無いしね。

ボディカラーが黒というのが我輩的には納得逝かないところなのですが、
こないだ出たばっかの中古車、色を選ぶ余地なんか無かったから仕方がない。
ま、中に乗ってしまえば色なんか気にならないので無問題ということで。
でもやっぱ、赤のワークスとすれ違うと悔しいです(迫真)。

アルトワークスと言えば日本がスポーツカー全盛の頃、
軽自動車のスポーツモデルとして生まれたホットなモデル。

軽自動車ながら軽さを武器にガンガン攻められるクルマとして好評を博していた模様。

でも日本人の大半がクルマに走行性能、動力性能を求めなくなったので
悲しいことに一時期無くなってしまったんですがこのHA36S/36V型アルトで復活。

ワークスの前に“RS”という動力性能重視モデルが先行販売されたんですが、
アレはオートマしか無かったんで我輩的にはどーでも良かったし、
我輩以外のクルマ好きも「ワークス出せよ!あくしろよ!」と思っていたことでしょう。
そしてその声を耳にしてワークスを復活させたスズキ、よくやった!

とは言え、「今更アルトワークスに需要があるのか?」という疑問。
でもね、アルトの売上の2割はワークスらしいですよ(驚愕)。



新型アルトのエクステリアは今までのヌルいデザインとは異なり、
直線を基調としたシャキッとしたものになりました。
いくらワークスが復活してその性能が良いとしても、
形が好みじゃなければ買う気がしませんからね。

ヒョットしたらノーマルアルトデザインした時点で、
ワークスの復活は検討していたんじゃなかろうかと。

我輩が新型アルトのデザインで気に入っているのはこのライト。
母上が免許取って初めて乗ったフロンテハッチみたい。
左右非対称のグリル周りも挑戦的で好ましいです。
ただ、ターボ付きなのにボンネットに穴が空いていないのが残念。



今時初代ホンダ・トゥディみたいな背が低い軽自動車は流行らねぇのか、
アルトも昔のモデルと比べると大分腰高な形状にはなりましたね。

個人的にはワークスは3ドアじゃなきゃって思わなくもないんですが、
今時3ドアの軽自動車に需要はないんでしょうし、実際不便だから仕方ないね。
でもね、この後ろのドアの窓、下まで全部フルオープンになるんですよ。
昔のアルトワークス同様、“WORKS”のサイドロゴも健在で嬉しくなります。

そう言えば最近のクルマってドアハンドルは手前に引いて開けるバータイプが主流ですが、
アルトは昔ながらの手を突っ込んで上に引き上げるタイプのハンドルです。
コッチの方が軽い力で開くんで、小さい子供でも開けやすいんですよね。



後ろ周りはリアウィンドウが初代ホンダZみたい?
凹凸感がなくてのぺっとした形状がコストかけてねぇのかなな感じですが、
軽自動車に変に凝って捻ったデザインは不要。



納車して初めてドアを開けた時、このシートに感激しましたね。
なんたってレカロシートですよ!レ・カ・ロ!
しかしその感激も乗車後、軽く絶望に変わりました。
シートのサイドサポートが横腹に当たる・・・

でもね、このシートのお陰で長時間運転していても案外疲れないんです。
当然ながら、サポート性も抜群でいくら飛ばしても身体が揺れない!
ただ、シートバックの角度調整がダイヤル式なので、
細かい角度調整が出来るもののベターっと倒すには不向き。

そしてこの新型アルトワークスの最大の難点!
シートの位置が高い!
ワゴンRとかとあんま変わらん気がするんですが!

スポーティな軽自動車という位置づけにあるクルマなら
もう少し着座位置を下げて手足を前に突き出すような
スポーティなシートポジションにして欲しかった・・・
余談ですがシートは高めなのにシートの下に収納がないのは如何なものかと?



メーター周り、センターコンソール周りはこれと言って特徴もクセもない作り。
まあコレに関しては元になったアルトがコスパ優先のクルマだから仕方ない。

ところでナビの下、エアコンのスイッチの横の変な空間はナンジャロかと思いきや、
普通のアルトにはココからオートマのシフトレバーが生えているんですね。
そう、当然ながら我が家のワークスは走りの5速!

「今更マニュアル車なんて流行らねぇよ」と
突っ込みたい方も多数居られるかもしれませんが、
販売されたアルトワークスの9割はマニュアル車らしいですから、
このクルマを求める客層の思考は我輩と同様という事。

そしてアルトワークス購入者の年齢層、我輩同様40代のおっさん多数とか・・・

でもね、我輩と同世代で家庭の2台めのクルマに軽自動車ぐらいしか買えず、
それでも走りグルマを欲する層って多いと思うんですよ。
我輩が20代の頃と言えば走りグルマ全盛の時代でしたからね。
その頃のハートを再び燃焼させたいっていう思考は自然なものです。

だがしかし、40代といえば子供の教育費とか食費とか携帯代とか保険代とか
自宅のローンとかで経済的に余裕がない人多いでしょうから、
トヨタ86とかスバルのSTiとか買う余裕がある人ってなかなか居ないんでしょう。
ソコに200万以下で買えるアルトワークスが出てくれば飛びつくのも必然。

