2016年01月25日

鯖芸部、雪の戦場で全滅する

青森は本日も真っ白な雪景色で通常運行なんですが、
昨日は九州各地でも信じられないレベルの雪に祟られたようですな。
福岡、佐賀、長崎、熊本、鹿児島の雪景色の風景をニュースで拝見しながら
驚きを隠せない我輩一家ではありましたが、
九州8県の中で唯一ニュースに出てこなかったのが宮崎県。

奄美大島でさえも115年ぶりの雪が降ったというのに、
宮崎には雪、降ってこなかったのか・・・
どうやら宮崎の周辺には大寒波でさえもガードする結界が張られている模様。
多分フリーザ様が地球に降臨しても宮崎だけは助かるなw



しかし鯖芸部はそんな九州の雪模様を無視ぶっこいて、
八戸の“エリア52”に雪中サバゲーに逝きました。
青森といえば雪!雪が怖くてサバゲー出来るか!(意味不明)

今回は鯖芸バカ一代のG2とヅラちゃん、
そしてこないだやってきた宮崎県串間市出身の新入社員を引き連れて
戦地に出向く予定でしたがヅラちゃんは集合時間の8時になっても
独身寮のベッドでぐっすりと爆睡してやがります。



気持よく寝ているヅラちゃんに対して「40秒で支度しな!」というべきか
「3分間だけ待ってやる!」というべきか悩んだのですが、
最近のナビは高性能だから一人でもイケるよなと思って
「先に靖国で待ってるぞ」と言い残してそのまま放置プレイ。

3人で先にエリア52に足を踏み込んだら何ということでしょう、
積雪が多すぎてフィールドに入れません。
先に来ていたハイラックスサーフの兄貴でさえ「前に進まないです」とおっしゃる始末。



でも数日前にエリア52の管理人さんからフィールドの雪模様の写真が送られてきて、
それを事前に拝見したんでこー言う事態はすでに想定内。
というわけでまずは侵入のための雪かき。
今回は勿論、雪かき用のスコップも持参しております。

まずは駐車場までの道をザクザク掘りながら切り開き、
本日の参加者分の車両を停めるスペースを除雪。
我輩たち一行の後に鳥取原人がスノープッシャー持参で登場し、
ご自慢のナイスバディでガンガン除雪をしていきます。



そして通路が出来上がったところをハイラックスサーフで踏み固め、
ソコに我輩のリビドー号を突っ込み、原人のセクストレイルを突っ込んだのですが、
「さあ次はオレの番だぜぇぇ!」と突っ込んできた
ヅイマー氏の北欧製ステーションワゴンが雪の中でスタックwww


仕方ないね、だって駐車場の積雪は30cm以上、
しかも踏んでも踏んでも固まらないサラッサラのパウダースノー。
だから総員必死で駐車場の雪をかきまくり、
サーフに引っ張ってもらってどーにか脱出成功する有様。

気がついたら現地到着から1時間以上経過。
「ヒョットして今日は雪増し料金ですか?」と聞いたところ、
通常料金であることを確認し、ホッと胸をなでおろしながらショバ代を払い、
必要最低限の装備だけ持ちだしてセイフティゾーンへ移動。

余談ですがセイフティエリアまでの通路は管理人さんが除雪済み。
口で言うのは簡単だけどエアガンの射程距離よりも長い結構な距離を
我々アフォウ共のために除雪して頂き真に感謝。




今回の我輩の装備は勿論、ソ連軍の防寒着?とロシア軍革製編み上げ靴、
人民解放軍チェストリグにウラルの白熊も愛用しているロシアンもこもこ帽。

論、中にはアンダーアーマーのコールドなんちゃらを装着。
ピチピチ感が嫌ですが余裕で氷点下超える状況では
己の生命の維持のために必要不可欠。
ヒートテックじゃあ屁のつっぱりにもなりゃしねぇからなw

