2014年05月17日

年甲斐もなく調子に乗りすぎた

昨晩3時ぐらいまでエアガン調整していたんですが、
何故かこの日は8時にはスッキリお目覚め。
そしてふと思い出しました。「そーいや今日は爺ちゃんの命日じゃなかったっけ?」
多分この目覚めの良さは死んだ爺ちゃんのお陰です。
根拠はないけど間違いない。

さて、本日は我輩の人生のお楽しみデー、サバゲーの日。
本日は10人ぐらい集まる予定だったんですが、
小森くんが仕事で腰をヤっちまって突如離脱等のトラブルが有り、
結局8人でゲームする事となりましたが久しぶりに砂井さん(仮名)が
遊びに来てくれたのでゲーム自体は結構熱が入った流れでした。

最近新しい鉄砲が買えなくてテンションだだ下がりですが、
気を取り直して最近全然使っていなかった鉄砲を持ち出すことにしました。



同志ピーマン職人殿からパーツを頂いて改修したSWのレミントンM24、
ホップも改修してどーにかゲームで使えそうな予感がしたので持ちだしてみましたが、
ノンホップで規制値手前のパワーなのに適正ホップをかけるとパワーだだ下がり。
初速97m/sぐらいなのが70m/sぐらいまでガクッとダウンしやがります。何で?
因みに限界までホップをかけると初速が50m/sぐらいまで落ちるという体たらくです。

そしてそのだらしねぇ初速のせいか、弾の飛距離マルイのデザートイーグル並み。
命中精度は比較的いい感じです(30mで太さ30cmぐらいの大木にバシバシ当たる)が、
30m以上飛距離が伸びないのと情けないパワーだけはどーも頂けません。
VSR-10用のカスタムピストンとスプリングガイド組み込みてぇ・・・

結局狙撃銃持っているのに敵陣のバリケード10mぐらいの距離まで接近して、
サイドから回りこんだり正面に突っ込んでフリーズ突撃してやりましたよ。



久しぶりに参加してくれた砂井さんは基本ボルトアクションだけしか愛せない体質らしいですが、
ヒョットしたらスナイパーライフルみたいな長い電動ガンなら愛せるんじゃないかと思って、
LCTのRPK-74Sを仕入れたそうです。イカれてますね。
一番手前のVSR-10、ボルトアクション好きとしては、
見逃せない存在なのかもと思って購入したものの、
「いい武器であることは認めるけど惚れ込むには至らない」らしいです。
その気持ち、少しだけ理解出来ます。やはり長年連れ添ったAPS-2がいいんですね。

APS-2は基本性能はそれなりでカスタムパーツ組み込んでなんぼのエアガンですが、
上手に手を加えると美しく開花するダイヤの原石のようなシロモノです。
我輩も過去に後輩のアル中根くんのAPS迷彩模様を弄った事があるので解ります。
VSR-10は箱出しの性能は抜群ですがパーツ交換程度では
APS-2以上の発展性が見込めないみたいで更に上の技術を要するみたいです。
つーかさ、VSRとか意味不明な名称つけてオリジナル出すよりも
レミントン出しやがれって思うのは我輩だけでしょうか?


因みに前回使用したAKS-74(←コレが人生で初めて購入した電動ガンらしいw)は
「コレはもう愛せないな」ということで引き取り手を募っていました。



我輩も今回は長年使い慣れたカラシニコフを使おうと思いましたが、
レミントンを持ちだしたという事で基本自衛隊装備に準じた武器を持参。
去年は全く出番がなかったMINIMIも久しぶりに引っ張り出してみました。
機関銃って重たいから夏場は使いたくなくなるっしょ?
だからまだ涼しいうちに適度に使っとこうかなってネ。



本日はお日柄も良かったので電動ガン禁止戦用にマルイのデザートイーグルを使用。
ハンドガンとは思えないその超射程に皆さんビビりすぎです。
でも飛距離は出るんですが我輩の腕前では全然当たらないんですよw
それでも己の武器の射程外から飛んで来る弾の恐怖でかなりの制圧力を見せつけ、
「今年もこいつがあれば他のハンドガンいらねぇな」と思っちゃいましたが、
我輩10年前からずっとそういう思考だからハンドガン何も買う気がしなくなるんですよね。

でもKSCが今後販売予定のマカロフ出したら多分買うよ。
APS(スチェッキン)出したら一生KSCに着いていくけどそれは無さそうだな。



戦場でH&K MP5を見かける度に「このご時世にMP5ですか?」
「MP5が許されるのは小学生までよねー」と思う我輩ですが、
シュアファイアのハンドガード付けられちゃあそうとも思えなくなるから不思議です。
でもこのハンドガード、本体の倍ぐらいのお値段なんだぜ、ありえねぇ。
ま、フレームもメタル化して最終的に本体の3倍ぐらいのカネかけてるってどんだけよ?

