2012年03月25日

宮崎も魅力的な街に変わりつつありますな

こないだの義弟の結婚式の前夜、シーガイアに宿泊していた我輩と我輩の両親一家。
晩御飯を何処で食おうか色々考えてはいたのですが、
こういう時に限ってどーもインスピレイションが湧きませんで
せっかくだからホテルの中でメシを食おうかと見てみたら
何処の店も宮崎の価格設定を完全に無視した高級店ばかり。

いくらリゾートホテルとはいえメシ一人分食うのに3000円以上払わなければならぬとは
我々平均的年収の庶民を馬鹿にしているのか?ふざけるな!
余談ですがシーガイアのホテルのルームサービスで
ラーメンを注文するとお値段1000円するみたいです。
因みにそのラーメンに沢庵が2切れ付いているかは不明です。多分無いな。



結局、宮崎駅前や清武に店舗を構える“デサキデポ”という文房具店が
吉村町の原っぱの中に“グリーンガーデンデサキ”という店舗を構えておりまして、
その中にカフェレストランがあったのでそこに入ることにしました。
メシ食うのに文房具店の中に入るというのも変な話ですが、
男女の過激な肉体のぶつかり合いを実施するはずのラブホテルで
“ご休憩”とあるよりは可笑しな話ではないはずです。




カフェという形態の店でガッツリとした夜の食事や
気の利いたメニュウは期待出来ないと思っていましたが、
軽いコース料理のセットがいくつかあったのでそれらを注文しました。
野菜や豆がたっぷり入ったミネストローネ(て言うのか?)と
野菜のゼリー寄せが乗っかったサラダが出てきて結構オサレな感じ。
我輩のような野生児には少し場違いな雰囲気ですね。



両親の注文したビーフシチューのコースには
少量のアサヒガニのフィットチーネ(きしめんみたいなパスタね)が付いてきました。
量は少なめですが、これはメインではないのでね。



娘や嫁はパスタのセットを注文しました。写真はあさりのスープパスタです。
パスタの他にもスープやデザートが付くので意外とお得感があります。
そしてパスタもそこそこ量があるので食べごたえはあります。
で、味も結構いけます。下手な創作料理屋に行くよりよっぽど気が利いています。



両親が注文したビーフシチューは限定◎食とか書かれていましたが、
閉店1時間前に入ってもちゃんとありました。
パイに包まれたシチューの周辺には茹で野菜が盛り付けられています。
シチューは味に五月蝿い母上が満足していたのでさぞ良いものだったのでしょう。
余談ですが我輩の母上は店のメシが不味いと店員さんが睨んでくるほど
大きな声で「うわ!美味しくない!これでお金取るの?」と独り言をいいます。




で、我輩は何を注文したのかと言いますとやはり、宮崎に帰ってきたならチキン南蛮でしょう。
チキン南蛮のジェノベーセ風(確かそんな感じの名称)という代物を注文しました。
水菜のサラダの上にタルタルソースとジェノベーゼソースと少量のバルサミコ酢が
ぶっかけられたチキン南蛮は懐かしくも新しい味わいです。
これがパンよりも意外にも白い飯、銀シャリとよく合うんです。
チキン南蛮にバルサミコ酢はアリだと思いましたね。



デザートは日替らしく、この日はムースとコーヒ或いは紅茶でした。
ユリ・ゲラーがひん曲げたようなスプーンが付いていますが、
このスプーンは食べ終わった後皿の縁に引っ掛けるスプーンです。多分。
ムースは適度な硬さのある濃厚な感じで、我輩も美味しくいただきました。
ビーフシチューのコースにはフランボワーズパイも付いていました。
料理を注文しなかった息子の分もムースをサービスでいただきました。

閉店時間過ぎまで滞在していたのに店員の対応も愛想がよくて、
店の雰囲気も落ち着きがあり本当にくつろげる店でした。
但し、店内で煙草は吸えないみたいです。

こんな居心地のよい店が出来つつある宮崎、
我輩が青森から戻った頃にはもっと魅力溢れる街になっている事でしょう。
そういう期待をせずにはいられない一時を過ごしました。


同じカテゴリー(お店)の記事画像
一足早い誕生日祝い
佐土原高校の裏?にあったイタリアン
元祖チキン南蛮を食らう
久しぶりに嫁とランチデェト
一枚目の写真に最もふさわしいセリフを書き込め(迫真)
霧島温泉の奥地にあった魔境
同じカテゴリー(お店)の記事
 一足早い誕生日祝い (2018-06-18 23:55)
 佐土原高校の裏?にあったイタリアン (2018-06-16 12:00)
 元祖チキン南蛮を食らう (2018-05-20 23:38)
 久しぶりに嫁とランチデェト (2018-03-13 23:53)
 一枚目の写真に最もふさわしいセリフを書き込め(迫真) (2018-02-04 22:17)
 霧島温泉の奥地にあった魔境 (2018-01-10 21:03)
Posted by 砥部良軍曹 at 12:18│Comments(4)お店
この記事へのコメント
出来て三回行ってますが、店内に入ったのは嫁だけです。いつも駐車場が満杯なんで、ガキ共連れて店内歩く気がしないんです。
でも、ここのパンは割高だけど美味しかったです。閣下の仰る通り、文具屋で食事は少し違和感はありますが。
佐土原に地鶏炭火焼きのドライブスルーというこれまた正体不明な店が出来てて、今日食べてみましたが普通に美味しかったですよw
Posted by P職人 at 2012年03月25日 23:21
>p職人殿
やはり何処も行くところがない宮崎、
文房具屋さんでも入れないぐらい混雑するんですなw
文房具屋さんの方は言ってないので詳細不明ですが、
カフェの方は気の利いた作りでなかなかいい感じですぞ。

それよりも佐土原のドライブスルーが気になる・・・
Posted by 伍長閣下 at 2012年03月28日 20:57
カフェは行ってないけど、文具のほうはみてきた。
ってか、雑貨屋さんだな。
5万円は散財できそうな品揃えだったなあ・・・・・・・

しかーし!
私もアウトドアグッズに夢中なのだよwww
Posted by 電マ野郎 at 2012年03月28日 21:24
>電マ野郎様
デサキデポは独身時代宮崎のと清武のとしょっちゅう通っていましたが、
あの品揃えはハンズマン並みにワクワクしますなぁ。

でも今では我輩も雑貨や文具よりアウトドアグッズに夢中ですなぁ。
詳しくは“脂肪遊戯”で検索してご覧あれ。
Posted by 伍長閣下伍長閣下 at 2012年03月28日 22:47
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
宮崎も魅力的な街に変わりつつありますな
    コメント(4)