2015年11月15日

グルジアワイン、旨し

昨日、嫁が唐突に「酒が飲みたい!」と抜かすので、
まだ少し余っていた”ラッテ ディ ソッチラ”でも飲ませてやろうかとしたのですが、
ヒョットしてコレは身銭を切らずに気になる酒が買えるチャンス!
まあ多分ウチの嫁、”レモンハート”に触発されたんでしょうなw

だから嫁に「じゃあ今から中居酒店で買ってきてやるから金よこせ!」と言ったら、
3000円ポッチ出して「コレで美味しいワインかウィスキー買ってきて」と
何か都合のいいこと抜かしやがるんで女ってやっぱバカですよねw

ま、いつもの(シュタインベルガーね)でも買えばいいかと思って、
(因みにシュタインベルガーの普通のやつは2800円ぐらい)
中居に逝ったら前から気になっていたブツがまだ残っていたんで買ってきました。



グルジアワインの“ピロスマニ”というやつです。
「えっ?ワインなのに陶器のボトルに入っているの?」って思うでしょ?
ソコが気になったんで我輩も今回購入してみたのです。

最近では国名の読み方を“ジョージア”に変更したというグルジア。
(ロシアと仲が悪くなったんでロシア語表記から英語表記に変えたらしい)
あのヨシフ・スターリンの故郷でもあります。



グルジアはワインの発祥の地らしく、8000年前からワインを作っていたらしいです。
その“世界最古のワイン”というキャラクターを裏付ける為の?
(酒瓶としてのガラス製ボトルが一般的になったのは16世紀頃らしい)
陶器製ボトルが故に中身が見えないのですが、中身は赤ワインです。

我輩は反マルクス主義だからというわけではありませんが、
(↑この意味が解る奴が父上以外で何人ぐらい居るのかねぇ?)
ワインも赤はあまり好きではないというか、ぶっちゃけ飲めないんですが
不味けりゃ調理酒にでも使えばいいやと思って買いました。



最近ではスクリューキャップのワインの栓が多くなり、
昔ながらのコルク栓が少なくなってきた上に我輩自体がワインあまり飲まないので、
暫く出番がなかったんですが、栓抜き久しぶりの登場。

しかしココで予想していた?事態が発生!
ワイングラス何処に逝った?
たしか我輩の記憶では、1個だけワイングラスがあったはずなんですが・・・
て言うかそれ以前にウチ、赤ワイン用のグラス無かったわ!

白ワインは冷やして飲むので少なめに注ぐため小さめの物を使い、
赤ワイン用は空気を含ませるために大きめで深めのものを使う、だったっけな?
そんな能書きはどーでもいい、ワイングラス何処に逝った?

しかしいくら探してみてもシャンパンフルートしか見つからないので、
以前湯布院で貴腐ワイン飲むために購入したちっこいグラスを使うことに。

陶器の瓶からワインを注ぐと普通によく見る
ルビー色のワインらしい液体が注がれたので安心しましたが、
この瓶、綺麗に注ぐのが難しいのか、それともハナから無理なのか、
注いだ後に必ず残り汁が垂れてきやがるのがイラッとします。


あまり好きではない赤ワインということで味は期待していませんでしたが、
意外や意外、すっと入る喉越し、爽やかな酸味と自然な苦味&甘みがいい。
一言で表すと「アッー!ブドウの汁飲んでいるッッッ!」な感触。
コレは我輩、速攻で気に入りましたよ。

爽やかな割に味がしっかりしているので、
つまみは味のしっかりしたものが合っているでしょうな。

ラベルに書かれているようにトマト&肉のパスタとか、
ソテーした厚めの肉とかがこのワインにはよく合うでしょう。

いつもになく何度もグラスにワインを注ぎ、飲みを繰り返しながら、
「ああ、やっぱ赤ワイン用のグラス買わないとイカンな」と思って飲みまくりました。
勿論嫁も気に入ってくれたようでガブガブ飲んで満足。
コレはまた買いたい逸品ですなぁ。
まあソレよりも、他のグルジアワインはどげなもんなのか気になるところです。  

Posted by 砥部良軍曹 at 22:21Comments(2)買い物

2015年07月06日

メチャクチャ旨いさくらんぼ見つけた!

青森は今、さくらんぼの季節です。
ウチのバカ嫁はスーパーで1パック398円のさくらんぼを見つける度に、
「この季節じゃないとさくらんぼは食べられないから」とか言いながら
バカの一つ覚えのようにバンバン購入してきます。
いいぞ、もっとやれ。
我輩もさくらんぼは大好物なので止める筋合いはありません。

そんなわけでアメリカ独立記念日の土曜日、
青森のさくらんぼのメッカである名川まで足を伸ばしてきました。
去年の年末にスイカ送ってくれたピーマン職人と、
自家製ハチミツ送ってくれた父上に貢物を送るためです。

クソガキ共には「貴様ら!さくらんぼ大量に食わせてやるからつべこべ言わず来い!」
言って連れ出したのでさくらんぼ狩りに出かけるものだと思ってwktkしていたようですが、
名川のさくらんぼ狩りは大人1000円、小学生700円。
そうなると我が家は1時間3400円の出費を余儀なくされる羽目になります。
どーせウチのクソガキ共はさくらんぼ農園に連れて行っても、
遊んでいるだけで700円分のさくらんぼ食わねぇから連れて行くだけ損。

それにね、さくらんぼがいくら旨いとはいえども1時間にそんなに大量は食えねぇ。
それならいっそのこと、さくらんぼ3400円分購入して、
家でニヤニヤしながらじわじわ食った方がよっぽどマシです。



アメリカン昼飯食ってから出てきたので名川のチェリーセンターに到着したのは15時頃。
家庭用の傷物さくらんぼ一箱1000円ぐらいのやつは既に売り切れておりましたが、
観閲式みたいに綺麗に整列したさくらんぼは適度な数が残っております。
ま、お値段は東京マルイ純正の多弾数マガジンと同じぐらい、
つまりは家族4人でさくらんぼ狩りする時の費用と同じぐらい、あるいはソレ以上。

とりあえず売り子のおばちゃん捕まえて「九州にさくらんぼ送りたいんだけど」と言うと、
果肉が柔らかくて甘みが爽やかなさくらんぼの王道を行く"佐藤錦"ではなく、
我輩も未だ食った記憶が無い"紅秀峰"を進められました。

コイツは一般的なさくらんぼに比べると果肉が硬く、比較的日持ちするというので、
過去に農園から嫁の実家にさくらんぼ送ったところ、
下半分が腐っていたという憂き目にあった我輩としましてはソレは朗報。

「腐ったさくらんぼ送りつけるぐらいなら我輩のみたいに硬いのでもいいかw」と思い、
どういう味がするのかも確認せずに我輩の実家とピーマン職人に送る分を購入し、
すぐそこに居るブラックキャットの配送業者に叩きつけてやりました。
しっかし九州まで荷物送るとさくらんぼサイズでも1200円ぐらい取られるのは辛いねぇ。

さて、さくらんぼを送った後はチェリーセンターの地場産販売所に入り、
家庭用の適当なさくらんぼを購入するために物色。
クソガキ共にも「お前ら好きなの選べ!但し不味かったら銃殺刑な!」と言って、
色々選ばせようとしたのですが時間的にめぼしいブツは全て売り切れ。

とりあえず王道の佐藤錦、そしてここら辺でよく栽培されている南部錦、
そして少し値段が高かったけど食ったことがないので
とりあえず紅秀峰を手にとって更に物色していると・・・なんかね、汚ねぇさくらんぼがあるんです。



色合い的には佐藤錦っぽいんだけどサイズは少し大きめ、ジャンボ錦ぐらい。
でも所々我輩のケツのアザや擦り傷みたいなのが付いていて食欲はソソらねぇ。
そのさくらんぼの名前は"寿錦"と書いて「いわいにしき」と読むとのこと。

「何かみすぼらしいけれど1パック350円だから」と思い試しに購入し、
同時に購入した紅秀峰と一緒にそこら辺の水道でさくらんぼを洗い、
そこら辺のベンチを占領して試食したらこれがすんげぇ旨いの。
寿錦、とにかくどのさくらんぼよりも甘みが強い!

