2011年12月17日

我輩が食した宮崎のクリスマスディナー

こないだの土曜日に鯖芸部で忘年会を実施したのですが、
その時のお話でお約束のように「今どんな銃が欲しいか?」という話題になったのですが、
その時愛読書は“MCあくしず”というヲタ野郎の後輩が
「僕が今欲しい銃(じゅう)は“リア充(じゅう)”です」
実にもっともな答えを出してきたので一同大爆笑&同意。
(注釈:リア充とはリアル世界が充実しているという言葉の略で、要は彼女や嫁が居る事)

そんな発言をした彼の妄想の中の嫁は多分“けいおん!”の琴吹紬か、
“魔法少女まどか☆マギカ”の美樹さやかなのでしょう。見た事ないから知らんけど。

さて、そんなリア充な方々のクリスマスの悩みといえば
何処でクリスマスディナーを喰らうか、それに尽きますね。多分。
12月初旬までにクリスマスディナーの舞台を何処に決めるか、
そしてそれが成功するかがその後性交出来るかに係っていますからねw

因みに我輩の経験上、12月初旬までに場所を予約しないと、
中旬を過ぎたあたりから人気店は軒並み予約で一杯です。
でも24日は駄目でも、25日は大丈夫な場合もあります。

でも前回も申しましたとおり我輩、嫁と5年ぐらい突き合って、
間違えた、付き合っていたにもかかわらず、
付き合っていた期間中1度もクリスマスイブにディナーを食した事がないのです。
25日にディナーを食ったのも1回だけでしたね。
余談ですが我が家の入籍記念日は12月24日です。何度も言わせんな恥ずかしい。

そんな我輩の記念すべき1発目のクリスマスディナーの舞台は
我輩がよく通っていた宮崎駅付近のエアガンショップの近所に在った
“I'm cafe”という店でしたが、ぐぐってみたところ今はこの店はないみたいですね。
確かパスタや肉、魚のコース料理を食べた記憶があります。

そして2回目のディナーは確か22日辺りに食いに行ったんですね。
でも生憎24日が仕事だったので、22日にクリスマスディナー。
だからお店の中は他に1組しか客がいなくてほぼ貸しきり状態でしたね。
その時行った店は宮崎市内の城ヶ崎にある“プチ・シャレー”というスイス料理屋さん。
4000円ぐらいの前菜やちょっとした料理とチーズフォンデュのコースでしたが、
我輩と嫁2人とも初体験のチーズフォンデュにかなり満足しましたね。
この店のお陰で我輩はチーズフォンデュに目覚めました。

3回目のディナーは記憶が曖昧なのですが、これも23日辺りに行った記憶があります。
この時は阿波岐原町のラブホ街の近所にある“バルガドーロ”に行って、
5000円ぐらいのイタリア料理のコースを頼んだような気がします。

この店は流行で出来た日本人好みのメニュウばかりのイタリア料理屋とは違い、
本当に現地の人間しか好みそうにないレバーソースのパスタとかリゾットとか、
羊のチーズのソースのパスタという本場の食材を使用した代物から、
宮崎の地鶏や魚介類を使った料理など食材がかなり充実しています。
ここで我輩は“クワトロフォルマッジ(4種類のチーズのピザ)”の旨さに開眼しました。

我輩と嫁はこの店が結構好きでした。
味もいいのですが、サービスが心地よいんです。

ある日ラブホで1発やる前の腹ごしらえにこの店に入ろうとしたら、
結構値段の高い店なのに客が一杯で入れなかったんです。
すると店の人が「次回来た時にお使いください」と、1品料理サービス券をくれたんです。
勿論ラブホで2発ほどやった後にディナーを食べに行ったのは言うまでもありません。

ていうか、あんまり来た事がないのにこの店、
1年ぶりぐらいに店に来たら我輩の顔を覚えていた・・・何故?

