2016年04月17日

やはり、九州人は今度の選挙で野党に入れたらイカンですわ

今度は・・・今度は九州かよ・・・
熊本に震度7の地震が来やがったというニュースを見て
「我輩、九州に帰れねぇかも」と思いながら愕然とした砥部良軍曹です。

地震降臨後の熊本市内の様子をテレビで見ながら
案外建物が破壊されていないのを見て少しは安心したものの、
熊本市のお隣の益城町は多くの建物が崩壊しており、泣きそうになるレベル。

当日の夜、地震で揺れる熊本城が煙出していたから何事かと思いきや、
次の日のニュース見たら瓦と石垣ボロボロになって悲惨な状態。

阿蘇市の方なんか土砂で橋が完膚なきまでに破壊していたり、
道路が我輩の身長ぐらいズレていたりとウニモグでも役に立たない事態です。

今回の地震はデカいのがドーンと来て大破壊というパターンではなく、
小刻みにどんどん来て徐々に破壊しているみたいなので、
そこで徐々に被害も増え、犠牲者も増えているのがやるせないですね。


ところで我輩は両親が熊本のお隣、大分の湯布院に住んでいるのですが、
震源地である熊本からはそう遠くないところに住んでいるので
とりあえず安否確認のために電話してみたところ、
地震発生当日は少し揺れた程度だから大丈夫と聞いて一安心。

ところがぎっちょん、次の日に満を持して購入したスマホを夜中弄くり回していたら、
良い子はもう寝ている時間だというのに父上からメール来やがって、
電話してみたら湯布院の方もかなりスゴイ揺れに襲われたとのこと。


幸い両親の自宅は住めるレベルで被害を食い止めたみたいなのですが、
父上のガラクタ屋、もとい、骨董品屋はスマホに送られてきた写真を見たら、
大半の商品が破壊して大惨事
らしく、相当参っている様子でした。
ああ、我輩が宮崎に居れば速攻で父上の支援にイケるんだけどなぁ・・・

多分、商品がぶっ壊れまくって愕然としている父上の傍らで
ココぞとばかりに母上が一生懸命片付けしているんだろうなぁ。

そーいえば同志スカルガンナー氏に「携帯変えたついでにメアド替わりました」と
連絡したら「そんな事より親父さんたちは大丈夫なのかい?」と返答が来ました。

普段は何事も無くノリと勢いで付き合っている同志ですが、
こういう時に良き友の人間性が垣間見えるもんですね。

東日本大震災の時もそうでしたが、
自然災害の時って有名人や政治家の人間性や
政党や団体の信念がはっきりと解るもんですよね。


例えば、狂惨党のクソババァは「安らかな場所にいてください」と
ツイッターに意味不明なコメント残していた模様。

ソコ、普通は「安全な場所にいてくださいね」と言うべきだろうに、
安らかな場所って死んでしまえって遠回しに言いたいのかまったく。

まあコイツラ、東日本大震災の時も被災地になんかしてあげた形跡がないので、
「日本死ね」ぐらいしか思っていないんでしょうねマジで。
昔うちの父上が言ってた「狂惨党の連中は日本人じゃねぇから」というのは真実でした。
だってコイツラを支持している連中はわざわざ模造紙買ってきて
迷彩服着ている奴らの作ったカレーは食いたくないと抜かしているんですよ。

(アンダーラインのある文章をクリックするとネタ元のニュースに飛びます)

しかもコイツラ、地震被災者に対する義援金集めているらしいですけど、
善意ある皆様方(笑い)から集めたお金は全て義援金に募金するのではなく、
党の義援、復興に係る政治活動の経費として使うらしいですよ

やっぱ日本狂惨党、ガチの屑の集まりだわ。

そして民進党は党のツイッターで
東日本大震災時に「自民議員がデマ流して政権引っ張った」 と
これまた人の揚げ足取りに必死の様子。

民腫党、東日本大震災の時に野党だった自民党は、
お前らよりも早く被災地に足を運んで活動していたというのに、
お前らは「オレらは野党だから関係ないもんねー」で済ますつもりかよオイ。

まあ宮崎人で今更民腫党が民侵党に名前変えたとしても、
コイツラに投票する輩はまず居ないはずだと信じております。


だって民主党政権時代、宮崎で口蹄疫が蔓延した時に、
コイツラが抱えていた農林水産大臣の赤松がなんて言ってたか覚えていますか?
「だから早く殺せって言ってるのよ」ってニヤけながら言ってたんですよ。
そーいう輩が居る政党に投票したがる宮崎人は
見つけ次第すぐさま殺処分してもいいと思います。


因みに他の野党はこの機会に何やら義援活動ヤってくれて
次回の選挙の結果に結びつけようと目論んでいるのかと思いきや、
全くそういう様子でもないみたいですな。
ヒョットしたらツイッター辺りでイミフ発言しているかもしれませんが。
追記:案の定、捨民党の連中はバカツイートやっている模様。

ところで、今回の地震で川内原発は特に被害なしだったようですが、
シコルズと原発反対派の作家共()が川内原発の停止を求める
暇つぶしと嫌がらせのFAXを送ったらしいです。

そんな嫌がらせする暇あるなら被災地行って少しでも被災者助けてやれ全く。
こういう時にこんなくだらないことするよりも、
善意を行った方が己等の株が上がるとは思えんのかなぁ?

それと藤原紀香、結婚決まって浮かれているのはいいが、
電波かクスリ入ったよ~なポエム垂れ流すのはやめろ。

もうね、震災をダシに芸能人が売名してもいいとは思うですがね、
書いた己だけが満足しているよーなメッセージ垂れ流すんじゃなくて、
ちゃんと被災地の皆様方にためになる活動をしてくれって思いますよ。

一方、台湾高雄市の陳菊市長は1カ月分の給与、
約19万台湾元(約64万円)を寄付するとおっしゃっているそうです。

台湾政府も東日本大震災の時同様、義援金を送る姿勢を既にとっているとか。

米軍も再び“トモダチ作戦”の準備をしているとか、
日本に対して有効的関係でありたい国々も義援金の準備をしているとか、
個人レベルでも支援物資を買いまくって送ろうとしている
いい方向に気の触れた若い方々も居たりするので、

荒んできたとはいえ、世の中捨てたもんじゃないよなとは思います。

与党である自民党も早急な対策をとって動いているようです。
やれオレがオレがと己の手柄のことばかり考えながら何も出来ずに
口先だけでグダグダしていた民腫党政権の時とは大違いです。

よし、我輩も熊本城復興のために一口城主に名乗りを上げよう!