紅秀峰も甘みはあるし酸味も爽やかで我輩的に佐藤錦よりも上物なんですが、
寿錦の甘みは今まで食ったさくらんぼをはるかに凌駕する旨さ!
甘みだけでなく、コクがあって味がとにかく濃い!

再びダッシュで販売所の寿錦を追加購入しに逝きました。

今度はこの寿錦を父上が生きている間に食わせてやらんとイカン!
マジでそう思ったんで社宅に帰ってからググってみたんですが、
悲しいことにコイツは結構栽培が難しいらしく、殆ど作られていないらいしいレア物との事。
(葉っぱが果実に触れただけでアザみたいな傷が入るそうな)
どうやら寿錦、粒が綺麗なご贈答用は凄く・・・お高いお値段なんでしょうね。

とりあえずパックには製造者の名前と住所、電話番号が書かれていたので、
鉄腕DASHのゼロ円食堂よろしく農家まで直に馳せ参じて、
売り物にならないさくらんぼを貰いになければイカンかなと思う我輩なのでした。

追記:七夕の日に嫁が単独でチェリーセンターに逝ったところ、
丁度寿錦を店頭に並べている生産者にお会いしたらしく、
色々話を伺ったらしいのですがココに出す分しか作っていないので
発送用の商品はないということでした。残念。
  

Posted by 砥部良軍曹 at 23:41Comments(5)買い物めし

2015年03月20日

もう生ハム原木は買わない?

3月といえば春の訪れを待ちわびる季節であると同時に、
卒業やら転勤やらで別れの季節でもありますね。


しかしそうなると大変なのが送別会。
自分の職場の送別会、自分がお世話になった先輩の送別会などが続いて、
忙しいやら金が減るやらでもうたまったもんじゃありません。
挙句の果てに退職する上司のお別れ会もあるんで金銭的にキッツいですわ。

でも最近送別会を迎える度にボチボチ思うのは、
我輩があの送別会の壇上に上がる、主役になる日が来るのは何時のことやら・・・


さて、去年末に結婚10週年を機会に仕入れた生ハムの原木のおかげで、
2月ぐらいまでは生ハムを喰らい続ける蜜月の日々を送っていたのですが・・・




皮と脂身の付いていない部分は元々固かったのですが
日に日にガチガチになりやがってビーフジャーキー以上に歯が立たなくなるわ、
硬い部分が出来たせいで他の部分が綺麗に切れなくなって、
クソガキ共はおろか嫁もつまみ食いのために生ハムを切らなくなり、
結局美味しく頂ける部分まで無駄にしてしまうハメになる有り様でした。

先っちょのピンク色部分は意地と根性ともったいない精神で
我輩がどーにか上手くそぎ落として食いました。



しかし赤茶色に化した部分はとりあえず骨からは切り落としたものの、
包丁で削ぐこともままならない既に手遅れ状態。

コイツを茹でてどーにか出来ないものかと思案もしましたが、
何よりも2月末から週末は宴会続きで暇がなかったんで、
そーいう実験的な行為に手を染める余裕もなく捨ててしまいました。

ただ、骨の部分を鋸で適当な大きさにカットして、
スープをとるとイイ出汁が出るという話も聞きますので、
解体後一旦冷凍して暇が出来てから着手すればよかったかなと少し後悔。


次回生ハム原木を購入するとしたらサイドの皮のない
マンテカ油塗っている部分を先に切り進めてそぎ落として食してしまい、
その後足の甲の部分を喰らい尽くし、もう片方のサイド部分に着手、
最終的にふくらはぎ部分を食えば綺麗に食いつくすことが出来るのかなと思いました。



さて、生ハムを購入後「どーせ大量にあるんだからチャレンジィィィ!」ってノリで、
色々な食い方を試してみたのですが結論からいうと「ナマで食うのが一番!!」
バゲットを用意し、出来ればサニーレタスみたいに軽く苦味があるレタスとか、
セロリやオリーブの実と一緒に挟んだ後、粒のコショウをふりかけて仕上げにオリーブオイル。
コレが我輩的には一番旨い食い方でしたねぇ。

サラダに入れて食うのも悪くはありませんでしたが、
やはり肉は炭水化物と組み合わせるのが旨いくい方です。
でも白ご飯と生ハムは絶望的に合わなかったですね。

ペペロンチーノを作って生ハムを混ぜ込むのも旨かったですが、
パスタを更に盛り付け後、上に乗せて軽く混ぜるのがベスト。
生ハムを一緒に加熱してしまうとあまり美味しくありませんでした。



硬くなった部分を細く切り刻み、溶いた卵に1時間ほど漬け込んで、
それをオーブンで焼いてフリッタータにして食べたのは悪くなかったですが、
コレも加熱時間は程々に、卵が柔らかくないと美味しくなかったです。

初期の時点で上手に削ぎ落とすことが出来ず、
普通のハムみたいに分厚く切れてしまった時に焼いてハムステーキにしましたが、
コレは焼いている時点で獣臭がガンガン発生して意外と旨くなかったです。

やはり“生ハム”というぐらいですからナマで食わなきゃ旨くないんでしょうか?
少なくとも我輩的にはそのままに近い状態で食うのが旨かったですね。

嫁にピザ生地を捏ねてもらい、トマトソールを塗ったピザ生地の上に大量に生ハムを乗せ、
真ん中に卵を落としてピッツァ・ビスマルクを作ったんですが、
生ハムは過熱する前に乗せるよりも焼けた後に乗せたほうが旨かったです。

薄く切った生ハムに香り高いエクストラヴァージンのオリーブオイルと
軽く粒コショウをふりかけて食べる、これだけで充分幸せでしたし、
その食い方で毎日、いや3日に1ぺんぐらい食っても飽きない旨さでした。

ただ、生ハム食べている時は幸せなんですが、
普段台所の一角に放置されている時に獣臭が漂うのは残念でしたね。
癖のある匂いが苦手な人は生ハム生活は厳しいと思います。

結局、我輩敵最終結論としましては
生ハム原木を購入したことは良かったと思います

社宅の仲の良い家族を呼んだ時につまみに提供して大いに喜ばれましたし、
おすそ分けのお返しに何を渡すか考えることもなく
ただ生ハム切って渡せば全てが円満に解決しましたし、
我輩と嫁は勿論、クソガキ共も最高に喜んでくれました。

ただ、また生ハム原木を買うかと言われると金銭的にどーかなと思うところもありますし、
常に台所に獣臭が漂うのは匂いに敏感な我輩としましてはどーもキツイものがあります。
そして何より、我が家は台所が狭いので生ハム原木みたいなデカブツ置けるスペースに乏しい!
しかし今回の一部生ハム無駄にした失敗を踏まえた上で
次回リベンジしたいという気持ち的にはもう一度生ハム生活、やりたいですねぇ。
  

Posted by 砥部良軍曹 at 01:12Comments(2)買い物めし

2015年02月08日

結婚してから本なんて読まなくなったなぁ

うちの嫁と娘が“となりの関くん”という漫画が見たいというので、
暇つぶしがてら古本屋に探しに逝くことにしました。

しかし三沢にはブックマーケットぐらいしか古本屋がないので、
気分転換を兼ねて八戸まで足を伸ばすことにしたんです。

しっかし20年ぐらい前なら街の何処其処に古本屋って存在していたはずなんですが、
10年ぐらい前から何処にも見かけなくなりましたねぇ、古本屋。
やっぱ大手の進出で軒並み淘汰されてしまったんでしょうか?
それとも大抵古本屋って年寄りがやっている店が大半だったんで、
経営者の高齢化とともに閉店してしまったんでしょうかね?

