2013年08月18日

別府の青い温泉

婆ちゃんの初盆を終え、宮崎に戻る前に逝っておきたい所がありました。
それは別府の“観海寺温泉”にあるという“いちのいで会館”。

ここの温泉は青い温泉だというので地球上にそんな奇天烈なシロモノが
存在するのかどーか真実しか見ない我輩の目で確認してやろうと思い、
ナビを設定して向かったところ目的地にすんなり着きはしたのですが、
観海寺温泉の付近に入るとウニモグじゃねぇと登れないんじゃねぇかと
思わされるぐらいの凄く・・・急斜面ですな道を走らされてドキドキプリキュアでした。

何せね、道路の先じゃなくて天が見えるぐらいの急斜面登るんですよ。
嫁のおねーさんから借りてきた2代目ステッポワゴンでは
「やれるのか、おい!」と思いましたねいやマジで。



この温泉の不思議ポイント。ここは温泉ではない?
この“いちのいで会館”は温泉でも旅館でもなく仕出し屋らしいんです。
なので温泉に入る為にはここで飯を食う必要があるのです。

飯代と温泉代込みで大人は1480円。
子供はお子様ランチを注文する場合は680円。

そして飯を食う前にお風呂に入るというシステムになっております。
因みにタオルは持参する必要があります。



風呂は景観の湯と金鉱の湯とあり、日替わりで男女の浴槽が代わるそうです。
有名なのは別府の風景を一望出来るという景観の湯なんですが、
残念な事にこの日の男風呂は山の中の金鉱の湯。



と言う訳で嫁は一人で景色を堪能出来る浴槽へ。
こちらは風呂場も広く、別府市内をバッチリ拝見出来たみたいです。



我輩とクソガキ共は山の中にある“金鉱の湯”に向かいます。
一応クソガキ共に「お母さんのお風呂の方が景色がいいらしいぞ」と言ったのですが、
娘は「お父さんと入った方が長くお風呂に入れる」という
不思議な理由で我輩と一緒の風呂に入る事にしたようです。



風呂場には着替え小屋と露天風呂の広い浴槽が2つ、
そして温泉の蒸気を利用した天然サウナの小屋があるのみです。
浴槽はこれまでに見たこともないような青色が広がります。
これだけを見る為にここまで来た価値があるというものです。



我輩だけでなくクソガキ共もこの神秘的な光景にもう我慢出来ず、
速攻で服脱いで湯に浸かって大自然の神秘を堪能します。
お湯はサラッとしていてクセのない軽い感じ。

露天風呂大好きなクソガキ共は景色は見られなくても
このシチュエーションだけで大満足らしく「ずっとここに居たいね・・・」と意味不明発言。
勿論我輩も満足なんですが何かが物足りねぇ・・・風景・・・

因みにパッと見青い温泉ですが、本当にお湯が青いわけではありません。
温泉の成分と太陽と光の具合で青く見えるだけらしいです。
余談ですが風呂掃除した直後に来ると透明なお湯らしいです。
何か噂によると美白成分が一般的な温泉の3倍ぐらいあるらしいですね。



20分ぐらいお湯に浸かり10分ぐらい全裸仁王立ちになってクーリングして
食事をする広間に入ると既に嫁スタンバイ状態。
そして昼御飯は松花堂弁当。1480円の割には何か見た目にパッとしねぇな。
夏場以外の時期に来ると大分名物団子汁定食が出るそうです。

我輩、正直何か残念な気分で弁当をつついていたんですが、
弁当だけど全てが作りたてでほんのり温かく、とり天なかなか旨し。
鯖の塩焼きも身がホックリ塩加減必要にして充分。
エビチリは「なんで1匹しか入れてないんじゃい!」と文句つけたくなりました。
煮物もシンプルなのに味わい深くてホイホイ食っちまいましたよ。
気がついたら梅干となます以外は完食した自分がいました。
(我輩は酢の物が嫌いなのでなますが食えねぇの)



お子様ランチのクオリティも弁当と同レベルでクソガキ共も満足。
我輩よりもクソガキ共の方がこの温泉を堪能したみたいですな。
次回は是非とも景観の湯を堪能して団子汁を食いたいものです。

飯付きとは言え1480円はお値段的に高い気もしますが、
なかなか味わえない青色の温泉、来てみる価値はあると思います。

ま、うちの近所には風呂入るだけで1500円の温泉あるからそれよりゃマシ。


同じカテゴリー(お出かけ)の記事画像
福岡科学館に逝ってきた
石川での思い出その壱
三沢での思ひで 青森屋で駆け足
久しぶりの鹿屋
一枚目の写真に最もふさわしいセリフを書き込め(迫真)
霧島温泉の奥地にあった魔境
同じカテゴリー(お出かけ)の記事
 福岡科学館に逝ってきた (2018-08-25 22:43)
 石川での思い出その壱 (2018-08-09 22:21)
 三沢での思ひで 青森屋で駆け足 (2018-06-04 23:13)
 久しぶりの鹿屋 (2018-03-03 23:11)
 一枚目の写真に最もふさわしいセリフを書き込め(迫真) (2018-02-04 22:17)
 霧島温泉の奥地にあった魔境 (2018-01-10 21:03)
Posted by 砥部良軍曹 at 09:00│Comments(2)お出かけ
この記事へのコメント
ご無沙汰してます
この前、大分 別府行きました!ひょうたん温泉が、お気に入りです!
何故か、別府の自衛隊駐屯地の前のラブホは迷彩柄のラブホなんで、閣下にはお薦め!
宮崎・鹿児島辺りですが、真っ白な濁り湯で、たまたま行った温泉が、混浴だったです! 私が入ったら 殿方が逃げて行きました! なして?
Posted by はにわ熟 at 2013年08月18日 21:11
>はにわ熟様
お久しぶりです。
我輩も過去、ひょうたん温泉はお気に入りで
別府に来る度に毎回入っていました。

別府には嫁がまだ彼女だった頃何回か逝ったことがあるので、
別府駐屯地前のラブホは知っていますが入ったことはないですねぇ。
確かあのラブホは温泉が出るはずなので一度は逝きたいです。

混浴で野郎が逃げ出すのは恥ずかしいからですよ。
最近の野郎共は軟弱ものが多いですからね。
我輩なら堂々と〇起させてその場に居ますがねw
Posted by 伍長閣下伍長閣下 at 2013年08月18日 21:49
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
別府の青い温泉
    コメント(2)