2010年12月15日

嫁に内緒でモーゼル・ミリタリーを購入

ボーナスのお小遣いが15000円と20㌦貰えたので、
嫁には内緒で調子に乗って新しい武器を購入してしまいました。
モーゼルM712 シュネールホイヤー。
一般的にモーゼル・ミリタリーと呼ばれている拳銃です。
ヤフオクで中国製の6mmBB弾仕様のブローバックするやつがあったので、
予備マガジン付き14Kの奴を何も言わずに躊躇無く購入。
品物が届いた時嫁は怪訝そうな眼差しで我輩を見ていましたが、
我輩の銭で買ったんだから問題なし、でしょ?




このモーゼルミリタリー独特の圧倒的な存在感、たまりませんね。
付属するマガジンは装弾数29発のロングマガジンのみ。
ショートマガジンの方がモーゼルらしいのですが、無いものは仕方が無い。
M712なのにフルオート射撃が出来ないのも悲しいのですが、
(セレクタはモールドになっており、動かせないし外せない)
金属部品を多用しているのでかなりの重量です。
(付属の説明書によると1300gぐらいあるらしい、かなり重い)



中国や台湾で一般的な高圧ガス仕様の為か、明らかにガスが入りません。
仕方が無いのでガスの注入口を加工して普通のガスが使えるようにします。
(バルブを取り外し、下の部分のばねを取り外す)
弾を入れて射撃したいところですが、社宅の敷地内でそれはご法度。
部屋の中で撃つのも躊躇するので空撃ちで作動を楽しみます。
発射時のブローバックの衝撃は銃自体が重い為かそこまでありませんが、
意外と素直にジャキジャキ動くボルトがたまりません。

因みにモーゼルミリタリーはボルトを一杯引くと
ハンマーに引っかかってボルトが固定されるのですが、
このモーゼルにはそういう機能は付いていませんし、ボルトストップもありません。
だからリアルさでは微妙ですが、空撃ちをガンガン楽しむ事も出来ます。
そして分解も実銃どおりというか、モデルガンのように分解可能。



嬉しくなったので10年前に別のモーゼル用に購入した
ストックホルスターにぶち込んでニヤニヤしながら悦に入ります。
モーゼルミリタリーはいざと言う時?ライフルのように使える様にする為、
ドイツのマイスター(職人)が手間暇かけて木をくりぬいて作った
ストックにもなるホルスターがあるのです。

余談ですがこのホルスターとハーネスで3万円ぐらいかかっています。
今ではとても手が出せる代物じゃありませんな。
ああ、引越し前にヤフオクで売らなくて良かった。



ホルスター部分をグリップに接続してストックにするとセクスィ。
この状態でストックを肩に当てながら射撃すれば正確に的に当てられます。
しかし接続部分が硬くて取り付けるのは勿論、外すのに一苦労。
プラスチックハンマーで叩いてようやく取り外しました。

追記:その後ストックの接続部分を削ってそこそこ取り付け易くしました。



息子も興味津々みたいなので持たせてみましたが、
いつも彼が愛用しているワルサーPPK/Sとは違い、
あまりの重たさに辟易しておりましたが、撃たせてみるとワクワクテカテカ。
昔の銃器って使い勝手は良くありませんが、何処かしら心惹かれるものがあります。
彼もやはりこの手のクラシックな拳銃が好みのようです。
息子の次の誕生日には南部14年式でも買ってあげましょうかね。

我輩がこの銃の存在を知ったのは幼稚園の頃、
父上の蔵書の中にあった拳銃の本を見た時の事でした。
その日以来ずっとこの拳銃に憧れ、未だにそれを引きずっています。
思えば我輩の思考は知識がそれなりに付いただけで、
36歳になった今も5歳の頃から全然進歩していないようですね。


同じカテゴリー(エアソフトガン)の記事画像
日本の漢(おとこ)の魂、三八式歩兵銃
ARES VZ-58Sを分解
パーソナルディフェンスな武器を手に入れた
パーソナルディフェンスな武器が欲しい
機関銃にはロマンがあるけど年寄りにはキツイw
ヒマだったのでSVDを短くしてみた
同じカテゴリー(エアソフトガン)の記事
 日本の漢(おとこ)の魂、三八式歩兵銃 (2017-11-18 23:06)
 ARES VZ-58Sを分解 (2017-10-16 00:13)
 パーソナルディフェンスな武器を手に入れた (2017-10-15 22:10)
 パーソナルディフェンスな武器が欲しい (2017-10-12 21:30)
 機関銃にはロマンがあるけど年寄りにはキツイw (2017-10-04 14:32)
 ヒマだったのでSVDを短くしてみた (2017-05-04 10:47)
この記事へのコメント
モーゼルM712、ナイスチョイス! 私もクラシックな拳銃好きです。
クラシック銃の中には人間工学など全く無視した造形の物も多いですが、アホウを(失礼!)惹きつけて止まない魅力を持ってますね。
モーゼルは私も所有してました。
閣下のストックホルスターを見て、高くて買えなかった昔を思い出し、少しだけ泣いてしまいました…ウソだけど。

モーゼルはその昔、ハリソン・フォードが「スターウォーズ」の中で、先っちょに変なハイダーつけて赤いビームをぶっ放してた様な気がしましたが… 違ったべか!?

う~ん、またモーゼル買おうかなぁ!? 金ならありますねんっ!!ウソだけど。
Posted by エアガンおやぢ at 2010年12月15日 21:23
懐かしい物を買いましたねェ。

若い頃に読んだ檀 一雄の小説「夕日と拳銃」の主人公伊達鱗之介が馬賊になって満州を馬に乗って走り回る時、
この拳銃を使っているのを見て憧れたこともありました。

何せ、スライドさせれば1000メートルの照準が付いてる拳銃なんて「凄い}の一言だけでは言い表せないでしょう。

35年位前、中国製のレプリカじゃなく独逸製の本物を見たときはただ感動でしたョ。
Posted by 骨董屋の親父 at 2010年12月15日 23:44
いいですねぇ~!
僕もモーゼル大好きなんですッ!!

現代風の装備の中にモーゼルとかいれちゃったら
渋かっこイイっておもってるんですよね~

俺もほしいですッ!!(笑
Posted by まっちゃん at 2010年12月17日 18:42
>>エアガンおやぢ様
ガン趣味が興じ過ぎるとグロックのような人間工学よりも
モーゼルのようなクラフトマンシップの方に心惹かれるんですよね。
この魅力は流行を追いかけるだけのガキには理解出来ません。

ハリソン・フォード演じるハン・ソロのブラスターは
おっしゃるとおりモーゼル・ミリタリーがベースです。
因みに昨日モーゼルミリタリーについて検索したところ、
マルシンがモーゼルM712の6mmヴァージョンを出すそうです。

>>骨董屋の親父様
父上までこの話題に食いつくとは・・・
しかし戦前少数とはいえ日本軍でも“モ式大型自動拳銃”と言う
名称で使われていたというモーゼルミリタリーですから、
過去多少は国内にも現存はしていたのでしょうねぇ。

あの大藪晴彦の小説にも出てこないモーゼルミリタリーが
檀一雄の小説に描かれていたのは驚き。

>>まっちゃん様
いやあ、流石に現代装備にモーゼルは色んな意味で厳しいっす。
実際サバゲでやってみたから間違いありません。
でもね・・・モーゼル最高っすよねぇ。
Posted by 伍長閣下伍長閣下 at 2010年12月17日 22:34
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
嫁に内緒でモーゼル・ミリタリーを購入
    コメント(4)