武器は勿論、近代改修型PPSh-41がメイン。予備にAK74が2丁。
フォアグリップは遠すぎて持ちにくいのでライト付けてみましたが、意味ねぇ。



武器と装具の準備を終え、ふと気が付くと「まだヅラちゃんが来てねぇ」。
するとヅラちゃんから「ナビの指示したところに行ったら訳判んなくなりました」
「今、自分が何処にいるのか解りません!助けてください!」と
悲痛な叫びを込めた電話がかかってきたので、

エリア52から一番近いと思われる目的地、島守中学校まで来いと連絡して、
ヅラちゃん抜きで午前中のゲームを開始。この時既に12時前。

鯖芸部が8名、個人参加のプレイヤーが2名で合計10名体勢でゲームスタート。
制限時間10分のフラッグ戦を実施しますが、
積雪があまりにも凄すぎて移動するのが困難です。

去年以上に雪が深く、一番深いところに入ると身動き取れません。
我輩みたいにケツの下にすぐ踵があるよーな生き物は移動するのも一苦労。



1回めのゲームを終え、「もう1回やってから昼メシにしますか?」ということにして、
フラッグエリアに向かおうとしたら見たことがある生き物発見。
雪に足を取られてズッコけた挙句、悲しそうな目をしているヅラちゃん。

あの後、島守中学校付近の橋の側に居ると電話が来たので、、
サーフの兄貴のご行為に甘えて迎えに行ってもらったのですが、
兄貴曰く「彼、クルマの中で物凄く不安そうな表情で待っていました」との事。

いやー、最近のカーナビは高性能だって認識でしたが、
ドイツの国民車に搭載されているカーナビは相当マヌケなようですな。

だからポロのGTIなんか買わないでシトロエンDS3にしろってw
よく外車はポンコツだって一般的に言われていますよね?
我輩的にソレは無知の戯れ言だと思っていますが、ナビは未だにポンコツの模様。



ヅイマー氏、北欧風マタギスタイル的な出で立ちで参戦。
今時何処でも見かけねぇキャンバス生地のリュックが粋だねぇ。
武器はキングアームズのガリルAR。無国籍感がナイス。

大半の参加者は粋でシャレオツな冬用戦闘装備はお持ちでないようなので、
いつもの迷彩服の下に出来るだけ着こむ方法で体温維持しておるようですが、
東北で過ごすなら冬用装具、持っていても損はなかろうと思います。



昼メシは勿論、ST-310に湯を沸かしてカップラーメン。
飲み物は「アイスティーしかなかったんだけど、いいかな?」
でも戦闘から引き上げてきて直ぐでゼーゼーしている時ならともかく、
昼の休憩時は温かい飲み物がほしいです。
つー訳で山用ヤカンで紅茶を温めて飲みましょう。
睡眠薬、もとい砂糖を入れればもっと温まるんでしょうが忘れた。



午後の紅茶を温めながらファミチキをかじると「肉冷たい!」。
肉と嫁が冷たいのだけは耐えられませんし、
昔父上が「雪山で冷たい物を食うとよくない」みたいなことを言ってた気がするので、
何を摘んだのかよく解らないトングで肉を挟んで炙りましょう。

適度に返しながら炙るといい感じに焦げてきて油も滴り、旨そう。
かなり温まって口内が火傷しそうだけどガツガツ食ってしまいます。
よし、次は串付きフランクフルト持参でココに来よう。



いやー最近、鯖芸部はST-310使用者が多くなってきましたね。
シングルバーナーがあるだけで冬のサバゲーは2割増し楽しくなります?

工夫をすれば安上がりでたらふく食べられて温まる料理が作れるのも利点。
インスタントラーメンと刻み野菜、ハムでも持参すれば最高の野外のごちそうです。
サッポロ一番塩ラーメン二袋は少しやり過ぎ感がありますがね。



更にゆで卵やレトルト豚角煮を入れると一層美味しく召し上がれますって
アンタそれ、栄養摂取しすぎですばい!
小さい頃、卵は一日一個ってお母さんに言われなかったんでしょうかね?
裏山美味しそうなサバゲー飯、皆さんも如何ですか?



