2022年01月03日

火柱舞い上がる大晦日の吉六会忘年会

とりあえず、明けましておめでとうございます。
今年も間違いなくやる気ゼロの砥部良軍曹です。

2020年の年末はコロナが深刻化していて忘年会開催などという雰囲気でありませんでしたが、
2021年の年末は新たにミクロマン、もといオミクロン株という新種が出てきているものの、
コロナの驚異は然程深刻ではなかろうと考え、念願の吉六会忘年会を実施することにしました。

但し居酒屋などの店を活用して長時間店内滞在する忘年会は
まだやるべきではないという判断の元、我が家の庭にて実施。
実施日時は12月31日1700から。つまりそれは大晦日。

大晦日に忘年会をするぐらいなら来年に持ち越して
新年会にしてしまえよってツッコミもありそうですが、
新年会よりは忘年会の方が響きがいいし、
締めくくりという気持ち的に盛り上がれると思うのは我輩だけ?



年の瀬ラストの日に集まれる同志が居んのか?と思いはしたんですが、
事前にスカルガンナー氏、電マ野郎様、wakanax様と話す機会があり、
「まずウチさぁ、31日に忘年会やろうと思うんだけど・・・焼いていかない?(木を)」と問うたところ、
「ああ^^いいっすねぇ~~」という素晴らしい反応を頂いたので、
非常識甚だしい大晦日に忘年会を結構する決心をし、吉六会のLINEに上げてみました。

そして大半の同志は仕事が忙しいのは30日まで、31日は空いているという者が多く、
「ああ、意外と我輩みたいな人種って多いもんだな」。
我が家の大晦日は年越し蕎麦啜って紅白見るだけですからね。マジ面白くない。
嫁は「年越しは静かに過ごすもんでしょ?」と言いますが、我輩はパリピーしたいんじゃ!

ただ、中には「大晦日は家族と過ごすんで申し訳ありません」という
常識的な理由で断る者も居て「まあ普通はそうだよな」。

一応エロ小僧にも「吉六会忘年会するけど来んね?」と連絡したところ、
「いやー残念ながら31日は仕事なんすよ」と残念な返事でした。
まあいいや、彼には別な機会の時に来てもらおう。



最終的に吉六会メンバーの昭和生まれ組の大半が我家の庭に入れ替わりで集結し、
吉六会忘年会が繰り広げられることと相成ったのであります。

我が家の庭は芝生もなければ庭木もなく、然程広くはないものの、
10人程度で集まってバーベキューする程度の広さはあります。
勿論、コールマンの2ルームテントを建てる程度の余裕もあります(下は砂利だけどなw)。

今後我が家に客人を招いてバーベキューする事を考え、
ゲストの車をどこに停めればいいのか、どこにテーブルを設置すべきか、
そしてバーベキュースペースをどこに設置すべきかといった
レイアウトの考察も兼ねての吉六会忘年会だったんですが、
考えれば考えるほどにこのカーポート、クッソ邪魔。
いやマジで建てる前に「これ要らんわ!」って言っておけばよかった。

前々から「吉六会でキャンプやりたいね」と話をしていたのですが、
そういう思いを少しだけでも現実化するいい機会でもあったと自負しております。



ピザ窯を作りたいと常日頃から妄想している我輩に当てつけるように
スカルガンナー氏が本格的イタリアンなピッツアを持ってきやがったので、
まずはこれを前菜にしながら、宴が始まります。



他にもフライドチキンやプリングルスが用意され、
あれ、なんかここだけアメリカンな雰囲気じゃね?
でもこういう食いもんじゃあ身体は温まらねぇんだよと言いつつもフライドチキン大好き。

でも夜が更けるにつれて寒くなるであろう12月末の宮崎。
やはりここは暖かくなれる食い物がほしいところです。



過去に12月や2月というクソ寒シーズンに野営経験のある吉六会同志は
夜が確実に寒いことが予想される状況下、
各々が自前で暖を取るアイテムを持参して、凍死対策を整えております。
スポオソの小型ロケットストーブ、これは面白そう。



ホストとしての我輩が同志一同に振る舞うに相応しいと検討した料理、
それはボルシチをおいて他にナシ!

鍋やらシチューやらラーメンやら、寒いときに食って旨いものは数多くあるでしょうが、
ここでしか食えない、我輩ならではの料理といえばやはりこのロシアのスープ。
「宮崎でボルシチが食えるのは我輩の家の庭だけ」と誰も言ってはおりませんが、
予想通り、同志一同飢えたハイエナのように群がって速攻で無くなりました。
ううむ、忘年会の為に12インチダッチオーブン仕入れるべきか?



だがしかし、外から身体を温めるものもやはり必要。
そう、それは焚き火。焚き火はキャンプの醍醐味。
でも我輩的には薪を買ってきてまでやるもんじゃねぇとも思う焚き火。

幸い我が家の周囲は元杉林で、至るところに杉の丸太や枝が転がっているし、
周りには家もなくて煙でどーこー言われる筋合いもないんで
焚き火をするには絶好の場所であるという事で
丸太にドリルで穴を開けて何とかトーチみたいに燃やしてみようということになったのですが、
小さい穴開けたぐらいじゃあなかなか燃えなくて草。
「オレが欲しい萌はこんなもんじゃねぇ!」と悪態をつきやがります。



そこで登場電マさん持参のスウェーデントーチ。
綾町の本物センターで1500円ぐらいで売っていたのを買ってきたそうですが、
最近では何故かホムセンでも見かけることがあるという謎のワレメ付き切り株。

何やら、このワレメ部分に着火剤をぶち込み、火を付けるといい感じに燃えてくれるそうです。
そして燃える切り株の上に鍋を置いて煮炊きも出来るとの事。
でもさぁコレ、ぶっちゃけ直火OKの庭じゃねぇと使えねぇだろ?
焚き火台の上に置いて燃やせるシロモノじゃねぇだろ?
ま、我が家の庭は焚き火は駄目だけど地面が然程汚れなけりゃおkということで。



でもさぁコレ・・・なんていうか・・・萌、じゃなくて燃えが足りないよね?
そう言うや否やwakanax様はマキタのブロワーで
スウェーデントーチの横のワレメに風を送り込むという暴挙に出やがったのです。

ブロワーの風に煽られる炎は水を得た魚、武器を得たコマさんのように、
燃え上が~れ燃え上が~れ燃え上が~れ~ガンダム~~ゥゥ!
そう、我々は大晦日に火の神ヘパイトスとカグツチを同時に呼び寄せてしまったw



その後「こんだけスウェーデントーチ燃えているんならこの上に
さっきの失敗した丸太載せて燃やせばいいんじゃね?」
と電マさんが言い出し、
スウェーデントーチの上にデサント、更にブロワーで煽る煽る!

そしたら目論見通り、下のトーチの炎がいい感じに上の丸太を炙り、
ダブルの炎となって我々の宴を盛り上げてくれます。
デカ杉ィ!(杉の丸太なので)な焚き火は吉六会同志の心と身体を温めます。



雄々しく燃え上がり、神をも引き寄せているんじゃねぇかな勢いの炎を見つめながら、
吉六会同志一同は「スウェーデントーチはそのまま炙るのではなく、
ブロワーで煽ることによって真価を発揮するのだ(確信)!!」
と悟ったと同時に・・・



「もう、我々はブロワー無しのスウェーデントーチには戻れない・・・」
いや、それ以前にスウェーデントーチのノーマルな使い方を知らないまま、
初っ端からアブノーマル路線に突っ走ってしまったんですがねw



そして我々吉六会同志が普通の人間の世界に帰ることができない人種であり、
帰ることも求めていない人種であることを大いに自覚したのであります。

挙句の果てには「今度は全長2mぐらいのスウェーデントーチ作ろうぜ!」とか、
「その2mのスウェーデントーチの周囲を長さ50cmぐらいのスウェーデントーチで囲んで、
そのクソデカスウェーデントーチに「テポドン」って言う名前付けて
全部に点火して壮絶アース・ウィンド・アンド・キャンプファイヤーだぜ!」などという
トンデモ企画が持ち上がるという外道っぷりを発揮したのでございます。



太陽の牙ダグラムの最終回のダグラムのように
燃えて朽ち果てるスウェーデントーチ達。
破壊の中にこそ美学があるって、本当なんだな。

よし、今年の目標は決まった。
スウェーデントーチ作成用にチェーンソー買う!
材料は家の周りに結構転がっているんで、必要なのは道具だけ。





この日のために集結した吉六会同志。
キャンプ道具と食料と燃料(酒とも言う)を持ち寄り、
気になるエアガンやサバゲーの話、来年のサバゲーの活動、
そして予てより検討している「吉六会で集まってソロキャン」の開催時期や
それに必要な道具の購入について語り合ったりと、話題はいつまでも尽きません。



ただ、同志がビールを持ってきてくれたのはいいのですが、
そこでどうして栓抜き必須のバドワイザーやハイネケンを持ってくるんでしょうかね?
もうね、それは完全に我輩がイスラエルの大きな栓抜きを持っているという
前情報のもとで仕込まれたネタってヤツじゃないんですか(疑惑)?




ライフルで栓抜きですか?やりますねぇ!やりますやります!
イスラエルのガリルARMというアサルトライフルは
ハンドガード下部が栓抜きとして使えるんですよ。


イスラエルの兵士が弾倉を栓抜きに使っていて、
それが原因でライフルが給弾不良を起こしたということで、
イスラエルが自国のライフルを開発するに当たり、
弾倉を破壊しないように銃に栓抜きをつけろと言うお達しがあったそうな。
コレ、受験とかには出ないから完全に必要ない知識ですねw

普段我輩はビールを飲まないので、こいつを栓抜きとして初めて使用したけど、
まあガリルARMのハンドガードより普通に栓抜き使うほうがやりやすいわコレ。



そういえば吉六会創立メンバーが揃うのって3年ぶりぐらいじゃね?
ならば、吉六会創立メンバーで集合写真を撮ろう!
エチゴヤ大会のあの時の様に!



