2012年10月31日

TRICKorTREAT?

先ほど久しぶりにみやchanブログのメインページを覗いてみたら
我輩のブログが2位にランキングしているのを見て
驚き桃の木下関な砥部良(とべら)伍長です。
しかしランキングのアップとは裏腹に我輩のブログ更新量は減っている現状。
でも仕方ないね、最近ネタになるよーな行動していないもん。

とはいえ、みやchanブログ2位のブログらしい体裁を保つ為に
コメントする程でもないと思われる活動でも適当にアップすることにします。



ハロウィン、それは日本人には未だ馴染みの浅い外国文化。
メディアでは随分浸透してきたよーな感じで紹介していますが、
宮崎に居た頃は「ハロウィン?何それ美味しいの?」って感じだったし、
我輩的にも「ああ、女神転生Ⅱのジャックランタンの首刎ねて
玄関に誇らしげに飾る祭りか?」
ぐらいのイメージでした。

ていうか、仮装をした子供が人の家を練り歩いて
お菓子を強奪するという祭りの中身が意味不明。
あ、でも新富町でも似たような祭りというかイベントがあったな。
ガキ共が徒党を組んで我輩の住むアパート周辺の住宅街を練り歩いて
容赦なく玄関に立ってお菓子をくれと叫んでるの、あれもハロウィンだったのか?


でもアメリカ文化が微妙に浸透しているような気がする三沢では
街を盛り上げる一つの祭りとして認知されている感じです。
“三沢ハロウィン祭り”とかいう祭りがあって商店街でお菓子配ったり、
何か色々イベントしたり、出店が出たり、街行く人がコスプレしていたりして
少しだけカオスな雰囲気を醸し出していますからね。

そんな意味不明で日本人には解りづらいお祭りであるハロウィンですが、
さくっと言ってしまうとよーするに収穫祭の事らしいですね。
しかもキリスト教の祭りなのかと思ったら、非宗教的な文化らしいです。
だから敬虔なカトリックの人はハロウィンをやらないそうです。
余談ですがロシアではハロウィンは国が「死のカルト」という位置づけをしているらしく、
ハロウィンという言葉を口にしただけでKGBに射殺されるそうです。おそロシア。


まあ最近では日本でも商売人がステマの為に
色んな商品展開を繰り広げながらハロウィンを日本に定着させようと必死ですが、
ハロウィンの正式な日時である10月31日が
国民の休日にでもならない限りそれは無理な話ですね。



しかしハロウィンの本場アメリカでは話は別。
普段日本人が立ち入ると射殺されそうな雰囲気の米軍住宅の密集する地域内では
各家庭が玄関に飾り付けをして、お菓子を準備して玄関にスタンバイして、
クソ寒い中仮装した子供たちが来るのを笑顔で待ち構えています。
そしてメイドインUSAの得体の知れないお菓子をくれるんですね。

我輩一家も職場の上司に連れられて米軍の居住地域に入り込み、
一緒に「TRICKorTREAT!」と意味不明な呪文を叫びながら
子供達にお菓子を貰いに行かせました。
とりあえず最近調子こいている息子には下手に騒いで
米軍の家族を挑発しないように言い聞かせときました。
じゃないとベレッタM92FS辺りで9mmの風穴開けられるかもしれませんからね。



中にはこーいう感じで家族全員えげつない格好でお出迎えする家庭も。
いやー、こういうノリ我輩好きだなぁ。
ハロウィンは子供たちがお菓子をもらって喜ぶ祭りであると共に、
親も一緒に盛り上がって家族の和を深める祭りなのかもしれません。

或いは子供達に知らない家庭を巡回させながら礼儀とか人との触れ合いとかを
自然に学んでもらおうという目論見もあるのかもしれません。
うん、ガキに過保護な日本人も街レベルでバンバンこのお祭りをやるべきだな。



子供達の収穫祭終了後は戦利品の確認ですな。
こういう何かを得る事が出来る思い出って一生残るんですよねぇ。
将来ウチのクソガキ共は我輩が三沢に飛ばされた事に感謝してくれることでしょう。



これがうちのクソガキ共が手に入れた戦利品。
中にはスニッカーズやミルキーウェイ、キットカットみたいな
日本でもスーパーで見かける機会も多い珍しくないお菓子もありますが、
グミキャンディーとかラムネとかチョコレートとか日本ではお目にかかれない上に、
日本人の味覚には確実にヒットしない代物も多数存在します。



中でもこの真っ赤な物体、ゴムホース食っているよーな食感がする
味も得体の知れないお菓子
はどこがよろしいのか理解不能です。
このお菓子って我々ジャップに対する嫌がらせじゃねぇのかって思います。
あまりにも不味いので同志の誰かにでも送りつけてやろうかって感じです。