4回目のクリスマスディナーだったかな?結婚した後の話ですね。
この時は嫁の腹の中に娘が居て、出産を目前に控えていたので、
クリスマスディナーを検討する心の余裕もなく、
1週間前ぐらいに駄目元で電話したのが高鍋の蚊口浜にある“るりや”でした。
ただし、24日は案の定満席で、結局妥協して25日にディナーを食べに逝きましたね。
ここのディナーのお話は過去に公開しておりますのでそちらを参照のこと。

その後娘が出来てから宮崎市内の新別府町の一つ葉稲荷神社の近所にある
“ゼフィール”というレストランに逝ったのを最後に
お店のクリスマスディナーとは無縁の人生に突入です。
この時「どーせうちら夫婦はこれから10数年お店でディナー食えないから」と、
かなり奮発して諭吉2人分のディナー&シャンパンを頂いたのですが、
奮発しただけあってテリーヌやステーキ等の本格的フランス料理を堪能してきましたね。

これらの店の中でもう一度逝きたい店はどれかと問われると
どれも甲乙つけ難く、選ぶのは無理と言いたいところですが、
実際のところ他にも色々魅力的なディナーを食わせる店がまだ沢山あるでしょうから、
そちらの方を開拓してみたいところですが、
宮崎にその身がない我輩、そしてディナーを頂く銭もない。
本当に我が家が家族でディナーを食う事が出来るのは三沢から離れ、宮崎帰還後ですね。

ま、三沢に居る間は汚い社宅でにぎやかにファミリーディナーを楽しみましょう。
とりあえず本日、米軍さんしか来ないアイスクリーム屋さんで
英語で書かれた注文書とにらめっこしながらケーキアイスを注文してきました。
ついでに39ドルのターキーの丸焼きも注文してしまおうかな?


同じカテゴリー(めし)の記事画像
娘の誕生日をコストコメニュウで手抜きする
焼津は美味しい
雨は夜更け過ぎても雪に変わらない
やっぱり、インドカレーが食べたい
西都の一寸隠れたところにあるラーメン屋
西都牛のTボーンステーキで胸焼けする
同じカテゴリー(めし)の記事
 娘の誕生日をコストコメニュウで手抜きする (2018-01-05 23:55)
 焼津は美味しい (2017-12-30 00:12)
 雨は夜更け過ぎても雪に変わらない (2017-12-24 22:54)
 やっぱり、インドカレーが食べたい (2017-10-23 09:09)
 西都の一寸隠れたところにあるラーメン屋 (2017-10-19 00:36)
 西都牛のTボーンステーキで胸焼けする (2017-10-11 21:35)
Posted by 砥部良軍曹 at 17:10│Comments(4)めし
この記事へのコメント
>因みに我輩の経験上、12月初旬までに場所を予約しないと

閣下すごい!奥様、幸せですね~^^
うちの主人は職業柄、クリスマス前後は死んでます…

私もクリスマスディナーとやらに行ってみたい!
Posted by noinoinoinoi at 2011年12月17日 19:49
リア充って体を鍛えればなれますか?  以前はリア充(救難)になりたくて体を鍛えましたが無理でした・・・・・ 
Posted by ウナギゐヌ at 2011年12月17日 23:43
私も リアル充じゃ無くて・・・新しい充が欲しい
役立たん古いのは捨てるのがマシ!
でもね!・・・捨てきれないのよねぇ~  何で??
Posted by はにわ熟はにわ熟 at 2011年12月18日 00:37
>noinoi様
クリスマスが掻き入れ時とは旦那さんも因果な商売ですね。
しかしクリスマスじゃなくても特別なディナーは食べられます。
そう割り切って、26日に2人だけの特別な日を設けるしかないですね。
勿論旦那さんにはお疲れ様の一言を添えて、ね。

>ウナギゐヌ
いや、リア充とは彼女がいることによる充実だから。
貴様みたいなゲイ野郎には無理だ。

>はにわ熟様
すみません、我輩まだその域まで達していないので・・・
ただ、我輩の両親もそうですが、
付き合いが長くなりすぎるとそうなるみたいですねぇ・・・
ある意味旦那さんの一人勝ちですね。
Posted by 伍長閣下伍長閣下 at 2011年12月18日 20:41
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
我輩が食した宮崎のクリスマスディナー
    コメント(4)