我輩を含むこの4人が集結して大分耶馬渓のエチゴヤサバゲー大会に
行ったのがきっかけで吉六会が生まれて今に至る。

現在では同志の大半が忙しくて吉六会としての活動をやってないけど、
「宮崎のサバゲーを盛り上げるために出来ることをやり続ける」を信念に
これからもサバゲー馬鹿集団として吉六会である続けようと心に誓うとともに、
「サバゲーやっていない奴は吉六会から外してもいいんじゃね?」と。



そしてゆく年くる年が終わる1時間ぐらい前に、元日に要件のある同志が去り、
我輩と2名のみが残って静かに年が明けるのを待つのでしたが、
焚き火が小さくなって外気温も0℃に下がり、凍死の心配が懸念されたので、
予てより建てていたツールームテント内にストーブを設置し、
全員で身体を毛布で包んで秘密結社ブランケットを結成し、
野郎3人のひっそりとした年越し活動が繰り広げられたのでありました。

ストーブを焚き、一酸化炭素中毒にならないようにテントに少し隙間を開け、
寝袋と毛布を駆使して凍死防止対策を実施した上で睡眠。



そして朝になり、初日の出でも拝んでやろうかと思ったんですが、
ウチは窪地にあるんで初日の出が見えないんですねぇ。悲しい。

というわけで家で予てより準備していた博多雑煮を作り、
ツールームの中で野郎3人で食しながら新年を迎えるのでした。



強行軍的に実施してしまった2021年の大晦日吉六会忘年会でしたが、
同志一同の気の利いたアイデアや機転によって
最終的には良い結果に結びついたことをこの場を借りて報告させていただきます。
まあ我輩的にはもう少し暖かい食い物を用意するための手筈を整えるべきだったかなと反省。

去年はコロナのために色々と不自由を強いられた年でしたが、
今年はもう少しマシな生活を遅れるようになってほしいと願います。
そしてやはり、忘年会は大晦日にするよりは少し前ぐらいにやるほうが面倒がなくていい(確信)。  

Posted by 砥部良軍曹 at 21:51Comments(0)出来事

2021年08月27日

100日では建たなかった家

実は我輩、6月末から社宅を出てマイハウスに住んでおります。
そう、とうとう家建てちゃったんですよ。
いや別に嫁から「汚いチ★ポばかりたててないで家でもたてようよ」
罵声を浴びさせられていたからというわけじゃないんです。

マイホーム、それは我輩の長年の夢でした。
自分の城を建てて、そこで好き勝手放題したい。
ガレージみたいなの建ててそこに工房を作って面白いもの作ったり、
エアガン改造して人目も気にせずバンバン撃ちまくりたい、
庭でバーベキューとか燻製作りしたい、常にそう思っていました。

でもここまでたどり着くのに結構時間がかかりましたねぇ。
元々嫁の親父さんから貰って家建てるはずだった土地は
畑の近所だから家が建てられないと役場に言われてハイ終了。

んじゃあ嫁の実家の近所に住むのはもう諦めて、
富田か新田でいい場所探してみるかと問うたところ、
クソガキ共が「今更学校が変わるのがダルい」とか言いやがるんですね。
まあでも、新田はともかく、富田は佐土原並みに地価が高いんですよねぇ。

なお、上新田はクソ田舎すぎて土地代云々以前に宅地がないwww
畑と山は沢山あるんですがね。

すると、嫁の親父さんの友達が築50年土地面積300坪の家を、
60パットン(300まんえん)で売るという美味しい話がやってきたのですが、
その家に付属するデカい掘っ立て小屋の車庫が登記されていないから売買出来ねぇと。
んじゃあ登記するわと言ったら「それは無理、1回ぶっ壊して」と言われたんで購入断念。
ぶっ壊すのに200万とか言われたらもうね、諦めるしかねぇわな。

その後空白の日々が続き、一時は諦めていたマイホーム計画でしたが、
最終的には3年ぐらい前の台風で荒れ地と化してしまった
ヂゴンの巣の隣の杉林を嫁の親父さんが新富町から買取り、
その一角を平らにして砥部良ハウスを建てることになったのでございます。


山の土地を家が建てられるように削るのにだいぶん手間と金が掛かったんですが、
そんな事より問題になったのがインフラ関係。
1番近い家は山の上の嫁の実家という環境なので、電気や水道を引くのに一苦労。

特に水道は嫁の実家が近所だからそこから引けばいいやと思いきや、
我輩の上に位置する嫁の実家からは高低差がありすぎて水道が引けないというw
結局、近所の鉄筋屋の跡地から水道を引くことで解決したのですが、
100m10万円かかると言われている水道の設置、そこで結構銭が吹っ飛びました。

あと、水回りで問題になったのはこの土地は下水の設備が来てないので
合併浄化槽とかいう自宅設置型の汚水処理施設を設置しなければいけなかったこと。
コレの講習を受けるために生まれて始めて高鍋の保健所に行きましたわ。

というわけで我輩から一言言わせてもらう。
「無難に家を建てるなら住宅地にしとけ」
多少高くても不動産屋が宅地として販売している土地を買うほうが
トータルで考えると意外と苦労&出費が少ないかもしれません。

家がない場所に家を建てるという行為はインフラ整備でかなり金を消費します。
家を建てるスペースを平らにする、そして地面を固める、基礎を作る、
電気を引く、水道を引く、下水設備を設置する、ネット環境を設置する、
どれもコレもゼロからするとなると手間がかかる=金もかかる。
或いは「いやココには作れませんわ」と言われてゲームオーバー。

だから「人気のない山奥にひっそりと暮らしたい」
「安い山の土地を買ってそこに家を建てよう」とか考えているそこのアナタ、
それは出来ん事ではないけれど修羅の道かもしれませんぜ。

だがしかし、周囲に家の無い人目に付きにくい住宅環境は、
上半身裸体で「ママァ〜〜ウ〜ウウウゥ〜♪」と歌おうが、
パンイチで庭をブラブラしていようが誰も咎める者は居ませんし、
庭で焚き火をしてもエアガンぶっ放しても苦情が来る心配はありませぬ。



まあなんだかんだで建ててしまった我が家、見ての通り平屋です。
土地がそこそこ余裕があったので敢えて2階建てにする必要はないかなと。

さて、家を建てるとなると次の悩みは「何処に建ててもらうか」。
三沢か、一条か、積水か、丸商か、大成か、選択肢多スギィ!ですが、
我輩的には「地元の工務店こそが最強」という持論があったので、
嫁の実家と付き合いのある「図師工務店」に頼みました。
地元の工務店ならトラブルが発生しても直ぐに来てくれるし、
どーせなら我輩の稼ぎは地元の人間に還元してあげたい。

以前我輩は「家建てるならログハウスだな」と(確信)し、
ログハウスが欲しすぎて色んなログハウスを見て回ったんですが、
ある日家族で新富と高鍋の境目の近所にある
「菩提樹(リンデンバウム)」というログハウスの飯屋さんに行き、
そこで飯を食いながら店主が手作りしたログハウスをじっくり眺めて心が変わりました。

「そうか、ログハウスとは建ててもらうものではなく、自分で建てるものなんだ!」
そこであっさりと既製品ログハウスへの執着が無くなっちまったんですね。

家を建てるに当たり、嫁は何やら細かい注文をつけたようですが、
我輩的にはそういうの考えるの面倒くさかったんで、
レイアウト的には工務店のセンスに任せて色々作ってもらいましたが、
出来てみるとだいたい要望通りな感じで満足です。

お値段はランボルギーニ・ウラカンが買えるぐらいですが、それほど大きくはない?
まあ部屋の数とかは一般的な家と同じですからね。



でも仕方がないですね、デカくしてしまうと固定資産税がかかるから。
そーいえば青森に居た頃、八戸に家建ててた先輩が、
「コンセントの数が多くなると固定資産税高くなる」とか、
「カーポートやウッドデッキは調査後に建てたほうがいい」とか言ってた気がしますが、
こないだ役場の調査兵団が来たときに聞いてみたところ、
現在ではコンセントやカーポートよりも、家の柱や壁の材質で判断するそうです。



我が家の拘りポイントは「広いリビング」。
3家族ぐらいが集まっても騒げるサイズのリビング、コレが欲しかった(迫真)。
リビングが広いってアメリカンな感じでいいっすよね?
嫁の要望で壁が漆喰塗りなのが不満ですがね(我輩の要望は板張りの壁だった)。

だがしかし、広いリビングを作ったはいいものの、
現在は人を集めて大騒ぎするご時世ではないというのが不幸です。

でも死ぬまでに1回ぐらいはココにゴリラ家、アベノミクス家、たっちゃん家を集めて、
我が家のリビングで夜中まで馬鹿騒ぎしたいというのが希望願望熱望。

でもそれが何時になるか解らんからテーブルは4人用サイズ。



とはいえ、家族だけで寛ぐにしても広いリビングというものはいいものです。
広くて気持ちがいいのでココに居るのが一番心地が良い。
少し贅沢してそこそこデカいテレビを置いてみましたが、
こいつを活用するにはNetflixを導入すべきか?