同じカテゴリー(イベント)の記事画像
第4日曜日のサバゲー飯は川南の軽トラ市で買おう
吉六会チャリンコ部、西都原にて死す
娘の誕生日をコストコメニュウで手抜きする
はぢめてのリエナクトメント参加
旧車の祭典 カーフェスタ宮崎in都農2017
新田原基地航空祭2017 追記
同じカテゴリー(イベント)の記事
 第4日曜日のサバゲー飯は川南の軽トラ市で買おう (2018-05-27 22:33)
 吉六会チャリンコ部、西都原にて死す (2018-01-21 21:55)
 娘の誕生日をコストコメニュウで手抜きする (2018-01-05 23:55)
 はぢめてのリエナクトメント参加 (2017-12-22 03:33)
 旧車の祭典 カーフェスタ宮崎in都農2017 (2017-12-10 23:13)
 新田原基地航空祭2017 追記 (2017-12-04 06:57)
Posted by 砥部良軍曹 at 22:26│Comments(5)イベント
この記事へのコメント
やはり出陣してましたか(*^。^*)わが家も遅れながら『trick or treat』してきました。その赤いのは本当に不思議ですね(;´Д`)
Posted by なまはげ母さん at 2012年11月01日 01:38
ご無沙汰してます、おやぢです。
諸事情によりカキコもままならない日々が続いてました。

ハロウィンに似た行事は私がクソガキの頃、30数年前の北海道の田舎には確かに存在してました。
その名を『ロウソク出せ』といいます。 ロウソクは閣下が夜のお楽しみタイムに使用するあのロウソクと同じです、たぶん。
実施時期はお盆の頃で、ハロウィンのように10月の末だと北海道では凍死する者が出てしまうキケンがあるので夏なのでしょう。
何をするかと言うと、小学生が中心で6年生がリーダーとなり10人前後のガキを引き連れ「♪ろーそく出ーせ出~せ~よ~、出ーさーないとドン突くぞ~、お~ま~け~にかっちゃく(引っ掻くの北海道弁)ぞぉ~♫」と近所の家々の玄関先で歌い、脅して回るというものです。
その際脅された家の住民は、猟銃を発砲したり通報することもなくロウソクやご祝儀、お菓子やジュースをくれます。
正直ロウソクもらっても嬉しくも何ともありませんが、なぜロウソクだったのかは今も分かりません。 ずっと昔からそうでしたし、当時それを疑問に思うガキは一人もいませんでした。
ロウソクが貴重な時代の名残なんでしょうかね?
ガキグループにはそれぞれ縄張りがあり、互いにそれを侵す事なく練り歩いてました。 親に監視されずに夜遊び出来るとあってどの子も皆ハイテンションで、私はナゼかよく鼻血を出してました。
そうして集めたご祝儀は全て花火の購入に使い、最後は盛大な花火大会を開催し、お菓子やジュースは均等に山分けにして持って帰りました。
ハロウィンが一般に知られるようになったのは最近ですよね? 初めてその存在を知った時、私「なに!? これってロウソク出せじゃん!」って思いましたもん。
「毛唐め!パクリやがったな!!」と語気を荒げましたが、後にそうではないと分かり赤面いたしました。
遠い異国の風習と、わが田舎の今は廃れてしまった行事との共通点を、懐かしさと共に不思議に想う晩秋の夜でございます。
Posted by エアガンおやぢ at 2012年11月01日 17:43
>なまはげ母さん
クソガキ共、今年も大量にお菓子仕入れてきました。
また来年も逝きたいといっております。

赤いのは誰も食わないし、一緒に来てた鬼少尉の子供達も
「これ要らないからあげる」っていって我輩に全部押し付けやがったので、
職場に持っていきましたが、やっぱり誰も食いません。
あれってアメリカ人、マジで美味しいと思って食っているんでしょうかね?

>エアガンおやぢ様
久しぶりのコメントでなかなか読みごたえのある文章ありがとうございます。

そ〜いう祭りって何処でもって訳でもないみたいですが、
チョコチョコ存在はしているみたいですね。
ローソク出せって割にはお菓子も出してくれるみたいですし。
ま、子供がローソクもらっても嬉しくもなんともないでしょうがね。

しかし何故にローソクなのかは意味不明です。
まさか腕とか足に垂らすわけでもないでしょうしねぇ?
あれ、普通のローソクでやるとかなり熱いから止めといた方がいいっすよ。
バースデーケーキのローソクでやってマジ熱かったっす。
Posted by 伍長閣下 at 2012年11月01日 20:06
そういえば、湯布院でも31日夕方、家の近くで同じような格好をした集団が練り歩いていました。

ハロウィンは耶蘇教の祭りではなかったんですね。
この年まで気にすることなく生きてきましたので知りませんでした。
また一つ良いお勉強させて貰いました。

年を取ったのか目が悪くなったのか黄色い文字部分が全く読めません。
最初から読めないことを分かって書いているのでしようと理解しました。

孫ちゃん達、こんなに菓子を食うと歯磨きが大変ですなー。
儂の歯のようにならんように爺さまが歯磨きしろと言っていたと伝えてください。
Posted by 骨董屋の親父 at 2012年11月01日 21:54
>骨董屋の親父様
ほほー、湯布院のような街でもハロウィンやっているんですな。
時代は変わったものです。

我輩もハロウィンがキリスト様とはあんまり関係ないことを
つい最近知りまして「はー、アメリカ人も結構節操ないな」と思った次第。
どーやらあれはケルト人のお祭りらしいですな。

黄色い部分は左クリックでドラッグしながら裏返すと見られるんですね。

ウチのクソガキ共は歯磨きはしているみたいですが、
強く磨きすぎて歯ブラシがすぐボロボロになるのが困りものです。
Posted by 伍長閣下 at 2012年11月03日 08:11
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
TRICKorTREAT?
    コメント(5)