しかしこのワークス実は、嫁専用のクルマなのです。
マニュアルトランスミッションの選択に関して嫁からの苦情はなかったのかと
疑問視される方も居られるかもしれませんがマニュアル推しだったのは寧ろ嫁。
やっぱ嫁もね、我輩と同世代だから思考は一緒なんですよ。
たまに駐車場とかでエンストするけど、楽しそうにギアチェンしています。
出来れば我輩の夜のシフトレバーも握ってほしいんだけどなぁ。



気合の入った前席に比べると、後席はシンプル。
ドアに小物を入れられるよーなスペースなんて見当たりませんです。
コレに関してもベースのアルトがコスパ優先でこういう作りだから仕方ないね。

シートは薄っぺらくて幅が狭く、座り心地は4ナンバー軽自動車レベル。
シートバックも板みたいで1時間以上のドライブには背中が疲れますし、リクライニングも出来ません。

ただ、足元はワゴンタイプの軽自動車と同じぐらい広々。
写真では助手席を一番後ろまでスライドさせていますが、足元は少し狭い程度。
当然ながら短足の我輩に合わせた運転席側は足元広々です。



荷室はまあこんぐらいのもんでしょう。スーパーの買物には使えます。
コストコにでも買い物に行かない限り、必要にして充分。
でもサバゲーの荷物を載せるには不充分ですねぇ。
まあそれ以前に、シートバックが分割で倒せないのも不満。



この下にスペアタイヤがあるのか確認してみたところ、タイヤは無かったですが、
ジャッキとパンク修理剤とシガーソケットに接続するコンプレッサーがありました。
しっかしこの発泡スチロールの枠、センスねぇ作りしているなぁ。



2人乗車だとシートバックをバーンと倒せるので、
AK74やM4カービンでも充分に載せる空間を確保することが出来ます。
こないだアンディ先輩とコレでえびのまでサバゲーに逝きましたが、
2人分のサバゲー道具と椅子、テーブルとベッドは余裕で搭載可能でした。
多分M14ぐらいまでなら載せられると思いますよ。

でも流石にゴルフバッグは斜めにしないと厳しいでしょうか?
釣り竿も分割できるやつじゃないと乗せられないでしょうね。
そしてドラグノフ狙撃銃も無理なんだろうなぁ。



でもやっぱ、ワークスだから積載量よりも走りの性能が重要ですよね。
エンジンはRSと同じなんですが、RSよりトルクが0.2kgm大きい模様。
水冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボという響きは良くても、
軽自動車の馬力規制は相変わらず最大64馬力のまま。
要するにワゴンRスティングレーとかタントカスタムと同じ馬力。

しかしながらこのアルトワークス、車重が670kgしか無いので、
(最近流行りの背が高い軽自動車は全て1t近くの重量、重量差は300kgぐらい)
64馬力を最大限に活かしながらスイスイガンガン走ってくれるんですね。
欲を言えば80馬力は欲しいところですが、公道なら64馬力でも必要にして充分。
流石に急な坂道を4速以上で走り抜ける力はないですが、ね。

但しエンジン音に関しては普通の軽自動車とそんなに変わりなし。
嫁の実家の2世代前のアルトとそれほど変わるところもない感じ。
ピーマン職人のサンバーの方がもう少しいい音しているよ~な気がしなくもない。
やっぱ給排気系交換したくなるなぁこういうクルマは。

気になる燃費?は今のところリッター18kmぐらい。
メーカー公表値がリッター23kmなので大体こんなもんでしょう。
調子こいて1速で思いっきりダッシュかけるとか、
2-3速でカーブ攻めるとかしているから少し燃費悪いのかな?
それでもリビドー号よりは燃費が倍以上良いんで、嬉しいw



フロントブレーキはワークスらしく、赤いキャリパーが輝いています。
全体的にホイールアーチがガバガバなのが頂けませんが、
タイヤ&ホイールサイズを換えるとカネがかかりそうなのが難点。
しっかし今時の軽自動車は15インチのタイヤ履いてんのね。

足回りはスポーツモデルなので当然ながら固めです。
コーナーで踏ん張りが効くのはいいですが、乗り心地は良くないですね。
前席ならレカロシートのお陰で突き上げも軽減されますが、
後席に乗ると足回りの硬さがガンガン攻めてきて耐えられません。
クソガキ共からも評判はすこぶるよろしくないです。



リアは流石にドラムブレーキ。64馬力だからこれでいいのか?
ショックはカヤバのやつがついているんでコレで充分でしょう。
どーでもいいけどカヤバを“KYB”と記載するとTDNみたいで淫夢っぽくて嫌ですねぇ。

ところでこの足回り、普通クルマってショックの上とか周りにバネが付いているでしょ?
アルトワークスの前輪はショックの上にバネが付いていて、
後輪は写真のようにショックとバネが別々になっているんですが
コレってどういうメリットあんのかさっぱり解らん。



久しぶりにマニュアル車を自家用車として乗り回していますが、
正直な話、当初は「マニュアル、結構マンドクセ('A`)」と思いました。
現在の日本でのオートマ普及率は99%と極めて高いそうですが、
運転が好きな我輩でさえ煩わしいと思うのですからさもありなん。
因みにヨーロッパでのオートマ普及率は15%以下らしい・・・

日本という国は都会に住むと渋滞の多い街道が多く、
ウチの近所のような田舎でも10号線とかは馬鹿みたいに混んでいることもしばしば。
そういう状況が多いとなるとマニュアル操作が実に煩わしくなり、
どーしてもオートマに軍配が上がるんですね。