それはさておき、我輩は皆様方の予想を裏切るかのごとく、
実は本が大好きな生き物でございます。


「どーせ本が好きと言ってもマンガなんだろ」ってツッコミが入りそうですが、
残念なことに我輩はドカベンとか釣りキチ三平とかエリア88とかみたいな
昔の漫画は超好きですがココ10数年の間に販売されたと思われる
ジャンプやマガジンとかのメジャーどころの雑誌に掲載されていたマンガは
“青年コミック”と少しメジャーな4コマ漫画家さんの作品以外殆ど興味がなかったんで、
一般ピープルがご存知のマンガについては基礎知識程度しか有していないのであります。

じゃあどんな本が好きなのかといいますと、
大半はデータベースというか資料的なもの。

クルマの写真とか性能諸元とかが掲載されたものとか、
戦闘機や鉄砲、兵器関係のその手の類の本、勿論エアガン関係も。
料理も好きなんでレシピ本とかも大量に仕入れていましたね。

小説の類は高校時代まではソコソコ好きだったんですが、
社会人になってからは周囲に小説好きな連中がいなかったから疎遠になりました。
元々小説よりもエッセイとかが好きだったんですが、
サバゲーとかにのめり込んでしまって文章からは足が遠のいてしまいましたね。

ええ、勿論エロ本も大量に仕入れていましたよ。
嫁がまだ彼女だった頃、下宿に来てあまりの多さに呆然としたぐらいです。
更にその内容が結構マニアック過ぎて愕然としていたんですがね。
ヌくための本が大量にありすぎてボロ下宿の床が抜けるぐらいに(笑み)。

当然ながら独身時代は寮には物を置くスペースが限られているということで、
本を置くために下宿をとっていたという体たらくでした。

しかし結婚して下宿を引き払う時にエロ本の類は95%ぐらい処分しましたね。
だって結婚したら嫁が居るんでエロ本なんか必要なくなったんですwww
まあネットとかでエロ物件が手軽に手に入るよ~になったというのもありますが。

ところで話は少し脱線する上に下ネタで申し訳ないんですが、
研修期間の時とか独身寮にいる時とかトイレにて股間のクラブで打ちっぱなしやる時、
我輩の時代はエロ本片手に実施していたんですが、
今の御時世はスマホ片手に実施しているんでしょうかねぇ?

さて、話を元に戻しますが下宿を片付けて掃除して管理人さんとお別れした後、
嫁の実家の軽トラにエロ本大量搭載して古本屋に売りに行ったら、
売った金で一ツ葉のラブホ街の近所にあるイタリア料理店の
一番高いディナー嫁と2人で食えるぐらいの銭になりましたわ。

ま、エロ本につぎ込んだ銭はその数倍の金額なんですがね。

でも結婚してからはより一層、本とは疎遠になりましたねぇ。
だって知りたい事に関しましてはネットで調べればいいから本買わなくて済むし、
おかずはネットで探せば何処にでも転がっているし、
引っ越しの際に本って相当邪魔になるっつーかクソ重たいし、
何よりも小遣い15000円では本を買う金が無い。

だから結婚後仕入れた本といえば料理本ぐらいのもんです。
料理のレシピって何故かネットで見た程度ではインスピレイション沸かないんですよねぇ。
レシピのページをプリントアウトしても作る気が起こらない。
料理だけはいくらアナログと言われようとも本じゃないとダメなんです。
しかし料理本は写真もあるし本そのもののサイズもデカいので、
脳味噌の緩い女子が好き好んで買うよーなお手軽レシピ本はともかく、
小難しい料理本とかになると1冊2000円ぐらいするんで気軽に買えやしねぇ。

つー訳で今回久しぶりに古本屋探索に出かけた理由は、
となりの関くん仕入れる以外にもそーいう我輩好みの本を探すもあったんです。

古本なら状態はともかく下手したら半額程度のお値段で手に入るんで、
単に本が読みたいって欲求を満たすならお手軽で財布へのダメージも少ないです。

そして向かった場所はブックオフではなくほんだらけ城下店。
ほんだらけは宮崎も市内の芳士にありましたよね。日向市にもあったよな?

お目当ての物は定価590円⇒350円な感じでお値段半額程度とお安く
1巻から6巻まで直ぐに見つかったんでレジに持って行って試合終了と言いたいところでしたが、
久しぶりにこー言うところに来てしまうと宝の山に迷い込んでしまった気がして、
気分が高揚して他にどー言う掘り出し物があるか探してみたくなるのが人情。


久しぶりに稲中卓球部とか南国アイスホッケー部とか全巻揃っているのを見ると、
ソレも一緒に買っちゃおうかなーという衝動に駆られるんですが、
金もないしこれ以上荷物増やしたくないと言い聞かせながらそこはじっと我慢。

あぶさんがほぼ全巻あったのを見ていや~マジでこれ欲しいなぁと思いつつも、
金額的問題を抜きにしても全107巻ある漫画を全てレジに運ぶのは相当至難の業だろうwww
でも釣りキチ三平は全巻揃っていたら間違いなくお買い上げしてたね。

嫁も嫁で最近編み物にハマっているんでその手の本を物色していたのですが、
最近の古本屋ってマンガ中心で意外と実用書が少ないんですよねぇ。
特に掘り出し物はなかったらしくいつの間にかマンガ物色。
でも嫁が探していたマンガは昔の少女漫画の類ではなくて、
少し前にヤンマガとかヤンジャンとかで連載していた類のもの。

そんな嫁を生暖かい眼差しで眺めながら我輩が次に向かったのは小説コーナー。
久しぶりに鬼平犯科帳が読みたくなったんで探してみたら余裕の品揃え。
て言うかほぼ全巻揃っているじゃん、文庫本はそんなに高くもねぇし買っちゃおうかな?
しかしコイツを買うと今年の冬の暇な時間は全て鬼平に費やされてしまい、
唯でさえブログの更新が滞り気味でグダグダなのに
こいつを買った日にゃあ鬼平読み終わるまでブログ更新出来なくなるじゃん!

小説って暇を完全に持て余している優雅な方の趣味ですな。
或いは暇だけど金がない学生の嗜み。

我輩の手元には動かない鉄砲が常に2・3丁転がっているんで、
小説読む暇なんて無いのが現状なんですよ。

まあそんなこんなで色々物色していたらあっという間に1時間以上費やし、
気がついたら結構いい時間になっていたし目的は果たしたので糸冬 了。
でも一月1回ぐらいはこーやって本を探す旅に出るのも悪くはないですな。
読みものとかデータとかレシピとかネットで気軽に探せる時代ですが、
必要な知識とか、面白いものとかは形になるもので手元にある方が
精神的に安心するというか、心の隙間が埋まるというものです。  

Posted by 砥部良軍曹 at 15:46Comments(3)買い物

2014年12月12日

スイート10生ハム原木!!

