2019年10月27日

TRICK OR EAT? ハロウィン夜戦

ココ最近、週末に要件のない日は寝て過ごしている砥部良軍曹です。
歳のせいなのか、精神的に疲れているのか、いくら寝ても寝足りない気分です。
ただ、昼間に寝るって結構気持ちがいい事に気が付きました。

TRICK OR EAT? ハロウィン夜戦

さて、昨日川南のホークウッドでは吉六会主催の夜戦が開催されていたので、
我輩も職場の後輩を連れて参加してきました。
え?写真の人物がイケメンすぎお前じゃねぇだろって?そうだよ(正論)。

そろそろ昼のゲームにも参加してやりたいところなんですが、
先週末仕事していたらやっぱり暑かったんで
こうして夜戦が出来るフィールドがあるというのは嬉しいことです。

TRICK OR EAT? ハロウィン夜戦

今回で4回目ぐらいになるホークウッドの夜戦ですが、
いつもの同志と常連が揃って人数は10人程度と少なめですが、
今回は数人の見学者が来場しており、夜戦に興味を持ってくれたようなので、
次回は参加者がもう少し増えてくれるんじゃなかろうかと微かに期待。

参加者は我輩、後輩のイチロク、コマさん3兄弟、スカルガンナー氏、
クリス・コスッタ氏、のりへい様、少し遅れてペガサス様、
そして久しぶりに戦場にてご拝見のBRAVO様がお集まりでした。
そして人数調整のためにフィールドマスターもご参戦。

TRICK OR EAT? ハロウィン夜戦

今回はジャンクパーツから復旧して組み上げたマルイ次世代AK74(一番右端)を持参。
やはり夜戦にはタクティカルライトを取り付けやすいレール付きの銃が理想です。

こないだからゲームに参加してまだAKS74Uしか所有していない後輩が
「クリンコフにライト取り付けるのってどうすればいいんすかね」と聞いてきたので、
我輩の答えは「そんなことよりも夜戦用にもう一丁、レールハンドガードのクリンコフ買え」。
そしてそのレール付きの銃を「夜用スーパー」と名付けてやるんだよ。
コレで多い日も安心だぜヒャッハー!

TRICK OR EAT? ハロウィン夜戦

今回の夜戦はハロウィン前ということで、お菓子のおまけ付きです。
参加料2000円支払ったらお菓子のつかみ取りがありました。
そしてゲーム中にヒット食らったらうまい棒なっとう味を食べて復活というルール。

TRICK OR EAT? ハロウィン夜戦

しかし、人数が少ない&フィールドの狭い今回の夜戦のような状況では、
うまい棒復活ルールは盛り上がりに欠けることが判明したのでした。
やはりコレはうまい棒を食わせるメディック役のプレイヤーがいないと面白くない。
そして暗い中でお菓子をサクサク食らうのは更なる罰ゲーム感。

TRICK OR EAT? ハロウィン夜戦

参加者一同に盛り上がってもらうためにフィールドマスターが
ハロウィンランタンをフィールド内のアチラコチラに仕掛けてくれたんですが、
コレが放つ微妙な明かりが時々己の存在を照らしてくれるというのも嬉しくない。

TRICK OR EAT? ハロウィン夜戦

ということでランタンはそのままで(いやそのランタンをどうにかしてくれよ)、
フィールド中央に置かれたサイリュームをどっちが多く回収するかというゲームに変更。
まあ要するにセンターフラッグ回収戦というやつですね。

TRICK OR EAT? ハロウィン夜戦

そしてそのサイリュームを回収した数が多いチームが勝利、
更に回収したサイリュームの数×4のうまい棒を負けたチームが食わされるという罰ゲーム。
ええ、初戦でうちのチームが惨敗してうまい棒食いましたよ。
久しぶりにうまい棒マシンガン食いしてしまったじゃねぇか!


ゲームの敗因を考察したところ、センターフラッグに群がる敵を倒そうとして、
待ち構えている間にサイリュームを取られてしまった事が判明したので、
次のゲームでは死を恐れずにサイリュームを回収することに専念したところ・・・

TRICK OR EAT? ハロウィン夜戦

ウチのチームが無事圧勝したので相手チームにうまい棒地獄を提供することが出来ました。
でもうまい棒をタクティカルローディングで食らう人間を我輩は初めて拝見しました。

注釈:タクティカルローディング=弾倉が空になったら瞬時に弾倉を交換して射撃体勢を整える行動。
うまい棒タクティカルローディングとは口の中のうまい棒が無くなる前にうまい棒の袋を剥き、
食い終えると同時に瞬時に次のうまい棒を口に投入することを指す。
口で説明するのは簡単であるが、コレを行動に移すには相当な鍛錬が必要となる(適当)。