追記:千羽鶴は送るなよ。食えねぇから何の役にも立たねぇ。
「ケツ拭く紙にもなりゃしねぇ」って言われるのがオチですよ。
ていうか、震災被災地に千羽鶴送る奴らってマジモンのバカですよね?
自分が被災者になった時、千羽鶴送られて何が嬉しいか考えてみろって。  
タグ :魂の叫び

Posted by 砥部良軍曹 at 22:42Comments(5)演説

2016年04月05日

花の世界も厳しいものなのですね

どーも、小森くんが次世代M4の修理代を払ってくれないので、
小森くんに修理代を捻出してもらうための手段として、
「ノンケ野郎、サバゲー中に熊に襲われる」というタイトルの薔薇族的な動画を
撮影してそれを売りさばいてやろうかと密かに目論んでいる砥部良軍曹です。

「四つん這いになれば89式を返して貰えるんですね?」って言わせながらしゃぶらせてやる。

さて、今ぐらいの季節になると熊が出没どーとかよりも、
杉の花粉が怖くて外にも出たくない方々も多いのではないでしょうか?


幸いにも我輩は今のところ杉花粉症に悩まされてはいませんが、
栗の花が咲く季節ぐらいになると目が痒くなったり、
くしゃみが頻発するようになったり、鼻水が止まらなくなるんですよねぇ?

本日、ウチの職場の方(佐賀県出身、花粉症持ち)と煙草を吸いながら
杉の花粉の脅威について話をしていたのですが、
その人がこないだテレビで面白い話を聞いたというのですよ。

なんでも、綺麗な花は虫が寄ってきて花粉を運んでもらえるから、
そんなに大量の花粉を撒き散らす必要もないし、空中散布する必要もないのに対し、
杉の花のように虫が見向きもしてくれないよーな花は
花粉を大量に空中散布することで意地でも受粉してやろうとしているのだとか。


その話を聞いて我輩、いつもなら「まーたテレビの誰得情報か」と、
心の中でひっそりと侮蔑の眼差しを向けるのですが
今回ばかりはソレよりも別のことを考えてしまいましたね。
「花の世界も我々人間と変わらんのか!」と。

綺麗な女、出来る女は自分から股を開かなくても
その外見や性格の良さで自然に野郎が寄り付いてくる。

だから馬鹿みたいに色気を振りまいたり自分アピールしなくてもいい。
イヤむしろ、存在そのものだけで自分をアピールして好感度を高められる。

でもそーではない女は全力で野郎に接近したり、
どーでもいいような話で自分アピールに必死になったり、
ツイッターやFacebookやInstagramで執拗に意識高い行動をアップしたがる。

そしてそのアピールは、大半の野郎にとって非常にうざったい。
その風景まさに、杉花粉が大気中を舞い散るかのごとし。

そしてこの“綺麗な花と杉の花”の法則は野郎にも当てはまります。

イケメンは普通に女子が寄ってくるから、
無駄に★子を放出する必要が無いけど、
我輩のようなブサメンは女子が寄ってこないから、
自分で擦って無駄に精★を放出してしまう。


つまり、花粉症でもないのにティッシュがゴミ箱から溢れ出すような野郎は
無慈悲に無差別に花粉を振りまいている杉の木と大差ないということか!


何かね、何気なくキレイに咲いている花には訳があり、
大量に花粉を空中散布する杉にも訳があるんだなと思うと、
「植物の世界も結構世知辛いものなんだねぇ」
ナチュラルアメリカンスピリットメンソールをふかしながら考えてしまったのです。  
タグ :哲学

Posted by 砥部良軍曹 at 23:29Comments(3)演説

2016年03月26日

おかしな奴らの話は何処かで矛盾している



一部のアメリカ人の中には「広島と長崎に原爆を落としたから日本が平和になった」
本気で信じてほざいている輩が居るらしいんですが、
それなら何でISISの連中の上空に原爆落とせって言わない?
或いは戦争を終結させるための手段として使わないのは何故?


そこでそーいう連中は「一般人を巻き込みたくない」と言い返して
すんなりと論破した気分になるんでしょうが、
いや、原爆投下された時の広島と長崎の一般人の立場はどーなる?

いや別にシリアとイラクに原爆落とせって言ってるわけじゃねぇですよ。
ただ、広島と長崎に原爆落とした行為が正義だって言うなら、
他の戦争地帯にも原爆落とすのも正義なんじゃないかって言えばいいのに
ソレを言わないのは矛盾しているんじゃねぇのって話。

矛盾しているお話をもう一つ。
もうすぐ法案が動き出す”安保法案”に反対している連中は
安倍総理がヒトラーだとバカの一つ覚えのよーにほざいているんですが、

安倍総理がヒトラー並の独裁者ならお前ら今頃
ゲシュタポに連行されてガス室逝きじゃねぇのか?


少なくとも我輩がマジもんの独裁者ならそうしますね。
デモしている奴らは投網で捕まえてお台場で「汚物は消毒だ!」。
勿論、消毒担当相はスカルガンナー氏と電マ様とイラ魔王殿な。

安倍総理がお隣の国の指導者みたいな独裁者じゃないからこそ、
脳みそのオカシイ連中が迷惑なデモ行進みたいな行動が出来て、
自分勝手な発言をしてもしょっぴかれることもないということを解らないのかなぁ?
やはり頭のおかしな連中の言い分は、矛盾があるのです。

余談ですが我輩的には左翼の連中がアドルフ・ヒトラーを独裁の頂点みたいに奉るのは、
共産主義社会の指導者がガチの独裁者であることを包み隠すためじゃねぇかと推測。


名だたる有名な共産主義国家の指導者はホロコーストなんか目じゃねぇぐらい
自国の国民を血祭りにあげているのは当然の事実ですが、
その事実を塗り固めるために過去の似たような指導者を引き合いに出して、
「コイツに比べればウチラは大分マシな方だ!」と言いくるめたいんでしょうが、
正確な情報が必要以上に手に入る現代社会では明らかな矛盾しか生み出しません。

と言うわけでウチのブログを拝見している有識者は
ヒトラー=独裁者という思考は何処かに捨ててしまいなさい。
スターリン、毛沢東、ポル・ポト、コレが3大独裁者だ。覚えとけ。

ところで上記のような思想の持ち主は「憲法9条は絶対に変えてはならない!」と
異口同音に叫んでおられる上に安保法案は憲法違反であると抜かしておりますが、
実際にはこの「憲法を変えてはいけない」という思想自体が憲法違反です。

日本国民の思想の自由は憲法で保障されており、
「憲法を変えるべきだ」という思想も同じく保障されている
変えるべきという意見が多数になれば憲法を変えられる規定もあるのです。
ほら、ココでも矛盾が生じているでしょ?