何かココだけ、終末感溢れてねぇ?
寒い中、こーいう建物で武装して飯食ったりタバコ吸ったりしていると、
「核戦争で生き延びた奴らが集まる場所」みたいな気分に浸れませんか?

カップラーメン食いながら「こないだ地下室の倉庫で見つけたんだ」とか言ってみたり、
湯を沸かしながら「お前ソレ、放射能含有しているか確認したか?」
「放射能摂取しなくても、明日銃弾で死ぬかも知れんだろ?」とか言い合ったり、
ガスが冷えて弾が飛ばないガスガン撃ちながら
「クソっ!火薬が湿気てやがる!」と悪態ついてみたりすると、
サバゲーしなくても楽しい気がしてしまうのは我輩だけ?



でも折角有料フィールドに来ているんだから、サバゲーしましょう。
しかし動こうとすると足がもつれてズッこけるし、
動かずに待ち伏せしていると段々寒くなるし、どーすりゃいいの?

仕方がない、動けるところまで突き進みましょう。
まごまごしていて殺られるよりは、敵に接近して撃たれたほうが気持ちがいい。



昼からはヅラちゃん&他チームの方が参戦したので6対6でフラッグ戦。
しかしフラッグ戦にしたところで相手陣地にたどり着くのが一苦労。
残り5分で半分近く勢力が残っていることもしばしばです。
やっぱ雪上サバゲーって過酷だわ。まさにサバイバルゲーム。

しかし、雪以上に過酷なのがバッテリー事情。
チームの大半が未だにニッスイバッテリー愛用者が多い鯖芸部、
時間が経つに連れてバッテリー切れを起こす者続出。

ニッスイは寒い状況下では能力が半減するようで、
撃たなくてもそのまま放置しているだけで電流減少が著しい模様。
寒さに強いリポバッテリーやリフェバッテリーの優位性を
雪中戦で思い知ることになるとは思いもしませんでしたね。




そして時間が経つに連れてズボンの裾に付着した
雪が水になって浸水してふくらはぎが冷たくなり、
比較的浸水に耐える革靴も雪が染みてきて指先が冷たくなる。


スキーウェアやスノーブーツみたいな防水性が強い衣類で固めていれば
そこまで被害は甚大にはならないのでしょうが、
年間1・2回しかやらねぇ雪中サバゲーのためにソレを仕入れるというのもねぇ・・・



雪が行く手を阻む状況では長い武器より短い武器が有利。
軽いから体力の消耗を低減するというのもありますが、
振り回しやすいので雪の中に銃口が刺さる心配がないという。
そして気温の影響を受けにくいエアコキという選択肢もあながち間違いではないのかも?



雪のせいで足を取られるのか、動きにキレのないヅラちゃん、
雪を敵に回すぐらいなら雪と仲良くなろうと思ったか、
雪上と一体化する戦法で戦うことを決めたようです。

傍からみる側としましてはそのまま土と一体化しないか心配ですがね。



でも動きにくい雪中で居場所を掴まれた時、ソレは死を意味する。
そして敵の生存数が多い場合、迫り来るは死より辛い絶望と猛攻。



ヅラちゃん、雪の冷たさに耐えたにも関わらず、
結局皆さんに蜂の巣にされましたとさ。

どーせなら敵が完全に射程範囲に入るまで耐えとけばよかったのにねぇ。
まあそれ以前に我輩たちが敵を殲滅しとけばよかったという話ですがね。



串間市出身の新入りも若さで戦い抜いてくれたんですが、
人生初の雪上戦は相当辛かった模様。

久しぶりに引っ張り出してきたM-4は動かない、
G-3 SASハイサイクルはバッテリー切れを起こすわ、
マガジンの底が行方不明になるわと散々な1日を過ごす羽目になりましたが、
コレに懲りずに鯖芸部の部員として精進してくれい!



