2012年06月16日

4年前の今頃、我輩は浜松に居ました

少し昔の話で申し訳ないのですが、最近ネタがないのでご勘弁。

我輩は4年前の今頃の季節、静岡県の浜松市に1ヶ月半ぐらい研修に逝ってました。
息子を腹の中にぶち込んだ嫁と、よーやく会話が出来る程度の娘を宮崎に放置して。

30代半ばになって寮に入って学生みたいな状況で勉強というのも辛かったですし、
その勉強の内容がちんぷんかんぷんで赤点取ったのも悲しかったですが、
一番辛かったのはお小遣いが無くて何処其処遊びに逝くのもままならなかった事。
何しろ金、土の夜は寮に帰るのがだるいので何処かでお泊りしたいのですが、
外に飲みに行ったらビジネスホテルにお泊りする銭もないので
ネットカフェとか個室ビデオ屋に泊まっていましたよ。

そこで今回は研修の時の浜松での写真を交えながらどーでもいい話をします。
ま、こーいう事もあったから今の我輩があるという感じで見てくださいな。



浜松といえば静岡県、静岡県静岡市といえば模型、ホビーの街。
来て直ぐの週末が静岡ホビーショーの時期だったので見に行きました。
しっかし浜松市から静岡市って結構遠いんですね。特急電車で1時間ぐらいかな。
そして会場へ向かうシャトルバス(確か無料だった気がする)の人気の多いこと。
勿論現場のツインメッセ静岡も人が沢山で凄い熱気でした。
しかもこのイベント、入場料無料なんです。



ホビーショーの会場内に所狭しと並べられているプラモやラジコン、ミニカー、
東京マルイの新作エアガンを眺めながらニヤニヤしていました。
勿論写真のクリンコフを試射するのもおk。
そこでマルイの社員捕まえて「ファマスは次世代で出ないんですか?」とか
聞いちゃったりして怪訝な顔をされたのはいい思い出です。
余談ですが越後屋の大会にマルイの社員が来ていた時、
「ファマスカービンは出さないんですか?」って聞いた事もありますがどうでもいい話ですね。



プロのモデラーが作ったプラモデル等の展示もあり、
本物の“いい仕事”を目の当たりにする事も出来ました。
正直、プラモには興味がないんですがこういうの見ていると心が和みます。
静岡ホビーショーの前日に爺ちゃんが亡くなったので、
落ち込んでいた我輩はここに来て少しだけ元気を取り戻しましたよ。



でも電車で遠くに遊びに行くと電車代だけで相当な金額になるので、
静岡ホビーショーに逝った以外は浜松でブラブラしていました。
そしてこんな店を見つけてニヤニヤしていました。
店に入るとツナギ姿の店員さんから「よかったのかいホイホイ入店してしまって?」
と言われそうだったので入りませんでしたがね。
(“やらまいか”とは浜松の言葉で“やろうじゃないか”という意味です)



知ってる人も多いかもしれませんが、浜松市にはブラジルの人が多く住んでいます。
だから駅の裏に行くとブラジル人向けの店がいくつかあります。
興味本位で入ってみると中には日本では見かけないような
肉類とか加工食品とかジュースとかがいっぱい置いているんです。
この店もそういうスーパーで面白そうな食材満載でした。



んでもって、そのスーパーの一角には昼食バイキングがありましたので、
これまた興味本位で入ってみると来ているお客さん皆ブラジル人。
一見日本人に見える人達も日本語喋れない人しかいませんでした。
よーするに周りにいる日本人のような方々はブラジルの日系3世4世の方々なんですね。

何も知らないとはいえ、そんなブラジル人のテリトリーに入ってしまった我輩、
もしかしてここは日本人は立ち入り禁止の場所だったのか?
雰囲気だけでホイホイ熊本のゲイバーに入ってしまった長介みたいですね。
料理はソーセージや豚肉の煮込み、豆料理、不思議な芋の揚げ物、
見たこともないような野菜炒め等日本ではお目にかかれないものばかり。
味は・・・悪くないけど日本人好みではないですね。少し塩辛かったし。
でも不気味な色をしたソーセージ(写真右端)はマジで旨かった。



