2014年12月09日

雪の戦場 相棒との再開

昨日の写真をご覧になった方はもうお気づきでしょうが、
四国や日本海側ほど雪に包まれては居ませんが、
三八上北地方もソコソコ雪に包まれて冬模様でございます。
ま、12月に突入したんだから雪降ってもおかしくはねぇんですがね。

しかしそんな雪景色の中今年最後の締めくくりのサバゲーをするべく、
鯖芸部は八戸の南郷地区にあるエリア52という有料フィールドまで足を運びました。
あれ?南郷って地名宮崎にもあったよね?気のせい?
それとエリア〇〇って名称、サバゲーフィールドの名称ではちょこちょこ見かけますが、
その”エリア”というワードは新谷かおるから引用しているのかUFOからなのか少し不明。

大抵雪の中でのサバゲーっつーのはセイフティエリアにクルマが入れない時点で
サバゲー出来ねぇのと同じだからどだい無理な話なんですが、
エリア52は県道から横道入って直ぐの場所にあるのでその心配もなし。
積雪もそこまで酷くないし、天気も気持ちいいぐらいに快晴。



しかし雪が降るっつー事は戦場は相当な寒さが予想されます。
下にはアンダーアーマを装着し、腹には贅肉アーマーを装着し(余計)、
服装は旧ソ連軍のタンカースかと思いきやどーやらこれ違うみたいですな。
そのまま着れば分厚い戦闘服、インナーつけると防寒着ってなんていう名称なんでしょ?

外気温2℃位ならインナー付けなくても充分温かいです。
すんません嘘です。戦闘中はともかく、休憩中はちと寒い。

靴はこれまた旧ソ連軍末期=ロシア軍の革製編上げブーツ着用。
これが頑丈で昔ながらの山岳ブーツ的なシロモノなので履きづらいんですが、
ベイツより雪の影響を受けない靴がコレしかないんで仕方ないね。
ひょっとして雪上戦では東ドイツ軍のジャックブーツの方がマシなのかな?

腹巻きはチェストリグの元祖、人民解放軍の56式用3連胸かけポーチ。
一応予備マガジンはブチ込んでいますが使わなかったなぁ。
ウシャンカもかぶって旧ソ連軍のプロパカンダ写真風にポーズを決めてみました。



旧ソ連軍装備なので武器は当然、吉六会同志一同から頂いたAKS74。
次世代なのでガシャガシャ動くブローバックが超うざってぇぇんですが気分は出ます。
初戦と最終戦以外はすべて次世代AKで戦いましたが前が長いんで使いにくいね。
予備用にAKβスペツナズも持ってきましたがコレはソ連軍の武器じゃねぇしな。



今回のゲーム参加者は鯖芸部からは我輩、筒田氏、鳥取原人、G2の4名。
他の連中は雪があるから参加しなかったわけではなく、勤務者多数だったから。
あのサバゲー馬鹿、ヅイマー氏も残念ながら勤務で来られませんでした。
そして盛岡のプレイヤーが3名参加で合計7名。
本人達は「高速で2時間ぐらいだから結構近いっす」とおっしゃっていましたが、
いやいやそれ我輩的にはめちゃめちゃ遠いからまったくもう。

ゲームしているうちに少しづつ打ち解けてきて軽く話をしたら、
今回の参加者で東北出身者は1名のみという事実が判明、少し苦笑い。
そーいや鯖芸部も東北出身者は小森くんとサイクロップスぐらいしか居ねぇな。



そしてその盛岡のチームからの参加者の中には
今年の3月末に退職しやがった草飾男子が!