とりあえず長年の夢だったソファを置いてみましたがコレがなかなかいい。
でも我輩がココに座るのは「名車再生クラシックカーディーラーズ」見るときだけなんですがね。
予算に余裕があればマッサージチェアを置きたいです。



今風に設置したキッチンからはテレビが見えないのが難点ですが、
料理をしながら客人と話せるのはいいですね。
キレイで広いキッチン、コレが欲しいがために家を建てたと言っても過言ではない!
なお、コンロの熱源はIHとか言うクソヌルいやつじゃなくて、ガスです。
だってさぁ、ガスじゃないと中華鍋使えねぇじゃん!
それに、我輩的にどうしてもコンロ以外にガスが必要なブツがあったんです。



リビングを中心に周囲に部屋を設置というのが我が家の作り。
子供部屋のサイズは4畳半、コレぐらいありゃ充分やろ?
狭い部屋を如何にして有効活用するかをこの部屋で学んで欲しい!
余談ですが息子の部屋は恐ろしいぐらいに汚部屋化しております。



「客人を招くために畳の部屋が必要」という嫁の要望のもと、
6畳の和室が申し訳程度にあり、布団も4人分設置済みなんですが、
現在ココはクソガキ共の勉強部屋件寝転がり部屋と化しております。
念願のコタツを置いたので冬になるのが楽しみ。

この和室はリビングと同軸線上で繋がっているので、
襖を外せばリビングが更にデカくなりますがまあそこまでする事もないでしょう。



ココが我輩と嫁のヤリ部屋、もとい、寝室です。
ベッドはダブル1つではなく、シングル2つ置いているから、
部屋が狭くて仕方がないけど寝るときは
嫁の寝相を気にせずにゆっくり寝られます。

そして意外にも、シングルのベッドでも充分暴れるスペースはあるんですね。
でも武器を置くスペースがないからベッドの下に隠しているけどな!
本当は奥のウォークインクローゼットに武器をブチ込みたかったんですが、
武器を晒してしまうと嫁に何丁持っているかバレるという難点があります。

ツイッタとかインスタで壁に誇らしげに銃を飾っている人居ますけどね、
アレを我輩がすると嫁が56式とAKMとAK74を指差して
「同じのは3丁も要らんやろうが!売れ!」って言われる。



実は我輩の部屋?は外にあるんですね。
ココを部屋と呼ぶべきであるかは議論が醸し出されるのでしょうが、
我輩的には作業が出来て、タバコが吸えて、道具が置けるという点に置いて、
ココが一番我が家でのお気に入りの場所でございます。

問題なのは暖房はストーブでどうにかなるでしょうが、冷房が扇風機のみ、
だから夏場の昼間はクッソ暑すぎてタバコを吸うのも命がけ。
そしてこの部屋?の下に合併浄化槽とかいう物があるので、
時々クッサい汚水臭が漂ってくることですが慣れると気にならないんだな。
なお、虫が侵入してくるのは無視の方向で。
でも床でハンミョウが交尾しているのを見るとイラッとしますねぇ。



硬い粘土と赤土で形成された我が家の土地にはマツダタイタン2台分の
砂利をドバーッとぶちまけて適度に踏み固めておりますが、
あと1台分ぐらい砂利ぶち込まないとダメみたいですね。
だから木も生えていない殺風景な庭。草生えるwww
でも立派な木を植えると手入れが大変だからこのままでいい。
別にいいんだよ、周りには大量に草木が生えているからな(断言)!

そしてこのハンパな感じのカーポートは要らねぇなぁ。
バーベキューの時に屋根代わりにもなりゃしねぇ。
寧ろ家の屋根からドカーンとアウトリガー伸ばしてデカい屋根付けたほうが勝手が良いし、
屋根の下に作業場が出来るので更に家の良さを活かせます。



せっかくウッドデッキがあるからなんか活用してみようと、
試しにこないだ同志と庭バーベキューしてみたんですが、
糞暑い最中日光が差し込む南側にある庭での
バーベキューは自殺行為に等しいことが判明しました。

多分数カ月後にはこのウッドデッキ、布団干し場と化すことでしょう。
・・・やっぱりココ、デカい屋根付けた方がいいわw
ていうかウッドデッキに壁付けて部屋にしたい。

とはいえ、役場に頼んで強力なネット回線も引いてもらいましたし、町内放送も設置しましたし、
ガス洗濯乾燥機の乾太くん(コレが1番欲しかった)も
斉田商事(新富のガス屋ね)から貰ったんで洗濯物も1時間弱あればすぐ乾かせるし、
必要なものは大体揃っている感じで快適な生活をしております。

まあ今後、居間のどこかにパソコンデスクを設置するかという悩みの他、
(現在パソコンは夫婦の寝室に無理やり設置しているから超使いにくい)
バーベキューの設備、ピザ窯、ドラム缶風呂を設置するとか、
イナバ物置を買ってきて武器庫を作るとか、それとも武器庫は別に作るかとか、
それとも隣の空き地にログハウス建ててみるとか、キャンプ場を作るとか、
課題が超山積みではありますがそれをどう育てていくかも今後の楽しみ。

一般的な人々的にとって家は「安らぎの場」という位置付けなのでしょう。
でも我輩が求めていた家は「心躍らせるもの」。
つまり、我輩は遊べる家が欲しくて家を建て、
この砥部良ハウスをどうやって遊び倒そうか思案しているのでございます。




同志スカルガンナー氏が新築祝いに持ってきてくれた消臭力。
コレだけあれば大量に屁をしても全く問題なしですな。
嬉しくてツイッターに上げたらエステーさんから「いいね」を貰いました。
ある意味、ソレが我が家にとって1番の新築祝いです。  
Posted by 砥部良軍曹 at 22:03Comments(5)出来事買い物

2021年03月26日

息子、流石に義務教育で留年は無かった



本日は息子の小学校の卒業式でございました。
卒業式用のパリッとした衣装を探しにイオンモール宮崎に行ったところ、
毛むくじゃらじゃないどすこい熊太郎な体型の息子に合うサイズの服が無かったので、
大人用のビジネススーツを買う羽目になりましたが、
子供服の卒業式衣装よりこっちの方が安かったので結果オーライ。

しかし、ジャケットの下が白いシャツなのはマジメすぎて面白くないなと
少し卒業式の浮ついた感を醸し出す為に黒っぽいシャツをチョイスしたところ、
教室に入るや否や異口同音に「うわ!893が来た!!」と言われたとの事。
しかもネクタイは我輩が20年近く愛用している太めなピカチュウのやつ。
でも息子よ、多分ソレはおぬしの普段の素行がアレだからそう言われたんじゃないか?

幼稚園卒園前には「お前ら3人(息子と2人の悪ガキ集団)は
入園時から素行が悪すぎたんで留年かもしれんぞ」
とサトシ先生に宣告を受け、
(余談であるが息子は入園前から幼稚園の先生一同にマークされるぐらいヤバい奴だった)
「もう1年幼稚園は嫌だァァァァ!恥ずかしィィィィ!」と叫びながら
それから卒園までバイオレンス路線を止めて良い子にしていたというウチの息子。
どーにかギリギリ幼稚園留年は避けられたという壮絶な過去の持ち主です。



でも流石に義務教育の小学校で留年という精度は無かったようで、
暴れん坊将軍なウチの息子も無事卒業証書をもらい、
今年の4月からは晴れて中学生になってしまうのでした。

まあでも息子は小学生になってからは学校内では比較的マジメに過ごしていたようで、
先生たちからのウケもクラスメイトからのウケも大分良かったみたいです。
友人の卒業文集の似顔絵の依頼にも答えてあげるぐらい信頼度もあったようです。
(しかし、息子は多少絵は描けるけど我輩と同じで特に上手いわけでもない)



ただ、その卒業文集を見たらその友人の顔が
輪郭のない写植記号BA-90、通称ぽげムたみたいなのだったのは苦笑でしたがw
そして自分の似顔絵は沢田ユキオ先生の「スーパーマリオくん」の髭無し顔。

さて、卒業式で特に感極まって号泣することもなく式を終え、
(本人曰く、「卒業式で泣かないと冷たい人と言われそうだから少しは泣いたゾ」)
教室に戻って先生から一言メッセージを送られたときの言葉が
「彼は昭和の時代から来たんじゃないかというような人物でした」
何やら尾崎豊や少年隊、中森明菜の歌でツッコミを入れるのが日課だったとか?



その後、息子にその件について問い詰めてみたところ、
「確かに少年隊は時々やっていたが、尾崎は知らん」
まー確かに、我輩は仮面舞踏会は聞かせていたけど、
尾崎豊は好みじゃないんで15の夜は聞かせたことがない。
というわけで校舎の窓ガラスを割って器物破損罪に問われるよーな真似は考えなかった模様。



但し、抱きしめてtonightは冒頭部分だけしょっちゅう披露していたとか。
とは言っても歌っていたわけじゃなくてこのポーズをとっていただけみたいですが。
若いっていいよね、我輩はこんなに脚が上がらんぞい。
まあ我輩は一時期五十肩で腕が上がらない事態に追い込まれましたがw

小学5年生からの再スタートを切る事となって友情の開拓に乗り遅れた娘とは違い、
息子が宮崎に帰ってきた時にはまだ小学2年生だったので、
友人を作る余裕もあったという事で卒業式は友人と戯れながらの
普通に見られる卒業式の愉快そうな風景をブチかましておりました。

でも小学5年生ぐらいから女子と会話が弾む機会が少なくなり、
以前のようなリア充路線からは遠のいた人生への突入、
今では「女ってウザってぇ生きもんだよな!」と毒を吐く毎日なので
女子との絡みが皆無であったのは残念極まりないですね。

「まーどーせ中学校も同じ敷地内だから、卒業という実感は沸かねぇな」
というのが息子の小並感みたいですし、実際そーいうもんですから
我輩的にも息子の卒業式風景に然程グッと来るものはなく、
一つの儀式を終えて次のターンに移るんだなという感覚なんですね。

んで、帰って着替えてくら寿司で昼飯食ってイオンで買い物して帰った後に
息子が書いた卒業文集を見たところ「将来の夢」という
実に壮大なタイトルの文章を書いていた割には冒頭の文章が「僕にはまだ夢がない」
「そして夢に繋がるような技術や特技もまだ今の僕にはない(哲学)」