浜松といえばノンケの皆様のイメージではやはり“うなぎ”なのかもしれませんが、
嫁から経済制裁を食らっているとそんな高いものを食う銭はありません。
でも卒業前に我輩の誕生日だったので1回だけうなぎ食いました。
うなぎ茶漬けで有名なうなぎの八百徳という店です。
この店は過去に1度、当時北海道にいた弟が研修で浜松にいた頃、
我輩も浜松に来る機会があり、その時一緒に食べた店です。弟のおごりでw

うなぎと一緒に炊いたご飯を1杯目はそのまま食し、
2杯目はネギやわさび等の薬味を乗せて食し、
2杯目で薬味を乗せて昆布だしのお茶をかけてお茶漬けにして食するアレです。
1人前2500円でしたが、だし汁をかけた鰻飯の味わいは奥行きのある味わいで美味しかったです。



研修先の同じコースの同期と一緒に近所まで出かけたこともありました。
しかし同期といっても10歳も歳が離れていたので
ジェネレーションギャップというのでしょうかね、付き合うのはなかなか大変。
シダックスのフリータイムカラオケ6時間耐久レースはもう勘弁です。



そーいえば同期の中に1人不思議な奴(こいつも10歳離れている)がいましてね、
カップルードルをにお湯を入れて10分ぐらい経ってふやけたやつを食べるんです。
我輩はいつも「このカップヌードル使っていいか?」と聞いていましたね。
え?何に使うのかって?それはヤフーでググって調べてください。



浜松市には航空自衛隊浜松基地というT-4練習機の基地があり、
その近所(ていうか隣)には航空自衛隊 浜松広報館(エアーパーク)という施設があるんです。
そこは無料なのに数多くの歴代航空自衛隊の飛行機を見る事が出来るすげぇ場所でした。
この施設内に雄々しく並ぶ往年の飛行機の姿を眺めながら、
その時嫁の腹の中に入っていた息子をいつかここに連れて来たいと切に願ったものです。

反響があればその時の話を写真付きで垂れ流そうと思いますが、
多分何もなさそうなので載せる事は無いかと思われ。


同じカテゴリー(お出かけ)の記事画像
福岡科学館に逝ってきた
石川での思い出その壱
三沢での思ひで 青森屋で駆け足
久しぶりの鹿屋
一枚目の写真に最もふさわしいセリフを書き込め(迫真)
霧島温泉の奥地にあった魔境
同じカテゴリー(お出かけ)の記事
 福岡科学館に逝ってきた (2018-08-25 22:43)
 石川での思い出その壱 (2018-08-09 22:21)
 三沢での思ひで 青森屋で駆け足 (2018-06-04 23:13)
 久しぶりの鹿屋 (2018-03-03 23:11)
 一枚目の写真に最もふさわしいセリフを書き込め(迫真) (2018-02-04 22:17)
 霧島温泉の奥地にあった魔境 (2018-01-10 21:03)
Posted by 砥部良軍曹 at 22:34│Comments(3)お出かけ
この記事へのコメント
早速、ふやけたカップヌードル で 検索したら、オナーニ に 最適とありました。 ( 閣下らしくて 好き )
Posted by れい at 2012年06月17日 09:07
自分もウナギなんざ一回しか食べませんでした、しかし、浜松はどう遊べば良いのか分からない街でした。
スポーツウェアさえどこで買えばよいかわからないくらいに
Posted by ウナギゐヌ at 2012年06月17日 13:45
>れい様
我輩もカップ麺の使い方に関してまだググッた事がないのに、
早速調べてしまうとはお嬢様も吉六会同志と同じ匂いを感じますな。

余談ですがカレーヌードルとか辛ラーメンは上級者向けです。

>ウナギゐヌ
我輩もベーシックの頃はウナギ1回しか食わなかったなぁ。
大体、高校卒業して直ぐにああいう町に放り込まれても、
何して遊べばいいのか解らないよなぁ。
だから同期連中にはパチンコしかしない奴が多いのかw

アドヴァンスの時はある程度遊びを知っていたから、
ショットバーに飲みに行ったり、風俗行ったり楽しかったなぁ。

因みにスポーツウェアは浜松駅からバスに乗ってイオンに行けば一発解決。
Posted by 伍長閣下伍長閣下 at 2012年06月18日 18:48
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
4年前の今頃、我輩は浜松に居ました
    コメント(3)