今回のゲームは彼に再開するために開催したよ~なもんです。
改造ジムニーでわざわざ盛岡の少し南から馳せ参じてくれました。
久しぶりの相棒との再開にG2も気分が少し高揚しているようです(嘘)。



午前中はチームを4:3に分けての殲滅戦。て言うかこの日のゲーム全部殲滅戦。
我輩のチームは鳥取原人と筒田氏の3名で唯でさえ人数少なくて戦力不足なのに、
フィールド内の把握も出来ないままガンガン殺られっぱなしです。

せめてもの救いは気の知れた2人が仲間であることなんですが、
ソレでもアウェイのフィールドでの初戦は相当苦戦します。
せめて後一人・・・ヅイマー氏かヅラがいれば・・・



エリア52のフィールドは大量の人工的障害物が無造作にあり、
それが遠方視界を完膚なきまでに台無しにしやがっているので、
敵の動きを掴みづらく、射撃してくるまで敵が見つけられないこともしばしば。
ヂゴンの巣よりも敵の動きが把握しづらいです。

でも一番の敵かと思われた寒さに関しては動けば意外と身体が温まるし、
雪に関してもゲーム中は全然降らず天気も良かったし、
休憩中も管理人さんが用意してくれた焚き火もあるし、
セイフティエリアは屋根付きの建物の中だったんでそこまで絶望的ではなかったです。



嫁の親父さんから仕送り貰って少しお金に余裕があったんで、
昼ご飯は奮発してコンロで温めて食うちゃんぽんをチョイスしました。
しかしココで大誤算が!アルミ容器が熱くて食えねぇ!
でも父上がくれたコッヘル持参していたんでそっちに移して食うことで難を逃れました。



ちゃんぽん食って満足した後、管理人さんからのフィールド予約特典で、
もつ煮込みをごちそうになりました。
味噌味のよく煮込まれたモツと根菜が身体を充分すぎるほど温めてくれますが、
食い過ぎて昼からのゲームが加速力1/3低下www



栄養分も補給したし、さーて昼からは盛り上がっちゃうよーと思ったら、
そーいう気分の時に限って敵が全然攻めてこねぇ。
それなら我輩が押しまくってやるぜとガンガン前進していたら
スタート地点の東屋から狙っていたG2に撃ち殺されてバリムカつく。

しかし我輩もココらへんでようやく気が付きました。
敵さえ見えれば当てやすい人工バリケードのフィールドでは、
敵を挑発しながらおびき寄せるよりも隠れて敵に接近したほうが得策なんですね。



今回のゲームでの一番の強敵は岩手の“射楽”というチームから来た彼。
エリア52にもちょくちょく足を運んでいるらしく土地勘もあるし、
射撃も的確で動きがいいので弾ばらまいているだけでは倒せません。

ヂゴンの巣で戦っていた頃を思い出しながら、
パレットのバリケードのスキマからかすかに見える相手の身体を
自分が隠れているパレットのスキマを抜きながら狙ってようやく倒しました。
同志熊頃氏がよく使っていた“ゴルゴ撃ち”ですな。



今回鯖芸部以外の参加者の中の一人、武装親衛隊の人。
コスプレのお祭りの時はもっとガチで決めるらしいですが、
本日は防寒のためにコートだけ持参。
コート羽織っているから動きが悪くて直ぐに餌食になりそうですが、
寒くない分モチベーションの低下は少ないからそこでプラスみたいです。



しかし今回は相棒草飾男子と久しぶりにタッグを組んだG2のモチベーション
仲間がヤラれてもその分やり返す根性を見せつけてくれやがります。
調子乗りすぎな感じがして少しイラッとしますが、
鯖芸部にもちったぁ骨のある奴が居るって見せつけるという意味では評価してやる。



ただ、調子に乗りすぎたG2は砂井さんから安く買い上げたマルイ次世代AKS74の
ストック折り畳み基部を破壊して(´・ω・`)ショボーン。
ココが壊れやすいという話はよく聞きましたが、やっぱ折れるんだなコレ。
G2がパーツ注文する時に我輩も予備パーツとして一緒に注文しよう。
て言うか、コレを機会にE&LのAK買おうぜG2!



んで、G2の元相棒の草飾男子はG2とうまく連携をとりながら
鯖芸部にいた頃と同じノリでガンガン攻めてきやがるんですが、
何か調子が違うらしく、「あれ?お前そんなに弱かったっけ?」
どうやら彼は草で自身の身を飾らないと戦力発揮できないみたいです。

写真が随分暗いなぁ、撮影失敗したんじゃねぇかとお思いでしょうが、
3時超えた辺りから随分日が落ちてしまい日陰の部分は結構暗いんです。
青森では今の季節、4時半過ぎたら完全に夜ですぜ。



最終戦は我輩がポロッと口走ったのがよくなかったのか、バトルロイヤル。
じゃんけんで勝った順にバリケードに隠れて、皆が隠れたらスタート!