そしてウチの周辺みたいに山道が多いとカーブが多くなり、
どうしてもギアチェンジが必要不可欠。
そこでもやはり、オートマが便利なんですよね。

ところがそれから数回、買い物に行く度に積極的にワークスを運転してみると、
ギアチェンジが面白くて仕方がない体質に戻っていたのであります。

何がどう面白いのか説明するのは難しいですが、
ストロークの短い、小気味よくキマるシフトレバーを操作していると、
「メカを操っている」という気分に浸れると言うのは間違いない事実です。


とはいえ、それはあくまでもワークスという面白い車に乗った場合の感想。
ぶっちゃけ、今の御時世マニュアル車に乗るという行為に、
何かしらの特があるのかというと全くありません。

結局、マニュアル車の存在そのものがクルマ好きのためだけのモノでしかなく、
そーいう趣味を持つ者にしか需要がないというのが現実なのです。

まーでも日本という国ではクルマが面白いものと思わされる以前に、
クルマが便利なもの、或いは必要不可欠なものであるというところから、
実用的なクルマの普及が始まり今に至る所があるでしょうし、
バブル真っ盛りの頃にクルマが必要でもなかった、興味がなかった人種がクルマを欲した結果、
フツーのクルマに高級感とか乗り心地とか広々感とかが優先されるようになり、
運転の楽しさという本質が置いてけぼりにされて今に至ったんでしょうがね。

それでもやはり、我輩は声を大にして言いたい。
「ギアチェンジは面白いものである」とね。
今というご時世だからマニュアルに乗るんじゃなくて、
事実としてマニュアル操作が面白いからマニュアルを選んだのが我輩なのです。


まあシフトレバーが生えているだけの作業用マニュアル車だと、
ギアを動かすのも億劫であるというのも事実ではありますが、
アルトワークスのように良く出来たマニュアル車に乗ってみれば、
クルマって本当は面白いものなんだなぁと思えるはずです。
  

Posted by 砥部良軍曹 at 22:48Comments(5)物体サバゲー以外の趣味

2016年12月12日

コレこそまさに、我輩の求めるもの!

同じネタでナチュログにも記事を上げているので、
脂肪遊戯の方もご覧の方は本日の記事はスルーして下さい。

40過ぎても自分の家すらない我輩の人生に疑問を抱いていた時に、
嫁の親父さんから土地ヤるから家建てろって言われたら
多少は「コレがチャンス!」とも思わなくはなかったんですがね、
やっぱ我輩、息をするのもマンドクセと思う性分が故にイマイチ乗り気じゃないんです。



でもね、ログハウスなら建ててもいいかなって。
何がいいかって我輩自身を表現するのにあれ以上の形はない(断言)!

嫁も結婚した頃は「家建てるならログハウスもアリよね」と言ってたので、
現物さえ見せれば多少は心が揺らぐかなと思い、
宮崎市内の“BESS”のモデルハウスに見学に逝ってきました。
BESSとは全国でログハウスを売りさばいて30年の老舗?専門店。

現物見せたら嫁もまんざらではないような反応を見せたので、
我輩自身もマイホーム建ててもいいかなって気持ちに傾いてきました。
ていうか、ログハウス建ててぇ!

青森に居た頃、嫁がどーしてもって言うんで、
一条工務店のモデルハウス見てきましたけどね、
そん時はチ★ポピクリともしない不感症だった我輩だったんですよ。

でもBESSのログハウス見たら我慢汁溢れるとまでは言いませんがね、
「コレこそまさに、我輩が求めるもの!」と心が揺らぐこと揺らぐこと。
まあ、我輩小さい頃から「家建てるならログハウス!」と、
心の奥底でずっと秘めていたものがあったからソレが爆発した感じですね。


ログハウスの良いところ、それは木々に囲まれた癒やし空間。
そして断熱効果が高いから冬暖かく、夏涼しい。
更に木が湿気を吸収するため夏の湿気も抑えられる。
んでもって防音効果が高く、音響効果が高いといい事ずくめ。

ソレはやはり、趣味性に溢れまくっていること!コレに尽きる!

我輩的にはメリットがどーこーとか言うよりも、
木々が醸し出す世界観がたまらんのです。ログハウス。
まあ東日本大震災をダイレクトに感じた身としましては、
耐震性が優れているという点も見逃せないポイントだったんですがね。

でもね、ログハウスには普通の家と構造が著しく違うだけに、
普通ではありえねぇデメリットも多数存在するんですよ。


まず1つ、激しい雨が降ったら浸水する。
浸水と逝っても潮吹くよーに水が滴るんじゃなくて、
ログの継ぎ目から面白いように雨水が染み出してくるらしいんですねぇ。
ソレが新築状態であってもありえねぇ話ではないというのですから、
そこら辺を深く理解しねぇと確実に手出しちゃいけねぇシロモノです。

そして2つ目は、木で出来ているからヒビが入る。
確かに、モデルハウスも結構あちこちがビキビキ割れていました。
だからといってソレがどうかと言われると、そこまで気にはならないんですがね。

更に3つ目、こまめな塗装は必須。
外装が剥き出しの木で出来ているという特性上、
5年に1回ぐらい塗装しないと傷んで洒落にならないとのこと。

塗装と言っても屋根の上まで塗ることになるんで、
足場を組んでガッツリ作業することになるんです。
そうなると足場組む費用も必要だし、色塗る費用と暇も必要。
塗りまで業者に頼んでしまったら100万ぐらい吹っ飛ぶらしいです。
メンテにカネがかかる、ソレがログハウスってもんらしいです。