さて、最近何処かの誰かさんが「保育園に行けなかったの私だ!」と
国の政治が悪いからウチのガキが保育園に入れなかったと
不平というか逆ギレをブチかましている連中が居るみたいですが、

小学校跡地に保育園を建てたいという意見に対してNOと回答した挙句、
韓国人学校を建築することを決めた東京都知事に何も文句を言わないのが何故でしょうかね?


多分そ~いうことを言うと「ソレは人種差別だ!」と抜かすんでしょうが、
いや、人種差別されるのが嫌なら素直に祖国に帰ればいいじゃないの?
それとも何かね、その学校に行かなければならない韓国人は
母国に帰ることが出来ない後ろめたい理由でもあるのかね?

後ろめたい連中といえば人種差別とか人権とかに五月蝿い連中に限って、
日本のそーいう問題には鬼の首を取ったように騒ぎ立てるのに、
チベット人の迫害やイスラム圏の国での女性差別に関しては何も言わないのね。
まーソレに関しては粗暴な人間の本能である
「弱い奴にしか手を出せない」という人間のクズ本来の思考なんですがね。

結局、一見もっともらしい主張や意見をしているようではあるけど、
何処かしらおかしな気がする発言には矛盾があるのです。


そしてその矛盾の理由は「自分達に都合のいいことだけを主張するから」。
「自分達の願望だけを主張して他のことは一切無視しているから」。

だからそ~いう身勝手な発言をする連中の口調はいつも粗暴。
利己的で筋が通っていない意見だからこそ、汚い言葉になるんです。

汚い言葉といえばね、こないだ当直のお仕事していた時にね、
たまたまなのか、それとも当直の親分の思考なのか解らんのですがね、
自称ナントカ学者の肩書を持つ基地外レベルのイカレポンチばかりが出てきて
寝言ばかり抜かしているんで不愉快極まりない気分になるから
絶対に見たくない“報道ステーション”
にテレビのチャンネルが入っていたんですよ。

「あーなんか見ているだけでイライラするなぁ」と思いながら、
視線を逸らしながらガラケーでエロ画像を検索するも、
音だけは耳に入ってくるんですよねぇ。

そしたらね、愛媛の公立全59校が校則に「高校生の政治活動、届け出を義務化した」と
当然且つごもっともなニュースが流れてきたんですね。

そしたら日本をカオスに引き込たくて仕方がない偏向報道番組の報道ステーション、
案の定この話にガッツリ食いついてきやがって
「コレっておかしくないですか?」的な左翼節全壊、じゃなくて全開。



そこでね、面白かったのは親と一緒に「戦争法案反対」の
プラカードを掲げながら政治活動している明らかに処女そうな
女の子がインタビューに答えていたんですがね、

コイツがざわちんのマネをしておるのか、花粉症なのか解かんないんですけどね、
マスクしてインタビューに答えていたんですよ。

その時、とりあえず我輩こう思いましたよ。
「部屋の中では帽子を取る!
インタビューの時にはマスクを取る!
ソレが社会のルールってもんじゃねぇのか!」
ってね。

でもまあ、そういう社会のルールというものは親が教育すべき事項。
最近の親はガキにまともな躾が出来ない親が多いんで、
こういう不躾なガキが居るのもさもありなんと思いましたよ。

そーいう世間のルールも理解出来ていない輩がね、
政治に対して間違いを指摘するのって矛盾しているんじゃねぇかって思うとともにね、
「あーやっぱコイツら、反社会的活動しているという自覚があるんだな」
「顔が割れたらヤバイからマスクで顔隠しているんだろうなー」
と思うと軽く笑いたい気分になりましたよwwwwwwww

安保法案が日本にとって危険な法案であると勘違いしている連中って、
こーいう感じで何か勘違いしちゃっているんでしょうね。

友達「最近暑いね」

マスクの女の子「あついね」

友達「紫外線もキツイし」

マスクの女の子「えっ?」

友達「いやだから最近紫外線がキツイじゃん」

マスクの女の子「市街戦が始まってるの?」

友達「えっ?」

マスクの女の子「えっ?」

友達「始まってるというか、今週だいぶ焼けたよ」

マスクの女の子「えっ?」

友達「アタシの周りでも結構みんな焼けてるし」

マスクの女の子「マジでやってる?日本での話?」

友達「えっ?」

マスクの女の子「市街戦が?」

友達「うん、今日もすごい紫外線だよね」

マスクの女の子「なにそれこわい」

友達「アンタは紫外線には強そうだね」

マスクの女の子「強くないw たぶん速攻で死ぬw」

友達「えっ?」

マスクの女の子「えっ?」

友達「紫外線の話だよね?」

マスクの女の子「市街戦でしょ?交戦の一種の」

友達「そうそう、紫外光線。見えないから気をつけないとね」

マスクの女の子「ワタシは一度生で見てみたいとは思うけどね、市街戦」

友達「えっ????」

しかしこの時にインタビューに答えていた中学生の女の子、
今後反社会的な人間として公安にマークされるんだろうなぁ。
親が屑だと子供も可哀想な目に合うんだなと思うと共に、
子を持つ親として我輩自信も間違った思想は
決して抱いてはいけないとマジで思いましたね。
  

Posted by 砥部良軍曹 at 10:32Comments(4)演説

2016年03月18日

◯◯と言ったら☆☆だろ?

同志スカルガンナー氏から13日のエリア13でのサバゲーの写真が届いているのですが、
写真の量が多すぎてダウンロードするのと画像編集するのに
お前らノンケ共が想像しているよりも遥かに手間と精神力に負担があるので、
心に余裕が持てそうな週末にボチボチアップしてやろうと思います。

さて、ウチの娘が「そろそろカラオケ逝きたいなぁ」と言いやがるので、
「んじゃあ我輩が桜井さんやるからお前が高見沢さん、息子が坂崎さんな」と言ったら、
「星空のディスタンス」を覚えようとしているのがとても嬉しい砥部良軍曹です。
ま、メインは我輩が歌うからサビの部分だけ覚えてくれればいいんですがね。

ところで"歌が上手い桜井さん"と言って皆様方は誰を思い浮かべますか?
ま、普通、選択肢は"THE ALFEE"の桜井賢さん一択でしょ常識的に考えて?
ミスチルの桜井?知らんよそんなコミックバンドの事なんか!

