2011年03月18日

非常時には食いたくないメシ



前回はノンケの非常食について熱く語らせていただきましたが、
吉六会的に非常食の王様といえば米軍の“MREレーション”。
要するに米軍が戦争や平和維持活動で現場に展開する際、
持ち歩く弁当と言うか、非常食と言うか、要するに軍隊食ですな。
常温で2年ほど保存が可能で、メニュウも20種類ぐらいあって豊富。
カロリーもとにかく豊富で栄養価も高く、
まさにこれこそ保存食の鑑(かがみ)!さすがアメリカは違うぜ!



頑丈なパックを開けると中には食い物とかお菓子、調味料、
はたもやティッシュやスプーン、マッチまで入っております。

これ一つで全てが完結すると言う完璧な戦闘糧食です。
それだけではありません。食事を温めるためのパックまで付いているのです。
使い方も簡単でパックの中に食料をパックごと入れて、
その中に水を注ぐとパックの中の石灰が化学反応を起こして温まるので、
暫く放置しておけばホカホカの飯が食えると言う寸法。



これがMREレーションの中身です。
上の赤い奴は所謂ラビオリのトマトソース和え。
四角い奴はクラッカーでMREレーションには大抵こいつが主食で付いてきます。
ご親切に粉っぽいピーナッツバターのおまけ付です。
右下の黒い物体はチョコケーキ。味はとにかくチョコ味が濃くて激甘。
この他に泥水のような味わいのコーヒーが付属します。豪勢ですね。
ラビオリの味に関しては“レーションの中では大分ましな方”。



これはビーフ照り焼き。
ビジュアル的には確実に焼きと言うよりは煮物なんですが、
それでも照り焼きと言い張ってしまうアメリカ人の感性は
ただ高飛車で理想だけが必要以上に高くて口先だけで行動は2の次なのに、
「自己主張が強いだけ」と言い張る女と同レベルの図々しさw
味の方は甘しょっぱくてくどい感じの肉の煮込み。
こいつにはドライフルーツ入りのパウンドケーキが付属します。
味は勿論激甘、そしてパサパサしているので水分が欲しくなります。

余談ですが昔のレーションにはこの照り焼き?に
クラッカーではなくホワイトライス(白米?)が付属していましたが、
これがご飯と言うよりは“出来の悪い粥”。

多分過去に父上も食ったと言うアルファ米よりも遥かに不味い代物でした。
だって米の匂いとはまったく別の薬臭い悪臭がするんだもん!



この皿には2つのメニュウが盛られています。
1つは上の皿に盛られた野菜とパスタのトマトソース煮。
これは所謂ベジタリアンメニュウと言う奴で、
どーしても肉を食いたくないと言う草食男子のためのメニュウです?
味は比較的ましな部類ですが、3口以上は食いたくない。

もう1つのメニュウは左下の皿に盛ったポークソテー。
ポークと言ってもハンバーグと言うか、ハムみたいな代物。
確かに肉の食感はするのですが、とても不自然な食い物です。
しかしその隣にある白いパスタは不味いの一言。何味なのかも理解不能。
かえって左上に盛られたプレッツェルの方が食えると言う有様。



アメリカンフードと言えば肉!写真は鶏肉のソテーですがこれが激不味い!
ハムは胸肉使用のためかパサパサしており、いくら咀嚼しても飲み込めない!
たれの味も長時間口に入れておきたくない不味い味。
付け合せのマッシュポテトも変に酸っぱくて、べちゃっとしています。
とりあえず付属しているタバスコや塩や胡椒を振ってみましたが、
腹が減っていても半分食うのすら困難なとんでもない代物です。



レーションの中には大抵パウンドケーキ等のデザートが付属しており、
そのデザートの中にフルーツの煮た奴があるのですが、
これがフルーツと言うよりは砂糖とシロップと科学薬品を煮込んだ感じの味。
フルーツの心地よい酸味は微塵も感じる事が出来ません。
これを勇敢にも単独で戦場に入り込んできた当時2歳の娘にその勇気を褒め称え、
一口食わせてあげたところ、泣きそうな顔をして吐き出しやがりました。



レーションの付属品でとんでもないものと言えばやはりジュース。
昔駄菓子屋で売られていたような粉ジュースが付属しているのですが、
これがとにかくカラフルでファンタスティック!
味も駄菓子屋ジュースより不味いと言うトンでも商品。
その上いくら混ぜても下に粉が残ると言うおまけ付。



お菓子好きのアメリカ人の嗜好に合わせて
レーションには必ずお菓子が付属しておるのですが、
飴玉がべたべたしているとかチョコが溶けているとか
もさもさした粉っぽいクッキーとかいうのはまだ良い方。
一番不幸なのは真っ赤な飴が入っている奴で、
この飴の味がスパイシーと言うか、とにかく食うに耐えない!