我輩と嫁、今年の12月24日で結婚10周年です。
さて、10周年っつー事は我輩は身銭を切って嫁に
ダイヤモンドでもプレゼントしなければならないのでしょうか?
残念ながらてめぇのエアガン買う銭もないっつーのに無理な話だ。
宝くじ何億円とか言わねぇから7万円ぐらいどっかに転がっていねぇかなぁ。

しかし我輩と嫁、共通点が全くないというのにここまでよく続いたもんです。
週末は何処かに出かけなければ気が済まない我輩、家でゆっくりしていたい嫁。
テレビ見ないと気が狂いそうになる嫁、テレビなんてどーでもいい我輩。
我輩が好きな音楽はクラシックとフュージョン、嫁は少し古い邦楽&洋楽。
我輩は芸術とか美術の知識はあるけど興味はない、嫁は知識はないけど興味ある。
海外旅行とか逝ってみたいと願う嫁、そんなのどーでもいい我輩。
我輩が心から愛して止まないサバイバルゲームも嫁は理解こそ示すものの、
1回ぐらいやってみようなんて鼻クソほども思ったことがありません。


思いつく限りでの我輩と嫁の共通点といえば、
部屋にペット放し飼いにしている奴とかペットに服着せている奴を見ると
後ろから鈍器のようなものでぶん殴りたくなるという思考ぐらいです。


いや、一つだけ、夫婦の共通点というか意思統一されている事項がありました。
それは旨い物を食べたいという気持ち。
思えば我輩は嫁のハートをガッチリ掴んだ手段の大半、いや95%ぐらいは、
旨いものを食わせる店に連れて逝くか、旨いものを作って食わせる事。
要するに胃袋で心をキャッチしたわけですなwww
そして我輩も旨いものに目がない嫁にシンパシーを感じたわけです。

我輩が嫁と結婚して常日頃思考し、嘆願していた事項として、
「このメス豚と運命尽きるまで世の中の旨いものを探して、一緒に食う」というのがあります。
共に旨いものを食いながら共に生きていたいと思ったからこそ、
嫁とくっ付く事を決意したと言っても過言ではありません。
身体だけが目当てだったんだろというツッコミは受け付けませんので悪しからず。



そこで我輩は結婚10週年を記念して何を仕入れるか40秒ほど悩んだ挙句、
以前から気になっていたブツを仕入れることを嫁に提案しました。
それは・・・生ハム原木を買うこと。
生ハム原木というのはオサレなバーとか料理屋さんとかの
カウンターに誇らしげに飾られている事がある生ハム足1本の事です。

2年ぐらい前に生ハム1本ってどれぐらいで買えるのかなーと
ネットで探してみたところ安いのは2万円弱ぐらいで購入できる事が判明し、
それ以来何時の日か我が家に生ハムを鎮座させたいという野望を胸に秘めていたんですが、
結婚10週年を機会についにその野望を具体化させる時がキタ━(゚∀゚)━!と思い、
嫁に生ハム原木購入の話を持ちかけてみました。


当然ながら妖怪ウォッチのコマさんの次ぐらいにど田舎者の嫁
「( ゚Д゚)ハァ?寝言は寝て言え!」的な反応を見せた挙句、
「そんな値段も高くてデカイ食べ物買ってどーすんのよ!」と言いやがったんですが、
めげずに我輩は「10周年を機会にチャレンジ精神爆発させようじゃねぇか!」とか、
「どーせ買うなら家族全員で嬉しいモノを買おうじゃねぇか!」とか、
「コレをきっかけに新たなる世界に開眼しようじゃねぇか!」とか色々ぶちまけて、
いぶかしがる嫁をど〜にか説得したわけでございます。

しかし注文したあと生ハム原木の到着を誰よりも心待ちにしていたのは、
生ハム原木購入に軽く否定的だった嫁という・・・

ていうか生ハム到着時にはまだ結婚10周年になっていないんだけど、
生ハム仕入れた状況下で離婚を切り出されることもねぇだろうから気にしない。

生ハムの原木が買えるショップはアマゾンとか楽天とか色々ありましたが、
最終的に我輩が決めた店はグルメミートワールド生ハムドットコムにあった
『ハモンセラーノ・レセルバ骨付き原木』セット(税込み34000円ぐらい)というやつ。送料は無料。

ハモンセラーノというのは「山のハム」という意味で
スペインのグラナダ、トレベレス地方産の白豚の生ハム。
レセルバというのは熟成のことを示すらしく、
この生ハムは16ヶ月熟成されたシロモノらしいです。余談ですが我輩は飛べない豚。



今回取り寄せたハモンセラーノは生ハム原木だけでなく、
ハモネロというハムを乗っける台、生ハム用のナイフ大小2本、
生ハムカバー、お手入れ用の油、取扱説明書?やDVDが付属したセットです。

生ハムだけ仕入れても乗せる台がないと部屋に置いとくのにも困るだろうし、
切るのも普通の包丁では上手く切れないだろうからセットで買えば多少安心感。

因みに本体だけのお値段は26000円ぐらい、台とナイフのセットは10000円ぐらいなので、
セットで買えば3000円ぐらいお得なのかな?



いやーしかし目の前にこんなデカい肉塊があると興奮しますな。
写真撮影時の我輩の心拍数は多分100rpmぐらいまで上がっていたはず。
全長はAKS74のストック折りたたんだ時の長さとほぼ同寸。



でも重量は7.4kgと我輩所有の武器の中で一番重いMINIMI軽機関銃より2kgぐらい重い!
て言うか賞味期限2016年の10月って・・・未開封で2年ぐらい大丈夫ってことかい?
まあ生ハムというシロモノは発酵熟成する保存食品らしいので、
開封しても保存状態がよく、メンテさえしっかりしていれば、
別に冷蔵庫にぶち込まなくても1年ぐらいは食えるそうです。



幼少時の物心ついたであろう頃に生ハムを食わせて以来、
生ハムの虜と化したクソガキ共も目の前の巨大な肉塊に心躍らせています。
早く食わせろと五月蝿いんですが、そうは問屋が卸しません。
生ハムを美味しく召し上がるためには手順があるのです。

クール便で送られてきた場合には勢い余って箱から出すのもご法度。
箱にブチ込んだまま1日程度常温に馴染ませないといけないそうです。
心早まって開封してしまうと結露して生ハムの表面が湿ってしまい、
カビが生えやすくなってしまうとのこと。



今回は冬場ということでクール便ではなく常温で送られてきたので次の手順、
箱から出して1日ぐらい室温に馴染ませることにします。
こんなデカいシロモノ置く場所なんかウチの社宅にはないので、
我輩のエアガンコレクションとともに陳列してしまいます。
でも我輩の部屋って普通に冷蔵庫レベルに寒いんだけど大丈夫なんか?
とりあえず一晩だけ部屋に放置して朝に台所に持って行きました。



生ハム到着日はニヤニヤしながらハモネロを組み立てて、
数日後の生ハムを食える時のことを妄想することにします。
このハモネロは大きめの+ドライバーとハンマーがあれば組み立て可能です。
説明書読めば普通に組み立てられるはずです。