ま、クリスマスの武道館前で100人に上記の質問でアンケートを取ったら、
我輩の言い分が世界で一番正しいという真実が導き出されることでしょう。
だって12月25日の武道館といえばTHE ALFEEのコンサートだもんねw

もう一つカラオケにまつわる「◯◯と言ったら☆☆」。
娘が「"Believe"って歌唄いたいんだけどカラオケに入っているかなぁ?」って言いやがるので、
「"Believe"?岡村孝子のだったら名曲だから確実だな」
「THE ALFEEの"Believe"も確実に入ってるな」と答えた所、
「違う!」と言われた挙句何やら発表会で唄うよーな歌を歌いやがって、
「あらあら、昭和と平成の常識は随分違うのだねぇ」と小並感。

余談ですがこないだ岡村孝子の"DO MY BEST(本人が選出したベスト・アルバム)"を
購入してウハウハ気分で聞いていたら"Believe"が入っていなくて愕然。
Believe=岡村孝子と信じていた我輩の信念がガラガラと音を立てて崩れ落ちた瞬間w

でも最近、車内では岡村孝子ばかり聞いているんで、
娘が「夢をあきらめないで」を歌えるよーになったのは予期せぬ副作用。
いい加減クソガキ共をカラオケに連れて行ってやらんとイカンなぁ。
もうすぐ春休みだから、1回ぐらいカラオケ連れて行こうかな?

しかしですな、歌には同じタイトルのものが沢山あるから、
「◯◯と言ったら☆☆」という定説は個人のボキャブラリーに比例してしまうのです。

例えば我輩的には"卒業"というと斉藤由貴なんですがね、
多分ていうか間違いなく大多数の人に聞いたら尾崎豊って答えるはずですし、
大多数の個人のボキャブラリーで考察するとその回答に関して
ケチを付ける余地は我輩といえども1ミクロンもないと思います。

似たよーなノリで「“桜”という曲と言えば?」と皆様方から意見を集めると、
河口恭吾と答える奴よりも森山直太朗と答えるヤツのほうが大半ですよね?
因みに前者は漢字一文字、後者はひらがな、しかも後ろに(独唱)とオマケ付き。
ん?誰だ?桜といえば初音ミクの千本桜だろとかいう奴は?
我輩は初音ミクさんは好きだけどあの歌、どーも好きになれんのよ。

実はこの“卒業”と“桜”の話題を「◯◯と言ったら☆☆」に絡めるが為に、
昨年10月ぐらいから暖めていたネタを今やっと披露することにしたというw


ところで最近我輩はNHKでヤッている“サンダーバード ARE GO”を
息子と一緒に見ているのですが我輩にとってサンダーバードといえば
イギリス製の人形劇ではなくフォードのクルマなのです。

テールフィンとジェットエンジンの排気口みたいなテールランプの1962年式最高!

しかし鉄ヲタにとってはサンダーバードは電車の名前というのが常識ですし、
ノンケ連中的にもソッチの方が知名度が高いので
色々と偉そうにほざいている我輩といたしましても
多少は信念を捻じ曲げなければならない時と場合があるのです。

とはいえ、フォードのサンダーバードなんて既にメーカーからも見放されて、
生産していないんで我輩の常識は形骸化しているのですがね。


ところでクルマ繋がりでトヨタのマークXってクルマがありますがね、
我輩的にマークXと言えばジャガーなんですがね、知らんか。
(但し、トヨタのは「エックス」なのだがジャガーのは「テン」なのである)

因みにサバゲー同志の間で“7.62mm”といえば大抵
G3やM14の使用弾薬である7.62mm×51 308ウィンチェスター弾を指すのでしょうが、
AK馬鹿の我輩とG2に感しては7.62mmと言えば
AK47orAKMの使用弾薬である7.62mm×39の方なんですが文句あるか?

関係ないけどロシアには他にも7.62mm×54Rとか7.62×25っていうのもあるぞ。

どーでもいいけど「〇〇といえば☆☆」の中で
「おにぎりの具といえば何だ?」と言う常識を決めようとすると紛争が起こりかねないので、
この場ではソレについて語るつもりは毛頭ありません。
でも我輩的おにぎりの中身ベストは“空気”。つまり塩むすびが最強なんですがねw

まあ最終的に何が言いたいのかと申しますと、
「たまにはブログを更新しとかないと苦情が来そうだから、
適当でもいいから何かしらアップしとくかな」
ということなのであります。
メッセージのない演説家、ソレが我輩なのであります。

しかし、「〇〇といえば☆☆」の答えでこれだけは皆様方も
我輩の考え方に同意してくれるのではなかろうかという回答が一つあります。


世間一般的に「“リーダー”といえば誰だ?」という認識においては
確実に一つしか答えはないと思うのであります。

そりゃあ決まっているだろう!TOKIOの城島さんだよ!
これだけは誰もが認めうる事実じゃないのか?そうだろ?おい!  
タグ :魂の叫び

Posted by 砥部良軍曹 at 02:01Comments(3)演説

2016年02月01日

そんなバナナ!

どーも、20代~30代半ばまでは一晩中やっていたことが、
30代半ば過ぎると一晩で1回しか出来ないことに気が付き、

己の老化をしみじみと感じざるを得ない砥部良軍曹です。

こないだの土曜日もクソガキ共が寝静まってから、
「さあ、これから大人達の時間だ!」と夫婦で仲良く
「安心しないでください、履いていませんから」状態になったのですが、
気がついたら嫁は爆睡、我輩はNHK BSで放送していた“進撃の巨人”を見ながら、
己の巨人がなかなか進撃してくれないという有様だったのです。

そーいう肉体的状況が故に「ベッキーが不倫!」というニュースを見たところで、
カミーユにぶん殴られたクワトロ大尉みたいに
「これが若さか・・・」と呟くぐらいしか反応がないわけでねw

でもね、テレビではベッキーが悪人扱いのよーな報道ばかり流れていますがね、
本当に悪いのは嫁が居るって言わずにベッキー食っちまったゲスの極みチ☆ポの方でしょ?

