2013年06月24日

誕生日サバゲーの続き

金がかかるから暫く宮崎&福岡or湯布院には帰らない予定でしたが、
嫁とクソガキ共は帰りたがっているのと婆ちゃんの初盆とかあるし、
父上の生存確認もしなければいかんので夏に性懲りも無く帰省します。
しかし初盆が12日にあると言う事で前日の日曜日には福岡に帰らなきゃいかんので、
ヂゴンの巣でのゲームは実施叶わないのは少し残念。

ま、金曜日の夜辺りに吉六会緊急会議を実施という事にしますかね。
場所はいつものジョイフルで?それとも“OAK”にしますかね?



さて、いつまでも普通のフラッグ戦をしていてもつまらないので、
ヅイマー氏お気に入り?のセンターフラッグ戦を開始します。
向こうから匍匐前進でズリズリ接近中なのはズリ戦ファイターのヅイマー氏。

前回から始めたこのゲーム、戦闘区域が中心に集中するのが
ヂゴンの巣のゲームみたいで何か熱くなれますが、
6月後半に入ってから青森も日中は結構暑いです。



このゲームはフラッグが設置された中心部が激戦地となるので、
弾が怖いチキン野郎はフラッグ奪取はおろか戦闘にも参加出来ねぇのですが、
こないだまでチキン野郎だったはずのヅラが
華麗なまでの素早さで見事なフラッグアタック。

この2週間ぐらいの間に彼に何があったのでしょうか?
少なくともヅラは一皮むけたというベクトルではなく、ズルムケです。



前回のゲームでフラッグアタックをかけようとしたらボコボコにされたリーダーも、
攻撃が止んだ瞬間を抑えてさっそうとフラッグゲット!
「美しく死ぬ事がサバゲー道である!」を地で行く漢(おとこ)の生き様。



そして白熊も危機感も緊張感の感じられない接近でフラッグ奪取。
吉六会魂の片鱗を見せつけてくれて総裁の我輩も満足じゃ。
満足しすぎて我輩がフラッグに全く接近しなかった事については言及するな。



センターフラッグ戦の後は恒例の電動ガン禁止戦。
野獣先輩は「センターフラッグ?何それ美味しいの?」
と言ったかどうかは定かではありませんがこのゲームが始まる1時間前から
CA870をガシガシこきまくりながらアップに余念がありませんでした。

電動ガンしか持っていねぇよヽ(`Д´)ノウワァァァンという人は情けで電動ガン使用可。
但しセミオートのみでホップは完全に切った状態で使う事。
ホップの効かねぇ電動ガンはハンドガンよりもだらしねぇ飛距離なのが面白い。



まーでもやっぱりハンドガンにはハンドガンの美学があるわけで、
目の前でスライドが動きながら弾が発射される爽快感、
マガジンチェンジした時の気持ちがリセットされて新たに攻撃精神が蘇る感触は
他の武器では早々味わえるものではありません。
ま、我輩はガス代が勿体無いからあまり使えませんがね。



いつもなら10時ぐらいに集合して12時に昼ご飯という流れですが、
本日は13時からのゲームなので17時に夕ご飯タイムです。
勿論、夕食を食い終えた後もゲームが続きます。
時間的には既に夕方ですがまだまだ明るいです。



飯を詰め込んだら皆さんテンション高めな感じで次のゲームの準備。
そう、今から20時ぐらいまで薄暮プレイを実施するのです。
本格的な夜戦を始める前に短い時間での夜戦を実施し、
感触を知る事で今後どのように夜戦を開催するかを確認する為に、
敢えて13時~20時のゲーム開催にしてみたわけです。

今年の初め頃から「今年からは夜戦もしましょう」と提案してから、
この日の為に着実に夜間戦闘用の装備を仕入れてきた物欲リーダー。
暗視用の光学サイトとかシュアファイアとかレーザーサイトとか
本格的というかどーしようもねぇなというか装備を充実化させてきました。
もうね、この人の性欲は物欲に変換されているんじゃねぇかって勢いw



しかしそこまで夜間用の装備に銭を費やせねぇ方々とか我輩は、
本格的タクティコゥライトとかではなくホムセンで2000円ぐらいで販売している
GENTOSの150ルーメンのLEDライトで辛抱です。

しかし実際このライト使ってみると明るさは申し分なく、
光の幅も調整出来るという利便性はあるものの、
索敵するには光の幅を絞っても光が分散しすぎてあまり使えねぇ。



野獣先輩のシュアファイアもどきはソコソコいいお値段らしいですが、
光の幅は狭く、そして遠距離を照らしてくれるという実戦向けの作りです。
やはり明るいだけの懐中電灯では専用品には敵わないんですな。



