2011年01月04日

戦闘妖精ウナギゐヌ

2日の夜と3日に飯を食うのも返上して今回の休暇の分のブログを
アップしたらアッークセス数が700を超えてしまいました。
いやあ、流石に2日で10日分のブログを連ねるのは疲れましたわ。
お陰さまでついにみやchanランキングベストテンに進出です。
でもね、それだけ沢山の方々がアッークセスしているのに、
常連さん以外の書き込みがま~ったく無いのが寂しい・・・

やはりあれですかね、全てにおいて挑発的且つ不快過ぎて
一見さんは速攻で“戻る”を押してしまうんでしょうかね?
大体、どのブログも大抵は「いらっしゃいませ、気軽にどうぞ」的な文章を
タイトルの横に添えているのに我輩のだけ「良かったのかいホイホイアクセスして」
等と言う喧嘩売ってるような文章ですからねぇ。

しかし我輩のモットーは「退かぬ!媚びぬ!顧みぬ!」ですからね。
と言うわけで今回も挑発的に攻めてみようと思います。



漢(おとこ)とは何か?
そう問われたらこの写真を見せるのが手っ取り早い。
戦う為に人間界に光臨した妖精、同志ウナギゐヌの雄姿をとくとご覧あれ!



愛馬DEEP DARK FANTASY号(YAMAHA FAZER)に跨りながら、
ここまで漢(おとこ)らしさを肉体で具体化する獣はそう存在しないだろう。
セクシィと言う言葉はまさに彼の為にあるようなものだ。



漢(おとこ)は背中で語ると言われるが、彼は身体の全てで語りかける。
「この季節にこの格好は寒い」と。
しかし彼はセクシィさの追及の為ならどんな格好も辞さない。
だらしねぇノンケはこの心意気の欠片すら理解出来ないだろう。



漢(おとこ)が漢(おとこ)であり続けるのが難しい現代社会に
彼のような漢(おとこ)が存在する事は素晴らしい事態ではなかろうか?
今後不況の日本を変えていくのは彼のような“熱さ”だと信じてやまない。
そして今の日本を駄目にしているのは彼のような妖精の存在を理解出来ない
だらしねぇ人間共の仕業である事を声を大にして叫びたい。


同じカテゴリー(演説)の記事画像
もう、普通のランチでは満足出来ない
巨星墜つ
おせちの哲学
ありがとう三沢、そしてさようなら
ポケモンって本当はグレートなモンスターだよな
おかしな奴らの話は何処かで矛盾している
同じカテゴリー(演説)の記事
 もう、普通のランチでは満足出来ない (2017-06-14 23:17)
 巨星墜つ (2017-03-27 01:24)
 やっぱり、青森の方が楽しかった? (2017-03-05 22:29)
 おせちの哲学 (2017-01-01 10:38)
 リア充?否!それが哲学!? (2016-09-08 21:30)
 ありがとう三沢、そしてさようなら (2016-07-31 17:09)
Posted by 砥部良軍曹 at 18:00│Comments(2)演説
この記事へのコメント
こういうスタンスを貫くことの難しさを身に染みて理解した五年間でした、やはり自分は何処にいってものけ者のようです・・・・だがそれがいい・・・
Posted by ウナギゐヌ at 2011年01月05日 22:51
>>ウナギゐヌ
わかったろ、普通ではない事の難しさが。
そして普通でいる事のくだらなさも同様に理解したろう?

しかし我輩のように同様のスタンスを10年以上貫き通すと、
違う土地に来て辛い思いをするという諸刃の剣。
そして普通でない事を隠し通す事の大変さ。
もうね、改造人間の気持ちがよく解るw
Posted by 伍長閣下伍長閣下 at 2011年01月05日 23:50
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
戦闘妖精ウナギゐヌ
    コメント(2)