次の日の夜、ようやく御開帳。
パック開封するとちかっぱい獣臭するんですが気にしないことにします。
パックの封を切って生ハムを取り出し、ベタベタしている生ハム本体を優しく拭きあげます。
この時に付属の短いナイフで袋を切ったんですが、結構鋭い切れ味。
普通おまけに付属している刃物なんてゴミ同然なものが多いのに、なかなか良心的です。
拭いたあとは付属のオイルや市販のオリーブオイルで皮の部分を拭きます。



でも調子こいて皮じゃない身の部分、赤い所に付いている
マンテカ油とかいうベタベタした物体まで除去してはいけないみたい。
コイツは表面の酸化を防ぐための鎧なので、食う時に食う部分だけ取り除くらしいです。

軽くカビるんるんが発生しているのが見受けられますが、
ジーパン刑事みたいに「何じゃこりゃぁぁぁぁ!」と叫ぶ必要は無いみたいです。
このカビは熟成の時に発生したもの、よーするにヨーロッパのチーズとかと一緒。
でも放置プレイしていると増殖するんで軽く拭いて除去。



そして生ハムをハモネロにパイルダァァーオォォン!!
しかしまだ食えません。なんという生殺し状態。
3日以上生ハムの表面を空気に晒しながら馴染ませて、
熟成した味わいになるのを待たなければならないのです。

我輩も相当な脂症ですがコイツも相当なもんなので下にタオルでも敷いておこう。



息子はどーしても肉欲を我慢できないみたいですが、
ココは耐え難きを耐え、忍び難きを忍びながら数日間待ちましょう。
理想としては結婚記念日の24日に食うべきなんでしょうが、
22日に毎年恒例社宅の仲良し家族でのクリスマスパーティするんで、
その前に少し味見がてら召し上がることにします。  

Posted by 砥部良軍曹 at 22:56Comments(0)買い物

2014年07月05日

ヒャッハー!通勤用チャリンコ更新!!

こないだの水曜日0200に夜勤を終えダッシュで家に帰る途中、
我が愛車ランボルギーニ三浦号の後輪がデカい段差にハマって、
スポークが2本折れちまった挙句後輪ホイールがひん曲がっちまいました。


「仕方ない、ホイール交換して延命措置を図るか」と思ったんですが、
この手のチャリってホイール1個交換するだけで5000円ぐらい軽く吹っ飛ぶんですわ。
そしてこのチャリ、前輪のホイールもかなりダメージ食らっているので、
交換するとなると両方のホイール交換しなければいけません。
つー事はホイール交換&作業工賃であっというまに10000円オーバー!!

出費を抑えるならホイール交換が一番妥当な方策なんですが、
今年の春先のメンテでランボルギーニ三浦号の相当な経年変化を目の当たりにした我輩、
ココはいっその事新車に買い替えたほうが
幸せになれるんじゃねぇかって思ったんです。


そこで嫁に「もうアレに見切りつけてチャリ買い換えるわ」と話を振ったところ、
案の定「自転車を買い換えるお金はあるの?」と言われました。
どーやらこのメス豚、我輩にチャリを買ってあげようなんて気持ちはさらさらねぇ様です。

しかし我輩の手元には前日、母上からの少し遅い誕生プレゼント、
諭吉×3が手元にあったんで本当はこの銭でこっそりとモシンナガンでも買おうかと
確保していたんですが涙をのんでこの銭の存在を素直に伝えたところ、
「じゃあ足りない分は出してあげるけど30000円以上は出さないよ」と言われたんで、
新しいチャリを探すためにスポーツオーソリティに向かいました。



いやーしかしこの我輩がこーいう☆本格的☆チャリに手を出す日が来るとは・・・
我輩は昔、ソレこそ幼少の頃から自転車という乗り物は大好きですが、
基本乗れりゃぁいいって感じでメーカーとかを意識したことはありませんでした。
海外メーカーの名の知れたチャリを意識するよーになったのはココ10年ぐらいです。
つーてもマニアックなメーカーは解りませんぜ。

ま、メーカー品のチャリを買うと言っても我輩の出せる銭はせいぜい30000円強、
嫁は20000円ぐらいしか出さねぇっつー事でせいぜい55000円程度ということで、

そーなるとスポオソのラインナップの中には選択肢も少ないだろうから、
予算に合致するチャリを見つけてコレくださいって言えば終了と鷹括ってました。

え?55000円のチャリなんて高級品じゃねぇかって?
何言っとるんですか!以前宮崎に居た頃の我輩の後輩のヨコビッチなんて
スペシャライズドという800000円のチャリ所有していましたよ。
でもヨコビッチくん、クルマは480000円のセリカGT-Fourでしたがねw

わざわざブランドに拘る理由が解らんっていうノンケの意見もあるでしょうが、
ブランド物の正規品のチャリなら部品がしっかりしたものが付いているから、
耐久性もあるだろーし部品交換するにしても調達が容易なはずなんですよ。


壊れたら使い捨てっつー生き方はエコ精神に満ちた(藁)我輩は好かんのです。
ドーセなら気に入った道具を仕入れて長く使いたいじゃねぇすか?



というわけで予算と最も合致するチャリといえばジャイアントのエスケープR3。
数年前に40000円ぐらいのプライスタグを下げて登場したニクいヤツ。
でも今は実売52000円ぐらいと少しお値段アップしやがっているんですが、
我輩のよ~な貧乏人でも購入可能なブランドチャリです。

しかしこの小さな巨人、財布には優しいんですが色が我輩好みじゃねぇ。
でもブツの脇に添えられたパンフを見ると我輩好みの赤と黄色があるみたいなので、
店員に取り寄せ出来るか聞いてみたところ「在庫ゼロ」と残念な宣告。

でもお値段的には丁度いい、ていうかコレぐらいしか選択しねぇなと思って、
店員のおねーさんにイヤらしい口調で「跨っていいですか?」と言って
とりあえず乗ってみるとなんかせせこましいドライビングポジション。
どうやらフレームが短いみたいで胴長な我輩にはしっくりこないんです。
持ち上げてみると凄く・・・軽いんで走りも軽そうですが価格以外好みと合致せず。



仕方がない、少し高めでも良さげなやつを選択するかと
次に目が向いたのはジャイアントのエスケープRX4
お値段は少しお高めの57000円ですがカラーはブルー、我輩好みです。

乗ってみるとコレは自然な体勢で結構しっくり来る感じです。
R3の横に並べてみると見た目は似ているけどフレームが明らかに違う!
「チャリってフレームひとつでこんなにも乗り心地が変わるんだ!」と思った瞬間。
ウチの職場の連中がチャリのパーツに対して色々と語る理由が理解出来ますわ。
ま、我輩たちもエアガンのパーツに対して同じように色々と論議しているんですがね。

チャリに対する興味は薄いとはいえども、毎日の通勤に使う相棒なので、
乗り心地や使い勝手をもっと念頭に置いて購入を決めるべきだと思い、
ここはやはり妥協は許されないなと考えて出来る限りいいものを買おうと決意!

そこで他のメーカーのものはどーいうのがあるのか見てみたところ、
予算がどーこう言うよりもイオン下田のスポオソに置いているメーカーは
ジャイアントとキャノンデールとルイガノとメリダしかねぇんですね。
ルイガノはオサレな感じなんで確実に我輩好みじゃねぇし、メリダはどーいうメーカーか知らねぇ。
そーなると選択肢はジャイアントかキャノンデールの二択。

出来れば他のメーカーのチャリも見てどんなのがあるのか考察したいところですが、
他のメーカーで我輩が知っているのはビアンキとトレックぐらいなんだなw
うーむ、こうなったら八戸まで足伸ばして☆本格的☆チャリ屋を探すか?



