2014年12月02日

誰だ!参加者の中に雨男が居るぞ!

11月30日日曜日にえびののエリア13にて行われた
サバゲーの写真が同志スカルガンナー氏から送られてきたので、
我輩の妄想駄文と合わせて紹介したいと思う。
注:我輩がスカルガンナー氏になった気分で適当に連ねているので、
多少実際にあった状況とは相互する部分もあるかも知れないが、
朝日新聞みたいに捏造記事書いているわけじゃねぇから勘弁してくれ。



今回のゲームには総勢40名のプレイヤーが集結し、
熱い戦いを期待していたところであったが天気は生憎の雨。
吉六会のメンツでこの先頭に駆けつけてくれたのはホールマスターaki氏と
ラウンジャーReD様、そしてグラ改めコマ次郎氏の合計4名。

少ないながらもサバゲー馬鹿の精鋭揃いだが、吉六会の衰退感は否めないが、
妻帯者、多忙者が大半を占める状況下では致し方ないだろう。



多分この雨は参戦叶わなかった電マ野郎様がやり場のない怒りをぶつけるべく
天に向かって手マンをしたからであろうと毒づきながら本日の獲物を準備。
購入から半年以上の月日をかけてメカボックスと格闘したマグプルAKは
手をかけた分安心して使える良き肉棒、じゃなくて相棒。


LCTのVSSはこないだ届いたのでゲーム初投入。
スチール製の外装が糞重く40代に突入した身には少し重いのが難点だが、
ボディのひんやり感と出来のいい木製ストックの感触は触れているだけで勃起しそうだ。

しかし前回りのサプレッサー状の内部すべてがバレルなので消音効果はゼロ。
そしてバッテリースペースがこのサプレッサー外装の中という強引な仕様。
でもコイツの一番の不満は光学照準器を付けるとチークピースが必要となるのだが、
VSS&SVD用のチークピース単品は何処にも売っていないという有り様。
仕方がないのでカマボコを適当な大きさに切って黒く染め、タイラップで固定した。
カマボコで作っているので腹が減ったらその場で食える。



小雨の状況下、チームを赤青黄3つに分けて2:1の攻防戦を実施。
普段は雄臭い野郎共しか居ない戦場に花を添える参加者も居て、
「アー◯ズマガジンとかで見るよーな女性ゲーマーって実在したんだ!」と困惑するも、
なかなか回復しない天候が気がかりでそんなのどーでもいい。



プラントへの一斉突入を試みるも防御は思ったより硬く、
弾幕も1週間溜めたんかと言わんばかりに濃いのでなかなか前進できず。
やはり汚物消毒銃器トリガーハッピー製M240を持参するべきであったか。



見ろ!人がゴミのようだ!
高いところから人を見下ろすとそーいう気分になるでしょ?



しかし火力を集中させたのが功を奏し、防御側は苦戦する状況に。
オ◯ホールマスターaki氏はVSRで応戦するものの・・・



死闘の末撃沈。この後近くの茂みに連れ込まれてケツ毛をむしりとられる有り様。
aki氏にはこの冬、チ★毛を剃り落として同志熊頃氏殿の狙撃教室に入門してもらって、
20m先の米粒を撃ち落とせるようになるまでみっちりと修行してもらおうか。



デカいコンクリの壁は隠れるにはもってこいであろうが、
そこから攻撃するとなると俊敏に動いて射撃と回避を繰り返さなければ難しい。
整えられた形状のバリケードは攻撃の際シルエットがくっきり出てしまうので、
身を出せば己の姿が露になって格好の的となり、直ぐに餌食になる危険性を秘めている。
可愛いからといって撃たれないとは限らないのが戦場の掟である。



周囲に草があれば多少はシルエットがぼやけるので多少は有利。
天気が良ければ草の中に紛れたいところであろうが、
雨で濡れた草に身を託すのはちと辛いものがある。
濡らすのは好きだが、濡れるのはいささか面白く無いのが本音だ。



一般的なフィールドでは不利と言われるボルトアクションであるが、
高低差のあるフィールドでは射撃位置を特定し辛いため、威力を充分に発揮できるチャンスが有る。
但し電動ガン以上の精度を突き詰めることが出来た場合に限るという条件があるが。
弾を無駄に使わないのでエコでもあるがこういう武器は性格に合わないと使いにくい。



エリア13は防御側のプラントと攻撃のスタート地点との高低差があるせいか、
ボルトアクション使いがココぞとばかりに己の腕前を披露する環境のようである。



基本下から撃ちこむよりは高所から撃ち下ろすほうが有利である。
しかし攻撃側の勢いは激しく、防衛側は必死の抵抗をするものの・・・



攻撃側のホットガイな活躍により、プラント陥落。
しかしこの後、天候はかなり悪化したので午前中2ゲームだけでゲーム終了。
人数も多く集まり、参加者全員からみなぎるやる気を見せ付けられているのに、
残念な流れになってしまい悲しい限りである。



昼飯を食らいながら武器談話やくだらない話に花を咲かせ、
天候の回復を心から祈ったのだがイエス・キリストは我に味方する気がなかったようで、
雨は更に勢いを増し、サバゲーするどころではなくなる有り様。
参加者たちもゲームは無理と見て徐々に引き上げる中、我々はゆんたくタイム。
サバゲー出来なくてもこういう時間を共に共有するだけでも楽しいものではあるが、
どうせなら思う存分ゲームして楽しみたかった・・・

「今年もクリスマスは呪ってやる!」と心の中で叫びながら、
12月24日の若草通りサンタ狩りの計画を練る一方で、
1月末に再びこの地でサバゲーすることを心に誓ったのだった。


同じカテゴリー(サバイバルゲーム)の記事画像
週間予報では日曜雨のはずだったのに、何と良い天気!
少しぐらい雨が降ってもサバゲーはするよ
浜松からの来訪者 其の弐
浜松からの来訪者 其の壱
Who Dares Wins
サバゲーしている時が一番気分が良い
同じカテゴリー(サバイバルゲーム)の記事
 週間予報では日曜雨のはずだったのに、何と良い天気! (2018-05-28 22:54)
 少しぐらい雨が降ってもサバゲーはするよ (2018-05-07 23:14)
 浜松からの来訪者 其の弐 (2018-05-01 23:09)
 浜松からの来訪者 其の壱 (2018-04-30 23:06)
 Who Dares Wins (2018-04-08 23:28)
 サバゲーしている時が一番気分が良い (2018-03-25 22:55)
この記事へのコメント
今回もありがとうございました!
午前中だけで雨でしたがとても楽しめました!
是非とも12月もよろしくお願いします!
Posted by かき at 2014年12月04日 00:06
>かき様
天候の悪い中、参加頂きありがとうございました。
12月は日曜の予定が埋まっているので、申し訳ありませんが、開催は無しです。

>閣下
毎度の事ながら、ブログのアップ感謝致します。
最初の2ゲームで新兵器のテストをして、その後に機関銃を出すつもりでしたが、後のゲームがキャンセルに為ったので、コンテナ内で待機状態で使われることはありませんでした。
Posted by スカルガンナー at 2014年12月04日 10:33
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
誰だ!参加者の中に雨男が居るぞ!
    コメント(2)