その他、クローゼットみたいな収納スペースが作りづらいとか、
(押入れなんて気の利いた収納は存在しない)
防火地域には建てられないとかいう些細な難点もある模様。
ま、我輩的にはどーでもいい事項。

あと、デメリットというと微妙だから性質的なもので
セトリングという現象が起こってログが沈んでドアや窓が開かなくなるとのこと。
コレに関しては建築の段階で対処が施されていて、
その現象が起こったら業者が対応してくれるらしいです。別途料金らしいですけど。

まあでも、恐らくというか、ログハウス建設の我輩的一番の難点は、
普通の家より確実にお値段が高い!という事項。
我輩が検討しているのはG-LOGというタイプの
オーソドックスなものなのですが家代だけで1800万。

ていうか、建坪40坪程度の家って普通どんぐらいかかるのか不明なんですが?
家だけなら1500ぐらい、土地も込みで2000超えるぐらいなのなぁ?



しかし、ログハウスのドアを開けると、
ソコに広がる空間はまさに我輩の求めていたワールド。

吹き抜けと天窓はどーでもいいんですが、
木々が織りなす内壁の世界観、そしてその香り、
ウッドデッキにアクセスするための大きな窓、
コレは無駄に客を招きたくなる空間としか言いようがねぇ。



薪ストーブは南国宮崎でどれぐらい有効性があるのかどーか微妙ですし、
コイツのために薪を調達する手間がかかるというのも微妙ですし、
何よりも煙突のすす掃除が手間だという難点もあるのですが、
ログハウスの世界観を深める要素として必要不可欠ではあるよーな気はしますし、
こういう遊び心は欲しくなるよなとは思わなくもありません。



リビングの奥の部屋は嫁の部屋&夫婦の寝室に。
こんなに落ち着いた空間があれば我輩と喧嘩した時にここに嫁が籠城したとしても、
すぐに心が安らいで我輩とすぐに和解すること間違いなしです。
まあその前に、喧嘩するなって話なんでしょうが。

まーでも、こういう空間で交尾するとさぞかし捗ることでしょうねぇ。
燃え上がるよりも、安らぎながら性生活を実施できそう(小並感)。



斜めの屋根がうざったそうな2階の部屋は子供部屋。
ログハウスの効果に成績アップがあるのかどーかは不明ですが、
木々に包まれた生活は人とは違う感性を・・・ていうのはないか?

敢えて既製品の学習机なんか置かずに、
我輩自身の手で勉強用テーブルをハンドメイドしてやりたいです。



ウッドデッキは気持ちのよい季節ならキャンプ用バーナーを持ち出し、
そこで湯を沸かしながらコーヒーや紅茶を楽しんでみたり、
ハンモックを吊るして優雅に昼寝してみたりする癒やしの空間。

でも我輩的にはココにバァベキュウコンロや焚き火台を設置して、
週末は雨さえ降らなければココで夕食と洒落込みたい。

ていうか、客人が来たらココでおもてなししてもいいじゃねぇか!



ところで我輩が建てようと検討しているログハウスには
我輩の部屋を設けるスペースが無いという難点があるのですが、
ソレに関しましてはコイツを建てることで解消されるから無問題。

コレこそまさに、我輩が求めていた癒やしの空間!
自分で勃てれば、もとい、断てれば費用も削減!



内部は6畳程度のささやかなスペースですが、
作業場としては申し分ない広さですし、武器類は壁にかければいいし、
何なら我輩、ここに住んでしまっても構わない!
勿論入り口には“吉六会本部事務所”と看板付けますよ。



ログハウスって一般的には確実に、非日常なんですよね。
でもソレを日常にするということは、遊びを日常にするのと同様。
一生遊んで暮らしたいというのは大半の人間の願望なんでしょうが、
ソレを叶えることが出来るのは一握りの選ばれし人間だけです。

しかし、ログハウスを自宅にすることで、
非日常を日常に変えることが出来るというのであれば、
人生を豊かなものにするという意味では有意義な買い物であると思うのです。
どーせ一度しかない人生、普通に生きるなんて勿体無い!
やはりここはカネがかかるとしても、ログハウスに住みたい!

ログハウスには遊び心を揺り動かす原動力がある、
我輩はそこに強く惹かれるのであります。
  
Posted by 砥部良軍曹 at 00:19Comments(7)物体

2016年10月29日

サバゲーのお守り作ってみた

父上の店から寛永通宝を100枚程頂いてきたので、
以前から作ってみたいと考えていたモノを作ることにしました。

ところで皆様方、NHKの大河ドラマ”真田丸”は見ていらっしゃるでしょうか?
我輩は全く見ていませんがねw

だって以前父上も言ってたよ~に、大河ドラマって歴史ファンタジーだから、
予算の都合やら大人の都合で面白く描くべきところを端折っているかと思えば、
どーでもいい描写に力を入れたりと正確な史実に基づいているわけじゃねぇんですよね。

リアル派の我輩的には許せないとまでは言いませんが、
ドハマリするほどのものではないというのが正直な感想。
前作の”軍師寛兵衛”も黒田如水だったから見ていただけで、
別に大河ドラマや歴史モノが好きってわけではないんですわ。