「まだヤりたい事が見当たらないからとにかく勉強してみて、
知識を積み重ねてヤリたいことを見つけたいと思う」
みたいなことを書いているのを
目の当たりにした我輩「まー確かに小学生だとそうだよな」と思いはしたものの、
その先を見据えてどうすべきか考えているという意思がある事に対して
「ああ、コイツは夢はないけど現実を見据える能力はあるんだろうな」とか、
「現実見据え過ぎなところが昔の我輩に似ている」とか
まあ多少は親バカ的思考に陥ってしまった我輩でございます。



ところで、本日早朝に北の将軍様が弾道ミサイルをブチかましてくれたようですが、
これは恐らく我輩の息子の卒業を祝って花火を打ち上げてくれたんだろうなということにしときます。  
タグ :家族

Posted by 砥部良軍曹 at 00:18Comments(2)出来事

2021年03月17日

娘の写真を1枚も貼らずに娘の卒業と受験の結果を報告します

3月、ソレは卒業の季節。
30近いのに道程の同志よ、悪いことは言わん。
とっととチェリーは卒業しちゃいなさい。
27歳で嫁に奪われる前までしっかり道程を守り続けていたけど
喪失に対して特に感動を感じなかった我輩からの忠告です。

「卒業」は若いからこそ感慨深いものがあるのであって、
ある程度歳食ってからの卒業には心に響くものが乏しい、
ソレが我輩の持論であり、極論でございます。


ところで、このブログを始めた頃には4歳児で
アンパンチョコがこの世で一番旨いものであると信じていた娘も
昨日ついに中学校を卒業してしまいました。



ブログ開設時から3度の飯よ(以下略)をご覧の同志の中には
「いつの間にか高校生ですか、早いですねぇ」とおっしゃる方も居られるでしょうが
そういうコメントにコメント返すのが面倒くさいので先に言っておきます。
「ウィリアムズ・ルノーに居た頃のナイジェル・マンセルよりは遅い」
あ、コレは「早い」じゃなくて「速い」の方か。

でもねぇ、我輩的にはリアルな話「やっとここまで来たのかよ」という気分です。
これからまだ高校生活も見守っていく必要があるんで子育てとは永く遠い旅の如し。

さて、我輩的には娘が小学校の卒業式の時のようにクールジャパンな姿勢を貫けるのか、
それだけに焦点を当てて娘の中学校の卒業式に参加したのでございますが、
式の最中は他のクラスメイトが涙を流す中でクールな姿勢を貫いていたものの、
教室に戻って卒業証書を受け取り、一言メッセージを語る時は、
中学校生活の3年の間に娘は少し人間らしさを取り戻したんでしょうね、
眼(まなこ)から込み上げてくるものを抑えきれなかったようです。




娘は自分と嗜好の違う人間との会話や付き合いを好まない性格で
「趣味や話が合わない同級生と無理して仲良くなろうとするのは面倒だ」
吐き捨てるように言い放ってクラスメイトとの接触を極力拒んでおりました。
まあ我輩も話を無理やり合わせながらの人付き合いは嫌なんですがね。

だからこそ小学校の卒業式では誰とも絡まずに1人で居ても平気だったのでしょうし、
逆に共通の話題がない人間と仲良くされる方が苦痛なのです。
我輩もそうだから、よく解るよ。

しかし、娘の絵を描く能力や歌の能力を好ましいと思える同級生に、
学校イベントの絵を描くことを依頼されたり合唱コンクールに参加するよう頼まれるなど
己の能力がゆえにクラスメイトからは愛されていたという一面がありましたが故に
自分の良さを理解してくれた同級生との別れは心に響くものがあったのでしょう。

「人を無理して好きになる必要性はないけれど、人を嫌いになるのだけは良くない」
そして「人生の『嫌い』が少なければ、楽しいかどうかはともかく嫌なことは少なくなる」

娘が中学校入学の時に我輩が授けた言葉を実践して生きた結果、
中学時代クラスの人を愛せるまでには至らなかったものの、
人に愛されはする人間へとまあ多少は成長してくれたでしょうか?



とりあえず人生の一つの関門を乗り越えたことに、おめでとう。
大変な事もあったかもしれないけれど、今後はもっと大変なことが山積みだ。
中学校生活の3年間を休むことなく突破できたという事実は、
今後の人生において少しは糧になるもんであろうと信じたい。

そして中学時代の人間関係なんてこれから先の人生の人間関係に比べたら、
潮干狩りの砂浜ぐらいの浅いもんでしか無いんだから、
心を許せる友が出来なかったからと言って特に何の不具合もない(断言)。

なお、先生と記念写真撮影後は特に余韻に浸ることもなく、
とっとと家に帰ることを迷わず選択した娘でございました。


さて、中学を卒業したということは次は高校生。
普通高校生になるためには受験という関門をクリアしなければいけません。

高卒の肩書がもらえるんなら何処でもいいっていうのなら
テメェの能力に見合った高校を受験すればいいだけの話なんで、
それなりの勉強をして、それなりの成績を有して受験に挑めばいいだけです。



しかしながらウチの娘が希望する高校は普通科の高校ではなく、
工業系の何やらややこしい名前な学科のある学校。
娘は昔から絵を描くのが好きだったんでその技術を活かせる高校を希望した模様。
(余談だが何やらその高校のその学科、就職率がかなりよろしいらしい)

そういう特殊技術系って我輩的には一筋縄では行かないというイメージがあるんで
無難に普通科高校選択した方がいいんじゃねーのと鼻クソほど思いはしましたが、
人とは違う事項に挑戦するという気持ちを無下には出来ないと思い、
敢えて止めはせずに娘には己の進みたい道へと突き進んでもらうことにしました。

そして今年に突入、とりあえず私立は絵に関する学科ということで、
芸術学科のある高校を受験することにしました。

その時は「うーん、あんまり自信はないかもしれない・・・」と言いながらも
すんなり受験に合格して特待までゲットしたんで、
公立もこの調子で当たり前のようにクリアして
挫折を知らないままぬくぬくと育ってほしいと願っておりました。

そして私立合格から1ヶ月後ぐらい、とうとうやってきた公立入試の日。
他の高校の合格倍率が1を切るところ多数だと言うのに
娘の受験する高校の学科の倍率は2倍、はらたいらさんに1000点。
定員20名のところに40数名が殴り込みをかける仁義なき戦い。



つまりそれは2機飛んだら1機は撃墜される。
隣で一緒に受験をしていた見知らぬ同級生とはこの日以降会わない可能性が高い。
ベトナム戦争の空のように血で血を洗う戦いが繰り広げられるのです。

にも関わらず何ということでしょう、娘は数学の試験の際コンパスを忘れて、
1問空欄を開けたまま答案を提出してしまうという暴挙に出やがったんですね。
他にも社会の問題、帰宅後答え合わせしたら間違っているの多数。

その上、宮崎の公立高校入試には面接があるという!?
(我輩が受験した頃には福岡の公立高校には面接なんて無かったから驚愕)
ボソボソしゃべる毒舌だけが取り柄のコミュ障スレスレのウチの娘に面接だと!
それって娘に「戦って死ね」と言っているよーなもんじゃねーか!



でもね、担任の先生から「あなたなら大丈夫」と言われていたとおり、
本日公立高校入試合格しました。
幼稚園の頃、前日39度の熱を出したにも関わらず、
当日はすっかり回復して発表会に出た娘の「本番への強さ」は
あれから9年経過した現在でも健在だったと思うと嬉しいものがあります。

我輩と嫁は金額的負担が比較的少ない公立高校へ行ってくれることが嬉しいし、
娘は金になりにくそうな私立の芸術学科よりも
就職に直結しそうな産業デザイン科に行けたことが嬉しい。
息子も「俺もねーちゃんと同じ高校目指すかな?」と言っており、
娘の公立入試合格は我が家に良い気流(ストリーム)をもたらしております。



さて唐突に話は変わりますが我輩も久しぶりに
落書き用ノートを取り出して娘の似顔絵を描いてみました。
改めて見るとこの絵、交番とかで見る絵に似ているw

宮崎に戻ってから絵を描くことがまったく無かったのですが、
今年に入ってから娘と土曜の夜に一緒に絵を描きながら、
イラストの描き方談義を交わして過ごす日があります。

娘の今後の勉強の糧になるとかそういうんじゃなくて、純粋に絵を楽しむために。

そこで娘「夜中テンションで描いた絵は次の日見ない方がいい」
「あまりの変さに一人で赤面してしまう可能性が極めて高い」という名言をのたまいました。

確かに、何度か夜中に絵を描きましたが24時過ぎてから描いた絵は、
描いてる時にはシンデレラドリームな気持ちでサクサク描いちゃうんですが
明け方には魔法が解けたシンデレラみたく「こりゃあ見にくい、じゃなくて醜い」。
どうやら夜は早めに寝て睡眠に費やしたほうがよろしいようで。

とにかく、4月から始まる娘の高校生活。
我輩的には学校の成績なんて赤点さえ取らなければソレでいい。
とりあえず、ここで娘と同じくボカロやゲームに興味を持っていて、
心を許しあえる友人と巡り合って欲しいとだけ願っております。

そして我輩以上にイラスト談義が出来る友人が作れたら、言うことないですね。


追記:寝る前に娘から卒業の手紙を渡されたので読んでみたら、
娘が幼稚園~小学校低学年の頃に我輩がプリキュアとかアイカツ!の
薄い本のような絵を描いているのを目の当たりにして、その絵に感動し、
「私も上手に絵が描けるようになりたい」と思いながら今に至った経緯が書かれておりました。

娘の進路に我輩の過去の軽はずみな行動が絡んでしまった事実を
今更ながら重く受け止めざるを得ないという事態に唖然としております。
  
タグ :家族

Posted by 砥部良軍曹 at 23:55Comments(4)出来事

2018年08月20日

フライング嫁誕生日

長かった我輩の夏休みも本日にて終了。
明日からお仕事なんですがよりによって夜勤、ゴーホーム出来ないの。
そしてよりによって明日は嫁の45歳の誕生日。
つ~事で本日、嫁の誕生パーティーすることにしました。
と言っても特別な事をするわけじゃなく、少し飯が豪華になる程度かな?

