2015年12月24日

クリスマスに浮かれて何が悪い!

いつも思うんですが、クリスマスにチキン食うって風潮、
何処の馬の骨が何時の時代ぐらいに定着させたんでしょうかねぇ?

我輩が思うに、西洋(て言うか主にアメリカ)のクリスマス事情を見てきた輩が、
クリスマスに豪華な料理を食いてぇって考えたものの、
デカい牛肉買うのもままならずどうしてくれようかと思案した結果、
「そうだいいこと思いついた、
チキンなら見た目に派手、でも安い!」
と考え、
そこから「クリスマスにはチキン」という思考が
日本中に浸透したのではなかろうかと勝手に推測しております。

或いは白いヒゲのジジィのフライドチキンの店が
クリスマスにチキンを売りさばくための戦略が浸透したか?
しかしジジィのフライドチキンはあのバケツみたいなので買うと、結構高い。
そしてそこまで旨いものでもなかった。残念だ。



でもカーネルサンダースのチキンは論外ですがね、
“◯◯鶏”みたいなブランド付いた奴でも買わないかぎり、
チキン丸ごとって皆様方が思っているよりも安いんですよ。

だってこの10インチダッチに収まるサイズが1英世+消費税で購入できますからね。

普段スーパーでは見かけない丸鶏ですが、
最近ではクリスマス限定でスーパーでも購入できるようです。

丸鶏なんて家庭では調理するのは難しいと思われがちですが、確かにその通り。
我輩もまともに焼けるようになるまで10年かかりました。
ウナギの蒲焼き職人よりも時間がかかっています。多分。

ま、ダッチオーブンがアレばソコソコ食えるものに焼きあげるのは簡単ですが、
市販のチキンほどしっかりしたものを作るのは難しいですねぇ。



過去、我が家ではクリスマスイブは入籍記念日ということで、
桶のタガが外れるレベルで調子に乗りすぎて食材買いまくって、
食いきれないほどの料理を作って後悔してしまうという体たらくでございましたが、
今回は過去の教訓を踏まえて、メインはチキン丸焼きのみ!



でもデカいチキンがあるというだけで我が家のテンションはMAX!
チキン丸焼きも想像以上によく出来ており、
全員舌も腹も満足と言いたいところでしたが、
実は一番ウケが良かったのは分厚いベーコンで作ったピラフだったという・・・

やっぱチキンはダッチオーブンで中途半端に焦げ目付けて蒸焼きするより、
外で売っているオーブンでガッチリ焼かれたヤツの方がウケる模様。



今回の乾杯の酒は弘前のタムラファーム“タムラシードル ヌーボー”。
ニッカのやつよりお値段お高めですが、リンゴの風味が濃くて旨し。
ライトで飲みやすいんですが、じっくりと味わいながら飲みたいシードル。



しかし、今回のメインはチキン丸焼きでもシードルでもなく、ケーキ。
いや、ケーキじゃなくてブッシュ・ド・ノエルだな。それも2つあるんだぜ。

まずはHUITのブッシュ・ド・ノエル。
一般的なブッシュ・ド・ノエルはチョコレート主体ですが、
コイツはキャラメルクリームとオレンジコンフィを練り込んだ生地が特徴。
そしてお値段の割に(3000円)全長が短く(多分20cmぐらい)直径も小さい。



ブランデーの香りとオレンジの風味が美味しい生地と
キャラメルの苦味が心地よいクリームの組み合わせは、
大人の味というよりはどちらかと言うと玄人好みの味わい。
普通のケーキに飽きたウチら夫婦みたいなケーキ馬鹿のためのケーキ。

案の定、嫁はこのどこでも味わえない独特感の虜になっておりましたが、
クソガキ共は聖帝サウザーのごとく
「今日のは口に合わぬ!」と吐き捨てるよーに
言いやがったのですがコレは予想通りの展開。



というわけで2つ目のブッシュ・ド・ノエルを出しましょう。
八戸市下長2-17-22にあるル・ポエムのブッシュ・ド・ノエル。
直径も長さも一般的なサイズ。その分お値段も800円高いけど。



でもココのケーキはとにかくチョコレートが旨い!
生地を覆うチョコレートの食感がミシッとしてたまらんのです。
生地もふわふわしていてクリームもチョコレート感抜群。
当然ながら、クソガキ共はコッチの方を気に入りました。



おっと、我々がケーキに舌鼓うっている間にケーキの上で仁義無き戦いが!



でもやはり戦闘に向いているのはノコギリよりも斧の方ですね。



息子、ケーキの上のキノコを発見。
「コレを食ったらデカくなれるかな?」
ケーキの上の砂糖菓子という子供だましに釣られるなんて、まだまだ子供だな。



しかし砂糖菓子のキノコ食って身体ではなく態度がデカくなった息子、
「ヨッシャぁ!今からサンタ狩りに逝ってくるわ!」



バーカ、オメーらが想像しているよーなサンタは居ねぇんだよ!
目の前に居る肥満体がサンタなんだよ!ソレが現実だ!
いいから黙って靴下持って来い!但し洗濯済みのやつに限る!

もうね、去年の一件でサンタの現実知った現在、
クソガキがサンタに望むのは夢ではなく確かな現実。そう、現ナマ。
まあ、プレゼントど~するか考えるよりはソッチの方が
貰う側もくれてやる側も楽でありがたいんですがね。
情緒とか希望とかそーいうの、どうでもいいの。



でもさ、クリスマスっていいよね。
何処もかしこも意味不明な盛り上がりを見せて、
ハロウィンとかみたく空振っていないのがまたよろしい。
「ウチは浄土真宗だからクリスマス関係ねぇし」なーんて言わずに、
クリスマスは意味もなく盛り上がるのが正しいもんだと思います。


同じカテゴリー(めし)の記事画像
フライング嫁誕生日
一足早い誕生日祝い
そしてまた、我輩は肉を焼く
佐土原高校の裏?にあったイタリアン
第4日曜日のサバゲー飯は川南の軽トラ市で買おう
元祖チキン南蛮を食らう
同じカテゴリー(めし)の記事
 フライング嫁誕生日 (2018-08-20 21:25)
 一足早い誕生日祝い (2018-06-18 23:55)
 そしてまた、我輩は肉を焼く (2018-06-17 23:40)
 佐土原高校の裏?にあったイタリアン (2018-06-16 12:00)
 第4日曜日のサバゲー飯は川南の軽トラ市で買おう (2018-05-27 22:33)
 元祖チキン南蛮を食らう (2018-05-20 23:38)
Posted by 砥部良軍曹 at 22:41│Comments(2)めし
この記事へのコメント
ケーキの上の戦いがw
やはり日本のクリスマスははしゃいで食ってナンボでありますよね!
我が家は23日にトバしすぎたせいで何故か鯛の煮付けと納豆ご飯をむさぼるというクソスマスでした。
Posted by つちのこ at 2015年12月25日 07:32
>つちのこ
駄目じゃん、クリスマスはスーパーとかにムダに高い食材が
大量に並んでいるんだからソレを活用して贅沢しなきゃ。

でもね、26日ぐらいにスーパーに出向いて、
そのムダに高くて豪華な食材が安く並んでいるのを買って、
ソレで美味しい料理作って浮かれるのも一つの手段。
Posted by 砥部良軍曹砥部良軍曹 at 2015年12月26日 02:10
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
クリスマスに浮かれて何が悪い!
    コメント(2)