まあベッキーさんに関しましては以後SODの不倫モノDVDにて
再デビューしてくれることを切に願うわけであります。


ところで我輩、気になる事項があると兎に角ググって調べるのが常なのですが、
こないだ零戦二十二型の事について色々調べていた時のこと、
ヤフー玉袋、違う、知恵袋に来てしまったんですね。

そしたら回答の下の方に「与謝野晶子がバナナでうんたらかんたら」とかあるんですよ。
そういうの見るとやっぱね、興味本位で見たくなるじゃないっすか?
でも知恵袋って結構アレな質問ばっか書かれているんでね、
確固たる回答とは思えない歯切れの悪い回答しかないんですよ。
だから真意にたどり着くべく「与謝野晶子 バナナ」でググってみたんですやね。
すると以下の様な文が発見されたのです。

ある学者から「これまでに、何か特異な性体験などなさいましたか?」と問われた鉄幹は、
得意満面で「バナナを妻の膣に挿入して、翌日取り出して食べましたよ」と話した。
妻とはもちろん、晶子のことである。


マジかよオイ!
ココの常連の大半は高校生ぐらいまではまじめに勉強してた人も多いだろうから、
御存知であろうが鉄幹とは明治中期~昭和初期を代表する歌人の与謝野鉄幹。
妻の晶子とは勿論、同時代を代表する歌人、与謝野晶子のことである。

余談ですが与謝野晶子も与謝野鉄幹が別の女と結婚しているにもかかわらず、
鉄幹に惚れ込んでガンガンアタックした結果、
鉄幹、前の嫁を捨てて晶子とくっついたという経歴があるようですな。

まあゲスの極みチ☆ポとの大きな違いは
鉄幹は晶子に「イヤ、オレ既に嫁居るし」と一応は言った模様。

しっかしその与謝野鉄幹・晶子夫妻にそーいうエピソードがあるとはねぇ・・・
ていうか、あの頃のバナナって高級品じゃないのかね?
それをま☆こに突っ込んで次の日食うってどんだけブルジョワなんだよ!
とりあえず皮は剥いて突っ込んだのか気になりますが・・・

でもまあ、与謝野鉄幹・晶子夫妻は12人も子供を作るほどのビッグダディ一家。
産めよ増やせよ子は宝の時代とはいえ、それだけ沢山の子供を作るとなると、
その行為のすべてがノーマルプレイであるはずもないわけです。

何人かは変態プレイの果てに生まれた子供も存在することでしょうし、
実は与謝野鉄幹、歌人としてよりも性豪である事のほうが有名な人物らしいです。
(歴史や国語の時間に鉄幹より晶子の方を重点的に学習したのはそのせい?)

そして与謝野晶子も旦那の性豪ぶりについてイケる
強靭なバイタリティの持ち主であったからこそ、
12人の子供を育てながら多くの作品を後世に残す事ができたのでしょう。

いやー、我輩も今後の人生を良きものにするために、
もっと精力的に強くあらんといかんなと思った次第。

とりあえず我輩もユ◯バースでバナナ買ってきて、
嫁に土下座しながら「頼む、何も言わずにコレ突っ込んでくれ!」と
懇願してみようかなと思ったんですが確実に蹴られるなwww

ところで、上記の与謝野晶子のバナナの一件にはオチがあるんですよ↓↓↓。

ところが、それを聞いた学者は、呆れた顔でこう言った。
「鉄幹先生、その程度のことだったら、誰でもやっておりますよ」


どうやら戦前の日本は、国民の性生活がハイレベルだった模様。
やっぱエロスって色んな意味で、活動の源なんだろうな。
だからこそ“精力的”という言葉があるわけでw
あーどっかにバナナ突っ込ませてくれるおなご、居ないかなぁ?

というわけで民明書房刊“砥部良語録”の中から
一つの名言を掲載して今回の演説を締めくくりたいと思います。


世の中には七つの知識がある

一つは生きるために必要な知識

二つは人間らしくあるために必要な知識

三つは得をするために必要な知識

四つは人生を楽しむために必要な知識

五つは知っておいて損ではない知識

六つは知らなくてもいい知識

そして最後、七つは、知らないほうが良かった知識・・・  
タグ :哲学ぼやき

Posted by 砥部良軍曹 at 21:38Comments(2)演説

2016年01月04日

白い死神

“白い死神”と聞くと3度の飯の常連的には
世界最凶の狙撃手である“シモ・ヘイヘ”を想像するのかもしれませんが、
(て言うかさー、シモ・ヘイヘ知らんでココに来ている人って何が楽しいの?)
今の時期的に白い死神といえば“餅”でしょう。

毎年、正月時期になると年間200人近くの人々が
餅を喉につまらせて死ぬという事実があるのを皆様方はご存知でしょうか?


吉六会の黒い死神、イラ魔王氏と熊頃氏でさえ、
リアルには1人も人を殺したことがない(注:本人証言)というのに、
餅は毎年多くの人間を葬り去っているというこの殺傷力w

一時期、野田聖子に目の敵にされたマンナンライフの蒟蒻畑でさえも、
殺傷人数は一桁程度、片手で数えられるレベルだというのに、
ソレを遥かに凌駕する人数を出しながらも誰からもその危険性を叫ばれることもなく、
毎年この季節になると何処かで殺しの引導を渡している食物、ソレが餅。


毎年年末になると「身寄りの無いお年寄りに餅を配った」なーんてお話が
ニュースで流れることがあるよ~な気がするんですがね、
アレってお年寄りに引導を渡すために餅配ってんじゃね?って思ってしまうのは、
我輩の心が汚れている証なんでしょうかね?

いやね、餅が美味しすぎて喉につまらせるのか、
それとも正月にしか食えないものだから?
ついつい調子に乗って詰め込んだ結果がソレなのか解らんですがね、
戦時中、戦後じゃねぇんだから、餅ぐらい落ち着いて食えってまったく。

そりゃあアメリカ人も“Mochi: New Year’s Silent Killer”と呼んで、
カミカゼ特攻以上に恐れているはずですわwww

でもね、全米ライフル協会の謳い文句に
「銃が人を殺すのではない、人が人を殺すのである」という言葉があるように、
「餅が人を殺すのではない、人が餅によって殺されるだけだ」というのが
真実であり現実なんで誰も餅の存在を咎めようとはしないんでしょう。

まあソレ以前に、古来より日本の正月を彩ってきた“餅”を、
喉につまらせて死ぬ輩が居るからといって禁止したり規制するというのは
あまりにも思慮に欠けて可笑しすぎる話ですし、
何よりも3度の飯より餅が好きな我輩には
餅が販売禁止になるという事態だけは我慢ならない!


