2010年12月29日

どれが本物の元祖長浜ラーメン???



我輩が浪人生時代こよなく愛した食い物、
それが“元祖長浜屋”のラーメン。

当時1杯300円(替え玉は50円)だったこのラーメンを毎日のように
昼飯として食いながら浪人時代を過ごした。

そして結局大学にはいかず今の仕事に付いた話はどうでもいいな。

さて、その長浜屋とはどういう店なのかをざっくりと説明すると

◎基本メニュウはラーメンのみ

◎追加メニュウで替え玉と替え肉(要するにチャーシュー)がある

◎メニュウがラーメンしかないので店に入って暫くすると勝手にラーメンが運ばれてくる

◎麺の固さやスープの脂の量、ネギの有無は入って速攻で店員に大声で伝える必要がある

◎テーブルや椅子も雑なつくりで、ただラーメンを食うだけと言う空間

◎相席はお約束、ただラーメンを食うだけの店

◎ラーメンの味はひねりのない純粋なトンコツ味

まあ、こういう感じの実に漢(おとこ)らしいストイックなラーメン屋である。

我輩はこのサービス精神のかけらも無いが余計なお世話も無い
ただラーメンがそこにある店をこよなく愛し、
福岡に帰省する度にこの店のラーメンを食って贅肉を付けてきた。

余談であるがラーメンの麺の固さとか替え玉のシステムはこの店が発祥である。
そして更に余談であるが麺の固さは4種類。
生カタ(湯でほぐしただけ)、カタ(30秒ほど茹でた奴)、普通(1分ぐらい茹でた奴)
そしてヤワ(伸びる寸前まで茹でた奴)である。
決して針金とか粉落しとか通ぶった言い方はしないのでご注意。

福岡市民の多数も我輩同様このラーメン屋を愛しており、
この店のラーメンが値上がりする度、そして替え玉が値上がりした事さえもが
ニュースに流れるほどの存在、それが元祖長浜屋なのである。
(因みに現時点でラーメンは1杯400円、替え玉は100円)

前回の帰省でこの元祖長浜屋が我輩がラーメンを欲する夜中の営業を止めた時、
我輩の愛する福岡がまた一つ消えたと涙を流した。

そして今回の帰省前、やはりあの思い出のラーメンを食いたいと思い、
あの長浜屋がどうなっているのかネットで検索したところ
何故か店が3つに増えている??

どうやら、元々の“元祖長浜屋”と言う店が移転。
それと共に?元祖長浜屋の店員の2人がのれんわけと言うわけでもなく
本店から独立して勝手に?同名のラーメン屋を開いたようである。

元々の店は以前の場所から少し離れた駐車場のあるビルの1階。
そしてもう1件は元々店があったデルタ地帯の付近、
そしてその2件の間、ファミマの裏にもう1件。
で、元々の店は今までどおり“元祖長浜”と名乗るものの、
もう2件は“元祖長浜”と名乗っているからああややこしい。



とりあえず麺食い王の父上と一緒に夜中の1時に長浜に向かう。
我が家からはクルマで15分ぐらい。結構近い。

そして長浜をうろつきながらそれぞれの3件の店を見つけはしたものの、
結局どうすればいいのかわからないまま近所の駐車場に停車。
すると更に紛らわしい事に目の前に“元祖長浜ラーメン”とか言う店まで存在。
間違いなくこの店は偽者と判断して素通り。

元々の“元祖長浜屋”は朝6時ぐらいから昼の2時ぐらいまでの営業なので、
現時点では食う事は出来ないので割愛。
問題は残りの2件。どっちに逝けばいいのやら・・・



結局悩んだ挙句福岡在住の弟に電話して聞いたところ、
「食券の無い方に逝け」とのアドヴァイスを貰ったので
道路を渡って向こうにある“元祖長浜家”の方に向かう。
そして店内に入って速攻「硬いの2つ!!」と叫んでテーブルに付き、
やかんのお茶をプラスチックのコップに注いでラーメンを待つ。



店内はこぎれいだがテーブルや椅子は相変わらず背もたれも無い奴で、
テーブルの上には元祖長浜屋の時同様出がらし?のお茶が入ったやかん、
大量の紅しょうが、ゴマ、そして替え玉した後に入れるたれが置いている。



そして待つ事1分足らず、ラーメン登場。このファスト感が元祖だ。
間髪いれず紅しょうがとゴマを投入して麺が延びる前に啜る。
以前より少し味が薄いような気もするが、間違いない元祖長浜屋の味。

脂っ気はあるもののさっぱりしたトンコツスープ、
ざく切りの肉肉しい、最近流行りの柔らかさとか深い味わいとは無縁の、
たまに麺に絡みついて存在感をさり気なく主張する無骨なチャーシュー。

そしてコシとか舌触りとか繊細さを無視した細い麺。
まさにこれこそが気の短い福岡人のためのラーメン!
このラーメンが1杯400円で食える福岡人は幸せだ!



店に入った時には目先のラーメンの為に気が付かなかったが、
入り口に「同じ屋号の店がありますが当店とは関係ありません」
との旨が書かれており、少し苦笑い。

もう一つの店舗も同じような味のラーメンを出してくれるそうだから、
どっちは本家とか訴訟とかくだらない事はせずに、
お互いが我々の知る元祖長浜屋のラーメンを提供してくれればそれでいい。
そう思いながら長浜を立ち去った我輩なのであった。

とりあえず我輩は再び夜中に元祖のラーメンが食える、それだけで満足である。
しかし問題はそう気軽に食えない環境に飛ばされた事である、が。

追記:元祖長浜屋の記事はコチラに軽く記載しております。
同記事にはもう1件の“元祖長浜家”に逝って残念だった
お話もチョロっと記載しとりますので“元祖長浜屋 本物”で検索されて
ウチに来られた方はご参考頂ければ幸い。

更に追記:2014年にリビドー号で青森から福岡に帰省した時に
元祖長浜屋でラーメンを食したらラーメンの価格が500円になってビックリ。

でも店の雰囲気と味は変わっていなくて安心しました。


同じカテゴリー(お店)の記事画像
西都の一寸隠れたところにあるラーメン屋
年に一度は喰いたい伊勢海老
帰省しているのに旅館に泊まるのって楽しい
市場のラーメン屋、旨し
川南のホークウッド(HAWK WOOD)はアツかった
嫁、マグナムな歳になる
同じカテゴリー(お店)の記事
 西都の一寸隠れたところにあるラーメン屋 (2017-10-19 00:36)
 年に一度は喰いたい伊勢海老 (2017-09-30 22:36)
 帰省しているのに旅館に泊まるのって楽しい (2017-09-09 03:11)
 市場のラーメン屋、旨し (2017-09-02 23:20)
 川南のホークウッド(HAWK WOOD)はアツかった (2017-08-27 22:10)
 嫁、マグナムな歳になる (2017-08-21 23:43)
Posted by 砥部良軍曹 at 21:48│Comments(0)お店
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
どれが本物の元祖長浜ラーメン???
    コメント(0)