我輩は生き残ることよりも殺すことを優先してフィールドのセンターに隠れ、
2番めに隠れたのをいいコトに他の相手が何処に隠れたのかをこっそりと見張り、
全ての敵の居場所を把握した上で近い順に攻撃、撃破。

最後は東屋に隠れこんだ筒田氏と相撃ちになってゲームオーバーでしたが、
6人中4人キルしたからあと1人倒せばエースだったなw



今回のゲームは初のエリア52体験、そして雪上戦、
更に草飾男子とG2の再開、トドメに他県のプレイヤーとの交流も出来、
今年の〆を飾るにふさわしい手応えを感じられるゲームだったと思いました。
今度エリア52に来る時は動きに定評のあるヅラとサイクロップスを連れてきたいな。

いつも同じ仲間と同じフィールドでのんびりサバゲーするのも楽しいですが、
たまには違う環境で違う相手とやるのも刺激になっていいものです。

来年はこーいう遠征をちょくちょくこなしていきたいな。
鯖芸部ももっと他方に見聞を広める時が迫りつつあるようです。



射楽の彼も草飾男子も本気かどーか解りませんが、
一寸マジな目つきで今度うちのゲームにも来てくれるって言いましたので、
来年鯖芸部部員の人数が減っても刺激のあるゲームはできるんじゃねぇかって期待。
でも盛岡から三沢までは高速使えば早いって言うけど結構遠いぞ。
そしてジムニーで高速は意外と辛そうだぞ。


同じカテゴリー(サバイバルゲーム)の記事画像
今年もこのフィールドで思う存分楽しもう!
今年の初サバゲーはRED LEAVESで
磐田の野外フィールドにTE★GAが置いていた?
浜松で★本格的★インドアフィールドを満喫
4人いればサバゲーは出来る・・・よね?
やはり、我輩は“野戦”が好きだ(確信)
同じカテゴリー(サバイバルゲーム)の記事
 今年もこのフィールドで思う存分楽しもう! (2018-01-15 00:47)
 今年の初サバゲーはRED LEAVESで (2018-01-08 11:46)
 磐田の野外フィールドにTE★GAが置いていた? (2017-12-29 00:04)
 浜松で★本格的★インドアフィールドを満喫 (2017-12-23 01:58)
 4人いればサバゲーは出来る・・・よね? (2017-12-17 22:57)
 やはり、我輩は“野戦”が好きだ(確信) (2017-09-10 22:23)
この記事へのコメント
新フィールドのレポお疲れ様です。

平坦だけど、人工バリケードがメインの所なんですね~
ものすごい数のバリケードですなw
私も森林系ばかりプレーしていたので
人工バリケード系の場所はちょっと苦手。
素早い動きが出来る機動力が足りないw

あと、有料フィールドは気兼ねなくプレイできるのも良いし
いろんな人たちと交流もできるのも魅力ですね。

公式HPのガンカメラの映像も見ましたよ。
フィールド広いから
3vs4だと人数少ないし
お互い開幕アタックかけないで
狙撃戦な雰囲気なんでしょうかね。
Posted by リーダー at 2014年12月13日 10:54
>リーダー
エリア52はバリケードが多すぎて視界に乏しく、
尚且つどのバリケードに隠れているか予測も付けにくいフィールドでした。
関東周辺の有料フィールドもあーいう感じの場所多いですよね?

でもこーいうフィールドに来ると不特定多数のプレイヤーたちと
絡むことも出来るし上手く逝けば多人数で遊べるかもしれないので、
部員減少傾向にある鯖芸部としては今後共活用していきたいですね。

あのカメラ映像は鳥取原人の銃に取り付け時の時のものです。
自分と筒田氏が同じチームでやっていました。
Posted by 砥部良軍曹砥部良軍曹 at 2014年12月13日 23:59
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
雪の戦場 相棒との再開
    コメント(2)