さて、今作の”真田丸”の主人公である真田幸村のトレードマークと言えば「六文銭」。
コレが何を意味するのかココの常連には今更説明する必要もないのでしょうが、
三途の川の渡し賃なんですよね。
三途の川が何であるか知らない方は今直ぐ見に逝くか、そのままお帰りくだされ。

三途の川を渡るために必要な銭は六文(一文=10~50円程度)。
ソレを持っていない場合は身ぐるみ剥がされて素っ裸にされるらしいです。

じゃあ何で真田幸村は六文銭を家紋にしていたのかといいますと、
「三途の川を渡る準備は出来とる!何時冥土に送られても構わん!」という
武士の意気込みと覚悟を意味しているそうです。
諸説色々あるようなので適当に聞き流してくれれば幸い。

ま、我輩やウナギゐヌのようなネイキッドナイトの場合は
剥がされる衣服はパンツ程度なのでどうでもいい話なのですが、
それでも備えあればうれしいな、もとい、うれいなし(憂い無し)ということで、
「突撃上等!戦死上等」という意気込みを表すべく、
サバゲー用の六文銭のお守りを作ることにしました。




真田幸村の時代には一文銭は永楽通宝だったので、
江戸時代から使われるようになった寛永通宝を使うのはお門違いなのかもしれませんが、
一文銭であることには変わりないですし、細けーこたー気にすんな。

銭の風合いに合わせて昔っぽい紐、麻紐とか縄を使うのがいいかなと思いましたが、
コレはあくまでもサバゲー用のアクセサリーと割り切って
パラコードの中を抜いたものを使うことにしました。



父上から頂いた寛永通宝の中から見栄えが良くて厚みがあるものを選りすぐり、
6枚をソレらしく括り付けることにします。

一文銭はモノによってはかなり適当に作られているので、
薄くてひび割れているものとか曲がっているものとかがあります。
所謂”びた銭”と言われているシロモノですね。



結び方について特に説明とか無いのですが、
銭の並びと紐の結びがとりあえずキレイに見えればいいやと思いながら、
適当に6枚の銭を結びつけて作ります。
パラコードの長さは大体30cmより長いぐらいにして作りました。

まあ写真を見れば解ると思うんですが、
銭と紐が段々に編み込まれていればそこそこキレイに見えるんじゃないっすか(適当)。



一つはそのまま一直線にしてスタイリッシュに、
もう一つは邪魔にならないように円状にまとめてみました。

パラコードの切り口はライターで炙り、端末同士をくっつけて円状にします。
ループの直径が5cmぐらいあるんで、チチワ結びで鞄やら装備品に付けることも出来ます。



チェストハーネスへの装着例。
何かブラ下げているぞ的な主張には乏しいのですが、
まあこういうのは殆ど自己満足の世界ですからw

でもストレートタイプだとブランブランして邪魔になる感じがしますね。
円形タイプでも多分邪魔にはなるんでしょうが、ね。
正直、脱落防止と密かな自己満足という意味を込めて
チェストハーネスの裏側に忍ばせておくのが一番かもしれません。

三途の川の渡し賃をこれ見よがしにぶら下げるというのも品がないですよね?

こういうの欲しがる輩なんてそうそう居ないんでしょうし、
「ウホッ!いい六文銭!」なんて気がつく輩もおらんのでしょうが、
我輩的には我輩らしさを表現出来たと勝手に自負しております。  

Posted by 砥部良軍曹 at 23:22Comments(2)物体

2016年07月07日

6年間青森で頑張った?自分にご褒美

今年、うちの馬鹿息子は七夕の短冊に「べんきょうができる人になりたい」と書いたそうな。
ついにコイツも波風立てないやり方というものを学習したのかと思いきや、
息子曰く、色々書いて先生にダメ出しを食らった挙句、上記の文章に落ち着いたとのこと。

当初息子は「クソニートにならないようにする」と書いたそうだが、
先生から「~になりたいとか、~したいという文を書きなさい」と言われたそうな。
そこで息子は「じょうきゅうこくみんになりたい」と書いたとのこと。

そしたら先生から「意味が解らないことを書くな!」と言われたので、
そんなこと言われても何書けばいいんだよ?と思った結果、
適当に思いついて「べんきょうができる人」と書いたらようやく認可されたそうです。
でもさ、ソレって、お願いというよりは自身の目指す目標じゃね?

我輩的には「上級国民」、お願いとしては最高だと思うんだけどなぁ?
超サイヤ人になるのと同じぐらい無理だけど。

さて、こないだ、とうとう我輩の宮崎帰還が決定した模様。
宮崎に戻り次第、直ぐ様吉六会会議を実施したいと思案しておるのですが、
引越し後は家財道具の設置もあるし、息子の誕生日もあるし、
夏休みは盆と被るので実家にも戻らなければならないという結構な多忙。
というわけで正式な吉六会の集合は8月下旬辺りになりそうな予感。

しかし、2010年3月終わりに青森県三沢市に来て6年数ヶ月、
初めて触る青いのに悩まされたり、雪に翻弄されたり、
かなりデカい地震が来て停電断水してしまったり、
豊富な海の幸に舌鼓をうったり、いきなり職場が変わって困惑したり、
キャンプを本格的に初めたり、でもやっぱり基本はサバゲーばっかりしていたりと、
転勤しなければこんな経験をすることもなかっただろうな人生を送りました。



