2016年04月11日

丸太のポテンシャル



昨日の鯖芸部のサバゲーは総勢16人が集合。
いつものメンバーだけでなくご新規さんも来てくれて盛り上がりました。

でもしかし、定期的にサバゲーするとなるともう少し人数が欲しいところ。
となるとやはり、職場だけで集まるのではなく外からの参加者を集めるべきかと思うのです。

しかし三沢近辺でサバゲーしたいと考えている方々の大半は
恐らく我輩のブログを見たことがあるはずなのに、
(何故なら、“三沢 サバゲー”で検索すると高確率でウチにたどり着くから)
誰も「僕も混ぜてください」とコメントして来ない現状があるということは、
やっぱ我々イカレポンチ集団に関わりたくないということなんでしょうねぇw



まだ少し肌寒いので、去年購入した陸自夏用迷彩服はまだ早いでしょう。
結局最近いつも着ているロシア軍迷彩服を着ることにします。
しかし我輩がいくらAK好きだからってAKばかり使っているのも面白く無いので、
たまにはファントムステアーでも使うことにしました。

でもコイツ、なんかメカの動きが均一じゃないんですよね。
弾が飛ばないとか、当たらないとか言う問題じゃなくて、
作動音が煩かったり、静かになったりと落ち着きが無い。

入手時このカスタムAUGのメカボックスは大分弄くられているようだったので、
とりあえずそのまま使っているのですが再調整要す時期なのかもしれません。

でもコレが今回、サイレンサー効果と意外に良い集弾性で結構大活躍してくれたんで、
もう少しコイツの中身煮詰めまくって極めてみたくなりました。
やっぱ我輩AK以外の銃では
ブルパップと相性がよろしいようです。




マルイ次世代電動ガンの新作、HK416Cカスタムついに降臨!
パッドの小さなストックはG3A4のストックみたいで不安感抜群ですが、
MP5ぐらいのサイズなのでハンドリングしやすそう(小並感)。
全長が短いせいか、次世代独特のリコイルもフルサイズのHK416以上な気がします。

でも我輩的にこのHK416カスタムの素晴らしい点は
416Dの芋みたいなグリップではなく初期型のグリップであること。
握り心地は確実にこちらのほうが上です。



ただ、このバッテリー内蔵型マガジンというのはどーも頂けません。
予備マガジンの数だけバッテリー用意しろってどういうことよ!
しかし外装バッテリーにするとレーザーデバイス型バッテリーケースが邪魔になる。
やっぱコンパクト電動ガン最強は何時まで経ってもMP5Kなのかねぇ?

鯖芸部も部員が10人以上も居ると毎月1人ぐらいは
新兵器を購入してくれても良さそうなんですが、
(砂井さんは毎月何かしら魅せつけてくれるんですがねw)
最近の若い衆はサバゲー以外にも金の注ぎ込みどころが多いのか、
リーダー&野獣先輩が居た頃のように目を楽しませてくれる輩が居ないのが残念。



今回はゲームを実施する前に、フィールドのゴミ拾い。
とは言ってもメインで片付けるのはゴミではなく倒木。
鯖芸部のフィールド、至る所に丸太がゴロゴロしてやがるんですよ。
海の近所なので海風が強い時、寿命が来た木や細い木がバンバン倒れるんですね。

以前よりアチラコチラでぶっ倒れていた木々が邪魔で進行の妨げになっていたので、
コイツラを人海戦術で片付けて一箇所にまとめてバリケード制作します。
しかし今回久しぶりにフィールドの整地作業しながら思ったんですが、
「彼岸島みたく丸太振り回すのはどれだけ握力鍛えりゃいいんじゃ?」

勿論部員の中には華麗に丸太を振り回せる輩は居ませんでしたが、
午前中の2時間で大半の倒木を片付けて、ゲームしやすい環境の完成です。



彼岸島のように丸太を振り回す作業を終え、昼飯タイム。
砂井さんがユニフレームのライスクッカーミニでラーメン作っているのを見ると、
「懲りすぎたクッカーセット買うぐらいならコレ買った方が
ラーメンも作れるし飯も炊けるから2度美味しいんじゃね?」と思った41歳の昼下がり。



スカイプラザミサワで女王様聖水、もとい、お嬢様聖水売っていたんで、
思わず買ってきて飲んでみましたが残念なことに中身は聖水ではありませんでした。
味的には翼が生えないレッドブル。

どーでもいい話かもしれませんがいくら可愛いおねーちゃんとはいえ、
余程人格拗らせでもしない限り聖水飲むのは結構ハードです。
だってアレ、海水よりもしょっぱくて舌にビリビリくるんだぜ。
聖水は飲むより、出てくるのを見て楽しむか、出した後軽く舐めるに止めておきましょう。



午後一発目のゲームは電動ガン禁止戦。
バリケードが増えたフィールドでどれだけ戦況が変化するのか見ものです。
ていうか筒田氏、折角作ったんだからバリケードに隠れなさいよ!



