2016年03月19日

3月13日 エリア13吉六会サバゲー

3月13日のエリア13でのゲームの
参加者は総勢29名が集まりました。


吉六会よりはスカルガンナー以下電マ氏、軍曹、黒提督、
コマさん、コマ次郎、コマ三郎、パットン、オニールT(現地徴用)が参加。

ゲスト側はとみぃ君&セイジ君、松本様×3名、矢野様、カラス様、ボブ様、
クロキ様×3名,かき様×2名、イシハラ様×2名、オガタ様×3、Bes様が参加。



今回のエモノは東側陣営の武器で揃えてみました。
上からVSS、マグプルAK、新兵器のPP-19-01。
マグプルAKは東側じゃないだろうというツッコミは真摯に受け止めますが、
弾の口径は東側なのでご勘弁くだされ。



最初のゲームは人数を3等分にしてのプラント立て篭もり戦を行い、
午前中で3回ローション、もとい、ローテーションで行いました。



おや、戦闘は始まったばかりなのにもうふて寝している兵士が。
それとも、流れ弾にあたって戦死したのでしょうか?



コチラには幻想の世界からやってきたよーなプレイヤーが居ますね。
3月に入って春も近づいて暖かくなってきたので
妖精が陽気に誘われてきたのかもしれませんね。(すっとぼけ)






このゲームではフィールド内に立て籠もりチームがアンブッシュしている為、
勢い良く出てきてしまうとゲーム開始直後に速攻で狩られてしまいます。
まったく、命がいくつあっても足りません。





立て籠もり戦を3回行った後はエキシビジョンゲームで
「自衛官vsその他」で人数を分けてプラント奪還を行いました。



自衛隊チームは立て籠もりチーム(某国のゲリラとの想定)からの
攻撃を受けない限り応戦不可との交戦規定を設け、
30分でのゲームを行いましたが・・・



序盤にマッドマックスに翻弄されて
あと一歩の処で時間切れとなりました。




午後のゲームはプラント下層部に新設された土嚢掩体に
マーカー(ペットボトル)を投げ込んでプラントを無力化させる内容のゲームを実施。



ネ申は偉大なり!
エロリストによって占拠されたプラント。



無駄に生きるか、何かのために死ぬか、お前が決めろ。



「まだ誰か残っているか?」
「いいえ、死体だけです。」



土のうに囲まれていると・・・
母の腹の中にいた時のようで落ち着く・・・???



「班長!早く日本に帰りたいです!」
「日本に戻ったら豚骨ラーメン腹が破裂するほど替え玉します!」
「じゃあ死なないように逃げ遅れるな!RPGが来るぞ!」



佐清(すけきよ)さん、犬神家からのゲスト出演。



今回はどのチームもマーカーの投入には至りませんでしたが、
硬直状態で撃ち合いが滞る事は回避されました。
おっと、硬直状態というと股間みたいで嫌ですねぇwww
皆で楽しくバンバン撃ちまくったと言い替えときましょうかね。

★★~ウホッ!野郎だけの楽しい宴~★★



前夜祭(飲みかた)の様子です。
毎回レギュラー参加の電マ氏は家庭の事情により不参加でした。



勿論、今回も原始炉大活躍。
昼間は暖かくなってきたとはいえ、夜はまだ火が欲しいところ。



今回のメインメニューは部隊鍋(韓国軍のジャンク鍋)キムチベースの毒汁に白菜、
魚肉ソーセージ、インスタント麺にチーズをトッピングした物です。



そしてエリアスタッフ提供の猪、鹿肉の焼き肉。
軍曹曰く「オレはキッチンで負けたことはないんだ」



肉を火炎地獄に投入前にナパームをブチ込んで火力増強。

その他、各々の持ち込みのツマミで大いに盛り上がりました。
最近ではサバゲーよりもコッチのほうが楽しみで仕方がない!!


同じカテゴリー(サバイバルゲーム)の記事画像
今年もこのフィールドで思う存分楽しもう!
今年の初サバゲーはRED LEAVESで
磐田の野外フィールドにTE★GAが置いていた?
浜松で★本格的★インドアフィールドを満喫
4人いればサバゲーは出来る・・・よね?
やはり、我輩は“野戦”が好きだ(確信)
同じカテゴリー(サバイバルゲーム)の記事
 今年もこのフィールドで思う存分楽しもう! (2018-01-15 00:47)
 今年の初サバゲーはRED LEAVESで (2018-01-08 11:46)
 磐田の野外フィールドにTE★GAが置いていた? (2017-12-29 00:04)
 浜松で★本格的★インドアフィールドを満喫 (2017-12-23 01:58)
 4人いればサバゲーは出来る・・・よね? (2017-12-17 22:57)
 やはり、我輩は“野戦”が好きだ(確信) (2017-09-10 22:23)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
3月13日 エリア13吉六会サバゲー
    コメント(0)