余談ですが昨晩の我が家の晩飯はコストコで買ってきた
アメリカンビーフのサーロインステーキだったんですが、
よーく考えてみたらこのステーキを今日の晩飯にすればよかったんじゃなかろうかと。
ま、ステーキ肉が冷蔵庫の中で相当邪魔だったんで、まあ多少はね。



でもね、ウチのバカ嫁はステーキよりもローストビーフが好きなんですよ。
多分我輩の事よりも好きなんじゃなかろうかね?

というわけで嫁と息子が幼稚園の時の友達?と会いに行っている間、
我輩はトライアルで安い肉塊を買ってきてローストビーフにチャレンジ。
余談ですが嫁、帰りにあじ豚のメンチカツ買ってきてました。

今回は長さ20cm、太さ5cm程度の肉の塊に付属のシーズニングを擦り込み、
2時間ほど冷蔵庫にて放置プレイした後、フライパンでくまなく焼き、
その後アルミホイルに包んでオーブンに250℃で10分加熱して作ったところ、
生まれて初めてローストビーフ成功しました。
もう我輩、この世に思い残すことはない・・・

娘も「今日のローストビーフはインスタ蝿が湧く出来栄えだね」と褒めてくれました。
外はこんがり、中は生、でも火はしっかり通っている、完璧です。
これは奪い合いになること必死ですと思いきや、
一番ウケが良かったのは佐土原ナスの鉄板焼きだったんだから
これもうわかんねぇな。



最近流行りの?小さ目の鉄製フライパンにオリーブオイルをドボドボ垂らし、
アツアツのところに4等分した佐土原ナスを放り込み、
両面に適当に焼き目を付けて250℃に加熱したオーブンに10分ブチ込んだのものに
醤油をぶっかけただけだというのにこれがとても旨いのです。

尚、普通のナスで作っても大して美味しくなかったんで、
佐土原ナスで作らないとダメみたいですね。
余談ですがウチの嫁はナスを股間に押し付けると
物凄い形相で怒り狂って我輩の腹を蹴ってきます。

同志諸君、野菜で遊ぶのは良くないぞ。



更に余談ですが、昨晩クソガキ共が食べ切れなくて余ったステーキ肉は、
(1枚200gオーバーの分厚いステーキ肉だったので食えなかった模様)
薄切りにされてチーズを乗せられて焼かれてしまいましたが、
普通に焼き直して食ったほうが美味しかったんじゃなかろうかと?

コストコのアメリカンビーフのサーロインステーキ、
脂身が少ないから我輩はバクバク食えたんですが
体力の少ないクソガキ共にはオーバーキルだったようですね。



そ~いえば昨日ナガノヤに逝ったらお惣菜コーナーに
こんな愉快なパリピの欲張りセットが売っていたんですがね、
このネーミング、誰がブチかましてくれたんでしょうね?

コスト的にはたこ焼きが8個ぐらいだから400円、
焼きそばは300円ぐらい、ポテトは少なめだから200円、
イカフライは150円、唐揚げも150円ぐらいと考えると、
微妙にコスパが良い程度の盛りなのかなぁと考えてしまったよ。

たこ焼きと焼きそば大好きなウチのバカ息子には
ローストビーフよりもこっちの方がウケが良かったかもしれません。



誕生日には少々お高い酒を飲むのは我が家のお約束。
今回は五ヶ瀬のワイナリーのスパークリング(ロゼ)を買って
嫁の誕生プレゼントということにしときました。

都農のヤツよりブドウの香りが濃くて、パンチがあるね。
飲みやすいのは都農の方だけど肉料理に合うのはこっちかな。

イヤ本当はね、プレゼントは嫁に可愛いロングスカート買う予定だったんですよ。
でもね、お試しにしまむらで買ってきたデニムっぽい感じの
ロングスカートを嫁が寝ているときに履かせてみたところ、
朝起きたら速攻で我輩の部屋に脱ぎ捨てやがったんで
「ああこのババァ、今後もスカート履く予定は一切無いんだな」と思い、諦めた。

とりあえず嫁に「可愛いスカートとこっち、どっちが良かった?」と聞いたところ、
迷うことなく酒と答えたんで選択肢としては間違いなかった模様なんですが、
嫁にスカートめくりを合法的に実施したい我輩といたしましては残念な返答です。



我輩が石川県で惰眠を貪っている間に、
嫁の二の腕は我輩のよりも太くなっておりました。
これじゃあ我輩が押し倒そうとしても跳ね返されるのも無理はない(愕然)。

若い頃は嫁のぷにぷにした腕や太ももをつまみながら
「この辺がセクシー、エロいっ!」って思っていたんですが、
そろそろ成長がストップしてくれてもいいんじゃないのかなって?

でも我輩も腹は年々太くなっているので、まあ多少はねということにしときますし、
今日も一緒に風呂も入ってくれて「見たけりゃ見せてやるよ(震え声)」って言ってくれたんで、
あまり嫁に苦言を示すのは止めとこうかなと思いはするんですが、
一般的におなごは40過ぎると性欲が増すと言われているはずなのに、
ウチの嫁は40過ぎたら豆よりも足つぼマッサージや耳かきの方が気持ちが良い模様。  
Posted by 砥部良軍曹 at 21:25Comments(0)出来事めし

2018年08月15日

夏休みは初体験の季節

石川県ネタがまだ2つぐらい残っているんですが、ソレはまた後日。
先週末から夏休みに突入した我輩ですが、
夏休みらしい事をしているかといえばそーでも無し。
海にでも逝ってだらしねぇボディをこんがり焼こうかとも思ったんですが、
生まれ持ってのデブ性、もとい、出不精なんで行くのがだりーの。

8月9日は息子の誕生日、なので仕事を早めに切り上げて帰宅。
そしたらなぜか息子がテーブルに米と刺し身と水の入ったボウルを並べてスタンバイ。



息子、何をしでかすのやらと思いきや寿司握りやがった。
いや別に構わないんですがね、その手はちゃんと洗ったんかい?
でも常時ちん★ん握っている我輩よりは清潔でしょう、多分。

誕生日に主役が寿司握るというのは聞いたことがないんですが、
人生において色々な体験をするのは良いことです。
尚、息子の握った寿司は普通にご飯と刺し身でした。



ああ、今年はサーティワンのアイスケーキじゃないんだね。
どうやら寿司の準備に追われたのか、それとも嫁が面倒臭がったのか、
今年の息子のバースデーケーキは西都のベルのやつでした。

でも我輩の時とは違ってロウソクは10本付いていたんで
「ほほう、今回はロウソク忘れなかったんだな」と思いきや、
最近ロウソクはサービスではなく、金払わないと付けてくれないらしい。
ロウソクのサービスも無くなるとは、世知辛い世の中になったもんだ。

すでに身長150センチ近くまで成長した息子に我輩が望むのは、
「成績はそこそこでいいから、もっと背が高くなってほしい」
頭は後からどうにでもなるかもしれませんが、
身長はある程度高いに越したこたぁありませんからね。

ま、身長が高いからってオナゴにモテるとは限らんのですが、
少なくとも低いよりは女ウケがよろしいんじゃないのでしょうか?
そんな息子の最近の自己紹介は以下のとおりです。
「オレ10歳、学生、独身。彼女いない歴だいたい2年ぐらい。」



次の日、海にでも行きたいなーと思っていたんですが、
嫁が「今日は実家の草刈りするから」とか言いやがるんで、
3人で屋台骨にラーメン食いに逝った後、クソガキ共初ネットカフェ体験。

我輩が去年の浜松研修時、そしてこないだの小松出張時に、
大分お世話になった快活クラブにはカラオケルームがあるんで、
そこで娘は一人カラオケ、時々我輩も歌うけど娘がほぼ占拠、
息子は予てより気になっていた漫画を読みまくるという自堕落な時間を過ごしました。

いやーしかし、逝くとこないからネカフェって手段は、
涼しいし漫画読み放題だしジュースも飲み放題だしソフトクリームも食えるし、
追い銭払えばポテトフライも食えるしパソコンも使えるし、
暑くて外に出たくない季節にはアリかなって思わなくもないんですがね、
息子曰く「いやーココ、スッゴクいい場所だけど、
ぜってぇ人間ダメになるよな!」


そして娘は「ネカフェ難民って自分から進んで難民になっている気がする」
「下手にアパートに住むより、ココの方が設備揃っているし」と。

今後、クソガキ共に「何処に遊びに行きたいか?」と問うと、
「快活クラブ!」という日は近い日のような気がします。



日曜日は鹿児島のイオンでコロコロコミックのイベントがあるというので、
今後の人生でイベント慣れさせるための勉強の一環として連れて行ってやりました。

何やら現地で数量限定のチケットを手に入れないとイベントを楽しめないというので、
6時に起床、6時半には社宅を出て9時半にはイオン鹿児島にたどり着いたのですが、
イベント会場前には既に長座の列が出来ており、一部チケットはかろうじて手に入れたものの、
「ああ、やはり航空祭みたいに5時ぐらいに出発して待ち構えとかんとイカンかったか」
娘が待望していたサイン会のチケットは手に入れられませんでした。

でも人生、予期せぬ事態というものはあるようで、
コロコロ編集長が眼の前をプラプラ歩いていたので一緒に写真撮影。



息子はイベント限定のベイブレード(進化したベーゴマみたいな玩具)を入手して、
ベイブレードで遊ぶイベントに参加してとそれなりに楽しめたようなのですが、
娘は狙っていたサイン会をハズしたので少々不完全燃焼気味?



というわけで娘には人生初の顔エステ体験をさせることにしました。
娘の顔がどーとかではなく、ただ我輩のブログのネタにするために!

