2012年12月06日

小松放浪記其の壱

11月の終わり頃から12月初めまで久しぶりに
石川県の小松市というところに出張に逝ってきました。

我輩は仕事柄、限定的ですが色々な所に出張する機会があるのですが、
こっちに転勤してからそーいう機会があまり無くて、
久しぶりの出張と言う事でかなりwktkしていたのですが、
仕事とはいえやっぱりこーやって他の土地に出かけるというのは面白いものですね。

宮崎に居た頃、小松には3回程逝った事があり、
そのうちの1回は1ヶ月半ぐらい小松に滞在しておりました。

金沢駅でレンタルチャリンコを借りて一日中金沢市内をぐるぐる廻って、
兼六園とか金沢城とか近江町市場とかアニメイトとか色々逝きましたねぇ。
でもソープで有名な片山津温泉には一回も逝った事がないんです。残念。
能登半島の北の方も結構遠いので逝った事ないです。
電車での旅って面白いんですがねぇ、結構金かかるんですよね。

今回我輩が嫁から貰った出張費用は30000円。
風俗に遊びに行ったら速攻で消え去る金額ですね。
仕事柄飲みに行くシチュエーションってのも結構多いんですが、
そーなるとまた銭がかかって仕方がないのでそこんトコロはそこそこ自粛です。



でも金曜の夜は久しぶりにおねーちゃんのいる飲み屋ではっちゃけて来ましたよ。
酒飲めない体質だけどこー言う時は飲みたくなりますわ。
そしたらママさん我輩と同い年で意気投合。
そしてFacebookやっているって言うから友達登録。

その後来た少しエロそうな(実は嫁ほどエロくはなかった)二十歳のねーちゃんも
Facebookやってるっていうからついでに登録。

え?こんな写真載せて嫁はなんとも言わないのかって?
ウチの嫁は我輩が遊ぶ銭はくれませんが、
この程度でギャーギャー言う嫁じゃねぇですから。

つーかさ、この程度で文句言う嫁って人間として終わってね?

ただ、小松の飲み屋はショバ代と飲み代(しかも結構いい金額)、
そしてねーちゃんの飲む分も払わなきゃいけないので意外と金がかかります。
三沢の飲み屋は適度に安いんですが霧島飲むと別料金です。
それを考えるとねーちゃんと一緒に飲むなら宮崎が一番ですねぇ。



次の日は昨晩一緒に飲みに逝った、宮崎に居た頃世話になった先輩(妻高出身w)に
連れられてとりあえずお土産を買いにまっとう車遊館という所に行きました。
ここはお土産屋さんとか名物料理食わせる場所とかがある複合施設です。
最近は国内の多くの街で全体的に観光ブームな感じで
何処其処こーいう施設があって便利ですね。宮崎とか青森には少ないけどw



越前ガニとか甘エビとかの海鮮ものも販売しているので、
わざわざ金沢まで足伸ばして近江町市場に行く手間が省けます。
でも我輩の限られた資金ではカニ買って帰る事は叶わず。
今の季節、金沢では香箱ガニというちっこいメスのズワイガニが旬なんですがね。



石川県といえば海産物の糠漬けが結構有名で、
その中でも逸品なのが“ふぐの卵巣の糠漬け”“へしこ”という鯖の糠漬け。
どちらも我輩は好みなのですがナマモノを買うとなると
帰るまでの保管場所に苦労するので断念です。



と言う訳で石川県のお菓子で我輩が一番のお気に入りである
“加賀の白峰”というクルミ型のモナカの中に飴炊きのクルミが詰まった
素人には少し理解しがたいかもしれないお菓子を買いました。
サクッとしたモナカを噛み締めると中からあまじょっぱいクルミが出てきて、
モナカとクルミの食感が織り成すハーモニーがたまらない逸品です。



金沢といえば金箔のいろんな物が有名です。
我輩は知る人ぞ知る無類の金ピカ好きなのでこのキティちゃん欲しかったのですが、
流石に値段を見るとおいそれと買える代物ではありませんなぁ。

しかし三沢に帰宅後、この写真を娘に見せると、
「わぁ、綺麗で可愛い!これ欲しかったなぁ!」と言いやがったので
娘は間違いなく我輩の金ピカ好きの血を継いでいます。



金ピカキティちゃんに後ろ髪引かれながら次に向かうは
小松市内にある松葉屋という小さな御菓子屋さん。



職場の待機室に置いていた無料観光冊子に載っていた
“月よみ山路”という栗羊羹が凄く美味しそうだったので買いに逝きました。
ま、別にここで買わなくても小松空港にも売っていたんですがね。

でもこの羊羹、栗の自然な甘みと羊羹の適度な甘味が
神レベルでうまく調和していてお互いを引き立て合い、美味しかった。


我輩無類のクリ好きで、見た目からコイツは旨そうだと判断したので
家で思いっきり食おうと思って2本買って来たんですが、
うちのバカ嫁は我輩が食うつもりだった羊羹1本誰かにあげちゃったらしく、
現在マジでぶん殴りたいぐらい怒り心頭な我輩でございます。
頭にきたので羊羹の残り全部食ってやりました。

つーかさ、人にお土産渡すぐらいならあと5000円土産代くれよ!
うちの嫁は可愛い女ではありますが、
財布の紐と股の開きがよろしくないです。


同じカテゴリー(お出かけ)の記事画像
久しぶりの鹿屋
一枚目の写真に最もふさわしいセリフを書き込め(迫真)
霧島温泉の奥地にあった魔境
帰省しているのに旅館に泊まるのって楽しい
落ち着きのない我が家の夏休み
新たなる宮崎の夏の風物詩、ライチを食らう
同じカテゴリー(お出かけ)の記事
 久しぶりの鹿屋 (2018-03-03 23:11)
 一枚目の写真に最もふさわしいセリフを書き込め(迫真) (2018-02-04 22:17)
 霧島温泉の奥地にあった魔境 (2018-01-10 21:03)
 帰省しているのに旅館に泊まるのって楽しい (2017-09-09 03:11)
 落ち着きのない我が家の夏休み (2017-08-16 20:36)
 新たなる宮崎の夏の風物詩、ライチを食らう (2017-07-17 21:09)
Posted by 砥部良軍曹 at 23:43│Comments(0)お出かけ
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
小松放浪記其の壱
    コメント(0)