2012年09月22日

息子のやる気のなさに唖然

三沢は一昨日まで死ぬほど眩しくて暑かったはずなのに、
昨日から突然太陽の日差しも弱くなり、結構過ごしやすい気温です。
夜になると寒くて窓を開けるのも躊躇してしまうようになりました。
いつも風呂上がりはパンツ一丁だったのが今ではTシャツ羽織らないと寒いです。



さて、本日は息子の幼稚園の運動会でした。
娘の幼稚園の運動会の時はいつも曇りとか小雨で微妙な天気だったのに、
本日はそこそこ晴天でそこそこ涼しくて実に心地よい運動会日和。



しかし天気が良くても息子のやる気は何か微妙です。
駆け足競争なんかケツから2番目、ゴルフで言うとブービーです。
ま、これに関しましては我輩も運動神経はいい方ではないので仕方ないね。
しかしコイツ、走り方知らねぇんじゃねえかって感じの走り方でした。
最近の幼稚園では駆け足のやり方教えないんでしょうかね?
それとも我輩が腕立て伏せとアイアンクローしか教えなかったのがいけなかったのでしょうか?



駆け足が遅いのはまあいいとしましょう。
でも女に対して手が早いってのはどう思いますか?
神聖なる運動会でイチャついてんじゃねぇよ。頃すぞ。

でもねぇ、我輩の息子、野郎の友達があんまり居ないみたいなんです。
誰でしょうかねぇ?幼稚園は若いうちから入れといたほうが
コミュニケーション能力が付くとか抜かしていた馬鹿野郎は?適当なこと言ってんじゃねぇよ!
やはり幼稚園はある程度分別がつくようになった
年中ぐらいから入れた方が子供の精神的にもよろしいみたいです。
コミュ症で定評のある我輩同様、息子も人付き合いがあまり得意ではないみたいです。



となりに女の子が居なくなると息子、この体たらく。



一方、お姉ちゃんは卒園生の参加競技でハッスル!ハッスル!



親子競技の時は随分ノリノリな息子ですが、甘えてんじゃねぇよ。

しかしまだ息子は4歳、4歳といえば我輩的には赤ん坊に毛が生えた程度の生き物。
近くに親がいないとどうしようもないのは仕方がありませんと思います。
親が離れると泣き出す息子の同級生を見て少しだけそう思いました。
息子は我輩が近くにいなくても不貞腐れているだけなのでまだマシかもしれません。



まーこいつも我輩と同じで運動会嫌いなんでしょうかね?
遊ぶのは好きだけど、体動かすのが嫌いなところは我輩そっくりです。
運動会が終わると突然機嫌が良くなり、この後速攻で帰ろうとしました。

でもね、いつも我輩が言っているように子供なんて今がいいから
大人になっても真っ当にに成長しているとは限りません。
今後、ていうか遠い将来に期待するしかないですな。ジークハイル!
しかしコイツの将来は超期待出来るか、どうしようもないかの二択しかない予感。



やはりコイツは周囲に女が居ないと元気になれないみたいです。
齢4歳、この歳で既に野郎としての本能が目覚めつつあるんですねw


同じカテゴリー(イベント)の記事画像
第4日曜日のサバゲー飯は川南の軽トラ市で買おう
吉六会チャリンコ部、西都原にて死す
娘の誕生日をコストコメニュウで手抜きする
はぢめてのリエナクトメント参加
旧車の祭典 カーフェスタ宮崎in都農2017
新田原基地航空祭2017 追記
同じカテゴリー(イベント)の記事
 第4日曜日のサバゲー飯は川南の軽トラ市で買おう (2018-05-27 22:33)
 吉六会チャリンコ部、西都原にて死す (2018-01-21 21:55)
 娘の誕生日をコストコメニュウで手抜きする (2018-01-05 23:55)
 はぢめてのリエナクトメント参加 (2017-12-22 03:33)
 旧車の祭典 カーフェスタ宮崎in都農2017 (2017-12-10 23:13)
 新田原基地航空祭2017 追記 (2017-12-04 06:57)
Posted by 砥部良軍曹 at 21:59│Comments(2)イベント
この記事へのコメント
息子くんが 優しくて、可愛くて、面白いから
女の子の方が ほっとかないのでしょう!
将来 お嫁さん選びに 閣下の 好みを
押し付けないように・・・ね・・・( 笑 )
Posted by れい at 2012年09月23日 07:37
>れい様
いや、息子は結構勢い先走りで女の子からは
あんまり相手にされていませんでした。残念です。

でも将来のことを考えると野郎と付き合うよりも
女の子を口説く方法を会得した方が今後の為なので、
これからも是非ともナンパ路線を走って欲しいところですが、
この分ですとボチボチ諦め路線に入りそうな予感です。
Posted by 伍長閣下 at 2012年09月24日 21:30
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
息子のやる気のなさに唖然
    コメント(2)