ま、以前嫁が使っていた化粧品のメーカーだったから、
(機動戦士ガンダム0083の連邦軍の戦艦の名前みたいなヤツ)
嫁も「YOU!やっちゃいなYO!」ってノリノリで承諾しましたが、
見てくださいよ娘のこの「今から何をされるのか?」と不安そうなツラをwww

顔面に泡を塗りたくられ、変な機械で弄られて、
コレで何がどーなるのか、そして何が良いのか全く理解不能なんですが、
コットンで泡を拭き取って化粧水塗ったら鼻の頭ツヤツヤになっていい感じ?

コレを機会に娘も女子力をアップする思考を抱いて欲しいという親心だったんですが、
娘はソレを終始理解しなかった模様。
そしてこの後、嫁は押し付けられるように化粧水とか買わされた模様。



桜島をバックに佇むリビドー号。
夏休み、ソレは色々な体験をする季節。
もう少し歳をとったら別の意味で初体験もあるんでしょうが、
ソレまでは夏休みを機会に大人の階段を登るための経験を積ませて、
人間的にレベルアップを図るのが親の役目だと我輩は考えております。
  
Posted by 砥部良軍曹 at 21:13Comments(2)出来事イベント

2018年06月18日

一足早い誕生日祝い

今週末ぐらいに我輩は44マグナムな歳になるんですが、
その時我輩は宮崎に居ないので、一足早い誕生会を実施。

とは言っても我輩仕事で疲れ果てて帰宅したので、
嫁から「今夜ツヨシの誕生会するけど、何処で御飯食べる?」と言われても、
悩むほどの気力すら残されておりませんていうか、眠い。
大体、今日何か解らんけど滅茶苦茶疲れたんだよなぁ、歳かなぁ。



でもこないだ夜勤の時に「川南の“ほてい”イイっすよ」
言う話を聞いていたのでソコに行くことにしました。
場所は川南役場の近所or川南町運動公園&文化ホールの近所。
大分前にココでも紹介した“フォーリーフ”もココらへんにありますね。

店の駐車場が見当たらなかったんで
文化ホールの駐車場にリビドー号を停め、トコトコ歩いて徒歩2分程度。



ココは基本寿司屋さんらしく、看板メニュウは寿司のセットとか海鮮丼。
でもメニュウの中には居酒屋メニュウもありますし、
チキン南蛮とかトンカツとかもあるんですねぇ。
あぁん?フォアグラと和牛のミルフィーユって何だよ?
まあ、ナマは好きだけど生魚は苦手の人も無問題ということで。



こないだから肉ばかり食っているんで、
魚でも食してみるかなと思ってこの店に来たのですが、
宮崎に戻ってからというもの、魚に興味が薄れている我輩。
しかしこの“ほてい”というお店、魚メニュウが充実している。
三沢の宝寿しとタイマン張れるぐらいの揃いっぷりだよ。

せっかく寿司屋に来たんだから、寿司を食うか?
うーん、でもご飯はそんなに食べたいと思わんから、
刺し身でもチマチマつまんで胃袋を満たそうかな?



まあ、たまにはこういう贅沢をするのも悪くはなかろう。
他所ではなかなか食えないトラフグの唐揚げですよ。

以前どっかの居酒屋かなんかでトラフグの唐揚げ旨そうだなと思って
値段見てみたら1500円と唐揚げらしくねぇ金額に驚愕した記憶がありますが、
ここのはその半額程度の800円だったんで迷わず注文。

サクッと揚がった唐揚げにかぶりつくと、
骨が結構邪魔だけど弾力と味わいのある身が口の中を刺激してきます。
月並みだけど、ていうか小並だけど、コイツは旨い!
フグの一番旨い食い方は唐揚げ!異論は認めん!



誰だよ!天ぷら盛り合わせ700円頼んだのは!(犯人はクソガキ共)
ま~確かに寿司屋の天ぷらって旨いからしょうがないね。
でも我輩は脂っこいの注文したから、食わんよ。

ところでココの店、天ぷら盛り合わせに“上”ってあるんですが、
ソレを頼んだ場合は何が出てくるんでしょうかね?



嫁の注文したチキン南蛮、結構デカい。お値段も1000円以上だけど。
肉厚でジューシーなモモ肉を使用したチキン南蛮は
米を食うには最高のメニュウですがわざわざ寿司屋で頼まなくても・・・
いや確かに旨いんですがね、チキン南蛮。



でも我輩も嫁にとやかく言える立場ではありません。
だって我輩が注文したのはこの店のもう一つの名物、
川南産豚の極厚ロースかつですから。
面積は普通のトンカツとそこまで大差はないんですが・・・



見ろよ見ろよ~この分厚い肉。
でも肉自体が柔らかくてジューシだからバリバリ食えるぜ。
脂身部分も甘みがあってナイスな食感。
コレで1700円は安いのか?でも食う価値はありと断言。

ごま塩とソースと辛子が付属しているんで、好きなのを付けて食するんですが
肉の味を堪能するならごま塩、飯とともに食らうならソース、
半分以上食って「いやーやっぱ40代にはこの厚みは辛いわ」と思ったら
辛子&ソースで刺激を加えて食べるのがよろしいかと。

しかし結局、この日は疲労故に胃袋が本調子ではなかったのか、
肉全部食ったら米が入る余裕が胃袋にありませんでした。



娘が注文した寿司とエビフライの定食。
他にも寿司とチキン南蛮とか、寿司プラスアルファメニュウがいくつかある模様。
エビフライは頭まで付属した豪快ヴァージョン。

でもやっぱ、宮崎で寿司注文すると王道パターンばかりだな。
青森で一風変わった寿司ネタを食してきた我輩には少し物足りません。



この店の真骨頂はこの海鮮丼得得2000円。
控えめな量の飯の上にはカラフルな彩りで刺身が盛られています。

サーモンにブリ(ハマチか?)、ホタテにイクラにウニ、
そしてマグロは赤身とトロ、尾頭付きのエビももあるし更にウナギ!
刺し身と米だけを純粋に喰らいたいなら、コレが一番のようです。



うん、おいしい!
このセリフが淫夢語録の一つであることをご存知の方は少ないようですが、
これだけバラエティに富んだ刺し身を食えるとなるとさぞ幸せでしょう。

川南のほてい、期待通りの店でしたが、
この店の魅力を堪能するにはやはり、海鮮丼を注文すべきだと(確信)。
1500円ぐらいの海鮮丼でも結構旨そうだったんで、
次来た時はそっちを注文してやろう。

でも刺身やその他の海鮮メニュウも色々旨そうなんで、
炭水化物抜きでこの店を楽しむのも寧ろ良いかもしれない。
とりあえず次回来た時は定食よりも海鮮だ!
とか言いながら我輩結局、“すし屋のローストビーフ”注文するんだろうな。



帰宅後、「腹の中がパンパンだぜ」であるにもかかわらず、
バースデーケーキがあるというのであの儀式だけは済まそうと思ったのですが、
よりによって我輩が嫌いじゃないけど好きじゃない白いケーキ。
我輩はケーキとアイスはチョコレート味しか食えねぇんだよなぁ。

しかも、店員さんロウソクを付けるの忘れた模様。
多分今頃、そのロウソクは店員さんが個人的に楽しむために使われてんだろな。

そこで娘「もう、コレ刺しときゃいいんじゃない?」  

Posted by 砥部良軍曹 at 23:55Comments(4)出来事めしお店

2018年04月10日

娘、中学生になる



本日は娘の中学校の入学式。
まあココで普通なら「こないだ入学式と思ったら、もう中学生」とか、
「本当に、子供の成長は早いもんです」とか書くところなんでしょうが、
ココはそんな小学生並みの感想文、略して「小並感」を羅列するブログじゃないていうか、
ROMっている皆さんは我輩にそういうの期待していないの、解ってる。

でもね、世の中どうしようもなく適切な文章が思いつかない時が3つあるんです。
一つは鼻クソほども興味が湧いてこないものを見せられた時、
そしてもう一つは感情の起伏に乏しい定規杓子なものを見せられた時、
最後の一つは「我輩自身の感情が死んでいる時」。

大体見てくださいよ、娘のこのふてくされたよーなツラ。
明らかに「あーこれからだりー毎日が続くんだろーなー」な思考しか読み取れません。
まあ、中学進学という状況に対して特別な感情の湧き上がりなんて無いんでしょう。
我輩も同じ頃、同じよーな感情だったんでま、多少はね。

多分ココで本物のM3グリースガン渡したら、
躊躇なく校舎内の動く標的めがけて射撃することでしょう。
でも感情は無いから「カ・イ・カ・ン」なんて言わねぇの。

卒業後、娘とパソコン弄りながら色々くだらん話しをする機会があったんですがね、
我輩と娘、目指している方向性は違えど思考はほぼ一緒。

人の印象には残りたいけどそのために自ら騒ぎ立てるのは嫌だとか、
人と話すのはイヤじゃないけど人間と付き合うのは嫌いだとか、
自分の興味にある話をする人としか話をしたくないとか、
本当に興味のあることに対してどのように挑めばいいのか試行錯誤しているとか、
そもそも、他人が信じられないから人前では感情を殺しているとか、
恐ろしすぎるぐらいに我輩と一致しているではありませんか。

結局コイツも我輩同様、趣味や興味の世界でしか生きられない人種なのかと思うと、
嬉しくもあり、悲しい気がせんでもありませんが突き詰めると人間そういうもんです。
大体、ウチラみたいな省エネタイプの人間は、
興味のないことに対して敢えて絡むほどのバイタリティはないんすよ。


まあ結局、淡々と繰り広げられる入学式の内容を傍観しながら、
娘に対して特に何の感情が湧き上がることもなく終始ボーッとしていた我輩。
精々「中学生になったらまた色々面倒なことがあるんだろうなぁ」と思う程度。

「昼飯何食おうかな?」という思考に至れないぐらい退屈な入学式、
わざわざ休みをとって出てくるほどのもんなのかなと思いつつも、
入学式とかじゃない限りなかなか休みが取れんのよね、ウチの職場。

