2012年08月25日

夏休みの秋田旅行 死闘編

角館で2時間程時間を潰す予定が、余りの暑さで皆さんギブアップ。
我輩は元気ですが、やはり暑いのには耐えられません。
だって我輩、涼しい所に逝きたくて青森への転勤を希望したぐらいですからw



と言うわけで少し早いですが11時頃に昼飯を食うことにしました。
ネットで“角館の美味しい食べ物屋さん”で下調べしたところ、
“角館で2番目に美味しい店”というフレーズでこの“むら咲”という店が出てきたので、
蓮舫ババァの「2番目じゃダメなんですか?」というフレーズを思い出して来店w



この店を選んだ理由は秋田名物が一通り味わえる事。
と言うわけでしょっつる鍋以外の秋田の旨いものを色々注文してみました。
トップバッターは比内地鶏焼き。750円でこの量、少なすぎwww
でも地鶏の味は宮崎の地鶏を凌駕するほどの濃い味わい。
噛み締める度に口の中に旨みが溢れてたまらん!



外の気温は32℃ぐらいあるというのにきりたんぽ鍋を注文。
店の人たち「こいつらバカジャネーノかw」と思った事でしょう。
でも次いつコイツが喰えるか解らん我々にとってきりたんぽ鍋は外せません。
きりたんぽは手作りという事で既製品とは明らかに違う食感。
そして地鶏の旨みが凝縮された出汁が暑いのも忘れて食欲を増幅させます。



クソガキ共には比内地鶏の卵のオムライスを注文しました。
ケチャップライスでなく地鶏の炊き込みご飯のオムライスは予想外の味わいで、
卵も1パック98円の卵とは明らかに香りや味の濃さが違います。



この店の名物のひとつ、かつて武家屋敷に住んでいた武士達が
食べていた食事を再現したという“武家飯(ぶけはん)”。

骨が柔らかくなるまで炊いた鯉の筒煮、とんぶりと山芋、
じゅんさいの酢の物、いぶりがっこ(沢庵の燻製)の定食です。
秋田の食文化の奥深さをしみじみ感じられる旨い一品でした。



昼飯を食った後は角館から30分ほど南下したところにある美郷町(みさとちょう)。
国道13号線沿いにあるという未知のエリアッー!みちのく骨董店です。
でかい看板が掲げられていたので直ぐに解りました。
明らかにこの部分だけ流れている空気が違います。



骨董店というよりは個人の趣味で骨董品を並べている得体の知れない空間。
ホーロー看板の数は常識的範疇を遥かに超えています。



店の周囲にはゴミのように積まれた陶器類がそびえ、
バックヤードにはマーキュリーのクーペとリンカーンタウンカー、
そしてランクル56の消防車が放置プレイされていました。



店内も狂ったように色々なものが所狭しと置かれています。
量が多すぎて何があるのか理解不能でした。
ただ、軍服関係は明らかにおかしなモノしか置いていませんでした。残念。



これだけ大量に物がありすぎると店というよりネタとしか思えませんね。
とりあえずコルゲンコーワのカエルがあるかだけ聞いて引き上げました。
あ、でもサトちゃんと赤い公衆電話は少し欲しかったかな。



これ、ヂゴンの巣のトイレに設置したら絶対ウケるよねw



その後は花火大会で有名な大曲のイオンでお土産を探しに逝ったら
相変わらず秋田県こんなのばっかなんだなと思いましたが、
前回つちのこに会いに来た時よりこの手の商品が激減している気がする。
ていうか、こんな場所による暇があるなら横手市の“秋田ふるさと村”に行けばよかったかな?

んで、3時ぐらいに横手やきそばで有名な横手市から高速道路に乗り、
高速を走行していると突然襲いかかる睡魔。
早朝から嫁の乳を揉んでいたのが仇となりましたw
仕方がないので父上に運転を変わってもらい、初の東北自動車道を経験させ、
我輩は岩手と青森の県境まで助手席で爆睡。何やってんだか。

とまあ、こんな感じで最後はグダグダに終わってしまった我が家の秋田旅行でしたが、
温泉は良かったし、美味しいものも色々食べられたのでまあ良しとしましょう。
しかし秋田はいいところですなぁ、今度は男鹿半島に生のなまはげを見に行きたいですね。


同じカテゴリー(お出かけ)の記事画像
霧島温泉の奥地にあった魔境
帰省しているのに旅館に泊まるのって楽しい
落ち着きのない我が家の夏休み
新たなる宮崎の夏の風物詩、ライチを食らう
隠れていて欲しい宮崎の名所
ゴォルデンウィィクの〆はバァベキュウ
同じカテゴリー(お出かけ)の記事
 霧島温泉の奥地にあった魔境 (2018-01-10 21:03)
 帰省しているのに旅館に泊まるのって楽しい (2017-09-09 03:11)
 落ち着きのない我が家の夏休み (2017-08-16 20:36)
 新たなる宮崎の夏の風物詩、ライチを食らう (2017-07-17 21:09)
 隠れていて欲しい宮崎の名所 (2017-05-27 23:51)
 ゴォルデンウィィクの〆はバァベキュウ (2017-05-06 23:56)
Posted by 砥部良軍曹 at 08:03│Comments(2)お出かけ
この記事へのコメント
秋田は鉄ちゃん故の習性で18切符で行ったことが有りますがなかなか観光出来なかったのを覚えています
それにしてもおかしなモノが気になります。
Posted by 田舎者 at 2012年08月25日 20:17
>田舎者様
観光地は駅から離れている場所が多いですからねぇ。
電車ですとなかなかピンポイントの観光地に逝けないのが難点です。

可笑しなモノ???お菓子なもの???
Posted by 伍長閣下伍長閣下 at 2012年08月26日 18:01
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
夏休みの秋田旅行 死闘編
    コメント(2)