安保法案の件で国会前でデモを起こしていた輩はどー考えても馬鹿ですが、
「死人が続出しているから餅を規制する」なーんて話が出た日にゃあ我輩、
Facebookで同志を募って「No Mochi No Life」と書かれた
プラカード握りしめて国会前でデモしますね。


そんなお寒い話が国政の場で湧き上がる事がないよーに、
せめてココを見ている方々だけでも餅食う時には冷静さを失わず、
自分の口のキャパシティの範囲内で餅を食いちぎり、
ゆっくりと噛んでじっくり飲み込みながら餅を味わって欲しいと願うばかりです。

しかし世の中には「餅は飲み物でしょ?」と言ってはばからない方々もいるとか・・・
いやソレって石塚さんの「カレーは飲み物」発言以上にオカシイんですが。
佐賀県の餅すすり!お前のことだよ!
知らない人は上記のワードで検索してくれ、動画あるから。  

Posted by 砥部良軍曹 at 19:24Comments(6)演説

2015年12月25日

思い起こしてみると、我輩の人生において・・・

聖なる夜が“性なる夜”だった試しがない!
よーするに我輩、12月24日の夜、性に溺れた試しがないのです。
リア充にとってクリスマスイブはパートナーとズコバコヤる日のはずなのに、
この我輩が・・・そういう経験がないなんて・・・
例えるならそれは軍人なのに戦闘経験がないのと同じです。

我輩と嫁が付き合い始めたのは2001年の9月頃。
しかしその2ヶ月後、浜松に半年間の研修。

12月の年末年始休暇で宮崎に戻るものの、
まだチュ~した程度で離れ離れになった我輩と嫁、
初セックルなぞ夢のまた夢で合体叶わず。
何しろその頃の嫁、乳揉んだだけで怒る始末だったからね。

余談ではあるが我輩と嫁との初合体は2002年の7月20日。
そしてその日こそ、我輩が脱同定した日でもあるのです。

その2002年の冬はスズキハスラー50でプラプラしていたら
スターレットに乗った宮崎交通の運転手にハネられて入院。
クリスマスイブまでには退院したものの全身ガタガタで合体叶わず。

2003年は12月24日が仕事でこれまた合体出来ず。
この頃は年明けに休暇を取るのがお約束だったんで、
年末の美味しい時期は大抵仕事だったんですね。

そして2004年12月24日、婚姻届を出すのであるが、
まだ独身寮から出ていなかった我輩はこの日も仕事につけられており、
書類は嫁に新富町役場まで持っていってもらった。

2005年2月22日、ようやく新富町富田のアパートに嫁と2人で住むことになるが
嫁が整理ですぐには種付け叶わず。
しかし生理終了後、3月頭ぐらいに初めて種付けしたのが見事命中するとは・・・

そんなわけで2005年のクリスマスイブは出産カウントダウン状態。
とてもじゃありませんが合体できる状況ではございません。
そして2006年1月5日、娘が生まれる。

2006年は娘が1歳になる前。
それ以前に嫁が子育てに専念するため店じまい宣言したので合体ナシ。
でもこの時、娘を嫁の親に預けてクリスマスディナーは食いに行ったんだよなぁ。

2007年12月24日の写真があったので見てみたら、
嫁が血迷って作ったケーキを切っている写真と、
娘がケーキ切ったあとのナイフをベロベロしている写真があった。
でもこの頃には既に息子が腹の中に入っていたはずなので多分ヤってない。

2008年8月9日、息子が生まれる。
その後1年ぐらい嫁の股は閉店しやがったので、
12月24日も当然の事ながら性なる夜に突入はしていない。

余談だが12月24日の写真を確認したところ、この日の晩飯はチーズフォンデュ。
しかし我輩自身が己のチーズフォンデュを出したか否かは定かではない。

2009年の12月24日の写真をみたら家族で一ツ葉有料道路の
イルミネーション見に行った写真があった。
そしてその写真の後には・・・またチーズフォンデュ食っている写真・・・
ああ、この年も確実に合体してねぇわ。
多分都農ワイン・スパークリング飲み過ぎて我輩速攻で寝たはず。

2010年3月28日、三沢に転勤。
この年のクリスマスイブは嫁の実家に帰省。
という事は120%合体できる状況ではないということで残念。

そして、三沢に来てからはクリスマスイブにハメハメハ大王した試しなし。
ソレは今年とて例外ナシ!
大体、ウチの嫁の股は空気読めないことで定評があってね、
クリスマスの頃は大抵メンテナンス中で閉店なんですよ!

という事はやはり我輩、聖なる夜に嫁とヤったことがない!
て言うか、嫁以外の素人とヤったこともねぇし!
何しろ、我輩の道程頂いたのは他でもない嫁だからな!
(余談ではあるが我輩、このまま嫁以外の素人女性を知らずに
朽ち果てていくことに対して多少疑問を抱き始めている)


聖なる夜を性なる夜にすることに出来ない我輩、
今後の人生においても奇跡を起こすことは出来ない模様。

所詮、我輩もそこら辺の雑草のような人間に他ならないということだな。

でもそれ以上に何だかなーと思う事態は
我が家は何故にクリスマスイブにチーズフォンデュばかり食っているのかと。


と言うわけで今年はそのスパイラルから脱却すべく、
12月25日にチーズフォンデュ食いましたとさ。

作り方は“脂肪遊戯”を参照のこと。  
タグ :ぼやき哲学

Posted by 砥部良軍曹 at 23:25Comments(3)演説

2015年12月18日

ここは日本ですよ

こないだ、夫婦同姓の件についての最高裁の判決が出ましたね。
まあ、安定の「合憲」の判断でした。
次回の裁判官国民審査では今回違憲と判断した裁判官にバツを付けてやろうw

日本という国は本来“家”というものを守り継ぐという思想で
生活や文化が形成されてきたという歴史があるから
夫婦が同姓であることは当然の流れであるはずです。

しかしそれ以前に日本では夫婦が同姓である理由には重要な意味があります。
それは「嫁は子供を生むだけの道具ではない」という意味合い。
そして「夫婦で築き上げたものは互いのものである」という考え方。
近代化を念頭に置き、明治以前の野蛮な思想から離脱するために、
夫婦同姓という決まりが出来たのであると我輩は考えるのです。

だから基本は銭を稼いで“家”を築き上げる礎となる旦那側の姓を
嫁が名乗るというのが定番となっておりますが、
嫁の家の方がベースがデカイ場合は嫁の姓を名乗る事になるわけですね。

でも何よりも夫婦が同姓である必要性、
それはやはり「子供の姓はどーするのか?」という
譲れないデカい問題があるからでしょう。


仮に日本で夫婦別姓が認められたとしても、
親父と苗字が違う子供って暫くは疑惑の眼差しで見られると思いますよ。
「本当にあの子は旦那の種から出来たのかしら?」ってねw

ま、結局、夫婦同姓が日本で永く根付いた決まりであると同時に、
文化としての一面も持ち合わせている感がある以上、
日本人の大半は夫婦別姓について不自然感を感じることでしょう。