そこで6年間という短い期間ではありましたが見知らぬ土地で頑張った
自身へのご褒美として、ウィスキーを買ってきました。
エドラダワーというハイランドモルトです。

このモルトウィスキーは世界で一番小さい蒸溜所で作られたウィスキー。
という事は生産量も凄く少ないし、当然ながら流通量も少ないんです。
エドラダワーの年間生産量は一般的にスーパーとかでも売られている
グレンフィデックとかボウモアとかの1ヶ月分ぐらいらしいです。

そんなウィスキーなのでバーでお目にかかることも少ないかと思いきや、
流通量は少ないものの、相当有名で入手ルートは確立されているらしく、
我輩好みのイケてるバーに逝くと大抵置いては居るんですよね。



希少なのでお値段も結構するかと思うでしょうが、
意外とリーズナブルで6000円ぐらいで購入することが出来ます。

勿論この手の珍しい酒を購入出来る場所は三沢市では中居酒店のみ。
て言うか、リアルでは中居商店ぐらいでしかお目にかかったことがないなぁ。
ああ、直ぐそこで珍しい酒が買えるという恵まれた環境とももうすぐお別れか。



ハイランドモルトなので飲み口は穏やかな部類。
でもスモーキーさもしっかりと感じられ、それでいてすっとした清涼感もあり。
そして微かにレーズンのような甘みもあり、複雑な風合いもあります。
飲み終えたら微かな余韻だけが喉に残り、もう一杯飲みたくなります。

ラガヴーリンみたいな味わいが濃すぎるウィスキーも好きなんですが、
こういう味わい深い爽やかなウィスキーもたまにはいいですね。
酒が飲みたくなるつまみがなくても酒だけが進みます。
でも勿体無いから適度に飲んで、後は宮崎に持ち帰ろう。  

Posted by 砥部良軍曹 at 15:44Comments(9)物体買い物

2016年04月30日

やはり、スマホにケースは必要だ

とうとうゴォルデンウィィクに突入してしまいましたね。
我輩、別に何処にも逝く宛もないのに10連休です。
だってさ、連休に何処か出掛けても間違いなく人大杉でろくに何も出来やしねぇ。
案外、そこら辺でプラプラしている方がマシってもんです。
余談ですが現在、明日のキャンプのための準備中。

さて、4月の半ばに勢いで購入したiPhone seですが、
購入時はサーブ35ドラケンからサーブ39グリペンに
乗り換えたぐらいの衝撃を受けたものの、

まあ通話するのとメールやりとりするのとネットを見るぐらいは使えるようになりました。
しっかしコイツのカメラ、何もしていないのにバシバシ連射撮影するのは何?
ひょっとして高橋名人プログラムでも入っとるんか?

しかし、今後我輩がスマホを使い続けるに当たり、
一番危惧するのは落下による破損(迫真)。

我輩は「落とさないのは財布と命ぐらい、それ以外はソコソコ落とす」というぐらい、
何でもかんでも落下させてしまうという性癖があるのです。
夜食のマルちゃん正麺作る時に卵落とすこともあるからね。

何しろ、過去にメール可能な携帯が全盛になりつつあった頃、
わざわざP601evHYPERを選択してドヤ顔で使用していたものの、
初めて嫁が股ぐらに手を突っ込ませてくれた悦びで舞い上がっていた時、
携帯電話を落下させて電池の蓋&その他を破壊するという始末。
余談だがこの携帯電話、過去最短の半年程度で買い換え。
(更に余談であるが、この後ようやくメール可能なP211iに買い換え)

そしてP505isを愛用していた頃、何が原因だか忘れたけど落っことして可動部分が破壊、
(P505isは折りたたみ式ではなく、回転開閉式だったので可動部が複雑だった)
まともに開かなくなって通話すら出来ないという憂き目にあったこともあるのです。
(またまた余談であるが、この後MOVAからFOMAに買い替え)

まあ人生でリアルに財布を5回ぐらい落としたことがあって、
銀行のカードの対処とか確実に心得てしまっているという元後輩のとしあきくんとか、
我輩が知るかぎり過去に携帯電話を3回ぐらい便器の中に水没させたという
後輩のマモちゃんよりは大分マシであるという自負あはあります。

従来のガラパゴス携帯であれば本体が折りたたまれているので、
常識的な範囲なら落っことした程度で破壊するよ~なもんでもありませんでしたが、
スマホの場合は「お前は露出狂か?何処をそんなに見てもらいたいのか?」と言いたくなるぐらい
デカい液晶画面がモロ出しなので落としたら確実に「死」。

運良く背中から落ちればどーにか助からなくもないんでしょうが、
どっちにしても気分の良いものではありませんよねぇ?