しかもハンドガード内にはライトのリモートスイッチの配線があるから、
バッテリーブチ込めねぇっつー事で元々A5だったのをストック付きのA4に改造。



そしてその改造?MP5のオーナー、フルアーマーヅラ。
何のタクティカルアドヴァンテェジがあるのか理解出来ねぇ装備多すぎ。
特に胸に付いている缶ジュースみてぇなのが意味不明。
クロアチアに攻めに行くならいざしらず、サバゲーするのにここまで装備必要か?
でもこれだけ色々ぶら下げていると精神的には気持ちが良さそうですね?
肉体的にはかなりキッツい感じですがwww

でも久しぶりにMP5を握らせてもらったんですがメタル化した
ガッチガチのMP5は思ったほど重量感もなく構えていて気持ちが良いですね。
本日からはMP5をディスるのはヤメることにします。
(しかしこのメタル化が災いしてマグウェル部分がタイトすぎてマガジン交換がしづらいw)



砂井さんとは初対面のG2ですが、AK使い同志のコンタクト。
スタンド使い同士が引かれ合うように、
AK使い同士も引かれ合うんです。

MP5がいい武器であることは再確認しましたが、
やっぱ我輩はAKの方がいい武器だと思います。 異論は認めん。



鳥取原人は初戦ではこの折りたたみストックが誰得なのか不明なMP5 RASを使用。
あれ?何か下に変なの付いているんですが?
ああ、この人もグレネードの病気にヤラれたのか・・・
感染源は間違いなくリーダーですね。
あの漢(おとこ)はとんでもないものを残していきました。

出来ればこの癌細胞が拡大しないことを望みたいのですが、
よりによって砂井さんがサンプロのM203&モスカート持ってきていて、
「これ誰か欲しい人居る?」と言うや否や速攻で受け取りやがったので、
多分鳥取原人もこのままリーダーみたいに病んでしまうんですねw



でも我輩も過去にステアー(シュタイア)AUG病に侵されて
ファントムとミリタリーとカービンの3丁所持していた過去があります。

しかしその病気は完全に克服したはずなんですが、
砂井さんが「これ欲しい人あげる」と言って持参した
ジャンクのファントムステアー目の当たりにしたら病気再発w

ストックにラージバッテリー用のフェアリングを増設して魔改造され、
メカボックス周りはウレタンで消音処置されているカスタム。
分解用ラッチが馬鹿になって各接合部もガッタガタなんですが、
ストックアッセンブリーだけ交換すれば確実に再生させられます。
つー事で帰宅後速攻ヤフオク覗いてみたんですが
ステアーのストックアッセンブリー誰も出品していねぇw



余談ですが我輩がかつて所有していたファントムステアー。
どーやってサイティングするんですかという質問は受けつけない。



3度の飯より(以下略)のお約束、今月の野獣先輩。
同じ職場のH野君が高校時代にバイトして仕入れたという
マルイのトンプソンM1A1を安価で入手したのを持ってきていました。裏山鹿。

コレが思ったより売れなくて以後マルイはオールド武器を作る気が失せたという
ある意味マルイの黒歴史的なサブマシンガンですが、
ストックが確実にアメリカ人体型用で構えにくい事、
セレクタが異常に使いにくい事を除けば性能はかなり高い電動ガンですわ。
我輩も過去に旧型陸自迷彩に合わせるために所持していました。



今回は久しぶりにMINIMIを持ちだして☆本格的☆弾幕祭りのはずだったんですが、
鳥取原人も野獣先輩も自慢のLMG(軽機関銃)を持参しておらず残念な結果に。
でも砂井さんがRPKSを持っていたので共同戦線&弾幕張ったら
見事な瞬殺ぶりで改めて機関銃の有効性を認める事が出来ました。
いやー、弾の消費量ハンパねぇけど機関銃楽しいわw



しかし悲劇はその後直ぐに起こった!
2回目の期間中突撃を敢行しようと勇ましく突っ込んだ挙句、
アイカツ!のアピール失敗画面みたいに豪快にズッコケた結果・・・



MINIMIのマガジンとフロントサイトぶっ壊れましたw
一応給弾システム自体は生きていたので起き上がってそのまま攻撃したんですが、
マガジン破壊した時に大半の弾がこぼれて弾切れ、そのまま蜂の巣。
マガジンの本体固定部分が派手にブチ割れてやがりました。
そしてフロントサイトもバッキリ折れちまいました。

もうね、あまりにもボコボコ過ぎて悲しむ事も笑う事も出来ねぇwww
本体が無事なのがせめてもの救いですが、
このマガジン嫁に内緒で買って12000円ぐらいしたんだぜ、どーしよう・・・
今更買い換える金もねぇよ(´・ω・`)ショボーン
とりあえずパテで修復してみますがどーなることやら。



ま、ゲーム自体は現在リアルハートマン軍曹で不在のヅイマー氏の代わりに
筒田氏が筒マニア垂涎の武器イングラムMAC10持ちだして
特攻野郎G2以上に盛り上げてくれたので美味しく頂きました。
筒田氏は新たにプレイヤーを勧誘中とのことで鯖芸部貢献度株価上昇中↗↗↗



