2010年12月27日

湯布院 夢鹿(ムジカ)にてステーキに舌鼓

宮崎での戦いの後、余韻に浸る間も無く我輩の両親が待つ湯布院へ出撃です。
久しぶりの湯布院は青森並に寒く、宮崎と同じ九州とは思えません。
そして父上の店に到着すると隣のコーヒー屋さんが豆を焼く香りがそこら中に充満。



晩御飯は湯布院のレストラン夢鹿(むじか)にて
“クヌギのコース”と言うステーキのディナーを食しました。
この店は静かな森の中のような雰囲気の敷地にあり、
格式ばった作法抜きで美味しく洋食を食べられる
やさしい雰囲気が心とお腹を癒してくれるレストランです。
他にも魚のコースやフルコースのディナー、ランチも頂けます。
また、ペンションも同じ敷地内にありますので宿泊も可能です。



まずは鯛のカルパッチョ。
カボスとドレッシングの酸味が鯛と野菜の甘みを引き立てます。
刺身も新鮮で歯ごたえと旨みがあります。
“お箸で食べる”のがこの店のモットーなので、
普通に刺身を食べるようにして気軽に召し上がれます。



前菜の白菜と海老のゼリー寄せ、海老しんじょ。
白菜の歯ごたえと海老のぷりぷり感が奏でるハーモニー。
海老しんじょの深い味わいもたまりません。
付け合せのごぼうとにんじんのピクルスもいい名脇役です。



かぼちゃのポタージュは食材の味を引き出した逸品。
牛乳臭くなく、野菜臭くもない。程よいバランス。
お互いの素材のよさだけが純粋に味わえます。



そしてメインのサーロインステーキ。
ソースは醤油ベースとデミグラスソースのいずれかを選べます。
我輩はデミグラスを選択。ソースの深い甘みとかすかな酸味が
ただでさえ芳醇な肉の味わいを引き立て、いくらでも食べられそうです。
付け合せの野菜のグリルはゴマのソースで頂きます。



このソースを絡めた肉をご飯と一緒に食べる、日本人ならではの幸せ。
そして店内には静かにモダンジャズの名曲が流れます。



久しぶりの家族の団欒は実に心地よく、それを更に旨い料理が引き立てる。
これも九州の素晴らしさだなぁと心から感じるあまり、
肝心のデザートの写真を撮影するのをすっかり忘れていました。
因みにデザートは自家製アイスとガトーショコラでした。旨かった。


同じカテゴリー(お店)の記事画像
一足早い誕生日祝い
佐土原高校の裏?にあったイタリアン
元祖チキン南蛮を食らう
久しぶりに嫁とランチデェト
一枚目の写真に最もふさわしいセリフを書き込め(迫真)
霧島温泉の奥地にあった魔境
同じカテゴリー(お店)の記事
 一足早い誕生日祝い (2018-06-18 23:55)
 佐土原高校の裏?にあったイタリアン (2018-06-16 12:00)
 元祖チキン南蛮を食らう (2018-05-20 23:38)
 久しぶりに嫁とランチデェト (2018-03-13 23:53)
 一枚目の写真に最もふさわしいセリフを書き込め(迫真) (2018-02-04 22:17)
 霧島温泉の奥地にあった魔境 (2018-01-10 21:03)
Posted by 砥部良軍曹 at 19:24│Comments(0)お店
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
湯布院 夢鹿(ムジカ)にてステーキに舌鼓
    コメント(0)