それとも同じジャイアントでも思い切ってクロスバイクじゃなくてロード仕入れちまおうか?
しかしこーいうドロップハンドルのチャリは走行性はともかく、
毎日の足として気軽に乗り回すって雰囲気じゃねぇし、
我輩のよーなデブ野郎がこーいう本気度充分な
マシーンに乗るのはチャリに対する侮辱じゃね?


予算的には70000円強と確実に予算オーバーで少し遠い存在ですし、
こーいうチャリに乗るとなるとピッタピタのスパッツ着ないとイカンやろ?
我輩的にソレってどーいう恥辱プレイ?
ま、もう少し腹が凹むかチャリにもっと興味が持てるよ~になったら買いますわ。

しっかし何ですなぁ、こーいう時は少々おせっかいな店員さんがしゃしゃり出てきて、
このメーカーのチャリはどうですよとかこのメーカーのは初心者向きですねとか、
我輩のよ~な素人客へのセールス効果を狙ったアドヴァイスを期待していたんですが、
こーいう時に限ってチャリ専門の店員さんが居ねぇんでやんの!
ま、夜勤明けの午前中という暇人しか来店しねぇ時間帯に来たのがそもそも間違いw



んで、結局安牌路線でジャイアント買うか他のにするか1時間近く悩んだ挙句
購入したのはキャノンデールのクイック5。
何を血迷ってキャノンデールにしてしまったのかというと、
予算的には60000円と多少オーバー気味だったけど、
少し無理すれば買えねぇ金額でもなかったし
何よりも色が赤かったからw
あと、このメーカーのチャリに乗っている奴を職場で見かけねぇから。

つー事で金曜日に注文して泥除けとスタンド付けて本日受け取りました。
とりあえず乗ってみてどーいうもんか感じてから続き書きますわ。  

Posted by 砥部良軍曹 at 22:15Comments(2)買い物サバゲー以外の趣味

2013年11月02日

嫁がカメラ買ってくれた!

どーも、最近“とびだせ どうぶつの森”にハマってしまい
ブログの更新が全く以て疎かになっているんだけど
どーせここのところブログにするよーなネタもねぇし、
宮崎のブログなのに青森の話しても誰も興味ねぇだろうし、
それ以前に誰もコメントしてくれねぇのでブログ絶賛放置中の砥部良伍長です。

やっぱ何かねぇ、サバゲーネタがねぇと盛り上がらねぇのかねぇ?
かと言ってFacebookみたいに安易な“いいね!”ボタン押される勢いで
軽くあしらわれるよーなコメント書かれるのもなんか面白くねぇ。



さて、いつもは股も財布の紐もぎっちり締めている嫁が
どういう風の吹き回しか我輩にカメラを買ってくれました。

“CANON PowerShot SX280HS”です。

お値段は八戸のカメラのキタムラで19800円。
いつ使うのか不明なスタジオマリオの無料券とかのおまけ付き。
Kず電機やヤマラ電機では8ギガのメディア付きで23000円ぐらいだったので、
キタムラのこの金額は妥当なお値段なのかなぁ?
来年まで待てばもう少し安くなるかもと思いますが、
逆に新しいモデルに切り替わって買えなくなる恐れもあるんですよねぇ。

たまには別のメーカーのカメラに手を出そうかなと思いもしたんですが、
20倍ズームのコンパクトデジカメで同等のスペックのものを照らし合わせると
SONY Cyber-shot DSC-WX300は画素数は2000万画素とクラス最高値ですが、
何か我輩的にCyber-shotってスペック至上主義な感じがど~も嫌。

Nikon COOLPIX S9500は画素数は1800万画素と結構高め、
しかも他のメーカーと違ってカラーバリエーションが4色あり、
その中でも赤いのが凄く魅力的に思えたんですが、
20年近くCANON愛用している我輩が今更Nikonというのもねぇ・・・
実際カメラ屋の店員さんにそう告げると「そうですよね~」と言われました。

FUJIFILM FinePix F900EXRは画素数も1600万画素となかなかのもので、
しかもお値段も他社製品に比べて2割ぐらい安くてリーズナブルなんですが、
何故かこのメーカーを拒否したがる我輩がそこに居る。
高校生の頃はここのカメラにかなりお世話になったんですがねぇ・・・

他にもパナソニックとかオリンパスとかペンタックスとか
リコーとかカシオとかあるんでしょーがその辺は全く範疇外w
画素数やズームのスペックの割にお値段が安いのはいいんですが、
デザイン的に我輩を惹きつけるものがないし、趣味性が薄い。


しかし何ですな、これらのクラスのカメラは何処のメーカーも
2000万画素に届こうとしているのに何故にCANONだけ1200万画素?
コレではスペック房には全くアピール出来ませんですぜw
いや、ぶっちゃけ我輩みたいな「やっぱカメラはCANONでしょ?」なおっさんとか、
知ったかぶりしている連中ぐらいにしかウケないでしょ?

そこで我輩、買う時に八戸のカメラのキタムラで聞いてみましたよ。
「コレって他のに比べて画素数が
超見劣りするんだけどどーなの?」
とね。
そしたらスペック低いのに意外とコレを買う人多いみたいなんですよね。

やはりCANONというブランド、安定した性能やインターフェースが
このメーカーのカメラを選ぶ要因につながっているんでしょうなぁ。



こないだまで使用していたSX210と比べると微妙にサイズが大きくなりましたが、
背面の液晶のサイズは同じ、ボタンや切り替えダイヤルの位置も同様なので、
代わり映えはしませんがその分親しんだ使いやすさがあります。
でも電源スイッチと撮影確認用のスイッチの位置が今までと違うのが残念。

バッテリーが以前のモデルと違うのが我輩的に難点。
充電器とバッテリー改めて買い足さなきゃイカンなコレ。

機能的にはWi-Fiでスマホに画像を送れるとか、
手ぶれ補正で精子、もとい静止画像は勿論動画も綺麗に撮れるとか、
GPSが付いているからどーとかありますがそんなのはどーでもいい。
ズームが20倍、それだけで充分。

画素数がいくら高くてもプリンターの性能が高く無いと
それを写真として表現するのは難しいと言われますし、
我輩的には画素数が大きくなることで無駄にファイルサイズが増えるのが嫌。
実際、過去のCANON IXY900(800万画素)のデジカメで撮った画像と
以前のPowerShot SX210(1200万画素)で撮った画像を比べると、
そこまで見劣りもしないのにファイルサイズは1.5倍ぐらい違いますからね。

CANONのカメラが他社製のカメラと比べて優れている点は
動く被写体を捉える性能が高いことであるといいますが、
以前所有していたSX210はその点がかなりクソッタレだったのに対し、
SX280はその点が改善されているようなので航空祭とかでも使えそうです。



ぶっちゃけこのカメラを皆様方にオススメ出来るかと言われると、
お値段的には上記のようにスペックの割りには他社に比べて割高ですし、
だからといって頑丈でもないし、特別使いやすいわけでもない。
どーしてもCANONじゃなきゃ嫌という人以外にはオススメしませんが、
ズームの動きやピントの速さ、そしてシャッターを切って直ぐのキレの良さといい、
クオリティ的にはかなり満足出来るカメラではあると思います。