しかも、iPhoneの場合、修理はショップに持ち込みではなく、
アップルに直接連絡しなければいけないというのが('A`)マンドクセ。
となるとiPhoneに破壊防止用の鎧を付けて
自己防衛策を施すに越したことはないのです。


ジョブスは「iPhoneにカバーを付けるのは気に入らん!」と言ってたそうですが、
そりゃあ壊れても速攻で買い換えられる身分のアンタはそれでもいいかも知れんがね、
我輩のような修理代程度で目玉が飛び出る貧乏人はそういうわけにはイカンのじゃよ。
カバーを付けなくてもいいのはボディが綺麗なオナゴだけです。
いや少しぐらい汚くても何も付けない方がいいよなオナゴはw

我輩がiPhoneを選択した理由の一つは
「オプションパーツ、アクセサリーの豊富さ」です。

携帯用のカバー、ケースを探すと圧倒的にアイフォン用が多く、
アンドロイド用はソコソコしか置いていないのが現状なんですよね。
その辺やっぱり、世界中で使われているiPhoneならでは。

そして選択肢が多いということは、適切で良い物を得られるということ。
コレはエアガンのオプションパーツにも同じ事が言えます。
M4系列の銃は多種多様なカスタムパーツを組み込んで
己の運用に適した形状に作り変える事が可能ですが、
G3系列ではそういうわけにはイカないのと同じなのですよ。
(遠回しにリーダーとヅイマー氏をディスっているわけではないw)

そういうわけで我輩のiPhone用ケースの選定が始まったわけでありますが、
いやー予想通り、種類が多すぎて悩むわこりゃ。
そこで我輩的運用に即した適切なスマホケースについて考察してみました。

★オリジナルのサイズを損ねないものであること
・・・折角ちっこいサイズが気に入ってiPhone seを購入したというのに、
ケースを付けたらiPhone6ぐらいに大きくなってしまっては本末転倒。

★防水性とかどーでもいい
・・・本体自体に防水性がない限り、ケースだけで対処するのは不可能。
それに防水性を求めてデカいケース付けるハメになるのも本末転倒。

★機能性重視、シンプルイズベスト
ケースを付けて使いにくくなってはこれまた本末転倒。
元々使いやすさを考慮して作られたデザインを使いにくくするのは
軽自動車やミニバンにエアロ付けるのと同じぐらい愚かで間抜け。

★軽さ、そして硬さ
重くていいのは漢(おとこ)の尊厳だけだろ?軽さは正義だよ。
そして硬さは漢(おとこ)に必要不可欠なステータス。

上記4点を考慮してマテリアルを考察してみると、
樹脂類はいくら頑丈でも最終的には割れるのでダメ、
シリコンみたいなぷにぷに系素材は太くなるからダメ、
手帳型は安心感があるけど、携帯性に乏しそうなのでNG。
つー訳で軽量な金属製のケースが必要であるという結論に至りました。


軽量で頑丈といえばやはり、チタンです(断言)。
そこでチタン製のアイフォンケースを探してみたら
まあソコソコのお値段のものからそれ相応の値段のものまでピンきり。

楽天とかヤホーに転がっているソコソコのお値段のものは
恐らく、て言うかほぼ確実にチタン入ってるよ程度のブツであろうと推測。
喩えるならイベリコ豚の脂身を少々ぶち込んだ程度で
「イベリコ豚入り!」と豪語しているソーセージのよ~なもんです。

そうなるとやはり、信用できるのはメイドインジャパン。
新潟県の三条市で自動車向けの金属加工業を営む
米山工業株式会社が作ったiPhoneケースを発見。

デザインもすっきりしていて我輩好みです。
しかしお値段が・・・流石にいちまんえん超えると直ぐには買えねぇなぁ・・・

でもね、サバゲーの装備品とかでも言えることなんですがね、
モノを守るための装備にはお金をかけるべきものなのです。

例えばね、拳銃を持ち運ぶためのホルスターやマガジンを保持するポーチ。
安物を買うと移動中に拳銃やマガジンポーチが紛失したり、
破損する可能性が高いから良い物を買う必要性があるんですよ。

じゃあ100歩譲ってジュラルミン製のiPhoneケースならどーだろうか?
探してみたところコレも15万円ぐらいする奴とかあったんですが
流石にそれは無理なのでて言うか15万円あったらKTWの38式騎兵銃買うわ!
他にも色々あるけど、デザイン優先でお高いものばかり。



結局、我輩が購入したのは三重県亀山市でバイクのカスタムパーツを制作する
“Gild design(ギルドデザイン)”が制作しているiPhoneケース。
 
コレが一番安かったし、ボルトで組み合わせて本体を包む形状なので、
強度的にもしっかりしているだろーなと考えて購入しました。

でもね、コレでも定価は税込み10000円近くするんですよ。
ヤフオクで探してみたらバイクショップがオリジナル加工しているのを
3000円ぐらいで販売していたんでそこで購入したんです。
だからケースの色はオリジナルにはないマットブラック。



ギルドデザインのスマホケースの材質はA2017ジュラルミン。
残念ながら零戦のボディで有名な超々ジュラルミンではないのですが
貧乏人の我輩にはそこまでオーバースペックな物は必要ねぇだろ?