皆様方が気分早まって夜戦の準備をしておりますが、
まだまだライトを使うには明るいので電動ガン禁止戦の
センターフラッグ戦を実施したところ多分ヅイマー氏の陰謀なんでしょうな、
全員で派手にフラッグめがけて突撃しやがって速攻で終わってやんの。
吉六会的戦闘突撃を相手チームにやられるとは不覚ですわ。



18時を過ぎた辺りから薄暗くなりつつあるフィールド内部。
ここのフィールドはリアルに林の中で街灯なんかありゃしねぇので、
暗くなるとどこからも光が入らずマジで真っ暗です。
薄暗さと下草が多くて索敵がだんだん困難になります。



こうなると頼りになるのは長年の夜戦での感か?
いやいやそれよりも「若さってなんだ?振り向かないことさ!」
ある程度戦力が破壊されたところを見計らって、
勢いでフラッグに接近したヅラが見事なフラッグアタック!

この後変乃少佐もひっそりと潜水艦のようにフラッグ接近を試みましたが、
スピードが足りずにフラッグ10m前でタイムアップという無念。



19時ぐらいになるとかなり真っ暗になって流石に前方不覚。
そろそろ100円ショップで販売しているサイリュームをパキっと折って、
それを背中に装着して味方識別用の印にしながら本格的夜戦の開始です。



何か肩に目玉親父のようなライトを付けてウケ狙い?



そして真っ暗闇のフィールドにて戦闘が始まる・・・
予期せぬ場所からの銃撃が恐怖!だが、それがいい。



夜戦の状況を撮影すると敵味方がバレバレでゲーム成立しねぇので、
ゲーム中の写真がないのはご勘弁だけど仕方ないね。

とりあえず本格的に夜戦な雰囲気は19時から20時ぐらいまでしか味わえませんでしたが、
今後の課題、特にゲームに有効なライトとはどーいう物かとか、
セイフティゾーンで有効なランタン(GENTOSよりもエナジャイザーが使える!)
そしてこの季節からは夜の蚊に対する対策の必要性を知る事が出来ました。

しかしこの時間帯にゲームするのは日中のゲームと夜戦の両方が
程良い分量で楽しめるので実にエキサイティング!
ウチらみたいに土曜日が休みの職場の連中が集まって
ゲームするにはこの時間帯が適切な気がしましたね。

出張で来てくれたウラルの南国白熊も鯖芸部が吉六会に劣らぬ
馬鹿野郎の集まりである事を目の当たりにして実に満足そうでした。多分。

今回のゲームは39歳になる我輩にとって
最高の誕生日だった事は言うまでも無ぇでしょう。


同じカテゴリー(サバイバルゲーム)の記事画像
今年もこのフィールドで思う存分楽しもう!
今年の初サバゲーはRED LEAVESで
磐田の野外フィールドにTE★GAが置いていた?
浜松で★本格的★インドアフィールドを満喫
4人いればサバゲーは出来る・・・よね?
やはり、我輩は“野戦”が好きだ(確信)
同じカテゴリー(サバイバルゲーム)の記事
 今年もこのフィールドで思う存分楽しもう! (2018-01-15 00:47)
 今年の初サバゲーはRED LEAVESで (2018-01-08 11:46)
 磐田の野外フィールドにTE★GAが置いていた? (2017-12-29 00:04)
 浜松で★本格的★インドアフィールドを満喫 (2017-12-23 01:58)
 4人いればサバゲーは出来る・・・よね? (2017-12-17 22:57)
 やはり、我輩は“野戦”が好きだ(確信) (2017-09-10 22:23)
この記事へのコメント
お誕生日おめでとうございます!!
楽しく良い年になりますように☆

久しぶりの宮崎&福岡、楽しめるといいですね♪
でも、初盆だとご供養もあるし、忙しい帰省になりそう・・・
満喫してください(^_-)-☆
Posted by 幸せうさぎ幸せうさぎ at 2013年06月26日 06:04
>幸せうさぎ様
ぶっちゃけ今年は今のところあまりいい年じゃない感じですが、
趣味の方ではいい年な感じですので±0ですね。

こないだ福岡には帰りましたが、宮崎は久しぶりです。
イオンとか西都のAコープ辺りをウロウロしている
デブのモヒカンを見かけてもそっとしといてくださいね。
Posted by 伍長閣下 at 2013年06月26日 18:15
閣下 万歳 !!
今でも ほのかに恋しております・・・
Posted by れい at 2013年06月29日 13:10
れい様
あ、一応このブログは嫁も確認しておりますので、
あまり過激な発言は控えといてくださいw
Posted by 伍長閣下伍長閣下 at 2013年06月30日 21:47
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
誕生日サバゲーの続き
    コメント(4)