我輩以外の同志は一部の変態メニュウ以外は「意外と食える」
MREレーションを絶賛するのですが、美食家の?我輩の口には無理。
不味いメニュウは写真のように拷問に利用すると言う代物、それがMREレーション。
これを食う度に我輩が思うのは「米軍はこんな不味い飯を文句もいわずに食える
不屈の精神を有しているからどんな過酷な戦場でも戦えるのだな」
という妄想。

日本人の口には確実に合わないブツばかりのMREレーションですが、
ヤフオクとかネットで検索してみると結構簡単に入手可能ですので興味の湧いてきた人とか、
効果的な非常食をお求めの方は試しに入手してみてはいかがかな?
ただしこれを食って体調を悪くしても
我輩は意地でも一切責任も負いません。


同じカテゴリー(サバゲー道具)の記事画像
暑い夏の季節をベトコン装備で戦え!
ドラグノフのマガジンポーチが少なくて困るのです
中華チェストリグ3種盛り合わせ
欲しいから買ったのではない、必要だから買ったのだ
サバイバルゲームの装備にキャンプ用品を
来年はこいつでヤリまくるぜ!
同じカテゴリー(サバゲー道具)の記事
 暑い夏の季節をベトコン装備で戦え! (2017-06-06 21:21)
 ドラグノフのマガジンポーチが少なくて困るのです (2017-05-02 22:53)
 中華チェストリグ3種盛り合わせ (2016-09-24 21:16)
 欲しいから買ったのではない、必要だから買ったのだ (2016-09-21 23:08)
 サバイバルゲームの装備にキャンプ用品を (2012-05-17 20:41)
 来年はこいつでヤリまくるぜ! (2011-12-30 23:04)
この記事へのコメント
うちにも知り合いから貰ったMREがあります。
パック形状は同じですが、斜めにMREの文字が入ってます(MENU16 CHICKEN FAJITA)と書いてあります。メキシコのマリネみたいなもんだそうで。

ミリメシの武骨さは良い(味はともかく)です。映画「亡国のイージス」で真田広之氏が「あっためないと食えたモンじゃない」と言い、寺尾聡氏がたくあんをかじってたのを思い出します(*´д`*)ハァハァ
Posted by 鈴吾 at 2011年03月19日 09:00
レーション祭りが懐かしいですね!
あの時は各国のレーションが味わえて楽しかったですが、やはり一番うまいのは日本のカンメシですねえ……
フランスだかイギリスだかの缶詰ライ麦パンは食えたもんじゃありませんでした
Posted by つちのこ at 2011年03月19日 10:01
あのレーションが並んでる光景こそが正に非常事態だったけどな!

いつぞやのロシアの潜水艦食に比べるとまともな味だから、あら不思議…
Posted by スカルガンナー at 2011年03月19日 10:41
閣下からもらった赤飯を早く食べなきゃ…。賞味期限切れてだいぶ経ちますが。
レーション祭り、懐かしいです。非常時じゃないからこそ楽しめたあの不味さ…。閣下が再び宮崎に戻られた際は、またやりたいですね。

地震のせいで贈るのを見送った閣下への献上品、唐辛子の初収穫分の捌け口がなくなってしまいました。吉六会で要る!って勇者、います?
Posted by ミハイル at 2011年03月19日 16:50
MREまだ喰ったことがないけど、それにしても、見た目に不味そう。
1965~6年頃の学生時代のことだけど
アルバイトで春日や雁ノ巣にいた駐留軍の軍人や家族の引越し作業に行っているとき連中の昼飯がアルミプレートに乗った得体の知れない喰物だった。
そのころ日本に存在しなかったレンジでチンしているのは見たことがある。
それを見たときに、日本は負けるべくして負けたと悟らされたョ。

直後の1971年ころに俺たちが喰わされていたのは大濠公園の魚さえ見向きもしない賞味期限が切れて腹のふくれた缶詰弁当だからねぇ。
Posted by 骨董屋の親父 at 2011年03月19日 19:49
>>鈴吾様
調べてみたところ、それは最近のMREレーションらしいですね。
メキシカン味のメニュウはそれなりに食えるものだった記憶があるので、
消費期限が切れる前に食っておく事をお勧めします。

>>つちのこ
あれはドイツのレーションのライ麦パンだな。
確かに酸っぱくて食えたもんじゃなかったな。
やはり日本人は米だよ、コメ。

>>スカルガンナー氏
あのレーション祭りの時に調子に乗って
2人でMREレーション全種類揃えてしまい、
それを全部同志一同で平らげたと言うのが我輩的には非常事態。

>>ミハイル殿
お願いですからレーション祭りは我輩の居ない時にやってください。
我輩はもう2度とMREレーションを口に運ぶ気はありませぬ。
でも調べてみると新しいレーションに新メニュウが登場!
これは試してみるべきか・・・

>>骨董屋の親父様
因みにそのアルミプレートの食料はベトナム戦争の時に開発された
プレートにインスタント食を盛り付けた前線食という代物ですな。
要するに食事を作れない戦場で食事を配る為の弁当ですわ。

そういえば昔の缶飯は不味いと父上がよく話していましたが、
それはその缶詰弁当の話だったわけですな。トラウマw
Posted by 伍長閣下伍長閣下 at 2011年03月20日 17:58
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
非常時には食いたくないメシ
    コメント(6)