2009年09月22日

サバイバルゲーム馬鹿一代



久しぶりの野宿は思ったより快適な睡眠をとることが出来た。
テントが無くてもタープと折りたたみベッド、
そしてシュラフがあればこの季節の野宿は快適である。
もしかしたらアパートのベッドよりもぐっすり寝たのではなかろうか?
そして朝、朝日が頭を出してきた頃に起床。



いつまでもだらだら寝ていても仕方が無いので朝食準備。
と言ってもやる事は湯を沸かすだけ。
湯を沸かしながら歯磨き、そして煙草を吸い、
湯が沸いたらインスタントのカップ春雨を食らう。
春雨をすすっていると、夕べの食材が微妙に余っているのを発見。
そこでありあわせの材料で肉野菜炒めや混ぜご飯を製作し、
同志一同に無理やり食わせて無理やり「旨い」と言わせる。



他の同志達は早朝から銃の調整と狙撃の練習に余念がない。
我輩も自慢のSVD狙撃銃を取り出すが、
弄っているうちにこの銃の欠陥を多く発見したので、使う気がうせる。
狙撃銃を扱うには射撃技術は勿論の事、
製作、改良の技術が必要である故我輩の様な不器用な人間には向かない。



9時過ぎると前夜のキャンプ終了後一旦帰宅した同志や、
本日ゲームに参加するプレイヤーがヂゴンの巣に集結。
本日参加の組をよそに吉六会同志達は新たなるバリケイド製作。
そろそろ本腰入れてフィールド内の整地をする必要があるか・・・



プレイヤーが揃ったところでゲーム開始。
本日の参加人数は前日からの参加もあわせて合計14人。
前回参加していただいたB・J様も駆けつけてきていただいた。

昨晩の疲れが溜まっているのか、動きがよろしくない我輩。
それでも楽しいのがサバイバルゲーム。
久しぶりに参戦しても、疲れていても結構戦えるものなのだ。
まあ、戦果の方に関してはあまり期待は出来ないがw



しかし、いくら戦えると言っても油断していると負傷する。
同志スカルガンナー氏が左足脹脛を炒めた、もとい傷めた模様。
痛々しい歩き方で戦線から離脱、我輩が戦力外通告を下す。
30代も半ばを過ぎると、余計な痛みを発する回数が多くなるので困る。
我輩も油断大敵である。

この日のゲームは仕事や家庭の事情が忙しい中
時間を割いて参加する者も多く存在した。
「暇だから趣味」というネガティブな思考ではなく、
「忙しい中時間を割いて趣味」というアクティブ思考だからこそ
誰よりもゲームに対する情熱が湧くものであると考えさせられたものである。
我輩と共に趣味に興じるプレイヤーは
そういうサバイバルゲーム馬鹿一代が多く存在する。
価値観を共感出来る同志が存在する事は実に嬉しい事ではないか。



しかし、忙しい中時間を割いてサバイバルゲームに参加して、
少しでも戦場の空気に浸りたいからと言っても
戦場でゴーグルかけてバリケードの中で弁当食うのは少しやりすぎだと思う。
幸い戦闘に巻き込まれることは無かったようではあるがw

タグ :吉六会鯖芸

同じカテゴリー(サバイバルゲーム)の記事画像
やはり、我輩は“野戦”が好きだ(確信)
ホークウッドでコマさん送別?サバゲー
川南のホークウッド(HAWK WOOD)はアツかった
地獄の業火と天国の泉
ヂゴンの夏、宮崎の夏、夏はやっぱり夜戦
ヂゴンの巣、久しぶりの夜戦
同じカテゴリー(サバイバルゲーム)の記事
 やはり、我輩は“野戦”が好きだ(確信) (2017-09-10 22:23)
 ホークウッドでコマさん送別?サバゲー (2017-08-28 21:45)
 川南のホークウッド(HAWK WOOD)はアツかった (2017-08-27 22:10)
 地獄の業火と天国の泉 (2017-07-30 23:59)
 ヂゴンの夏、宮崎の夏、夏はやっぱり夜戦 (2017-07-16 11:34)
 ヂゴンの巣、久しぶりの夜戦 (2017-07-02 02:41)
この記事へのコメント
整地の時は是非是非呼んで下さいm(_ _)m

掩体構築から塹壕、交通壕、蛸壺、歩哨壕、警戒壕、何でも作ります

土嚢によるトーチカも作れます
Posted by エバーズマン軍曹 at 2009年09月23日 02:10
あれから、帰宅した後にイオンのそばの病院で診察を受けたら肉離れと診断されました。

全治3週間です・・・
Posted by スカルガンナー at 2009年09月23日 07:09
20~21日のゲームに参加された皆様、おつかれさまでした!
今回はスケジュール的に県南組とのコラボ遠征が実現できず、
単独での参加でしたが、前回と変わらずアツい漢の戦いを実感でき、
たいへん楽しい時間を過ごさせていただきました。
のですが、途中でスカルガンナー殿を背中からキレイに味方撃ち(汗)
その直後に左足負傷で戦線離脱されたのを目の当たりにして
その後は胸中複雑な思いのまま敵に狩られ捲りでございました。
スカルガンナー殿!誠に申し訳ありませんでしたっ!
今後より一層、精進して参りますのでどうか御勘弁くださいm(_)m
Posted by B・J at 2009年09月23日 19:13
>>エバーズマン軍曹様
聖地の際には是非とも本場仕込みの素敵な働き振りを期待したいところです。

>>スカルガンナー氏
ていうか、去年の件といい、
スカルガンナー氏は左足に悪い霊でも憑いているのではないですか?
もう一度お父様に厚い供養をしてあげれば、
左足を損傷する事は無いと思われます。

>>B・J様
こちらこそわざわざ遠くからヂゴンの巣へ足を運んでいただけた事と、
刺激のある戦いぶりを提供していただいた事に感謝しております。
スカルガンナー氏の一件については、
彼の運(戦運・女運等)のなさと思って水に流しましょう。
Posted by 伍長閣下伍長閣下 at 2009年09月27日 00:31
超懐かしい・・・
僕、小銃小隊「第一線」でしたんで・・・
また遊びにきます。
Posted by F3 at 2009年09月27日 23:53
>>F3様
最近更新サボっていますが、
たまには遊びにに来てください。

本当はリアルに遊びに来ていただけるのが
嬉しいのですが・・・ね。
Posted by 伍長閣下 at 2009年10月05日 18:49
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
サバイバルゲーム馬鹿一代
    コメント(6)