年々スペックアップが著しいデジカメでしたが最近はそれも頭打ちな感じになり、
お値段だけはガンガン下がっている感じですね。
それに伴い?メディアのお値段もずいぶん安くなっているよーです。
今日日8ギガのSDカードなんて1000円弱で買えちゃいますからね。
我輩は未だに2000円ぐらいで購入した4ギガのSDカード絶賛使用中w

でも携帯やスマホのカメラの性能が上がったせいか
一時期のよーに猫も杓子もデジカメって時代でもないみたいです。
ま、カメラがあってもうちの嫁みたいに積極的に写真撮らねぇ人も多いですからね。
カメラがどーとか抜かしているのは余程の写真好きか、
我輩のよーなどーでもいいブログ垂れ流す人種ぐらいでしょーから。

でも数年後に自分が何をしていたのか思い出す手がかりとして、
或いは証拠物件として、時にはネタとして使うためにも
写真というものは我輩にとって必要不可欠なものなんですよ。

そー考えるとスマホや携帯みたいにとりあえず写真とれりゃいいやなんて機材よりも、
写真を撮ることに特化したカメラが必要不可欠になるわけなんです。

ところでキタムラって以前はカメラ下取で3000円引きだった気がするんですが、
最近は1000円しか引いてくれないんですねぇ。世知辛いのぉ。  

Posted by 砥部良軍曹 at 14:33Comments(5)買い物

2013年06月10日

デブはやっぱり甘いものが好き!

どーも、最近嫁の股に肉銃剣で突撃をぶちかます度に
嫁に拒否られてとても残念な気分の砥部良伍長です。

ていうかね、去年ぐらいから嫁の股を開こうとするとね、
嫁が痛い!痛い!止めろ!止めろ!と五月蝿いんですよ。

ひょっとして嫁は“四十肩”ならぬ“四十股”なんじゃねぇのか?
(Wakipediaより抜粋→四十股とは股の痛みと運動制限をきたす疾患。
すなわち、股に疼痛(痛み)と運動障害がある、患者の年齢が40歳以降である、
明らかな原因がないという3条件を満たすものを四十股と呼ぶ)

でもそういう疾病を患う事態には我輩に多大なる原因があるんでしょうね。
やはりね、女という生き物は常に甘い人生を求める生き物なんです。
とはいえ、本来不器用者である我輩にそーいう気配りは無理無理無理ィィィィ!
精々甘いものを食わせてやるのが関の山ですわ。あー('A`)マンドクセ。

ま、嫁もそうですけど我輩も甘い物は大好きです。特にケーキは大好き!
だって我輩は合法的にケーキ屋さんで買い物する為に
今の嫁を彼女にしたというぐらいの不届きものですからねw


え、ケーキ屋ぐらい一人で入れって?
ウッセェ馬鹿野郎!リア充が太平楽ぶっこいてんじゃねぇよ!

我輩みたいなオス臭くてむさ苦しい野郎が迷彩服羽織って
こじゃれたケーキ屋なんか入ったらその場で警察呼ばれるわ!


まあそれはさて置き、だらしねぇノンケの目から見ると
何の接点もなさそうな我輩と嫁がくっ付いた理由には
「お互い甘いものが好き」という重大な接点があったんですよ。

宮崎に居た頃は色んなケーキ屋さんを見つけては手当たり次第に入って、
手当たり次第に色々買いまくって食いまくりましたねぇ。
何しろ我輩のシトロエンには何処でもケーキ食えるように
スプーンとフォーク、皿が常備していましたからね。



そんな夫婦ですから三沢に転勤してからもケーキ屋見つけては
買い漁って喰いまくっていますが、給料減らされてからは最近はその頻度も随分減り、
最近ではたまに八戸まで遠出した時にだけ買う程度です。
そんな我が家のお気に入りは八戸市の北白山台4-4-5つー所にある
“Pâtisserie HUIT (ユイット)”というケーキ屋さんです。

追記:2015年に店舗が八戸市田向字荒屋敷20-11に移り、
ソレに伴い写真も新店舗のものと差し替えております。




店自体は随分こじんまりとしており、ケースの長さは3mぐらい。
だからケーキの種類も馬鹿みたいに多くはないんですが、
全てのケーキが宝石のような輝きに満ち溢れ、
見た目に騙されんぞと思いながらも不覚にも手を出したくなります。
余談ですが我輩のお気に入りはチョコレート系のケーキ。



そして来店の度にケーキの種類が変わるのもこの店の特徴でありますが、
こないだ旨かったケーキをまた食いたいと思って数ヵ月後に来店しても、
その気に入ったブツが無いので思わず激怒したくなります。

ま、並べられる数に限りがあるのにパティシエのレパートリーが多すぎるのか、
季節の素材の入荷状況で作るケーキも変わるのでしょう。



ケーキだけでなくチョコレートや菓子類の種類も豊富です。
温めたミルクに溶かして飲むチョコレートとか、
ほろ苦いチョコをナッツに纏わせた魅惑的なシロモノとか多種多様。



嫁のお気に入りはオレンジの砂糖漬けにチョコをコーティングしたやつ。
好みは別れるでしょうが、客人が来た時にコレ出したら只者じゃねぇ感満載ですね。



でも本当の嫁とクソガキ共のお気に入りはマカロンなんですねぇ。
特にピスタチオが好み・・・と思ったらピスタチオ売り切れじゃん!
でも他のフルーツ系のマカロンも結構好きみたいで・・・



最近はどこのケーキ屋さんでもあるので珍しくはないんですが、
購入したケーキを店内で喰らう事も可能です。
(写真撮影時はまだ喫茶コーナーはやっていなかった)
ああ、10年前も宮崎こーいう店が多数あれば、
クソ暑い炎天下の公園で嫁と二人で汗かきながら
缶コーヒーでケーキ食うような事態にはならなかっただろうにねぇw




やっぱね、旦那が自分勝手な事をしようと目論む為には、
嫁にもそれなりの見返りを分けてやる配慮が必要なんですよ。

直ぐに文句を言う嫁はバカ嫁だ!
無言で圧力かける嫁はよく訓練された嫁だ!
ホント、結婚は地獄だぜ!フゥハハハーハァー!
  

Posted by 砥部良軍曹 at 21:02Comments(5)買い物お店

2011年11月27日

時計買いました

新しい時計を買いました。親に小遣い貰って。
だってうちの嫁、時計買う銭くれないんだもん!!
まったく、娘のランドセル買う時は何も考えずに70000円出したのに、
我輩の時計と来たら「指一本でいいでしょ?」ですからね。
何か買い物をする時だけは独身の方が良かったと思う今日この頃です。

皆様方の中には37歳にもなって親から銭を貰うとは何事かと
お思いの方も居られるかもしれませんが、愚民の意見は聞きたくありません。
でもこのまま人生生きていると葬式代まで親に出してもらいそうな勢いw

でもね、我輩ぐらいの人物になるとね、何かしら色々貰い物が多いんですよ。
こないだ中居酒店で煙草1カートン買ったら、JTの新製品の煙草1箱貰いました。
過去に新田原基地の航空祭に逝った時、おばちゃんにみかんを貰った事もあります。
日米共同訓練で来た米軍の兵士にチョコレート貰った事もあります。わしゃ敗戦国の子供か?
でも淋病とか梅毒とかそういう類のものは貰った事がありません。
余談ですがウナギゐヌぐらいの人物になると逞しいアニキから
寵愛の眼差しを貰うのでしょうが、そういうのも貰った事がありませんね。

まあそれに父上曰く、今回頂いた時計購入費用30000円は
毎回のブログ製作料ということなので遠慮なくいただきます。
ま、専門の業者にHP製作とかブログ製作頼むともっと銭がかかるんでしょ?知らんけど。

しかし30000円って時計を買うには意外と中途半端な金額なんですね。
我輩がマジで欲しいボストークヨーロッパは46000円でした。
いい時計は大抵50000円台からです。普通の時計は20000円弱。
真ん中の価格帯の時計って殆ど存在しないの?なして?