でもね、バリケードに身を潜めて相手の不意をついたとしても、
「当たらなければどうということはない!」
結局弾当てられる方が勝つんですよね、サバゲーって遊びは。

我輩はこないだ購入したCYMAのレミントンショットガンで電動ガン禁止戦に参戦しましたが
このショットガン、フロント&リアサイトがないから弾が当たらねぇの。



しかし徳大痔氏、この漢(おとこ)は違うんですねぇ。
サイトもないストックもないショットガンで弾当てるんですよねぇ。
そしてどーしても当たらない時はハンドガンに切り替えちゃうんですよねぇ。
多分彼は悪魔に魂を売って弾を当てる能力を身に着けたのでしょう。



「最近疲れているんでゲームには参加しません」と言ってたヅラちゃんですが、
昼過ぎ頃に「見学だけさせてください」とホイホイやって来ました。
でも結局、サバゲーしたいんだよなぁ。
積み上げられた丸太のバリケードを見て血が騒いできたようです。



最近モシンナガン買うぐらいならモーゼルkar98k買った方が
サバゲーで使えるんじゃないかなって思うんですがそこんところどーなんでしょ?
お値段はREDFIREのモシンナガンより少々アップしますが、
マガジン装填型であることと、そのままでも充分イケる命中精度は特筆モノ。



去年半ばぐらいから砂井さんに連行されて戦場にやってきた
少尉殿が一番最初の電動ガンとして選んだのはLCTのPP-19-01。
ってちょっと待てよ!初めて買った武器がコレって
喩えるなら人生で初めて行った風俗がSMクラブっていうのと同じぐらいこじれてるぞ!

近代化改修っぽい外観の割にはセレクターは旧態依然のものであること、
口径がロシアらしからぬ9mmパラベラムというのが気に入りませんが、
電動ガンとしては多弾数マガジンがないのとホップ調整やりにくいという難点もプラス。
見た目は写真で見たよりも格好良くて“ウホッ!”って叫んじゃいましたけどね。



電動ガン禁止戦を1時間、3セット実施した後はようやく電動ガンでの戦い。
今回は1チーム8人居るので殲滅戦ではなく、フラッグ戦で進行します。



丸太バリケード、大活躍です。
分厚い守りで本日初参戦の新兵も案外生き残ってくれます。



ナチスの残党が時代錯誤な武器を構えておりますが、
時空間に飲み込まれて現代に来てしまったと妄想しときましょう。



これだけ高く積み上げられた壁を見たらTリーダー、
またこのフィールドでヤりたいって思うんじゃないっすか?



「折角バリケードでかくしたから、攻防戦でもヤってみようか?」
チーム比率はそのままで、弾数制限は設けず。
追加ルールは「防御側は陣地より前に出ない」それだけ。
10分以内に攻撃チームがフラッグを取るか、
それとも防御チームが守りぬくかのゲームを試験的に実施。

緒戦は我輩やヅイマー氏、砂井さんと鳥取原人の変態チームが防御。
筒田氏、徳大痔氏、G2、クリタコスタの居るノンケチームが攻撃です。



ヤラれた攻撃チーム員はフラッグの前で戦況を見守りつつ、
防御チームの捕虜となって自チームの勝利を願います。
決してこの後、首は切られておりませんのでご了承ください。
結局この戦い、攻撃チームが圧倒的完敗。



「やっぱ人数比率を変えないとゲームとして成立しないのかなぁ?」
「とりあえず、試しにウチラのチームが攻めて検証してみるか?」
・・・我輩と小森くんを残して壊滅状態になりましたが、
制限時間ギリギリでどーにかフラッグアタック成功。



「やはり、もう一戦ぐらいヤってみないと判らんなぁ」
2セット目は攻めと守りのフィールドを入れ替えて実施。
相手チームに「タチとネコ、どっちがいい?」と問うたところ、
「殺せればどっちでもいいです」というのでウチラが返り討ちにする方で。

結局、2セット目の対決はどちらのチームも相手陣地に侵入叶わずタイムアップ。
やっぱ攻防戦では攻め2:守り1ぐらいにしとかんとイカンですな。

ところで漫画とかで飯盒炊爨する時、
丁度いい感じのY字型の枝に棒引っ掛けてやっているけど、
あんなに丁度いい感じの枝ってなかなか見つからないよね普通?