しかし夫婦同姓に反対を唱える連中の大半が
「海外では夫婦別姓が常識!」なーんて言ってるみたいなんですけどね、
そーいう連中った確実に海外では息をするレベルで常識である集団的自衛権を
意地でも認めたくない連中のよ~な気がするのは気のせいではない模様です。

海外では常識だから日本でも認めろという考え方は、
海外の他の常識も勉強した上で認めてから、どうぞ。


確かに、昔は大抵の先進国(主に西側)は夫婦同姓が義務となっておりましたが、
今の御時世で夫婦同姓じゃないとイカンよと言っているのは
地球規模で見ても日本だけになってしまいましたので、
世界の常識から取り残された感が拭えない部分もあるかもしれません。

でも、我輩的には夫婦同姓を義務付けるという日本の方針は、
日本という小さくて資源も少なく、国力の伸びに限界もあり、
たった1億程度しかいない日本人という人種が住む国の
アイデンティティを守るために必要不可欠であると思うのです。


ま、世界中が夫婦が別姓でも構わんよと言っているにも関わらず、
夫婦同姓でもいいんじゃねって言う考え方もあるというところには、
嫁が旦那の姓を名乗るということに関して家族の一体化を感じたいからでしょう。

それと、子供にどちらの姓を名乗らせるかという問題に直面した時、
やはり夫婦は同姓であるほうが望ましいと考えるのでしょう。
家族が同じ名字を名乗ることで家族の一体感が生まれるのです。

因みに夫婦別姓の国の中には「旦那の姓を名乗らなくてもいい」ではなく、
「旦那の姓を名乗ってはいけない」という国が結構あるという事実も認識しとくべし。
そしてそーいう国は大抵「女性の人権がない国」であったりするのです。
有名なところでお隣の半島の国や大陸の国ね。

そして恐らく、日本で夫婦別姓を叫んでいる連中の大半は、
そーいう連中の片棒を担いでいる非国民か、
日本人になりすましているそーいう国の人種なのでしょう。

だって夫婦別姓を唱える連中の言い分の大半は、
子供のわがままレベルの言い分しか持っていないんですからね。

或いは、家族というものがどういうものであるかを理解していない思考。
大体さ、「夫の名字に合わせなきゃいけなくて精神的苦痛うけた」って意味解らん。
そ~いうんならハナから結婚なんかするなってまったく。

ま、恐らく日本で夫婦別姓を唱えている連中は、
姓を曖昧にして日本の“家”という思想を破壊することで、
日本という国を滅茶苦茶にしたいだけなんじゃないのかって思います。

我輩的に嫁が旦那の姓を名乗りたくないというシチュエーションは
結婚する相手の苗字が“草井”で、嫁になる人の名前が“満子”であるという
トベラチックな状況でしか発生しないはずなんです。


まあそれ以前に、結婚する相手が旦那側の姓を名乗りたくねぇって
言い出した時点で結婚しても色々と問題が生じて
確実に関係は長続きしねぇ事態は確実であると考えられます。


そしてそういうわがままな人間が多く存在する国が
倫理的に、平和的に長続きできるのかと問われると、
察しの良いウチの常連の方々は結論を語らずとも答えは出てくるはずです。
やはり日本は世界的に不思議だと言われようとも、
夫婦同姓が自然な方向性であると思うのですよ。


ま、我輩はたまに書類に画数の多い自分の名前書くのがダルくなって、
「やっぱ簡単に書ける嫁の姓にしとけばよかったかな?」と多少思うことがあります。  

Posted by 砥部良軍曹 at 02:41Comments(4)演説

2015年12月13日

だから~、我輩の言う事を聞いとけって

ところで皆さん、青天の霹靂食いましたか?
多分宮崎には出回っていないと思うんで軽く説明いたしますと、
“青天の霹靂”っつーのは今年ロールアウトした青森のオイシイお米です。

でもね、一応我が家も2kg買って食ったんですがね、
米音痴の我輩には何処がどーいうふうにオイシイのか全く解りませんでしたね。
クソガキ共は旨い旨い言いながらガツガツ食いやがったんですが、
米なんて美味しく炊けてしまえばどれも旨いんじゃねってぇのが我輩の個人的感想。

でもやっぱ、嫁的にはこの米、相当旨い部類だったらしく、
「オイシイ米だから実家にも送ってやろう」と言ったんですね。
ソレが12月に入った頃の話。
その頃はまだそこら辺のスーパーに逝けば青天の霹靂は山積みで置いていました。

しかしニュースでは「生産量の半数以上が既に売れてしまった」との情報。
という事は12月半ばぐらいには間違いなく店頭から消滅間違いナシだなと思ったんで、
我輩はスーパーで青天の霹靂を見かける度に嫁に対して
「今のうちに確保しとこう!」と口を酸っぱくして忠告していたのです。


しかし女という生き物は全般的にそうなのか、
それともうちの嫁だけ特別に脳みそがヌルいというか、危機感がないのか、

「まだ別に買わなくてもいいでしょ?」とどーでもいい態度。

そして本日、嫁が実家に青森の日本酒を送るというので、
「じゃあ一緒に青天の霹靂も突っ込んどいてやろう」と考え、
中居酒店で豊盃と安東水軍を購入後、
三沢市内のスーパーに青天の霹靂買いに向かったんですが、
案の定、何処も売り切れでした。

手当たり次第に三沢市内で米置いているスーパーに逝ったんですが、
12月始めの時点でチョロっと置いていた程度の青天の霹靂は
我輩の予想通り全て売れてしまった模様です。

余談ですが岡田イオンの手下であるマックスバリュには
ハナから置いていなかったんですがアレはどーいうことなんでしょうかね?

そこで暇つぶしも兼ねて十和田まで足を伸ばして探しに出かけたんですが、
予想通りというか、えーマジかよというか、全然置いていませんでした。
じゃあ八戸に逝った方が良かったかなとも思ったんですが、
都会だと入荷量確かに多いでしょうが、人口も多い分状況は同じです。
そのまま負け犬モードですごすごと引き上げてきましたよ。

結局、青天の霹靂は今年の生産量全て売れてしまったんでしょうねぇ。
年末に向けてまた出てくるなんてぇ事態は多分無いでしょう。


そーいや宮崎に住んでいた頃、12月の頭ぐらいに、
「今のうちにクリスマスプレゼント仕入れとこうぜ!」と嫁に忠告したところ、
「ボーナス出てからでいいでしょ?」と諭されたんですね。


んで、ボーナス後の12月の中頃にプレゼント探しに出かけたら、
唯でさえオモチャが売っている場所がイオン宮崎とトイザらスぐらいしかない宮崎県、
我輩の予想通り、目ぼしいオモチャは何処にも置いていなくて、
苦汁を舐める羽目になったという思い出が蘇ってきやがったんです。