カバーにはiPhone本体を傷つけないためのシリコンバンパー、
カメラホールに取り付けるほっそいOリング、
そして組み合わせ用のトルクスネジ(ケツの穴みたいなネジ)と
締め付け用のトルクスタイプのLレンチが同封。



組み方は背部用のシリコンバンパーと角のシリコンバンパー、
カメラホール用のOリングを合わせソコにiPhone本体を組み込んでいくのですが、
角のシリコンバンパーがバリだらけなので爪切りとかで事前加工するのが吉。



でもね、このバンパーが随分タイトで入りにくくて相当苦戦。
上手く入れるコツは写真のようにずらした状態でバンパーをセットして、
この状態からiPhoneを押し込むとまあどうにか収まらないこともないです。

挿入途中でカメラホール用のOリングが外れたり、
背部用のバンパーがずれたりと散々な目に合い、相当イライラします。



時間をかけて苦戦して本体を押しこんだらストラップ取り付け。
ケースの溝にストラップの紐を引っ掛けます。

我輩的iPhoneの難点はストラップが取り付けられない事。
ジョブス的にはそーいうジャパニーズ的不可解文化は排除する方向なんでしょうが、
我輩には脱落防止用、ポケットから取り出し用にストラップが必要不可欠なんです。



後は表側の枠を取り付け、電動ガンのメカボみたいなネジで固定すれば出来上がり。
開封から取り付けまでにかかった時間は30分ぐらい。
いやーまさか、スマホのケースの取り付けがCYMAのAK全分解する時間に相当するとは・・・



しかし取り付け後問題発生!
フィルムの隅が浮いて気泡が入っているではありませんか!
0.2mm以上の厚みのあるフィルムを付けるとケースに押されて浮くというのが
この製品の仕様らしいのですがコイツのためにわざわざフィルム買い直すのも癪です。

案の定、取り付けネジを緩めると気泡が消えたので、
よーするにケース上下の間に何か緩衝材が入ればいいんだろなと思い、
シールの裏紙を幅2mm、長さ5mmぐらいに切り、挟んでみたら解決。

どーいう風にしたのか写真取ろうとしたんですが、
あまりにも細かいのでボケボケで撮影出来ず、申し訳ない。



ケース重量は31gと樹脂製ケースと同じぐらい軽いので、重さが増加した感覚もなし。
周囲のバンパーは綺麗に肉抜き加工されてるのでサイドのスイッチ類も使用感は変わらず。
ライトニングケーブルやイヤフォンジャックも普通にぶっ刺さります。
カメラとフラッシュのホールもズレがなく、写真も普通に撮影出来ます。
縁の出っ張りも気にならず、画面の操作感も思ったほど変化ありません。

ネジ取り付け部四隅が出っ張った形状になっているので、
普通に落下した際の衝撃にも耐えそうです。
流石に表側はカバーがないので出っ張りとかにぶつかればアウトですが、
平地に落とす程度なら縁がガードしてどーにか耐えてくれそうです。

とりあえずコレでサバゲーとかキャンプとかに
持ちだしてあわや惨事になっても大丈夫そうと思いきや、
いつものサバゲーフィールドに持ち込んだら圏外になったよ。

そーいや職場の中でも圏外になるもんなぁ。どういうことなの?

んじゃあ本体のアンテナ部分(本体背中の白い部分)に
ドリルでボコボコ穴開けて、ヤスリで綺麗にして装着したんですが、
やっぱ圏外、電波状況変わらないんですよねぇ。
どーやらスマホ用金属ケースは電波状況の悪化という呪縛から逃れられない模様。

都会の電波状況のよろしい場所でしか使わない人なら
金属製のスマホケースでもいいのかもしれませんが、
我輩のように山や森に入る人間は金属ケースやバンパーは向かないのですね。



結局、ELECOMのiPhone SE/5/5S 全方向衝撃吸収ケース
ZEROSHOCKシリーズ レッド とか言うのを買っちゃいました。

お店で買うと高かったので、Amazonで購入。

スポッと嵌めこむだけなんで落下の際にケースが外れて
結局ダメなんじゃねって余計な思考が頭の中を過ぎったのですが、
ガチガチに固定するタイプは一回り太くなるケースしかなく、
そんなの付けた日にゃあ折角コンパクトさを求めてiPhone SE買ったというのに、
iPhone6と変わらないサイズになって本末転倒じゃねぇか!



4mmぐらいの厚みがあるので取り付けてみると
本体が一回り大きくはなりましたが使い難いというほどではありません。
寧ろ、滑りにくい素材なのでホールド感が少し増した気がします。

画面の保護に関しては2mmぐらいではありますが縁があるので、
平坦な地面であれば落っことしても大丈夫でしょう。
ま、画面を完全保護したいなら画面にアクリル板でも付けないとイカンでしょうし、
そんなの付けたら画面が操作出来なくなってしまうやん。

マナーモードのスイッチが奥まった感がありますが、
爪の先で操作出来るレベルなのでまあ許せるレベルです。
音量スイッチも問題なく機能します。



デザイン性を高めるために背中の部分は別のパネルになっています。
一応取り外しも可能ですが、パネルだけって売っていない模様。
赤以外にも白黒シルバー、青や黄色がありましたが、
やっぱ我輩はクワトロ大尉の色、赤が好きですねぇ。

四隅にストラップを取り付けるポジションがあるのもいいですね。
でも今更ストラップを付けるのも芸がないので、
片手でホールド出来るようにパラコードを取り付けてみました。

写真撮影する時に邪魔になることがありますが、
お出かけ先でスマホをガンガン弄る時に便利です。



厚みはあるけど余程ヘンテコリンな充電ケーブルでもない限り、
どれでもぶっ刺すことができるようなのでココも問題なし。
総評としては今のところ、大分気に入っております。

少々お高くても金属製のケースで電波状況に変化がないものがあれば
そっちに乗り換えたいところではありますが、
そーいう都合のよろしい物は今のところ存在しないみたいなんで
暫くはこのケースを使って大事なiPhoneを保護するしかないようです。
  

Posted by 砥部良軍曹 at 18:27Comments(0)物体買い物