2012年08月29日

シジミ獲り超楽しい

エアコン要らないって言われたので宮崎にいた頃付けていたエアコンを
嫁の実家に放置プレイしてきた為にエアコンのない我輩の社宅。
我輩的にエアコンのない家って超貧乏なイメージがあるのは気のせいですかね?

まー確かにエアコン必需品というほど暑くないのが青森の夏ですが、
去年は2週間ぐらい耐え難きを耐えればどーにかなったものの、
今年はもうすぐ9月になるというのに普通に暑い青森の夏。

先週の夏休み期間もそうでした。
22日から息子が幼稚園に逝ってしまったので遠出するわけにもいかず、
仕方がないから家で引き篭っていたのですが、暑くてもう家にいるのが苦痛なのです。
そこで一案「そうだ、水に浸かれば冷たくて気持ちいいぞ」
と言うわけで我が家からクルマで20分ぐらいのところにある小川原湖へGO!



「ところで、何処で水着に着替えればいいんだ?」
まあ多分シャワーがあるところで着替えればいいんでしょうが、
そこまで行くのが面倒くさいので駐車場で着替えました。
ここがハッテン場だという話は聞いたこともありませんし、
どーせ我輩のきたねぇケツなんて見る奴いねぇだろw



そして我輩は右手にザル、左手に子供の砂遊び用のバケツを握り締めて
今夜の晩ご飯のおかずとするべくシジミ獲りに精を出すことにします。
そしてその周辺を娘がプカプカ浮いていますが、気にするな。
我輩も以前より大分だらしねぇ腹になっていますが、気にするな。

シジミの獲り方なんですが、まず湖の底の砂をザルですくいます。
そしてそのザルの中の砂をふるいながらシジミを探します。
1回やると大抵1個はシジミがいます。運のいい時は3個ぐらいヒットします。
しかし「母ちゃんがアサリと浮気して出来た子供が貴様だ!」って感じの
でかいシジミはお目にかかれませんねぇ。
大抵は一般的にスーパーに出回っている奴より一回り小さいシジミばかりです。



1時間半ほど小川原湖の砂を漁っていたらこれぐらいシジミが獲れました。
スーパーに売っているパック4杯分ぐらいでしょうか?
1/3はレギュラーサイズですが、大半は親指の爪ぐらいの小さいやつばかりです。
とりあえず晩御飯の時間まで砂抜き安全点検です。
一般的によく見かける黒い泥の中に住んでいるシジミと違い、
砂の中に住んでいるシジミなので貝の色も黄色っぽく、泥臭さはありません。

ドヤ顔で幼稚園から帰ってきた息子にシジミを見せると
「ねえ、早く食べようよ」を1分間に3回ぐらい言うので少しイラっとします。



シジミといえばまっさきに思いつくのは味噌汁ですが、
味噌汁にすると汁は旨いですが貝が美味しくないのでワイン蒸しにします。
まず漢(おとこ)フライパンをガンガン熱します。
そして煙が出るぐらい熱したらオリーブオイルをぶち込んで
もうもうと熱気が立ち上るフライパンにシジミをぶち込み、間髪いれず蓋をします。



2~3分ぐらいで口が開くので蓋を開けて白ワインをぶち込み、
強火でアルコール飛ばしながら塩コショウで味付けすれば完成。



シジミを取り出し、フライパンに残ったシジミの旨味成分の汁に
スパゲティを絡めて先程のシジミをぶっかければシジミパスタの出来上がり。
あれ?ワイン蒸しの予定だったのにどーなっているんだ?という意見は受け付けない。
折角出てきた旨味成分を捨てるより、麺に絡めて頂いた方が2度美味しいでしょう?

自分で獲ってきたシジミなので余計旨く感じますが、
貝が小さくて身を取り出すのが超('A`)マンドクセです。
でもまあ左肩が日焼けしてレッドショルダーになるまで
頑張って獲った甲斐はありましたね。貝だけに甲斐があったwww

え?何故左肩だけ日焼けするのかって?
右腕は常に湖底を漁っているから日に当たらないんですよ。だから左肩だけ。
とりあえず今度からは暑い時は小川原湖にシジミ獲りに行こう。


同じカテゴリー(めし)の記事画像
ウラルの白熊、宮崎に現る
この季節、牡蠣はヤバイ?
プリンと漢(おとこ)、相反するものが融合したら?
セピア色の食卓
父の日は父が肉を焼く!
もう、普通のランチでは満足出来ない
同じカテゴリー(めし)の記事
 ウラルの白熊、宮崎に現る (2017-08-19 13:14)
 この季節、牡蠣はヤバイ? (2017-07-18 18:00)
 プリンと漢(おとこ)、相反するものが融合したら? (2017-06-28 22:24)
 セピア色の食卓 (2017-06-22 23:37)
 父の日は父が肉を焼く! (2017-06-18 22:39)
 もう、普通のランチでは満足出来ない (2017-06-14 23:17)
Posted by 砥部良軍曹 at 18:15│Comments(4)めし
この記事へのコメント
先日は我が子たちに草汁の作り方を教えていただき、ありがとうございます。
喜んでいました。

息子さんは確かに目が、(/_;)
元気になったら遊んでください。
Posted by なまはげ母さん at 2012年08月29日 19:43
無礼なケツだ
Posted by ウナギゐヌ at 2012年08月30日 00:45
実家の前は川でして、
よくシジミはとってました。

昔のことなので、
泥っちゅうか砂っちゅうか、
一回攪くだけでゴロゴロいましたね。

珍しくもないので
とっても食べ方もズサンでして、
味噌汁に入っていても大きな身は食べるけど、
小さいのは捨ててました。

スーパーなんかで
高値で買うとき
いつも歯がゆい気分になるのは
そういう経験があるからなのでした。
Posted by キリンさん at 2012年08月30日 12:46
>なまはげ母さん
たまには童心に帰って子供たちと戯れるのも面白いものです。

息子は目がヤバイみたいなのですが、
他はいたって元気なのがタチが悪いですねぇ。

>ウナギゐヌ
すまぬ、もう少しケツの穴を引き締めてからリベンジするわ。

>キリンさん
シジミなんて昔はそれこそ其処らへんの川に
掃いて捨てるほどゴロゴロ居たみたいですねぇ。
今では下手したらアサリよりも高い高級食材wですので、
小さい貝から身を取り出すのが面倒くさくても
勿体なくてそれをやるしかないといった感じです。

我輩も小川原湖でこれだけ獲れるんなら
買うのが莫迦らしくなってきましたよ。
Posted by 伍長閣下 at 2012年08月30日 23:06
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
シジミ獲り超楽しい
    コメント(4)