まあ、オイシイ米なら宮崎にもいくらかあるでしょうから、
今回は「仕方ないね」程度で済まされると言いたいところですが、
やっぱねぇ、青森ならではの話題のブツは送りたかったですねぇ。

でもソレ以上にウチの嫁は過去の教訓を生かせない
愚かな人間である事実が再度判明してしまったんで、

やっぱ我が家は我輩がスターリンレベルの強靭なリーダーシップで
ガンガン攻めていかないとどーしようもねぇんだなって思った次第です。


そして今回の件で、この我輩の確かすぎる状況判断能力の強さを、
DNAレベルで植え付けてくれた母上に改めて感謝したい次第です。
そんな母上も本日で69歳、随分歳をとりましたな。
しかし思考能力はまだまだ冴えている模様。
そーいう偉大な母を見ていると、ウチの嫁は足元にも及ばんなと思います。  
タグ :ぼやき

Posted by 砥部良軍曹 at 18:10Comments(2)演説

2015年12月01日

今年の流行語決まったらしいよ

11月は1日も休まずにブログ更新したお陰か、
ついに念願の?みやchanブログランキング1位になりました。
この勢いで今年いっぱい貫き通そうかと思ったんですが、
やっぱ毎日更新するのってダルいわ!

て言うか、もう少し誰かコメントしてくれよーって思ったんで、
頑張って毎日更新してみたんですが、
アクセス数は増えたものの、我輩の文章自体がどーでもいいのか、
それともあまりにも下品なネタが大杉漣でドン引きしやがったのか、
吉六会同志しかコメントしてくれなかったんで、
12月からはいつもどーりの更新数に戻しますわ。

さて、とうとう12月になりましたね。2015年ももうすぐ終わりです。
今ぐらいの季節になると実はどーでもいいんだけど、
何かしら突っ込みたくなるものが3つありますよね?

一つは紅白歌合戦の出場者。
どーせ紅白なんて見ないんですが、少しだけ気になる。
「どーして和田アキ子は白組じゃないのか」がね。

もう一つはクリスマスにまつわる色々。
今年はどんなクリスマスがどーとか、こんなクリスマスはどうですかとか、
何処のイベントやイルミネーションがどうとか、ホント、どうでもいい。

そして最もどーでもいいのが"ユーキャン新語・流行語大賞"。
皆さんご存知の誰得な選考により
メディアが今年流行ったんじゃなかろうかと思った
言葉を勝手に決めつけて発表する「アレ」なんですが、
「トリプルスリー」って何よ?



解った!コレだよ!ベトナムのビール!
ほら、缶にトリプルスリーって書いているっしょ?コレだよ!
(因みに、333と書いて「バーバーバー」と読む)

しっかし何ですなぁ、今年は日本でベトナムのビールが流行ったのか?
そんなの何処のニュースでも流れた試しないよーな気がするし、
ZIP!でもヒルナンデスでも紹介されなかったぞ?(すっとぼけ)

そしてもう一つの言葉「爆買い」も意味不明。
爆買いしていたのは中国人でしょ?
日本人が爆買いしていたんなら流行語かもしれませんが、
中国人の爆買いなんて日本のほんの一部での出来事だろ?
そんなの流行でも何でもないやんけ!?

流行語ってぇのは我輩程度の世情に疎い人間でも、
「あーその言葉、猫も杓子も使ってたねぇw」と思えるよ~な言葉のはずなのに、
我輩が初めて聞くよ~な言葉とか、
そういう言葉はあったけど使った試しがねぇなんてぇ言葉は
流行語でも何でもないでしょうに、まったくもう。

多分、選考委員の連中は誰得漫画家とか、
反日政治評論家とかお花畑作家や自称エッセイストとか
我々一般国民の実情を知らない上級国民だから、
本当に流行った言葉なんて知る由もないのかもしれません。


ところで去年の流行語大賞覚えている人、居ます?
あんまり居ないでしょうねぇ。
だって「集団的自衛権」と「ダメよ~ダメダメ」ですぜ。
ダメよ~ダメダメは確かにクソガキ共がやっていたんで、
ちったぁ流行りだったんだろーなーとは思いましたがね、
集団的自衛権なんて誰も普段の会話に挟んだ試しがねぇぞ。

でもね、この上記2つの言葉を組み合わせるとあら不思議、
何か集団的自衛権が良くないよーなノリの造語の出来上がり~。

もうね、林センセイの「今でしょ!」が流行語大賞だった一昨年に比べると、
なにか歪んだものを感じられずには居られなかったですねぇ。

まあ今年はトップテンの中に「アヘ政治を許さない 」という
実に解りやすいのをねじ込むことで敢えて組み合わせるのを止めたんでしょう。
でもね、安倍政権の支持率は結構高めなんだけどなぁ?

まあ実際、トップテンに入った言葉の方はニュースで紹介されたでしょうし、
ネットで探せばすぐに出てくるでしょうからココには連ねませんが、
この中で「あーコレ流行ったねぇ」と言える物は正直、一つもありませんでした。

ニュースでよく出てきた言葉として「ドローン」とか「五郎丸ポーズ」とか
「SEALDs」っつーのはまあアリで数えてもいいかとは思いましたが、
正直、どれも「国民の理解を得られていない」し、「議論が尽くされていない」。



我輩的には“とにかく明るい安村さん”の「安心して下さい、穿いてますよ。」
今年一番ツボに入ったワードではありましたが、
言葉として流行ったかどーかといえば、微妙ですよねぇ?

せいぜい、キャバクラのねーちゃんが客に「パンツ履いているの?」と
聞かれた時に言い返すぐらいしか使い道が無いでしょうからね。
語感としては極上でも汎用性には乏しいです。残念。

ま、本当に流行した言葉というものはこれからも使われていくものでしょうし、
無理やり流行らせようとしている言葉はメディアが無理に流行らせたくても、
不自然すぎて誰も使わずにそのまま廃れていくものです。

結局、流行語を決めるのは上級国民ではなく、
その言葉を使おうとする一般国民なんですよ。

もう、流行らせようとしたけど流行らなかった大賞に名前変えるべきですね。

追記:流行語、全く流行っていなかったことが判明↓↓↓
やっぱ皆さん、そう思っているんですね。



因みにこちらはグーグル検索による流行語ランキング↓↓↓
「安心してください、履いてますよ」がないのが不本意w



ということで、今年の流行語大賞は、
「マイナンバー、あったかいんだから」に決定!

異論は認めん。  

Posted by 砥部良軍曹 at 20:34Comments(5)演説