2009年11月04日

娘が「化け物の集まり」と形容したスピリチュアルな空間



昨日のルピナスパークから撤収する際に近くを通りかかったので、
スピリチュアルな雰囲気に誘われて“高鍋大師”(たかなべだいしと読むらしい)に逝ってみました。
しかしながらぶっちゃけ我輩、過去に嫁とその友達と一緒に行って、
何があるとかどういう場所であるかは理解しておりますが、
ここが何を意味する場所であるかまったく理解しておりません。

いくつか漠然と理解している事項は↓

☆宮崎観光遺産に選定された場所である

☆大小さまざまな石像が大量にある

☆しかもその石像の大半が物凄い形状をしている

☆でも石像に戦闘能力はないし、動かない

☆駐車場で高鍋警察署の警察官が拳銃自殺した
(余談であるがこの自殺した警察官は後輩がバイクで
事故った時に取調べで関わった人だったらしい)

☆心霊スポットではない

と、この程度の知識しか有していないのでございます。



さて、我輩はここに来る際に10号線から細い道に入ってきたのですが、
途中途中に上記写真のような看板があるので、迷う事無く無事到着。
道の途中には持田古墳群もあり、太古の霊的パワーを授かりそうな雰囲気。
しかし石像群の手前に賽の河原のような場所があり、不気味さをアピール。
これでいいのか宮崎観光遺産?我輩はこういうの好きですがw



この賽の河原を抜けるとでかい阿修羅のような石像が登場。
娘は相当びびっており「化け物がいる!」と絶叫。
因みにこの駐車場から見る高鍋町と小丸川の風景は
天空から見下ろす景色のようで絶品です。これ見るだけでも逝く価値あり。

そういう情景も相まってこの石像が「天空の城ラピュタ」に
出てくるあのロボット兵士に見えてこなくもないかなと妄想。



折角来たのだから石像を見てみましょう。
大抵は人型の物が多く存在しますが、亀も居ます。
不気味な鶴のような奴も居ました。訳わからねぇ・・・
でかい石像には後ろからつっかえ棒をしているのがシュールです。
娘は興味津々ですが、微妙にびびっています。
ところでこの石像を見てくれ、こいつをどう思う?




何やら不思議な建物があるので、中を覗いて見ると、
ご本尊でしょうか、そういう類のものが鎮座しておりました。
とりあえず進入し、挨拶しましたが人が居ません。
ううむ、駅だけでなく宮崎観光遺産まで無人なのか?恐るべし宮崎県。
勝手にお賽銭をあげて人類の平和を祈り手を合わせてきました。



その後娘が「赤い建物が気になる」と言うので、2人で勇気を振り絞って突入。
中には白い犬の石像が鎮座しています。
しかしこの建物その意図といい、何故に赤いのかやはり理解不能。
ひょっとしたら・・・赤軍?ソヴィエトとなんか関係あるの?
それとも・・・シャアか!あの赤い彗星の!!



そういう妄想に浸っていると別のエリアにはこういう石像が。
茶稗と書かれているところを見ると、この大きな石像は千利休でしょうか?
ここは雑多に様々なものが色々な思考の元に奉られており、
妖精の声を聞くことが出来る我輩でもその意図が不明な場所ではありますが、
精神的に惹かれる雰囲気に満ちた、不思議なスポットでした。
しかし娘は帰るまで幾度となく「化け物」と言う言葉を連呼しておりました。

高鍋町には今度来るまでに是非ともお土産売り場を開設し、
そこで「大師くんグッズ」を販売していただきたい次第でございます。
大師くん携帯ストラップ、結構売れると思うんだけだなぁ・・・

追記:最近のご当地キャラブームに乗っかって出てきやがりましたね。
“たか鍋大師くん”っていうんですか?
今後の括約、もとい活躍に期待したいところです。


同じカテゴリー(お出かけ)の記事画像
石川での思い出その壱
三沢での思ひで 青森屋で駆け足
久しぶりの鹿屋
一枚目の写真に最もふさわしいセリフを書き込め(迫真)
霧島温泉の奥地にあった魔境
帰省しているのに旅館に泊まるのって楽しい
同じカテゴリー(お出かけ)の記事
 石川での思い出その壱 (2018-08-09 22:21)
 三沢での思ひで 青森屋で駆け足 (2018-06-04 23:13)
 久しぶりの鹿屋 (2018-03-03 23:11)
 一枚目の写真に最もふさわしいセリフを書き込め(迫真) (2018-02-04 22:17)
 霧島温泉の奥地にあった魔境 (2018-01-10 21:03)
 帰省しているのに旅館に泊まるのって楽しい (2017-09-09 03:11)
Posted by 砥部良軍曹 at 18:00│Comments(5)お出かけ
この記事へのコメント
その昔、タンみやのコマ地図で此処に辿り付いた事があり、時間も夜遅い時間だった為にそこはかとない恐怖を感じました。
(流石に眼からビームが出そうな雰囲気はありませんでしたがね・・・)

巨石像というのは何ともロマンを感じます。
Posted by スカルガンナー at 2009年11月04日 20:36
ここには日本的ホラー映画を観た後に夜行ってください。

限度のない恐怖を感じることができます。特に赤い鳥居と、その奥!

サイコーです。昔は建物の下に手掘りのトンネルがあって入れたんですが

今は封鎖されて入れません。トンネルの中も地蔵だらけでした。

こっそり開けてチャレンジしてみてはいかが?
Posted by 花屋 at 2009年11月04日 20:41
>>スカルガンナー殿
流石に、夜遅くあの場所に足を踏み入れるのは
相当な勇気と覚悟が必要ですな。
でも何かが起こるかもしれないような期待感がありますな。
まさに巨石像はロマンの塊です。

>>花屋様
建物の下に手堀りのトンネル!?しかも地蔵だらけ!?
それは是非とも拝見したい代物です!
夜に大師様に逝くのもオツかもしれませんね。
次回後輩と一緒に逝って見ましょうか。
Posted by 伍長閣下伍長閣下 at 2009年11月04日 23:13
行ったことないです…
高鍋にこんな場所があるとは…

おばけ系には滅法弱いので、夜は絶対に行きたくないです!

今日私がupした神たちもここの神には負けそう…(-_-)
Posted by noinoinoinoi at 2009年11月08日 19:23
>>noinoi様
ここは我輩の周囲にも逝った事のない人間が大多数なので、
結構マニアックなスポットという位置付けのようですよ。

ご利益はともかく、迫力はこちらが上でしょう。
派手さは香港の方が勝っているようですがね。
Posted by 伍長閣下伍長閣下 at 2009年11月08日 23:30
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
娘が「化け物の集まり」と形容したスピリチュアルな空間
    コメント(5)