無理ゲー攻防戦の後は通常通りのフラッグ戦。
今まで何も遮蔽物がなかったところにバリケード作ったんで、
戦況が随分変わって予想外の展開が繰り広げられます。







AK野郎揃い踏み。
しかしこんな日に限って我輩がAK持ってきていないという・・・



そして鯖芸部を代表するAK野郎、G2がラストのフラッグアタック。
最終的に16時半ぐらいまで撃ちあってこの日のゲームは糸冬了。
毎回コレぐらいの規模でサバゲー出来れば楽しいだろうなぁ。

タグ :鯖芸

同じカテゴリー(サバイバルゲーム)の記事画像
今年もこのフィールドで思う存分楽しもう!
今年の初サバゲーはRED LEAVESで
磐田の野外フィールドにTE★GAが置いていた?
浜松で★本格的★インドアフィールドを満喫
4人いればサバゲーは出来る・・・よね?
やはり、我輩は“野戦”が好きだ(確信)
同じカテゴリー(サバイバルゲーム)の記事
 今年もこのフィールドで思う存分楽しもう! (2018-01-15 00:47)
 今年の初サバゲーはRED LEAVESで (2018-01-08 11:46)
 磐田の野外フィールドにTE★GAが置いていた? (2017-12-29 00:04)
 浜松で★本格的★インドアフィールドを満喫 (2017-12-23 01:58)
 4人いればサバゲーは出来る・・・よね? (2017-12-17 22:57)
 やはり、我輩は“野戦”が好きだ(確信) (2017-09-10 22:23)
この記事へのコメント
久しぶりの大人数ゲームですなw。
私のいた時でも10名いれば多い方でしたしね。
フィールド的に20名ぐらいになれば最高でしょうなぁ・・・

バリケードが充実してきたようですね。
この時期は下草も無く視界が広いので
バリケードがあるとゲーム展開に新鮮味が出ますな。
久しぶりにそちらでプレイしたいけど
臨時勤務とかで行ければ良いけどなかなか無いです。

LCTのPP-19-01 Vityaz(ビチャズ)か!
こちらでも買った人がいたので撃たせてもらいました。
箱出しでHOPも安定していてサイズもコンパクトだし
撃ちやすい銃だな~というのが第一印象
ロシアの特殊な人たち装備するにはもってこいですね。
ちょっとほしくなりましたよw

でも最近はローンレンジャーなので
新装備はなかなか買えないけど
なぜか内部パーツは別腹で買ってしまっているという
ダメスパイラルに陥ってます~
Posted by リーダー at 2016年04月12日 23:25
>我らが同志にして偉大なるリーダー
このフィールド面積なら20人ぐらい行けそうですね。
しかし夏にはメインの部員がガッツリ減るので・・・
ソレまでにもう少し部員を集めたいところです。

下草がある季節なら隠れる場所が多いのですが、
今の季節だとスカスカだったので思い切って整地してみましたが、
結構デカい砦とか作ったんでかなり楽しめるフィールドになりました。

PP-19-01は確かに使いやすそうでカッコいいんですが、
クリンコフとキャラが被るので我輩は買わない銃ですね。
ヅラちゃんが興味津々だったみたいですがw

ま、我輩ももうすぐ引っ越しかもしれないので、
新しい武器買うのは暫く自粛しとかないといけません。
Posted by 砥部良軍曹砥部良軍曹 at 2016年04月13日 18:53
PP-19-01はPP-19の茶筒みたいなMgと比べたらまだまだマシになってますね。Mgも50×2なら携行用のポーチを選ぶが、クリンコフを持ってる人には無用なブツですね。
後、LCTは出来が良いのですが、このサイズで3kgは重いかな…
実射性能は文句無いんですよね。
Posted by スカルガンナー at 2016年04月13日 21:49
いつも楽しくブログを読んでいます。

皆さまと一緒にゲームをしてみたいなと思うのですが、千葉県に住んでいるのでなかなか参加できないです(^_^;)
Posted by 伊藤 at 2016年04月14日 19:23
>スカルガンナー氏
ぶっちゃけ、反動と貫通力がどれも同等な電動ガンでは、
好みで選ぶ以外にPP19-01を買う意味が無いのが残念ですが、
1丁だけAK系列、尚且つ使いやすいのが欲しいって人なら、
購入しちゃっても悪く無いとは思うけど我輩には無用の長物。

>伊藤様
千葉から青森に来るとなると流石に厳しいですが、
関東近辺なら茨城県在住の鯖芸部のリーダーや
辞めて地元に帰還した一部の残党どもに会えるかもしれませんヨ。
Posted by 砥部良軍曹砥部良軍曹 at 2016年04月14日 22:20
紹介


日本語の起源

言霊百神
Posted by コトタマ at 2016年04月16日 20:22
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
丸太のポテンシャル
    コメント(6)