2011年08月09日

BORN TO FUCK!



我輩のクソボウズがやっと3歳になりました。
娘が3歳になるまではそんなに時間がかからなかった気がしますが、
息子はようやく3歳になったと言う気がするのはどういうことでしょう?
やはり女の子より男の子の方が成長が遅いのでしょうかね?
ウィザードリィの侍とかロードとか忍者みたいに??

まあ実際、娘に比べると息子は結構頭が悪いです。
娘は2歳ぐらいで1から10まで数えられるようになりましたが、
息子は3歳になる前にようやく数えられるようになりました。
言葉は娘より色々喋る様になりましたが、発言の全てが意味不明です。
あ、そういえば今の総理大臣も発言の全てが3歳児並みに意味不明だw

息子がアフォなのは毎日のようにDrペッパーを飲ませているのが原因でしょうか?
3歳児に炭酸飲料を飲ませるのはどうかとも思わなくもありませんが、
本人が美味しいといっているのだから仕方ありませんね。
多分将来息子が父親になったとき、彼はDrペッパーについてこう語ることでしょう。

「オヤヂが飲ませてくれた不思議な飲み物。それはDrペッパーという名前で、当時私は2歳でした。
その味は23種類のスパイスとフルーツフレーバーによる芳醇なコクと香りに満ちており、
こんな素晴らしいジュースをもらえる私はきっと特別な存在なのだと感じました。
今では私がオヤヂになりました。息子にあげるのはもちろんDrペッパー。
なぜなら、彼もまた特別な存在だからです。 」




ま、子供というものは親にとって特別な存在であり、そうでもない感じ。
でもうちの子供達、とくに息子はそこら辺のだらしねぇノンケとは違うのかなぁとたまに思います。
まあ普通じゃねぇ親が普通に育てるとこういう風になるという見本。
今の所息子は我輩のお腹、もとい背中を見てすくすくと育っているようです。
しかし一言苦言をするなら「貴様が被っているものは帽子ではない、椅子だ」。

息子は生まれてきた時あまりにも我輩に似ていないので帝王切開後ぐったりしていた嫁に
「おい、こいつ本当に我輩の息子か?他の野郎の(以下略)」と聞いた我輩ですが、
今見てみると顔や性格はともかく、好きな食い物や嗜好は我輩そっくりです。
彼の目の前にモーゼルミリタリーとSIG P226を置くと彼は迷わずモーゼルを選びます。
ま、ガキだからぶっちゃけスライドが動けばどれでもいいのでしょうがね。



そういえばこないだ息子は米軍基地内のレクリエーションセンターで
米軍の息子と喧嘩をして、そのお父さんに中指を立てられたそうです
息子のせいで危うく第3次世界大戦が勃発するかと思いましたが、
その挑発的な行動は親としては頼もしく思え、今後の成長が楽しみです。

我輩に出来ない事を平然とやってのける。そこにしびれるあこがれるぅ!
息子には死ぬまでこのまま攻撃的に人生を生きていただきたい。
でもこのまま成長してしまうと長生きは出来なさそうな感じですね。

でも幼少時代の我輩と違い、息子は虫が苦手。
コガネムシもカブトムシもクワガタムシも毛虫も蛾も大嫌いです。
変なところでヘタレなのも我輩に似てしまったのですね、ああ。
でもデューク東郷もある程度の臆病さは必要だとおっしゃっています。



世の中の息子を持つ父親が息子をどのように育てているのか解りませんが、
今の状況を見ているとこれでもいいのかなと思います。
野郎と言う生き物は何か考えながら行動するよりも直感で行動する方が上手くいくものです。
だからこの先我輩も直感で息子を育てていこうと思います。
そして息子も直感で人生を生き延びれるようにしたいものですねぇ。


同じカテゴリー(出来事)の記事画像
娘、中学生になる
ダラダラ過ごした春休み
雨は夜更け過ぎても雪に変わらない
小学校最後の運動会
嫁、マグナムな歳になる
ウラルの白熊、宮崎に現る
同じカテゴリー(出来事)の記事
 娘、中学生になる (2018-04-10 12:34)
 ダラダラ過ごした春休み (2018-04-01 23:25)
 涙の出ない卒業式 (2018-03-24 03:43)
 雨は夜更け過ぎても雪に変わらない (2017-12-24 22:54)
 小学校最後の運動会 (2017-09-24 22:32)
 嫁、マグナムな歳になる (2017-08-21 23:43)
Posted by 砥部良軍曹 at 08:16│Comments(2)出来事
この記事へのコメント
三歳のお誕生日おめでとう。


素直な男子に育っているようですね

三つ児の魂は百までと俗に言います。
その子の人格形成は幼い時代に出来上がるので素直に育つというのはある意味Goodじゃありませんか

都合よく育ったかなんて育て上げられた本人にしか分からないのですから

人間、少しくらい好き嫌いはあっても悪くはないけど嫌いなものは克服できるように努力しなさい。

オヤジ殿のようにヒト科以外の動物嫌いにならないように。
Posted by 骨董屋の親父と嬶 at 2011年08月09日 10:27
>>骨董屋の親父と嬶様

いや、ぜんぜん素直じゃないです。我輩に似て?
でも娘より好き嫌いがないのがせめてもの救い。
そしていろいろなものに興味を示すところは評価できます。

ま、何も考えずのんびり育ててみますわ。
Posted by 伍長閣下 at 2011年08月10日 12:08
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
BORN TO FUCK!
    コメント(2)