さて、入学式やら教科書の受けとりや先生の紹介を終えて帰宅。
昼飯の時間になったんで本日の主役である娘に何を食いたいか問うたところ、
「特に何もねぇ、ソコの五月蝿いのが食いたいもんでいい」と言いやがります。
最近の我輩もそうだけど、世の中が面白くないと思うようになると、
何を食いたいとかいう感情すら失いそうになりますね。


横で五月蝿い息子は「何か・・・旨いもんが食べたいねぇ」
「米と~刺し身と~醤油と~いちごパフェが食べたいな~」とか抜かしやがるんで、
「回転寿司ってはっきり言えよ!」と言うことになり、
高鍋のスシローに逝ったところ本日は児湯郡全部の小中学校が入学式、
同じよーな流れで来たであろう家族連れの客がそこそこ居りました。

ところでさ、ファミレスって安いよーな気がするけど、
気がついたら家族4人で0.1パットン超える時ありますよね?
調子こいてデザート食ったら6000円台になることがあるもん。イヤマジで

でも回転寿司って高い皿取らなきゃ5000円弱で収まるんですねコレが。
調子にのって100円じゃない皿食いまくるとどうなるか解りませんが。
因みに我が家の回転寿司屋でのルールは「高い皿は1人1回まで」www

帰宅後、娘が格好への提出物の記入をしながら、
少し悩んでいるフリをしていたんでツッコんでみたところ、
「クラスの皆に一言」というところを悩んでいた模様。



「もうね、コレでいいやん」と言ってあげたんですが、
「そのネタ、何人か知っているやつが居るから使いたくない」と反論するんです。
そうか、こんな田舎の中学校にもあのクソ漫画見ている輩は居るのか。

でもね、お前の脳みそでなんか気の利いた捨て台詞思いつくのか?
我輩でさえもそういうのは淫夢語録からパクったりしてブログやってるんだぞ。
オリジナリティってぇもんは一朝一夕で醸し出せるもんじゃないのよ。

じゃあ仕方ないな、もう、誰も知らなさそうなネタ、アレで逝こう。
中学生で田所浩二知ってるやつなんかほぼほぼ居ないだろーから、
「いいよ!来いよ!」でいいだろ?と言ったところ、
「これもうわかんないし、別に誰かに来てほしいわけじゃない」とあっさり却下。

もういい、「オナシャス」か「ハイ、ヨロシクゥ!」のどっちかにしろと吐き捨てて、
我輩は部屋に戻り煙草を吸う事にしたのでした。

やはり、一般的な文化に疎い我輩や娘のような人種が、
ノンケの世界で順風満帆に生きていくのは難しいようです。


その後、パンイチでナチュラルアメリカンスピリットを吸う我輩のもとに、
娘が中学校で渡された防犯ブザー持ってきながら、
「これ、ダメみたいですね(諦観)」というんで開けてみたところ、
電池が液漏れしていて「だからこんなんじゃ商品になんねぇんだよ(棒読み)」だったんで、
液漏れして錆びている部分ガリガリしてどーにかしてやりました。

こんな不良品掴まされるとか、どうなってんだろうかねこの中学校。
我輩だったからサクッと修理して事なきを得たけど、
どうにも出来なかったら変態に襲われた時どうすりゃいいのかね全く。
4年に1度、変質者の目撃情報があるという新富町、
子供にまともに可動する防犯ブザーは必須なんですよ。
  
Posted by 砥部良軍曹 at 12:34Comments(4)出来事

2018年04月01日

ダラダラ過ごした春休み



我輩、28日から30日まで休暇だったんで、
自堕落デブらしくダラダラ過ごしておりました。

そう、ブログのネタになるよーな事も何もせずに、な!

28日は10年前に浜松で研修した時の同期であり、後輩であり、
でも現在は上司でもあるバーチーちゃんが青森から転勤してきたんで、
朝っぱらから宮崎港まで出迎えにイッてあげたんですが、
普通乗用車がフェリーのどっちから出てくるのか解らず困惑と言う体たらくです。

初めはターミナル付近で待ち構えていたんですが、
凄く・・・大きいですなトラックしか出てこない状況を眺めながら息子が
「父ちゃん、普通のクルマが出てこないからコッチじゃないと思う」と言いやがるので、
反対側に回り込んで待ち伏せしていたら先っちょから出てきましたね(何が?)。

まあその後、無事バーチーちゃん一家とは合流できたんですが、
青森からの長旅とフェリーの2等客席っていうんでしょうか?雑魚寝部屋?
アレがかなり過酷だったらしく体調がよろしく無くてぐったりしているんですねぇ。

でも新富町唯一のあのホテルのチェックインが13時からと言うので、
まずはイオンに連れて行って12時ぐらいまでぶらぶらしてやろうと目論んだところ、
「僕ダルいんでクルマで寝ときます」と言うのであーこりゃダメなやつかなと思い、
適当なところでイオンから切り上げて新富町に向かい、
真っ先に連れて行ったのがおしかわ内科クリニックと言うwwwwwwww

ま、熱は38度線超えていたけどインフルじゃなくてよかったよかった。
結局、この日にバーチーちゃん一家をウチに呼んで歓迎会する予定でしたが中止。
そして帰宅後の我輩の記憶がまったく無いという・・・


29日は社宅から引っ越す奴らのお土産を買うと言うので、
便乗しとけば昼飯は食えるだろうと思いとりあえずついていったのですが、
我輩は昼飯にラーメンを食べに行きたかったのに、
よりによって飯食いに逝った場所が北大路欣也さんの寿司屋だよ!

ま~確かにあの寿司屋、ラーメンあるけどさぁ、
最近あの皿5枚入れたらガシャポン出来る寿司屋のラーメン、不味くなってない?
というわけでその後は家に戻って「あーちゃんとしたラーメン食いたかったなー」
とブツブツ呟きながら己の部屋でち★ことエアガンをいじくり回しておりました。


30日は何をやっていたのか全く覚えておりません。
うーん、確か高鍋の本屋で買い物した後、
佐土原ナフコでニスのスプレーを買ったまでは覚えてんだけど、
そっから先、何をしていたのかマジで全く覚えていない・・・

あ、でも夕方にバーチーちゃん一家を呼んで、
ウチで歓迎会していたのは覚えている。
そして嫁が作った冷汁の味が薄くて微妙だったのも・・・
余談ですがうちの嫁の作ったカレーは世界で2番めに不味いです。
(1番は大分昔に母ちゃんが作った魚が入ったカレー)


31日は24時間のお仕事だったんで出勤。
どうでもいいけど土曜日に仕事付けられると
やっぱ時々、勤務付ける人にケツの穴貸さないと駄目か?」と思うの我輩だけ?



あー、明日からまた仕事かー。ダルいなぁ。
もうね、3日以上の休みの後は出勤するのがダルくてしょうがない。

ウチの職場では大抵、3月末になると休暇が貰えるんです。
そこで仕事をしない日が数日続き、気がついたら4月に突入する。
そして4月からまた、当たり前に仕事が繰り広げられる。
暇な毎日から唐突に忙しくなるから、ソレを考えただけで憂鬱になる。

そして脳みその中は「あー早く5月の連休来ねぇかなぁ」一色に侵される。
この現象を我輩は“4月病”と呼んでおります。

今日は夜勤明けだけどサバゲーに逝こうかなって思いはしたんですが、
その前に鉄砲弄らんとイカンなぁと思い、ずっと部屋に籠もっておりました。
まあそれ以前にこないだの春一番でバリケードの大半が崩壊してしまった
ヂゴンの巣の整地もどんげかせんといかんのですがやる気が出ねぇ。

もうね、明日からまた仕事が忙しいと思うだけでやる気激減。
春休みを謳歌しているクソガキ共に殺意が芽生えます。

そういえば、西都原に桜を見に行きはしたんだけど、
花が咲いているのをチョロっと見てきただけで終了。
今年こそはファイアグリル持参で花見してやろうと目論んでいたのに、
社宅の3階からキャンプ道具を持ち出すのがイヤで実施できずに居る我輩。

ところでココに来てくださる皆様方、花見って普通何するもんなんでしょ?
やっぱ桜の木の下でブルーシート敷いて、弁当食って、ビールかっ喰らうのが王道?
最近、花見の定義って何なんだろうなぁと悩んでいる砥部良軍曹です。


あ、そう言えば今月のヂゴンの巣のサバゲー開催予定、出していませんでしたね。
今月から暫く、バリケードが出来上がるまで、
ヂゴンの巣のゲームは基本開催しません。

もう少し魅力的で客が呼べるフィールドになるまで、
無理にゲーム開催するのは止めときます。



次回予告!
何の因果か、突然我輩の元に転がり込んできた大型兵器!
口径は7.62mm。でも308じゃねぇぞ!アレよりも薬莢が長いんだ!
そびえ立つクソのようにデカく、長く、そして重い!
なのに弾は190発しか入らないから戦力として明らかに使えねぇ!

バレット程はデカくないけど、ドラグノフと同じぐらい無駄に長い銃身!
こんな無駄にデカいのRED REAVESに持ってきたら
「あ、バカが居る」と言われる事間違い無しの逸品!

M14を愛用しながら長い武器じゃないと萌えないとか言っている
あの電マ野郎様でさえも呆れ果てそうなアイツ!

ていうかマグポーチはどうすれば良いんだ!
手持ちの64式の弾納にブチ込んだら抜けなくて困惑したぞ!
まさか・・・専用の弾帯を買えというのか!いや無理だし。

そして格安で譲ると言われたにもかかわらず我輩の手元には金が無い!
元オーナーは「出世払いでいいですよ」と言ったが我輩今後出世する気は全くなし!
ていうか出世するほどの甲斐性がないんだよ我輩には!