とはいえ、計画していた予算よりは大幅に増えたので選択肢が広がりました。
喩えるなら吉野家で牛丼並盛しか食えない状況が、大盛りネギだく+ギョクが食えるような感じ。
(今更吉野家コピペを覚えている奴なんて居るのかなぁ?)
具体的に説明すると今までの予算ではソーラー充電の時計しか買えなかったのが、
それ以外のオプションというか選択肢が増えたという事です。



随分前置きが長くなりましたが、前戯が長いのが我輩の特徴でありうざったいところ。
まあそれは遊戯王ならぬ“前戯王”を自称している我輩故に仕方のない事。
とりあえずソーラー充電、耐磁性能、サファイアガラス風防、チタンボディの
セイコーのアナルグ、もといアナログの時計を購入いたしました。
購入先はこの写真を見れば、賢い人なら解る筈だよwww

オーソドックスな形状なので瞬時に時間が判り易いですし、
チタンボディなので物凄く軽く、存在感を感じさせません。
(もっとも、重量感がなく存在感がない分寂しいところもあるが)
ルミブライトも針とインデックスに付いているので暗闇でも見易いですし、
サファイアガラスなので仕事でガンガンぶつけても気になりませんね。
我輩的にはこれ以上の選択はないというぐらい充実しています。



でも所有欲とか満足感とかいうのはあんまりありませんね。
でも仕方がないんです。道具というものは所有欲=性能じゃないですから。
それに我輩が欲しかったのは優秀な道具、それを考慮すると華美さは要らないです。
しかし何ですな、歳をとると道具に対する概念が段々変わっていきますな。
最近じゃあれだけ好きだったクルマに対しても動けばいいやとぐらいにしか思わないし。

でも何ですなぁ、最近のセイコーやカシオの時計はムーブメントは日本で作っているけど、
ボディの組み立ては中国製なんですね。寂しい世の中です。
でもメイドインジャパンが全て高品質、高性能という時代はもう終わっている感じもします。
中国製でもQCが日本的であれば純国産に劣らないのが今の世の中ではないでしょうか?
家電製品も国産だからって壊れないわけでもないみたいですからね。
我輩の手元にある電動ガンも大半が中国製ですが、問題なく使えます。

昔は時計といえばスイス製というアドヴァンテェジがありましたが、それもどうなんでしょ?
たとえば安売りの時計屋に置いているメイドインスイスを謳う不明メーカーの腕時計、
我輩も一時期“オレオール”とかいうスイス製の腕時計持っていましたが、
ああいう時計って一般的にスイス製の時計に期待する要素が皆無で、
あれだったら日本製の時計の方がいいんじゃね?て感じの代物でしたね。直ぐ壊れたし。

正直、スイスメイドの時計に拘るなら高級品が欲しいですが、
修理代が高くつくことを考えると今では高嶺の花ですし、
国産品に拘るとグランドセイコー買うしかないみたいですので、
物に対する余計な拘りは腕時計に対しては抱かないようにしますかね。
でもいつかは欲しいグランドセイコー。

しかし、腕時計という時間を知らせるだけの小さな道具には、
色々なドーデもいいことを考えさせられる小宇宙が秘められていますね。
だからこそ野郎という生き物は腕時計に魅せられるのでしょう。
とりあえず我輩はこの腕時計であと10年は戦えそうです。
ぶっ壊れたクロノマットはとりあえず箪笥の奥にでも放置プレイしておきます。

え?結局買う買う言ってたGショックはどうなったのかって?
何かGショックを我輩にくれるという人がいるらしいので、そっちに期待してますw  

Posted by 砥部良軍曹 at 21:59Comments(4)買い物

2011年11月12日

最近のランドセルは・・・

我輩的にランドセルと言えば大隈カバン店のウサギのマークのランドセルなのですが、
(このネタ福岡人にしか解らねェンだろうなぁ、間違いなくw)
最近は色んなブランド物のランドセルって奴があるんですね。
色も昔は野郎は黒、女子は赤しか選択肢がなかったのに、
紫やら茶色やら青やらピンクやらスーパー戦隊みたいに色んな色があるんですね。
どーでもいい話ですが、こないだゴーカイジャーのレンジャーキーのガチャガチャをやったら、
バトルフィーバーJのミスアメリカが出てきました。これ、子供が喜ぶのか?退くだろ?
余談ですがミスターアメリカはハルク・ホーガンです

我輩の娘が来年は社宅から歩いて1分のところにある小学校に入学するので、
ボチボチランドセルでも買ってやるかという訳で
秋口辺りからイオンやらイトーヨーカドーやら色々物色してきたんですがね、
うちの娘はよりによってシャーリーテンプルの奴が欲しいとか、
色は紫がいいとか意味不明な事ばかり抜かしていたわけですよ。

我が家は我輩の母上様が自分に女の子が生まれなかったのが余程悲しかったのか、
そして我輩の元に娘が出来たのが余程嬉しかったのか、
娘にアフォみたいにいい服ばかり買い与えているので、
最近では娘も「西松屋の服は着たくない」と文句をたれる始末です。
挙句の果てには子供店長が宣伝しているランドセルは要らないとか言いやがるんです。



で、結局色々物色した結果、メゾピアノとか言うブランドのランドセルを購入しました。
お値段は我輩の小遣い数か月分です。
間違いなくこないだぶっ壊れたクロノマットの修理代より高いです。

まあ我輩的には「小さいうちから良い物に触れておけば物の良し悪しが解る」と思っているし、
どーせ我が家には学習机を買う銭もなければ置く場所もないので、
その代わりにランドセルぐらい奮発してやるのも良かろうと思っているので、
娘が自分の感性で一番気に入ったランドセルを買うのもまあ良かろうと思います。
しかしよりによって今まで見せたランドセルの中で一番高い奴を選んでしまうとはねぇ・・・
なかなか見る眼があるじゃねぇか、たいしたもんだw



このランドセルは限定生産品らしいので数が少なく、
店頭在庫が赤しかなかったので結局普通に赤い奴を買いました。
娘もデザインさえ気に入れば色はどーでもよかったみたいです。
でも我輩的に赤い奴と言えば“シャア専用”なんですがね。3倍のスピード。

いやあ、最近のランドセルには鍵盤までついているんですねw
ていうか娘のランドセルなんかどーでもいい我輩でも
ぱっと見で造形や仕上げの良さが解ります。これはいいものだ。
とりあえず娘に背負わせて入学式まで封印しておきます。
カビが生えたら我輩爆笑&嫁は亀甲縛りの刑だなw勿論娘は涙目。
(青森は冬に結露するので油断すると押入れの中のの物にカビが生える)

ま、折角高いランドセルを買ってあげたんだから大事に使えって感じですね。
小学生時代、ランドセルに縄跳びを結びつけてぐるんぐるん回しながら
「ガンダムハンマー!!」と叫びながらぶつけまくった我輩が言えた義理じゃねぇですがね。  
タグ :衝動買い

Posted by 砥部良軍曹 at 23:13Comments(4)買い物