静かにしろ、ここは戦場だ。


同じカテゴリー(サバイバルゲーム)の記事画像
週間予報では日曜雨のはずだったのに、何と良い天気!
少しぐらい雨が降ってもサバゲーはするよ
浜松からの来訪者 其の弐
浜松からの来訪者 其の壱
Who Dares Wins
サバゲーしている時が一番気分が良い
同じカテゴリー(サバイバルゲーム)の記事
 週間予報では日曜雨のはずだったのに、何と良い天気! (2018-05-28 22:54)
 少しぐらい雨が降ってもサバゲーはするよ (2018-05-07 23:14)
 浜松からの来訪者 其の弐 (2018-05-01 23:09)
 浜松からの来訪者 其の壱 (2018-04-30 23:06)
 Who Dares Wins (2018-04-08 23:28)
 サバゲーしている時が一番気分が良い (2018-03-25 22:55)
この記事へのコメント
こちらも何とか天気も夕方まで持ち、無事にゲームを行う事が出来ました。

ボックスMgの修理案として、給弾機構を別の箱に移植してダンプポーチの中にでも入れて、給弾のパイプを延長すればいいんじゃないのかな?
(ポーチがでかければ装弾数は思いのまま、ヒントはステアーからです)
Posted by スカルガンナー at 2014年05月18日 23:43
こういうちょっとしたこと(?)で壊れたり、部品が無くなったりするとエアガンっておもちゃなんだなぁ、と思いますよね・・・。

自分のM4も64に負けず劣らず部品とれたりしますw
Posted by 栗P at 2014年05月19日 11:41
>スカルガンナー氏
これから宮崎は雨の季節に突入ですな。
そしてそれが終わると地獄の猛暑の季節・・・www

マガジンの修理はとりあえずアクリル板を裏側から当て、
パテとボルトで固定するつもりです。
フロントサイトはヤフオクで1900円で転がっていたんでそれを購入かな。
変態改造はもう卒業したんでそんな感じでヤっちゃいますわ。

>栗P
激しく同意。
結局エアガンがいくら見た目がリアルになっても
激しい衝撃加えたら壊れるし部品脱落しちゃうんだよね。

玩具だから仕方がないんだけど。
Posted by 伍長閣下伍長閣下 at 2014年05月20日 11:46
初めまして急にすみません。西都市すみの者ですが最近サバゲーがやりたくなりエアガンを購入しました。
全くの見経験者ですが今度機会がありましたら参加させていただくことは可能でしょうか?
Posted by 外山者 at 2014年05月21日 00:08
>外山者様
ヂゴンの巣はどなたでも参加してゲームが出来る
フリー参加型のフィールドであります故、
開催日にはどうぞご遠慮無く参加してください。

最近のヂゴンの巣のゲームは吉六会員多数が多忙の為、
同志一同が適度に集まる時に開催するという不定期開催ですので、
お手数ではありますがこのブログを適時参照して、
「ヂゴンの巣のお知らせ」を確認の上ご参加の意向をお伝え下さい。
Posted by 伍長閣下伍長閣下 at 2014年05月21日 16:38
わかりしました、わざわざありがとうございます。
逐一確認させて頂きます(^-^)v
Posted by 外山 at 2014年05月21日 22:18
原人君はミニランチャーやっと投入したんですねぇ~
良かった良かったw
年末に勧めてよかったよw
こちらも先日、投入して初HITとれました!
感動ですw

ズラ君はいまだにヤル気スイッチ入ったままの御様子。
ただのコスプレの域を超えたねw
あと、あのMP5がすげぇ進化してるw

野獣様はとうとうトンプソン手に入れたのですね。
いまじゃなかなか手に入らない物ですし
よかったね~w

MINIMI破損は残念です。
でも怪我しなかったようですね。
私は昔G3A4を持っててコケてリアサイトで怪我したことがw
道具が壊れるのは悲しいけども
体は大事にしてください。
Posted by リーダー at 2014年05月25日 22:36
>リーダー
やっぱり病原菌の感染源はリーダーでしたかw
でもこーいう面白い武器は増えてほしいものです。

ヅラはMP5以外に特に必要とか欲しいとか言う電動ガンがないらしく、
電動ガン買わない代わりにこの有り様ということです。

野獣先輩のトンプソンは意外とこの迷彩にマッチしているんですねぇ。
大戦の頃の米軍装備と色合いが似ているからでしょうか?
そ~いえばリーダーの迷彩服はオーストリア軍のコブラのやつとか?

実は我輩、MINIMI破壊しただけじゃなくて指怪我しましたw
突き指したのか今でも左手の薬指痛いです・・・
Posted by 伍長閣下伍長閣下 at 2014年05月26日 19:56
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
年甲斐もなく調子に乗りすぎた
    コメント(8)