さあ、こいつを買う銭はどうやって捻出するか?!
ボーナスまで待ってもらえたらどーにかなるんだけどなぁと思いながら、
このデカブツをどうにかして戦力になるよう奮闘する我輩に乞うご期待!
とりあえず、バイポッド外してもいいかな?  
タグ :ぼやき

Posted by 砥部良軍曹 at 23:25Comments(0)出来事

2018年03月24日

涙の出ない卒業式

昨日は娘の卒業式でした。
いやー、今年から娘も中学生になるんですね。
でも我輩、月日の経つのは早いもんだなーという感情が沸かない。
「光陰矢の如し」という言葉が示すが如く、
月日なんてぇもんはいつの間にか過ぎるもんなんです。


ところで我輩のブログを閲覧してくださっている同志やノンケの皆様方、
小中学校の卒業式で感極まって泣いたことありますか?

我輩はそういうのがまーーーーーったくないんでね、
卒業式で泣くやつの気が知れんというのが正直な思考。
斉藤由貴の“卒業”じゃないけど我輩は冷たい人なんですよ。

余談ですが我輩がマジ泣きする三大TV番組のワンシーン。
一つは“西部警察”の最終回で大門さんが軍団員の名前を呼んだ後、
「みんなと・・・デカをやれてよかった・・・ありがとう・・・さむい・・・」と言いながら絶命するシーン。

もう一つは“魔法少女まどか☆マギカ”の第10話で
絶命寸前の鹿目まどかがほむらにグリフシードを渡しながら
「キュゥべえに騙される前のバカな私を、助けてあげてくれないかな?」と言うと
ほむらが「約束するわ、絶対にあなたを救ってみせる!
何度繰り返すことになっても、必ずあなたを守ってみせる!」と言うシーン。

そして最後の一つは・・・“超人機メタルダー”の最終回で
メタルダー剣流星がゴッドネロスとの戦いに勝利するも、
超重力制御装置を破壊して自身が死ぬか、地球を破壊するかという状況下、
「八荒、頼む、クールギンの剣で、僕の超重力装置を破壊してくれ」
「君と僕の、友情の証に、頼む・・・」と覚悟を決めた言葉を言い放つシーン。

一つでも当てはまる人、同志と呼ばせてください。

・・・閑話休題。
何で泣く泣かないとかいう話を振ってきたのかと言いますとね、
大半の、ていうか娘以外の女子全て卒業式で泣いているというのに
娘だけ1人で泣きもせず普通にダルそうな面していたんですね。
時々目を弄っていましたが、カメラのズームで確認しても全然泣いてねぇ。

ま、我輩も皆の感情そっちのけな人間だったんで、
「こういう感情の薄さも我輩譲りだな」と思うだけだったんですが、
その感情の無さの裏には我輩と同様の状況があったのに驚愕。

いやね、こないだの運動会の時に娘に親友はおろか、
鼻クソほどは心を許せそうな友達も居なさそうだというのは感づいていました。
でもね、ちったぁ話をする相手ぐらいは居るとは思っていたんですよ。

ところで今回もう一つ驚愕したんですがね、
クソガキ共の通う小学校には“卒業パーティ”があったんですよ。
17時半に新富町文化会館という場所、
三沢で言うなら公会堂みたいなところの一室貸し切ってね。

そこでクラスの男子も女子もほぼ全ての輩が友人との談話に
花を咲かせてパリピっていると言うのに娘だけが1人ぼっち状態。
何もそういうところまで我輩に似なくても・・・

まあ、娘が宮崎に引っ越してきたのが小学5年生。
我が家が青森で過ごし、娘が上久保小学校に逝っている間、
コッチの学校のクラスメイトは少ない人数の中で友情を深めあっていたところに
我輩みたいに基本人間嫌いで一般人と少々思考が違う娘が
入ってきたところでそこに居場所があるか?と思ってはいたけど、
やはりと言うか、悲しいことに無かったみたいですね。

思えば我輩も小学校5・6年生の頃、友人と言えるよーな友達、居なかったなぁ・・・
ファミコンソフト貸し合う友達ぐらいは居たけど、
将来の夢やら趣味について語り合うよーな友達は居なかった気がする。
話し相手も居なかったから昼休みは常に図書館通いだったし。

我輩ね、パーティ会場で1人で何もせずにただ座っているだけの娘を見て、
過去の自分がフィードバックしていたたまれない気持ちになってきましたよ。
時々娘に「もうさ、こんな場所に居てもツマランだろ、帰るか?」と聞きましたが、
「別にいい」といいながらじっと孤独に耐えているんですね。
ま、確かにこのまま引き上げてしまうと今後更に酷い状況になるか?

そんな娘の姿が目に入るのが耐えきれなくて我輩、泣きながら会場から離脱。
外でポケモンGOヤリながら只々時間が過ぎるのを待っておりました。
でもまさかね、娘が我輩と同じ轍を渡る人間になっていたとはね・・・
幼稚園の頃は結構リア充だったんだけどな、ウチの娘。

思えば我輩が学生時代に友人殆ど出来なかった理由、
ソレは我輩と趣味嗜好が合う人全く居なかったからなんですね。


音楽はクラシックが好き、趣味は切手やコインを集めること、
身体能力がダメダメだから運動なんてぇものは大っ嫌い。
映画は昔の戦争映画とか、007みたいなのが好き。
でもテレビはアニメや特撮モノが好きという輩と遊びたいやつなんて居なかった。
会話が合う人間が何処にも居なかったんですよ、我輩。

中学生になってちったぁマシな状況にはなりましたけどね、
それでも基本我輩はひとりぼっち路線暴走中でしたよ。
結局、友達が出来たのって高校生になってから。
この頃になると皆と話を合わせる思考も出てきましたからね。
でもやっぱり、1人で居るほうが気が楽だったのが本音。

そして親友と呼べるよーな友人が出来るよーになったのは、
サバイバルゲームするようになってからです。

だからね、我輩はサバゲーに感謝しているんです。
サバゲーがなかったら我輩は猟奇的犯罪者になっていたかもしれない。
そして吉六会同志や鯖芸部部員が居なかったらマジで首釣っていたかも。

娘もやはり、同世代の連中と趣味嗜好が会わないらしく、
会話が成立しないと言うか、共に語れる相手が存在しない模様。

分母、つまり人間の多い都会の学校なら波長の合う相手を見つけられるのでしょうが、
ココはクソ田舎、人数も少ないし人間も閉鎖的なんで、
サブカルクソ女の入り込むスキは何処にもなかったんでしょうね。

大体、我輩に言わせれば田舎がフレンドリーなんて言うのは地元住民の戯れ言。
田舎で仲が良いのは利害関係が一致している連中同士だけで、
他所から来た人間に対しては自分らと波長を合わせる人間、
つまりは言う事聞いてくれる奴じゃないと絶対仲良くしないのが田舎人。

多分、娘の置かれているこの状況は中学に行っても変わらないんです。
だって小学校の同級生がそのまま中学校の同級生だから、
今後3年間、心を許せる友人が出来ることはないでしょう。
似たよーな趣味嗜好の持ち主が引っ越してくれば良いんでしょうが、
ウチラが住んでいる場所は過疎化地帯だからご新規さん、殆ど来やしねぇし。

娘の卒業式で死にたくなるほど悲しい思いをした我輩でしたが、
一つだけ心が救われたと言うか、死にたいと思わなかったのが、

帰宅後の娘は別に今回の一見で泣くこともなく悲観する様子も見せずに
いつものように3DSでゲームやらお絵かきやらに没頭していたんですね。


イヤ本当は娘も泣きたい気分だったのかもしれませんが、
実は泣くのを通り越して感情が失われている状態なのかも。
悲観しすぎて顔つきが変わってしまった暁美ほむらみたいだな、ウチの娘。
我輩も社会人になって暫くは喜怒哀楽が薄い人間でした。

でもね、我輩はいつも思うんですがね、
小中学校の友人の中に、
大人になってまで付き合いが
ある奴がどれぐらい居るのかって?


地元にずっと残っていてパリピでリア充な輩は大人になっても
付き合いがある友人がある程度居るのかもしれませんが
地元を捨てた我輩なんか憲ちゃんぐらいしかそういう相手居ないもんね。

だからね、小中学生時代に自分を殺して無理して話題合わせながら、
うわべだけの友達作るぐらいなら1人で居るほうがマシだと思うんです。

高校ぐらいまでイケば成績が同じぐらいの人間が集まるから、
そこで少しは趣味嗜好が似通った人間と出会えるでしょうから、
そこから友人づくりに励めばいいと思うんです。

実際ウチの娘も「アイツラと仲良くしても面白くも何ともねぇ」とか言っているんで、
波長の会わない人間と無理して仲良くしても結局精神的メリットはないんですよ。
谷村新司さんの“いい日旅立ち”の歌詞にあるように、
「日本の何処かに私を待ってる人がいる」事を願いながら
今はじっと静かに生きているのが前向きな姿勢かもしれません。

でも、若いうちから人間関係の構成に努めたほうが、
後々の人生に有利と言うか、影響が出るというのもまた事実。

我輩なんか社会人になってから人間関係を築く重要性に気がついたんで、
トキ酢でお寿司、もとい、時既遅しで未だにそういうのには苦労しています。

いやしかし、保護者も我輩達が青森にいる間にコッチで距離を縮めあって、
子供と同じぐらいに仲良くなっていたり地元民同志だから元々仲良しだったりして、
余所者の我輩が入り込むスキがないっていうのも今回の一見で感じた今、
学校行事にわざわざ出てくるのもバカバカしい気がしてきました。

ところで現在の我輩、職場でも浮いた存在になって居場所ない気分だし、
家に居ても嫁とクソガキだけで盛り上がって居るよーな気がしなくもないし、
実は我輩の居場所って吉六会と
サバゲーフィールドしか無いんじゃねって?

もうそろそろ、色んな意味で我輩も精神的に潮時かな?  
Posted by 砥部良軍曹 at 03:43Comments(6)出来事