TRICK OR EAT? ハロウィン夜戦

「オレにコレ以上うまい棒食わすなよ!塩分過多で血圧上がるじゃねぇか!」
そう、うまい棒は小遣いの少ないお子様に少ない量で満足感を与えるため、
想像以上に味の濃い食べ物であるがために多量摂取はオッサンには危険なのです。

我輩を含む参加者一同、うまい棒食いすぎて腹の中がパンパンだぜ。
ゲーム中に栄養補充するために買ってきたファミチキ、買う必要なかったよ。

TRICK OR EAT? ハロウィン夜戦

どうでもいい話ですが8月に宮崎観光ホテルのパン屋に逝ったら、
く★みそテクニックインスパイアなネーミングのパンが売っていました。

子供が考えたパンを商品化するという企画だったみたいですが、
この小並感溢れる(10歳だから小学生なのは当然であるが)ネーミングセンスはともかく、
コレを商品化検討した人は間違いなくヤマジュン知ってますね(確信)。

TRICK OR EAT? ハロウィン夜戦

うまい棒なっとう味と牛タン味合計60本が消費された事に満足したコマさん、
この日のゲーム終了1時間前ぐらいにやっと例のやつを開始です。
2マンセルで組んでチームになり、そのチームでピカピカボックスを奪い合うゲーム。

ゲームで奪い合う順番を決めるじゃんけんしたら
我輩と後輩のイチロクが一発目で勝ってしまったんで、
「ああ、コレはウチラがこの箱を持ってお祭り騒ぎにしろという神のお告げだな」と思い、
箱を中央に置いて箱の脇で敵が来るのを伏せて待ち構えていたら何ということでしょう、
「コレは孔明の罠だ」と思ったプレイヤーが続出して誰も取りに来ないという。

TRICK OR EAT? ハロウィン夜戦

結局この日、ピカピカボックス争奪出来たのはフィールドマスターとのりへい様のコンビだけでした。

このゲーム、難しすぎてゲームが成立しないことが多々あるんですが、
ゲームが成立しないから面白くないって考えるんじゃなくて、
如何に成立させるべく知恵と勇気とテクニックを駆使するのが面白いんですね。

でも多分、夜戦初心者&暗闇が怖い輩はどうにもできないままゲーム終わるんだろな。

よく考えてみたらサバゲーとハロウィン、意外と共通点がある。
サバゲーも戦闘服コスプレで楽しむ遊びだし、馬鹿騒ぎして盛り上がるのも一緒。
我輩みたいに羽目を外し過ぎて怪我人が出るのも同様?軽トラはひっくり返さないけど。
という事はお菓子要素を盛り込めばサバゲーとハロウィンの両立は可能である(馬鹿)。

そろそろ11月、ガスブロの作動的にも厳しくなって涼を求めての夜戦需要は少ないんでしょうが、
時間的な都合での夜戦の需要はあるでしょうから暫くは不定期で月イチ開催されるでしょう。
来年ぐらいには10対10ぐらいで夜戦できるんじゃないかと期待したいところです。


同じカテゴリー(サバイバルゲーム)の記事画像
夜戦が楽しくて仕方がない
ホークウッドの夜戦は昼の100倍楽しい(確信)
こどもの日は子供みたいに暴れ回る
週間予報では日曜雨のはずだったのに、何と良い天気!
少しぐらい雨が降ってもサバゲーはするよ
浜松からの来訪者 其の弐
同じカテゴリー(サバイバルゲーム)の記事
 夜戦が楽しくて仕方がない (2019-09-29 10:09)
 ホークウッドの夜戦は昼の100倍楽しい(確信) (2019-07-15 12:29)
 こどもの日は子供みたいに暴れ回る (2019-05-08 23:17)
 週間予報では日曜雨のはずだったのに、何と良い天気! (2018-05-28 22:54)
 少しぐらい雨が降ってもサバゲーはするよ (2018-05-07 23:14)
 浜松からの来訪者 其の弐 (2018-05-01 23:09)
この記事へのコメント
お疲れ様でした

すいません…うまい棒を軽くみてました…

以後気をつけます( ;∀;)

(  ̄▽ ̄)ふっふっふっ
Posted by のりへい at 2019年10月28日 12:37
お疲れ様でした!

納豆味は二度と食いたくないです(笑)

それと牛タン味は一度も口に出来なかった…残念(>_<)
Posted by ペガサス at 2019年10月28日 17:03
>のりへい様
毎回のご参加ありがとうございます。
うまい棒、吉六会では危険アイテムに登録されているお菓子です。

>ペガサス様
皆がなっとう味を取った後に手を出せば、牛タン味食えたんですがね。
皆がヤバいと言っているのに敢えて納豆に手を出した
ペガサス様のチャレンジ精神、我輩は評価しますよ。
Posted by 砥部良軍曹砥部良軍曹 at 2019年11月04日 02:38
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
TRICK OR EAT? ハロウィン夜戦
    コメント(3)