2015年03月21日

今回はうまくいったんだが・・・

本日は息子の卒園式でした。
余談ですがブログアップ前に娘の卒園式の写真を改めて確認すると、
リビドー号が雪に埋もれている写真があって結構な雪景色だったんですねぇ。
因みに去年は雪が多すぎて卒園式が出来なかったという・・・



しかし今年は雪どころか春の接近を思わせるお天道さまの具合。
絶好の卒園式日和ですなぁと言いたいところですが、
コレが宮崎なら場所によっては桜も開花して更にいい雰囲気なんでしょうねぇ。

余談ですが春っぽい麗らかな暖かさを感じる状況を“小春日和”と言いますが、
アレは冬に差し掛かる前ぐらいの状況下で使う言葉であって、
決して春先のぽかぽかした気候のことではありませんのであしからず。



さて、今回のブログのタイトルの意味ですが、
娘の卒園式の時、娘が卒園証書を受け取るところを、
我輩の撮影技術がダメダメで上手く写真に収められなかったんですね。


しかし今回はそーいう失敗を繰り返すこともなく、
無難ながらもそこそこ綺麗に収めることが出来ました。
将来卒園式の時の写真を見た娘からはブーイングが来そうですが、
ま、ソコはカメラの性能のせいにしときましょうかね。



息子を幼稚園にブチ込んだ時は「こいつマジで大丈夫なんか?」
若干の不安を抱えながらもココでどうにかマシな人間になることを期待しながら、
無責任にも幼稚園の先生たちに全てを委ねてしまったのですが、
減らず口だけが更に成長してしまったという体たらくです。

でもまあ、子供がどう育つかは学校とか幼稚園の教育ではなく、
家庭で親がどういう生き方を見せるかが重要事項なんですよ。
我が家みたいに父親がブログの更新の度に毒づいているような家庭では
息子も事あるごとに毒づく人間になるのも仕方のない事です。
ま、その分我輩に対しては言いたいことを適度に放出してくれるのはありがたいですがね。



最近は幼稚園の先生に子供の教育を丸投げする馬鹿親が多く存在し、
子供が納得イカない発言や行動を取る度に幼稚園にクレームをぶちまける輩も居るようですが、
所詮幼稚園なんて思い出づくりの場所でしかないのに何を勘違いしているんだか。
評判のいい進学塾にブチ込んだぐらいで入試が上手くいかないよーに
幼稚園にブチ込んだぐらいで子供が真っ当になるわきゃあねぇ。

ただ、その思い出が今後の人生の為に必要不可欠なんで、
幼稚園教育は人生の課程の中で重要事項なんです。


まーでも何処の幼稚園にブチ込んでもそこそこの思い出は作れると思うので、
他の幼稚園でもウチのクソガキ共はど~にか育ったんでしょうが、
ココの幼稚園の先生の子供に対する理解、そして我輩や我が家に対する理解、
そしてその部分を大いに考慮した心温まる子供への接し方を見ていて、
「ああやっぱりウチのクソガキ共はココの幼稚園で正解だったな」と改めて思いましたし、
この幼稚園に娘を2年、立て続けに息子を3年ブチ込んで、
合計5年続いた幼稚園との付き合いも今年限りで無くなると思うとさみしいものがあります。



でも息子的にはこの幼稚園生活の3年間、
女子との絡みも皆無でリア充には程遠い人生を送り、
仲良くなった友達は次の学年になると共に居なくなるというスパイラルを繰り返しすぎて、
下手に友人を作りたがらない体質になったみたいで、

仲が良かったと思われる園児たちとの絡みもソコソコにあしらい、
「どーせ俺は一匹狼なんだよ」と吐き捨てるようにほざきながら
幼稚園の思い出の余韻に浸ることもなくドライにその場を去ったのでした。

どうやらウチの息子はこの歳にして、そしてこの幼稚園で、
出会いと別れに対するある種の悟りを開いてしまったようです。

ま、我輩も小学校時代の仲が良かった友人の大半は転校してしまい、
結局我輩一人取り残された感満載で友達作るの嫌になった過去があり、
未だに「幼なじみ?それってあだち充のマンガとエロゲーだけの話だろ?」な思考なんですが、
6歳にしてそこら辺に気づいてしまった息子は今後どうなるか心配です。

タグ :家族

同じカテゴリー(出来事)の記事画像
雨は夜更け過ぎても雪に変わらない
小学校最後の運動会
嫁、マグナムな歳になる
ウラルの白熊、宮崎に現る
落ち着きのない我が家の夏休み
息子、肉欲に溺れる
同じカテゴリー(出来事)の記事
 雨は夜更け過ぎても雪に変わらない (2017-12-24 22:54)
 小学校最後の運動会 (2017-09-24 22:32)
 嫁、マグナムな歳になる (2017-08-21 23:43)
 ウラルの白熊、宮崎に現る (2017-08-19 13:14)
 落ち着きのない我が家の夏休み (2017-08-16 20:36)
 息子、肉欲に溺れる (2017-08-09 22:14)
Posted by 砥部良軍曹 at 23:17│Comments(0)出来事
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
今回はうまくいったんだが・・・
    コメント(0)