真っ白に燃え尽きたよ・・・
16時過ぎると辺りも薄暗くなり、日陰は夜な感じ。
そろそろ引き上げないと路面が凍ってヤバイぜ!



戦いを終えて完膚なきまでに濡れまくった靴を脱ごうとしたら、
何ということでしょう、靴紐に付着した雪が凍って紐が解けませんwwwww

でもロシア軍コンバットブーツは上の部分が靴紐を穴に通すタイプじゃなくて、
フックに引っ掛けて編むタイプなので紐ずらせばそのまま紐が解けるんですね。

流石、雪国ロシアの装備だ!よく考えているぜ!
コレがジッパーだったらガチガチに凍ってて大変だったわい!




「安心してください、履いてますよ!」靴下はね。
だってさぁ、雪の上に裸足って絶対しもやけ一直線じゃね?
そろそろ我輩も己の命を大事にしていたい年頃なんですよ。

雪との戦いに必死で、撃ちあうのは二の次。
走るのは勿論、歩くのも一苦労、そしてしゃがむと膝が冷たい。
伏せ撃ちはある意味自殺行為。

寒くてチャンバーパッキンが硬化しているのか、思ったように弾が飛ばない。
バッテリーは寒さで速攻劣化、銃が撃てなくて無残に敗北。

そして時間が経つに連れて染みこんでくる雪。
足元が冷えて立っているのもままならなくなる。
雪は体力だけじゃなくて、気力も奪うもんなんだと認識するハメになる。

正直な話し、サバゲーで何人キルしてどーこーだとか、
エアガンの威力がないと有利になれないとか言ってる輩には、
まともな戦い方が出来ない時点でまさに無理ゲーですぜ、雪中戦。


でもこの、まともな戦い方が出来ない雪中戦、
ソコにはサバゲーの斜め向こうの楽しみがありますね。

但し、雪上戦を楽しむためにはエリア52の管理人さんみたいな、
理解あるフィールドマスターの存在が不可欠ですがね。


同じカテゴリー(サバイバルゲーム)の記事画像
今年もこのフィールドで思う存分楽しもう!
今年の初サバゲーはRED LEAVESで
磐田の野外フィールドにTE★GAが置いていた?
浜松で★本格的★インドアフィールドを満喫
4人いればサバゲーは出来る・・・よね?
やはり、我輩は“野戦”が好きだ(確信)
同じカテゴリー(サバイバルゲーム)の記事
 今年もこのフィールドで思う存分楽しもう! (2018-01-15 00:47)
 今年の初サバゲーはRED LEAVESで (2018-01-08 11:46)
 磐田の野外フィールドにTE★GAが置いていた? (2017-12-29 00:04)
 浜松で★本格的★インドアフィールドを満喫 (2017-12-23 01:58)
 4人いればサバゲーは出来る・・・よね? (2017-12-17 22:57)
 やはり、我輩は“野戦”が好きだ(確信) (2017-09-10 22:23)
この記事へのコメント
ニッケル水素は寒さに弱いねぇ。
国産ハイブリッド車の大半がそれなのだが、寒くなると燃費がリッター2キロ
くらい落ちる。まあ、我が家の車なんだがwww

アクアのニッケル水素電池にはヒーターが巻いてあるらしい。
Posted by 電マ野郎 at 2016年01月29日 21:53
>電マ野郎様
そーいやハイブリッド車のバッテリーってニッスイなんですよね。

まあプリ薄とか淫サイトとか元々燃費がいいでしょうから
リッター2ぐらい減ってもどーってことないんでしょうが、
青森とか寒い地域で使うとなるとバッテリーの寿命が短くなりそうですな。
Posted by 砥部良軍曹砥部良軍曹 at 2016年01月30日 10:50
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
鯖芸部、雪の戦場で全滅する
    コメント(2)